ドラマ『私たちはどうかしている』見逃し配信動画を1話から最終回まで無料で視聴する方法!

8月12日(水)夜10時から新ドラマ『私たちはどうかしている』がスタート。

安藤なつみさんのコミックを実写化した作品で、主演の2人は浜辺美波さんと横浜流星さんという漫画からそのまま飛び出したような美男美女!

こちらでは、ドラマ『私たちはどうかしている』の見逃し動画配信情報や、気になるキャスト情報、あらすじなどのドラマ情報を紹介していきます。視聴率・感想も最終回まで更新します!

『私たちはどうかしている』見逃し配信情報
ドラマ『私たちはどうかしている』の動画を全話見れるのはhuluだけ!今なら2週間無料で見放題のお試しトライアルを実施中!

\2週間のお試し無料!/

ドラマ『私たちはどうかしている』の見逃し動画の無料視聴方法は?

ドラマ『私たちはどうかしている』は、毎週水曜日よる22:00から放送されています。

放送終了後から1週間以内なら見逃し動画を無料で視聴できます。

『私たちはどうかしている』見逃し動画配信先

配信期間が終了している場合でも、以下の方法で無料で視聴することができます。

ドラマ『私たちはどうかしている』の動画を全話無料視聴する方法

『私たちはどうかしている』はhuluにて視聴することができます。こちらではhuluを無料で視聴する方法やおすすめポイントを紹介します。

『私たちはどうかしている』は1話~全話huluで配信

huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。月額料金は1,026円(税込)です。マルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。

はじめてhuluを利用される方は、2週間無料のおためし期間があります。期間内に解約手続きをしておけば、うっかり解約するのを忘れて請求されるということがないので安心してご利用になれます。

huluおすすめポイント

  1. 人気映画はもちろん、海外・韓国ドラマ、バラエティー番組が充実!
  2. PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!
  3. まるで映画館!驚きの高画質!
  4. 無料お試し期間が終わっても、月額1,026円(税込)でお楽しみ頂けます。

huluで配信中のおすすめ作品

huluでは、主演の浜辺美波さん、横浜流星さんが出演されている作品も数多く配信されています。

全て見放題なので、この機会にチェックしておきましょう!

横浜流星さん出演作品

  1. シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(2020年ドラマ)
  2. あなたの番です(2019年ドラマ)
  3. 虹色デイズ(2018年映画)
  4. 兄友(2018年映画/ドラマ)
  5. キセキ-あの日のソビト-(2017年映画)
  6. 全員、片想い(2016年映画)
  7. でぶせん(2016年ドラマ)
  8. シュウカツ(2016年映画)
  9. JKは雪女(2015年ドラマ)
  10. 烈車戦隊トッキュウジャー(2014年)

浜辺美波さん出演作品

  1. 崖っぷちホテル!(2018年ドラマ)
  2. 亜人(2017年映画)
  3. 咲-Saki-(2017年映画)
  4. 君の膵臓をたべたい(2017年映画)
  5. 咲-Saki-(2016年ドラマ)

huluの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年8月記事更新時点の情報です。詳細はhulu公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『私たちはどうかしている』の各話あらすじと感想

第1話のあらすじとネタバレ

花岡七桜(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。

ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由まゆ(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。

自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵こうげつあん”だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった…。

15年前―。和菓子職人だった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の一人息子・高月椿たかつきつばきと出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。

明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ。

椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・樹いつき(鈴木伸之)の姿だった。

従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言する…!椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く『花岡七桜の母親は人殺しです』というメールだった。

雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される……。

今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。

和菓子対決当日。15年ぶりに顔を合わせた椿(横浜流星)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、七桜は“食べる人への想いを込める”気持ちで持ち直す。

対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は…?

繊細な色彩と高い技術で表現された椿の御菓子と、幸せへの願いを込めた味わい深い七桜の御菓子、勝負は互角と思われたが、和菓子の世界で圧倒的な力を持つ老舗“光月庵”の看板の前に七桜は敗北を喫する。

しかし対決終了後、会場を後にした七桜は突然椿から「俺と結婚しない?」と声をかけられる。

15年前、母親を殺人犯にした証言をする椿の記憶がフラッシュバックした七桜は、ある思いを胸に咄嗟に「しましょう、結婚」と答える。

実は、多喜川から渡された母の手紙にはこう書かれていた―――『私は何もやってない』。椿は「本気なら3日後に光月庵に来るように」と七桜に告げる。

翌日、現在の光月庵の和菓子の味を確かめた七桜は、15年前母が作っていた頃の味から激変していることにショックを受ける。

手紙に残された母の無念…事件の真実を見つけるため、約束の日、光月庵へ乗り込む七桜。しかし、見習い職人の城島(高杉真宙)から、椿と老舗旅館の娘・長谷栞(岸井ゆきの)が神前式を挙げている最中だと聞く。

椿の不可解な行動に戸惑いながらも、覚悟を決めた七桜は椿の前へ。椿は参列者がざわめく中、七桜と結婚することを宣言!

混乱の中、その場を収めた光月庵の女将で椿の母・今日子(観月ありさ)は七桜と椿を別室へ。傾きかけている店の経営のため、椿と栞を政略結婚させようとする今日子は椿をいさめるが、七桜は世間には伏せられている15年前の事件の話を出し、引き下がらない。

そこに、光月庵の大旦那・宗寿郎(佐野史郎)が現れる。大旦那は大広間に出向くと、式の中止を土下座で懇願。

さらに、雨の庭に出た椿は結婚が店の支援を取り付けるためのものだったことを皆の前で話し、土下座で光月庵の立て直しを誓う!

そんな椿に大旦那は激高し、3か月で店を立て直せなければ七桜とともに光月庵を去るように告げるのだった。

自らの手で再び光月庵を輝かせるため、七桜を利用して政略結婚を破談にした椿。椿との結婚を利用して光月庵に入り、事件の真相を突き止めようとしている七桜。2人を待ち受けていたのは、想像以上に過酷な日々だった…!

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/01.html

第1話の感想

60代女性
第1話のあらすじをマンガで読んでだいたい把握していたので、つまらなかったらどうしようと危惧していたのですが、そんな心配は不要でした。

はっきりいって、すごく面白いと思います。成功のカギは、物語自体のテンポがいいのと、主人公2人のキャラクターが魅力的なことではないでしょうか。

映像の美しさとミステリアスな雰囲気によって作り上げられた独特の世界も、これまでのドラマにない新しい感覚が味わえて良かったと思います。

40代女性
タイトルから勝手に『若い二人のヘンテコな恋愛』と思っていましたが、早い段階での殺人シーンに少しびっくりしました。

そして七桜が不審に思っている15年前の光月庵の主人の死、母が殺人犯にされた経緯など、まだまだ謎が多く、七桜と共に一緒にその謎を突き止めていける楽しみを感じました。結構なサスペンスの様子に今後の展開も目が離せません。

40代女性
七桜のお母さんが子供の椿に殺人犯にされてしまって、かなりショッキングな始まりでした。

でも、明るく振る舞う七桜ちゃんに結婚式のお菓子を用意して欲しいって言って貰えたのに、因縁の椿の光月庵に案件が取られ、挙句の果てには、いきなり七桜に椿が求婚する展開の速さ。

それに、女将の観月ありさのいじめがこれから始まるのかと思うとヒヤヒヤドキドキです!

50代男性
非常に面白かったです。今回の放送では本格的なストーリー開始の前段となる七桜の半生と現状、光月庵との因縁についての描写にドラマの多くが割かれていました。

前振り的な味気無さは一切なく、独特のクラシカルでミステリアスな雰囲気と相俟って、きちんと説明することによって、このドラマの設定の面白さがダイレクトに伝わってきたと思います。以降の放送が非常に楽しみになりました。

10代女性
普段はあまり注目することもなかった、和菓子の世界に入り込んでいく喜びに浸っています。

血を流して倒れ込む高月樹の様子はショッキングではありましたが、それよりも美しい和菓子の色合いなどに魅了されています。和菓子にまつわるストーリーがとても魅力的で、繊細な表現方法には本当にうっとりとさせてもらっています。

30代女性
最近漫画を読んでいて実写化を楽しみにして見たのですが、椿の配役が横浜流星でキャラの顔と声のイメージと合っていてすごく良かったです。七桜役の浜辺美波は、顔はぴったりですが漫画のイメージと少し違って終始勝ち気な演技だったので少し残念な印象でした。

出てきた和菓子がどれも美味しそうで、実際に売っていたら欲しいと思うぐらい美味しそうでした。話も漫画にそっているのでスムーズに見れました。

30代女性
横山流星さんが出演しているから見ていると言ってもいいでしょう。また違った演技・クールさが出ていてかっこ良かったです。

小さい頃、本当にお母さんが殺人を起こしたのか?あの警察に連れて行かれる感じでは犯人ではない気がする。そして今回、初の悪役を演じた観月ありささん、実は彼女も個人的に好きで見るきっかけになりました。

40代女性
妖しい魅力が満載の椿にすごく惹きつけられました。いきなりの結婚の申込みも突然のキスも、全てが椿の思惑通りに進んでいたとしたら、内にどれだけの闇を抱えているのかが気になりました。

そして七桜からは復讐のためだけに生きていく、強い決意が感じられました。そして、七桜の母の手紙を七桜に渡した人物が、今後どう関わってくるのかが楽しみです。

40代女性
七桜の小さい頃が可愛かったです。七桜のお母さんが犯人にされ、それからの七桜の人生が可哀想だなと思いました。

椿が、なぜあんな嘘をついたのかなと思いました。もしかすると、椿のお父さんと七桜のお母さんは、愛人関係だったのかなと思いました。

お菓子の桜を薄墨桜をイメージして少しづつ色を変えるなんて凄いなと思いました。

50代女性
幼いころに住み込みで働いていた老舗和菓子屋の主人を殺した犯人として母親が逮捕された七桜が、その目撃者の椿のことを恨む気持ちがよくわかりました。

殺人犯の娘とわかると、勤めていた和菓子屋もクビになってしまい、七桜がかわいそうに思いました。でも、和菓子の技術は素晴らしいものがあるみたいで、それが気に入って椿はプロポーズをしたのかなって思いました。でも、まさか七桜が結婚を承諾するとは椿は思ってなかったと思いました。

40代女性
まるで懐かしの昼ドラのような見ごたえのあるドラマが始まったなあ、という印象を持ちました。

やや荒唐無稽なあり得ない設定ではありますが、15年前の殺人事件の真相と、七桜と椿の関係性が今後どう発展していくのか非常に楽しみです。

主演のふたりの妖艶な雰囲気がたまりません。また七桜の母のファンと名乗る謎の男の正体も気になります。

30代女性
主人公の七桜を演じる主演の浜辺美波さんの様々な表情から、どんどんドラマの世界観に取り込まれていきました。どんな苦しい状況でも負けずに立ち上がろうとする七桜が素晴らしく表現されていて良かったです!

また、同じくW主演の横浜流星さんが演じる椿は冷酷な表情ばかりを見せてくる展開に、彼の心の中がもっと見たいと思うほどグイグイと椿という存在が気になってしまいました。

主演のお2人がこれだけドラマの中に引き込ませてくれるので、第1話からあっという間の1時間で面白かったです。特に印象的だったのは2人のキスシーンで、とてもドキドキしてしまいました。

30代女性
漫画を読んでいるので、キャストはもちろんのこと、和菓子の実写化がとてもとても楽しみでした。椿も七桜もピッタリの俳優さんで、七桜は恨みや今までの苦労、これからの決意が目に現れていて引き込まれました。

また観月ありささんが綺麗に歳を重ねていて、着物姿が美しすぎます。その姿が更に迫力をつけ美しく恐ろしい女将さんにゾクッとしました。今後、椿と七桜がどうなっていくのか、女将さんがどのようになっていくのか、犯人は誰なのか…楽しみです。

30代男性
単純な復讐劇ではない、ミステリアスな展開でした。先代の当主を殺害したのは、本当に七桜の母親だったのか、もし違うなら椿は何故嘘をついたのか謎だらけでした。

そして、椿は七桜の存在を本当に気付いていないのか、第1話にして物語が急展開で動き出すスピーディーな展開が楽しかったのです。果たして、だれが嘘をついているのかこれから先が注目です。

30代女性
思っていたような作品ではなくて驚きましたし、思っていたよりも暗い感じの作品だったので衝撃でした。

あんな感じで母親と離れ離れになるのはすごくつらいし、私だったら一生立ち直れないのではないかなと思いました。そんな人と再会して、結婚しようとしたところにはどんな意図が隠されているのか、全く読めなかったのでこれからが楽しみです。

20代女性
原作の漫画を読んでいるので漫画の印象は大きいですが、それに負けないくらい流星くんも美波ちゃんも素敵な演技をしていてドラマに凄く見入ってしまいました。

2人のキスシーンも愛し合っていないキスはなんだかとても切なくて2人が幸せに進めばいいのに!!と考えてしまっています。

観月ありさが虫を潰すシーンなんかは迫力あってすごく怖かったです。

40代男性
正直なところ、漫画原作と言うこともあってか、かなり無理のあるストーリー展開だったと思います。

一体全体、ヒロインがなぜ御曹司と結婚すると言い出したのか、またそれがなぜ誰にも過去の経緯が気づかれないのかと言う点がさっぱりわかりませんでした。今後明らかになっていくのかもしれませんが、正直なところ、次を見たいとはあまり思いませんでした。

30代女性
率直に今放送しているドラマのなかで1番楽しみなドラマとなりました。学園もの刑事もの医療ものが主流な近年のなかで、「和菓子屋」がテーマになっているドラマは珍しいと思いました。

所々に出てくる和菓子がとてもおいしそうで、和菓子ひとつひとつに意味を持って作られていることも、このドラマを観て初めて知りました。

始まりの殺人シーンから「復讐」がテーマなのだということはすぐにわかりました。第1話だけ見ると「犯人は椿なのでは?」と思ってしまいますが、それだと少し安易だなとも思います。

漫画が原作ということでレンタルして先のストーリーを知りたい気持ちを抑えて、第2話を楽しみに待ちたいと思います。

30代女性
横浜流星さんと浜辺美波さんが美男美女で、キスシーンはとても美しいと思いました。見る前はラブストーリー強めなのかなと思っていましたが、初回見た感じだとミステリー感が強かったなと思いました。

母親が殺人犯として逮捕されそのまま亡くなってしまったというのに、特にずっと計画していた訳でもなく、成り行き的な感じで犯人扱いした人と結婚というのは設定としてもやっとする感じはありましたが、犯人が誰かも含めて今後が気になるドラマだなと思いました。

10代女性
光月庵の女将役の観月ありささんが一目見て悪い役だなと思いました。事件について何かしら関わっていそうだなと思います。

昔から光月庵で働いている職人の人たちも、七桜の母親のことを疎ましく思っていそうで罪をかぶせたのかもと怪しい人たちが多くて全員疑わしかったです。

また、七桜が母親の無実を信じて疑わない姿勢に親子愛を感じました。母親を犯人と名指しした椿と結婚という急展開もあり、見逃せない1話でした。

第2話のあらすじとネタバレ

光月庵で暮らし始めた七桜(浜辺美波)に、下っ端の職人として洗い場の仕事を命じる椿(横浜流星)。厨房では椿の結婚をぶち壊した女として同僚の職人たちから後ろ指を指されながらも、七桜は大好きな和菓子作りに囲まれることに喜びを感じていた。

そんな中、作業を助けたことで親しくなった見習いの職人・城島じょうじま(高杉真宙)の話から、15年前、先代の樹(鈴木伸之)が亡くなった事件の後、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞く。

七桜は事件当時のことを知る古参の客から話を聞くべく、ある方法を思いつく…。

翌日。光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が入っている日に七桜が得意先の呉服店“白藤屋”の注文を受けてしまったことが問題に。七桜は、店が忙しい日なら御菓子を作り自分で届けに行けると思ったのだ。

祈晴祭の日。御菓子を届けるため一人白藤屋を訪れた七桜。しかし、箱を開けると、なんと白藤屋特注の御菓子が台無しにされていた!

パニックになる七桜の前に現れた椿は「嘘をつくからこんなことになる」と、七桜を抱え上げ…。

七桜の不審な行動に気づき後を追って来た椿だが、何者かが御菓子に不吉ないたずらをしていたことで、光月庵は大切な得意先を失う危機に。

店に戻った後、出来上がった御菓子を女将の今日子(観月ありさ)が珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、今日子が自分を追い出すために御菓子に細工したことに気づき今日子の元へ!

七桜の荷物をまとめ出て行くように言い渡す今日子。嫌悪感を爆発させ、七桜を追い詰める今日子だったが、七桜に手を差し伸べた椿は、なんと白藤屋から七桜を指名して注文が入ったと告げる…!

その頃、白藤屋には謎の男・多喜川(山崎育三郎)の姿があった…。

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まる!しかし、ベテラン職人・富岡(岡部たかし)の不満に気づいた今日子の差し金で、二人は厨房を使えなくなってしまい…。

大旦那(佐野史郎)に直談判する椿だが、七桜はそこで椿と大旦那の驚くべき確執を目の当たりにするのだった…!!

椿が今日子の不貞によってできた子であることを疑う大旦那は、血の繋がらない椿に店を継がせまいと辛く当たってきたのだ。弟子に製造方法を盗まれ経営が傾いた過去から、光月庵が何より血縁を重んじるようになったという。

しかし、椿は大切なのは血縁ではなく、和菓子に対する情熱と意志だと語る。そんな姿に、七桜はかつての純粋な椿の姿を垣間見るが…。

一方、椿は自分に店を継ぐ資格がないと知ってからも態度を変えない七桜を意外に感じていた。

餡作りを再開し、お互いの和菓子への情熱に触れる七桜と椿。光月庵の餡を作ることに成功する七桜だが、椿は七桜が光月庵の餡を美味しいと思っていないことを見抜き、好きなように作らせてみる。

七桜の作ったオリジナルの餡の美味しさを認めた椿は、光月庵伝統の味ではなく、七桜の味を白藤屋に届けようと決めるが…。

二人は七桜の作った最中を届けに白藤屋へ。二人の前で最中を食べた白藤屋の女将はなぜか「変わらない光月庵の味だ」と喜ぶ。

実は、女将にとって光月庵の最中が日常の中でふと食べたくなるいつもの味だと気付いた七桜が、椿に内緒でオリジナルの餡ではなく、光月庵伝統の餡に戻していたのだ。

七桜が相談なしに中身を変えたことに不満を感じる椿だが、七桜の判断が功を奏し、二人は失いかけた得意先を味方につける。

その帰り、 “夫婦らしく”手を繋いで距離を縮める二人。しかし、大旦那ときちんと話せばわかりあえるかも、という七桜の言葉に椿は心を閉ざしてしまう。

その夜、白藤屋の信頼を繋ぎ止めたことを知った大旦那から、七桜は初めて家族の食卓に招かれる。苛立ちを露わにする今日子の前で、椿を愚か者だと罵倒する大旦那。

今日子も言い返せない中、椿の和菓子と店に対する情熱を代弁した七桜に、大旦那は「椿のこと……愛しているのかね」と迫る。「はい」と答える七桜だが、別々の部屋で偽装夫婦のような生活を送る七桜たちの嘘を見抜いた大旦那の怒りが突然爆発!

大旦那は、高月家に入り込んだ今日子と、樹の命を奪った職人で七桜の母・百合子、二人の“女”によって光月庵が脅かされたのだと怒りをぶちまける。狂気に満ちた大旦那から七桜を守った椿は、今日から同じ部屋で生活すると宣言する。

幼かった椿と御菓子作りに熱中した懐かしい椿の部屋へと移った七桜。隣で横になった椿は、かつて『さくら』と呼んでいた女の子との思い出を語り出す。

それが七桜であることを知らないまま、『さくら』が「暗い家の唯一の明かりだった」と語る椿に、憎しみを抱きながらも惹かれる七桜。椿もまた、七桜に想定外に惹かれていき…。

しかし、『さくら』が再び現れたら?という質問に、椿は「消えてもらうよ、俺の前から永遠に」と憎悪に満ちた瞳で答える…。

一方、今日子の元にはある人物が訪れていた。その手には、なんと七桜の素性を調べた興信所の報告書が!七桜の正体を、今日子が知ろうとしていた…!

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/02.html

第2話の感想

20代女性
七桜が椿と本当に結婚するのかと見ていましたが、いつの間にか七桜の心が椿に近づいていると感じました。椿をめぐる過去が少し分かってくる一方で、七桜のことを密かに調べて女将にリークした人物が誰なのか気になります。
30代女性
椿は大旦那の本当の孫ではないというのが、本当かどうかすごく気になりました。七桜がかつてのさくらだと気づいていない椿が、さくらの思い出を七桜に話すシーンが気まずいなと思いました。さくらが現れたら永遠に消えてもらうというラストのシーンの椿の表情が一番印象に残りました。
40代男性
七桜の過去が椿に分かり掛けてきた回だったのかなとドラマを見ていて思いました。特に和菓子のあんこを語るシーンなどが話の重要性を分からせるシーンだったのかなと感じました。ラストシーンの2人で一緒に寝ている場面も何か意味深な所だなと思って見ていました。
20代女性
映像がきれいで、見ごたえがありました。懐かしい雰囲気で、昔の昼ドラが豪華になったような印象で面白いです。いきなり乗り込んできて住んじゃう主人公はかなり強いなと思います。あと、観月ありささんが迫力あってすごいです。
30代女性
今放送中のなかで最も楽しみにしているドラマです。主役の浜辺美波さんは元々大好きですし、観月ありささんも地上波で久しぶりに観られて、珍しい悪役なので観ていて新鮮です。

鮮やかな和菓子もその和菓子の意味も毎回興味深いです。横浜流星の冷たく突き放すところや突然の壁ドンには女性として見入ってしまいました。

20代女性
普段あまり和菓子を食べないので、このドラマを見ていて、和菓子も奥が深いなというのが、よく分かります。ドラマの内容はちょっと怖いなと思うところもありますが、その中にもキュンとするところがあって、ニヤニヤしちゃいました。
30代女性
高月庵に住み始めた七桜に観月ありささん演じる姑の嫁いびりがすごい迫力があったり、演じている姿がとても役にあっていて見ていて、観月ありささんがこんな人だったのかと思わせるような演技でとても見所があります。そして、横浜流星さん演じる椿と浜辺美波さん演じる七桜の関係がどうなるのかすごく気になります。とても見ていて面白いです。
30代男性
今回から主人公が因縁深い和菓子屋の厨房に入って作業しますが、女将の嫌がらせのせいで一度お得意さんの信頼を失う羽目になり、そこからの挽回するチャンスを作った人で母の手紙を主人公に渡しに来た謎の人物の動向が気になります。あとは今回出てきた最中のアン作りの工程を見ていたら、粒アンが食べたくなったので今日コンビニで買いたいです。
60代女性
七桜がいじめられ倒すのかと思いきや、職人の城島くんや山崎育三郎さん演じる謎の男など励ましてくれたり、陰から見守ってくれている人もいてほっとしました。椿も大旦那から守ってくれましたね。しかし、正体がばれそうなので今後はどうなるのか?不安です。
40代女性
第2話にして七桜と椿の気持ちに変化がでてきて、義理母の壮絶ないじめとその嫁と孫を忌み嫌う義祖父の意味深な発言、そして母の手紙を運んだ謎の男等、弟子達、中でも城島君の立場等色んな妄想想像しています。また、登場する和菓子が綺麗で美味しそうです。来週は義理母、観月ありさはどんないじめをしかけるのでしょう。

第3話のあらすじとネタバレ

なぜ椿(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?

自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!

途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。

食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。

しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

椿が『さくら』を憎んでいる理由。それは、15年前の事件前夜、父・樹(鈴木伸之)と百合子の密会現場を目撃したからだった。果たして事実なのか?2人はどういう仲だったのか?母の無実を信じたい七桜だが…。

そして七桜の母親を名乗って現れたのは、小料理屋を営む夕子(須藤理彩)だった。夕子に母親のふりをするよう頼んだ多喜川は、彼女の店の常連客。七桜は彼に会って事件当時の話を聞くため、店に行くことを約束するが、椿に物置に閉じ込められてしまう。

実は、結婚を妨害しようと執拗な嫌がらせを繰り返す今日子から守るため、椿は七桜を閉じ込めたのだった。椿の不器用な優しさに心揺れる七桜…。

草薫会の御菓子を一緒に作ることになった七桜と椿。しかし、大旦那は「偽りの心を持つ者が作ったものを食べる気にはならん」と茶会に出す椿の御菓子は食べないと宣言。

父の日に開かれる茶会の御菓子は「親の愛を伝える」という意味が込められた『落とし文』。人知れず傷つく椿を見た七桜は、寝る間を惜しんで『落とし文』のスケッチを始める。七桜のそんな姿に心を打たれ、試作の指導に熱を入れる椿。いつの間にか距離を縮める二人の様子を城島(高杉真宙)は複雑な表情で見ていた…。

そして茶会の日の朝。椿は大旦那のために、ひとつだけ自分で落とし文を作りながら、2人の確執について語り始める。15年前、事件の目撃証言について大旦那に尋ねられた幼い椿は、父と百合子がキスをしていたことを話す。

「嘘つきが!」と激怒した大旦那は、それ以来、椿を孫として扱わなくなり、椿の御菓子を一口も食べなくなったのだ。椿もずっと苦しんでいたことを知った七桜は、悪態をつく大旦那に反論。椿のまっすぐで純粋な御菓子への愛を代弁する。

そしていよいよ2人の作った御菓子が振舞われる。『落とし文』に込めた思いについて、光月庵の御菓子こそが父が自分に遺した愛だと語る椿。しかし、大旦那は御菓子を口にすることなく、自分の皿を下げさせてしまう…。茶会では好評を得るものの、椿は大旦那から認められなかった悔しさを噛みしめていた。

茶会の後、七桜は偶然再会した多喜川に話を聞こうと慌てて後を追う。地主として手広く事業をやっているという多喜川。彼の家では昔から、忙しい家族が光月庵の御菓子がある時だけは集まっており、そんな家族団らんの味を作っていた百合子のファンなのだと話す。

百合子の手紙は去年亡くなった父・秀幸(丸山智己)から預かった物で、多喜川はこれからも七桜のことを見守っていると告げる。

椿と七桜は、大旦那が『落とし文』を持ち帰るため包んで欲しいと頼んでいたことを知る。高月家に戻った大旦那は樹の遺影の前で椿の作った御菓子を口にしていた…。15年間一度も自分の御菓子を食べてくれなかった大旦那。その背中を見て、涙を流す椿…。

その夜、今日子はある人物に札束の入った封筒を渡していた。金を受け取る今日子の手先は、なんと城島!七桜の素性を調べたり、壺を落としたのも城島だったのだ。あらゆる思惑が七桜と椿を翻弄しようとしていた…!

そして茶室では、『不妄語戒』の掛け軸の前に座る七桜と椿。「この軸の前で嘘をついた者は、地獄に落ちる」という掛け軸を前に、椿は七桜に「俺はあんたに惹かれてる」と心の内を告白。

そして、椿は七桜に「あんたはほんとに花岡七桜なのか?それとも……『さくら』なのか?」と迫る…!七桜は本当のことを言うのか?それとも…!?

第3話の感想

30代女性
これまで常にクールで冷酷だった椿が初めて七桜に笑顔を見せたり、涙を流したところが印象的でした。

毎回、手の込んだ和菓子を観るのが楽しみのひとつになっています。今回の「落とし文」もとても綺麗でおいしそうでした。最後は自分が15年前のサクラだと白状するのか、気になるところで終わったので、来週は序盤から見逃せません。

40代女性
女将以外の敵も出てきて、ますますおそろしくなってきました。椿の過去を聞いて、女将よりも大旦那は歪んでいると思いました。椿がこんな中1人で頑張ってきたんだと感心しました。

椿と七桜の関係がどんどん変化しています。2人はもしかしたら、相性いいのではと思いました。早く事件の真相を知りたいです。

20代女性
毎回のことですが、高月今日子さん(観月ありささん)がすごく怖いというか、わざとらしい姑の役ですね。ただ、七桜に花瓶などの置物を頭に落としたのは違う人間なようで、それがまた怖いです。なんだか、異様な雰囲気のドラマですね。

今回は、あまり和菓子が画として出てこなかったのが残念でした。というのも、和菓子を見るのがこのドラマの中での唯一の救いというか、癒しだからです。もっと和菓子を作っているところや、和菓子そのものの画をもっと見たいです。

40代女性
15年前の殺人事件に関して、サスペンス仕立てなのは女将だけで、主役の2人は胸キュンなラブストーリーモードになってきましたね。

美しい2人が和服姿でお茶を点てたり、和菓子を作ったりするのは目の保養になっていいですね。水曜夜の癒やしです。

30代女性
女将に情報をリークしていた人物が分かり、女将の七桜へのいびりも激しさを増していきます。一方で、椿と七桜は憎しみの関係から、信頼し合える関係へと変化しているように思えました。七桜を助けてくれる謎の男性も気になるところです。
30代女性
七桜の正体を暴こうとする今日子の暴走がすごい回だったなと思いました。七桜を閉じ込めて今日子から守ろうとする椿が少し不器用だけど素敵だなと思いました。大旦那様が部屋で椿の作ったお菓子を食べるのを見た椿の涙がすごくきれいだなと思いました。城島が何を考えているのかすごく気になる終わり方で次回も早く見たいなと思いました。
20代女性
大旦那と椿さんとの確執が見えてきたのが、少し七桜とお菓子のおかげで和んだのが見ていて感動しました。七桜と椿さんも少しずつ関係ができてきているのもみていておもしろかったです。最後の方、女将と手を組んで城島くんが裏切っていたと分かった時は衝撃的でした。
20代女性
和菓子がおいしそうで食べてみたくなります。メインの二人がさわやかだからが、色々トラブルが発生しても見終わった時に後味が悪くないドラマなので、夜見るのにちょうどいいなと感じます。あと、東京事変の曲がかっこよくて素敵です。
40代女性
人間関係は複雑で、血を見るシーンもあったりして、楽しんでばかりもいられないのですが、毎回魅せられているのは、和菓子の美しさです。今回のお茶席で出された椿たち制作のお菓子の色彩が素晴らしくて、見惚れました。
60代女性
場にふさわしいお菓子を作るため、お茶会から七桜に体験させる椿。菓子に対する誠実さを感じます。そんな椿とともに骨惜しみせず菓子作りに精を出す七桜。同じものを愛する2人の足並みがそろって、絆が深まっていく様子が感じられます。

濁った人間関係が背後にあるせいか、若い2人のすがすがしさが際立ちます。余り笑わないことで流星君の顔立ちの良さを改めて感じました。父親が殺害された日、七桜の母親と一緒にいるのを椿が見ていたこと。その素振りから2人が恋愛関係にあったように思えたこと。子供だった椿が犯人はこの人だと言ったのも無理のないことと思えました。

頼まれて七桜の母親だと登場した女性や、母の手紙を持っていた男との再会。親切そうにふるまっていた職人仲間が実は椿の母親側だったりと、ますます目が離せない展開です。

40代女性
観月ありさの変貌ぶりに驚いています。原作は読んでいませんが、もしかしたら七桜と椿は兄妹である可能性がありますよね。七桜の和菓子に対する深い愛情は光月庵の血を引き継いでいるからだと確信しました。椿と結ばれて欲しいので、兄妹でないといいなぁ。

第4話のあらすじとネタバレ

椿(横浜流星)のまっすぐな愛の告白と率直な問いに、七桜(浜辺美波)はどう答えるのか?そして、椿の反応は…!?

一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子(観月ありさ)は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じる。しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせだった!住む世界が違うと蔑まれ、落ち込む七桜。

そんな中、城島(高杉真宙)と和スイーツカフェに出かけた七桜は、純粋に御菓子の話で盛り上がれる城島に癒しを感じる。

実家の和菓子店の名物・わらび餅があるので食べに来るよう誘われた七桜はその夜、離れの従業員の部屋へ。そこはかつて七桜が母・百合子(中村ゆり)と共に住んでいた部屋だった。懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近!そこに椿が現れて……!?

翌日、七桜は城島が店を辞めることを聞く。城島をクビにしないよう頼む七桜だが、椿は再び冷たい態度に戻ってしまう。二人の仲に亀裂が入ったことに満足げな今日子は、城島にまた金を渡し…。

一方、椿は多喜川(山崎育三郎)の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼される。

以前同じような催しで注目を浴びた椿だが、その時多喜川は能登の小さな店『しまや』を推薦していたと話す。その店の名前を聞き、ピンとくる椿。実は、『しまや』は城島の実家で、その催しをきっかけに、城島は椿を恨んでいた…。

そんな中、七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島。なんとか実家の店を再開して欲しい七桜は、城島が何か隠していると気付きながらも、意外な行動に出る…!

城島が今日子とつながり、ハニートラップを仕掛ける原因となった椿への恨みとは?そして今日子と多喜川にもなにか因縁が…。さらに、椿を想い続けている栞しおり(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと聞き…!?

椿の「さくらなのか?」という質問に、罪悪感を覚えながらも、母の無実を証明するために“地獄に落ちる”覚悟をもしてきた七桜。「私はさくらじゃありません。花岡七桜です」と答える。七桜のその言葉を「信じる」と言う椿。2人はその夜、初めて結ばれる…。

城島の夢のため『しまや』の味を再現すべく、朝早く厨房に入った七桜は、わらび餅を作り始めていた。七桜の真剣さに押され仕方なく父の味の特徴を教える城島。

一方、『しまや』が城島の実家で、去年つぶれたことを知った椿は、入院中の城島の母・昭子あきこ(春木みさよ)のもとへ。そこで椿は、城島が自分を恨んでいる理由を知る。

2年前、経営の傾いていた『しまや』はデパートの催事に出店するチャンスに恵まれ、必死に準備をしていた。しかし当日、きちんと積んでおいたはずのわらび餅の箱が崩れ中身が床に散乱。起死回生の機を逃してしまったという。

その後、父は過労で亡くなり、店は閉店。催事のブースに落ちていた光月庵の袱紗から、催事で脚光を浴びていた椿がわらび餅をダメにした犯人だと確信した城島は、復讐するチャンスを狙ってきたのだ。

失敗を繰り返しながらも、わらび餅の試作を続けていた七桜は城島も達成できなかった『しまや』の味を再現しつつあった。しかし、実家を継ぐ夢を叶えて欲しいという七桜のお節介に苛立つ城島。

さらに自分の家の借金を椿が完済したことを知り、椿に怒りをぶつける。椿は顔色一つ変えずに、催事に光月庵から『しまや』のわらび餅を出すための前払いだ、と告げる。城島は椿の施しに怒りを鎮められず…。

そんな城島の姿を見て、わらび餅を完成させることを躊躇する七桜。しかし、椿は「信じて叶えればいい」と、七桜の背中を押す。その言葉に励まされ、ついにわらび餅の味を完成させた七桜。

しかし催事当日、何者かによって厨房に積んであったわらび餅が床に散乱する事件が発生!作り直す時間がない中、七桜の管理不足を責める今日子は、代わりに富岡(岡部たかし)が用意していた御菓子、笹を模した上生菓子と星型の最中を出品すると宣言。

七桜のわらび餅をダメにするよう指示されたが出来なかった城島は今日子を問い詰める。やはり犯人は今日子だった。散乱したわらび餅を七桜と一緒に片付けていた城島は、ある違和感を覚える…。

今日子が催事場の店頭で接客していると、平然と現れた七桜が客に最中を勧め始める。実は星型の最中の中には、わらび餅が隠されていた!

富岡の御菓子だと思わせ、今日子自らの手でわらび餅を催事場へと運ばせていたのだ。今日子の妨害を予想した椿が、今まで失敗したわらび餅をダミーとして厨房に置き、七桜が商品を最中に忍ばせたのだった。

悔しさをにじませ会場を後にする今日子を、呼び止める多喜川。「二人が結婚すると、何か困ることがあるのか?」という意味深な問いに、今日子は動揺して…。

大盛況のうちにわらび餅は完売し、その味に感動する客の姿に胸を打たれる城島。椿は、敬意を表して御菓子を『しまやのわらび餅』と命名する。

そして城島は、自分の夢のために一生懸命わらび餅を完成させてくれた七桜に、いつしか本気で想いを寄せるようになっていた…。

無事に催事が終わり、結婚式の準備に追われ始める七桜と椿。そんな中、白無垢の試着をしていた七桜は突然吐き気に襲われる。妊娠を疑われ誤魔化すものの、脳裏には不安がよぎり…。

さらに、母親のふりをした夕子(須藤理彩)に結婚式の連絡をしようとするが、夕子の店の名刺がなくなっていることに気付く…。その頃、夕子の営む小料理屋に一人の客の姿が。それは七桜から名刺を盗んだ今日子だった!

一方、椿との結婚が破談になり人知れず傷ついていた栞(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと噂になっていることを聞く…。七桜にさらなるピンチが迫っていた…!

引用:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/04.html

第4話の感想

30代女性
城島裕介がピックアップされた回でした。いつも七桜に爽やかな笑顔で近づいていた城島の裏の顔が見られました。女将の今日子に金で指示されているとわかっているけれど、男の顔が見られてドキッとした部分もありました。

城島も心変わりして、これからどう七桜と光月庵と関わっていくのかが楽しみです。そしてもう一つ気になったことがあります。岸井ゆきのさん演じる長谷栞です。

彼女は今後も光月庵と椿に関わりがあるのでしょうか。関わりがあるから出てくるのですが、どうなるのか何も検討がつきません。次回も出てくるみたいなので楽しみです。

20代女性
これまでの話では、ずっと今日子にいびられて可哀想な七桜を見てきたので、今回はわらび餅を死守して完全勝利していて気持ちが良かったです。

少し気になったのは、今日子と多喜川の関係です。多喜川は家族で七桜の母のお菓子のファンだったということしか今は分かっていませんが、多喜川に会った今日子がとても動揺していたのが気になりました。今日子と多喜川も、常連客ということ以外に何か関係があるのだろうかと疑問に思いました。

多喜川の父が七桜の母から七桜宛ての手紙を預かるくらいなので、多喜川は光月庵の内部事情や、椿の父が殺された事件について、何か秘密を知っているのかなと感じました。

今日子は椿の父の殺害事件に関与していると思うので、色々と知っていそうな多喜川を警戒しているのかもしれないと思いました。次回はまた新たな事実が判明するようでとても楽しみです。

40代女性
ドロドロした面がたくさんあるのですが、それらを払拭してくれるのが美しい和菓子の存在です。4話の和菓子も素晴らしかったです。派手さはなくても、上品な甘さや食感が自然と想像できました。トロトロ感が、半透明の色彩から伝わります。
50代女性
見習い職人の城島の裏の顔になった過去の理由がわかった回でした。城島は、わざと七桜を自分に振り向かせようとしていたけど、自分の方が本当に七桜を好きになってしまっている感じが出ていました。それに嫉妬する椿も可愛らしかったです。
30代男性
前話から今日子の七桜潰しに協力していた城島が椿を恨んでいた事が発覚し、理由が城島の実家の和菓子店の運命を椿に潰されたと思っていたのだが、実は女将である今日子の仕業だったと分かるまで時間がかかったなと思います。

デパート催事への出店依頼に応えるべく光月庵はわらび餅を出す事にしたが、当日に今日子の妨害が予想されると思い、椿と七桜の作戦があったのが良かったし、商品名を城島の実家の和菓子店名を付けるという粋な計らいについても良かったです。

60代女性
今回は女将と通じていた城島の素性が分かります。光月庵で一人ぼっちの七桜に親切に接してきた城島は、女将の言いつけで椿と七桜の結婚を壊そうとしていたのです。七桜にちょっかいを出し、椿をいらだたせる城島。彼がそんなことをするのは椿に恨みがあったからでもありました。

父親は「しまや」という和菓子屋の職人でしたが、経営がうまくいかず、最後のチャンスと挑んだ催事にも失敗し、過労で亡くなっていました。催事であった椿に厳しいことを言われずっと根に持っていたのです。城島の父が病気と言う嘘を真に受け、「しまや」自慢の商品わらび餅を再現しようとする七桜。その商品が催事に出て、おいしいと喜ぶ客の姿に泣いてしまう城島。その誇らしげで切ない泣き顔に思わずもらい泣きしてしまいました。

七桜の体調や偽りの母を名乗った夕子の店に現れた女将。椿と結婚するはずだった栞の動きなど気になることが満載で今後の展開が大いに気になります。

30代女性
椿に七桜が本当に桜ではないのかと問われ、桜ではないと答えて覚悟を決めたところがこれからどんな風に高月菴に関わっていくのか、そして事件の真相はいったいどうなるのか気になった。

今回のドラマ内で城島の実家の店が潰れたことを椿のせいだと思ってずっと恨みを持ちながら働いていたのに、この回で実は椿のせいではなかったとわかり、実家のわらび餅を売ることができ、涙を見せたところがよかった。七桜が殺人犯の娘だとバレてしまいそうな展開なのでこれからどのようにしてバレないように真相に迫るのかとても楽しみです。

40代女性
以前再起をかけて出店した催事で、商品を台無しにされ椿を恨んでいることが判明した城島。その恨みを晴らすためと借金返済のために女将の指示通り七桜に近づいていくのが恐ろしい。そんなことは知らずに城島の店のわらび餅を再現しようと必死になる七桜が健気でした。女将に邪魔されることを先読みし、最中の中にわらび餅を隠したのはお見事!見た目も可愛いし、わらび餅は食べにくいけどこれはいいアイデアだなと食べたくなりました。
30代女性
七桜の和菓子へのひたむきな姿が印象的な回でした。一方で、私生活とも言える椿との関係性は深くなり、過去のことが無ければもう一度光月庵に来ることもなかったが、過去ことが無ければ今の結婚生活を嬉しく思うことができるはずなのに…と七桜に感情移入せずにはいられませんでした。

第5話のあらすじとネタバレ

七桜(浜辺美波)の母を演じていた夕子(須藤理彩)の小料理屋に突然現れた今日子(観月ありさ)。卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決めるが…。

一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿(横浜流星)への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいと嘘を重ねる。

しかしそこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める!苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子に挨拶に行くと言い出す。

店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとするが…。椿が七桜のため、夕子に結婚式に出て欲しいと頭を下げる姿を見て、全てを椿に打ち明けて嘘のない関係になろうと覚悟を決める七桜。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語る。七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまう。

そんな中、大旦那(佐野史郎)は弁護士を呼んでなにやら話をしていた。その脳裏には15年前、『さくら』という女の子が作った御菓子の味が鮮明に蘇っていた…。そして、七桜と椿の結婚式と重なっていた毎年恒例の茶会『夕ざりの茶事』を一週間前倒しにすると決める。それは二人の結婚を認めた意味にもとれるが…。

一方、見合いの席で、七桜の母親が人殺しだという噂を聞いた栞(岸井ゆきの)は、椿の結婚式の日取りが決まったと知り、ある決意をする。

その頃、城島(高杉真宙)の部屋に再び行くことになった七桜。そこは、母・百合子(中村ゆり)と暮らした懐かしい部屋。一人で部屋に残され、昔よく隠れて寝ていた押し入れを覗くと、天板裏に道具箱が隠されていることに気づく!

なんとその中には椿の父・樹(鈴木伸之)から百合子に宛てた手紙、そして『七桜へ』と書かれた封筒が…。そこには、二人の運命を揺るがす残酷な事実が記されていた…!

やはり妊娠していた七桜は、椿に自分の正体、そして子供のことを打ち明けるか悩んでいた。そして、苦しい胸中を夕子にだけ吐露する。ずっと一人だった自分に家族ができる喜びと、一番祝って欲しい母が椿と結ばれることを望んでいないのではないかという不安。夕子は、自分が母親なら「幸せにおなり」と言う、と七桜の背中を押すのだった…。

城島の部屋の押し入れで見つけた道具箱。『七桜へ』と書かれた封筒に入っていたのは七桜と樹の『父子鑑定報告書』。そこには樹が七桜の父親である可能性が限りなく高いことを示す数値が記されていた!さらに樹が百合子に宛てた手紙、幸せそうに寄り添う写真は、二人が恋人だったことを証明していた…。

自分と椿が姉弟である可能性を知り混乱する七桜だが、封筒にはもう一枚の父子鑑定が入っていた。それは椿の父が樹である可能性は0%だというもの…。衝撃的な事実に震える七桜だが、そこに大旦那が通りかかる。

椿を跡継ぎとして認めてくれたのかと尋ねる七桜に、大旦那は「光月庵を継ぐのは、血の繋がった者だけ」だと言い、樹の子に違いない『さくら』という女の子を捜していると答える…! 

光月庵の正当な後継者は、椿ではなく七桜。七桜は、椿の辛い心中を思う。15年前の事件前夜、父の密会を目撃してしまった幼い椿は、自分が樹の本当の子ではないと気づいてしまったのだ。そして、椿が『さくら』を憎んでいるのは、この光月庵を、自分のすべてを奪ってしまうからだった。七桜は、愛する椿を苦しめないため、黙って姿を消そうと心に決める。

その日、東京の百貨店の出張から戻った椿は大旦那が自分たちの結婚式に出席することを知り大旦那の元へ。七桜が作った蛍の御菓子を口にしていた大旦那は、その味にかつての記憶が呼び覚まされていた…。その様子を見た椿は、一度は蓋をした“七桜が『さくら』である”という疑念を、どうしても払拭できなくなる。

そんな中、栞が光月庵の椿を訪れる。婚約破棄を改めて謝罪する椿に、栞は『七桜の母が人殺しだ』という噂が立っていることを椿に告げる。椿は断固とした態度で「別人です」と答えてその場を去るが、疑念は確信に変わろうとしていた。それでも、七桜を信じようとする椿だったが…。

一方、雨の降る中ひとり光月庵を後にした七桜は多喜川(山崎育三郎)のもとへ。誰にも知られずに自分を雇ってくれる店を紹介してほしいと頼む七桜だが、多喜川は百合子が殺人容疑をかけられたままで本当に後悔しないのか?

自分は、事件の直前、百合子の御菓子を買いに行かなかったことをずっと後悔していると話す。15年前のあの日、母・百合子の愛した樹を殺したのは誰なのか?事件の真相を明らかにするため、七桜は再び光月庵へと足を向ける。

茶室でお茶を点てていた椿が優しく笑いかける姿に胸が苦しくなる七桜。同じく胸に痛みを抱える椿はそれを打ち消すように七桜を強く抱きしめる。椿は茶会の御菓子は『夕顔』にすると告げる。それは一夜で散る儚い恋を象徴しているようで…。

翌日。結婚式までに事件の真相を掴み、光月庵を去ろうと決めた七桜は、15年前の記憶に沿って、事件現場である樹の部屋までの道を辿る。樹と椿以外に現場で誰か見なかったか思い出そうとする七桜。しかし樹の部屋は庭側からも、中の廊下側からも完全に塞がれていた。

通りかかった山口(和田聰宏)によると、事件以来、大旦那が部屋を閉じ、一年に一度、特別な日以外は開かないのだという。特別な日とは目前に迫る『夕ざりの茶事』。茶会が終わった後、大旦那は亡き息子と語らうように樹の部屋でお茶を飲むのだという。七桜が来てから椿が色々な表情を見せることを嬉しく思っているという山口は、七桜にずっと椿のそばにいてあげてほしいと話すが…。

その頃、大旦那は弁護士に作成させた遺言書を読んでいた。大旦那の有するすべての財産を椿に相続させるという内容に加え、「高月家の血を引く孫が現れた場合、その孫がすべての財産を相続する」という文言が…!それを聞き血相を変えて大旦那に抗議する今日子。しかし、大旦那の断固とした決意の前に今日子はなす術もなく…。

そして、いよいよ運命の『夕ざりの茶事』が始まろうとしていた…。

第5話の感想

40代女性
母の仇を打つため、幼なじみの椿に正体を隠したまま近づいた七桜ですが、子供の頃から好きだった相手なので一緒に和菓子作りをするうちに好意が芽生えてしまいました。

前回、もしや妊娠したかも?と思わせるシーンがありましたが、七桜は本当に妊娠していました。全てを打ち明けて新たな幸せを見つけようと決心した矢先に、次々と明らかになるつらい事実。同僚の城島は、もう七桜たちに敵意は持っていないようですが、むしろ七桜のことが好きになっちゃったかもしれません。

ですが、椿の母親である怖い女将、本心のわからない不気味な大旦那様に加えて、椿のかつての婚約者・栞まで参戦してきてドロドロな展開になること必至ですね。話の展開はかなり重い内容になるのですが、和菓子やさんが舞台ということできれいなお菓子も登場しますし、横浜流星さんと浜辺美波さんの和服姿がたくさん見られるので、観ていて気持ちが和みます。

30代男性
母親と暮らしていた部屋で七桜は自身の出生に関わるある資料と椿の父が七桜の母親宛に送った手紙が何通もあり、よく今まで見つからなかったなと思います。

大旦那の舌が15年経っても七桜の作った和菓子の味を覚えているなんて都合が良いというか、椿が作った和菓子への反応とは随分違う感じがします。次回がもっとドロドロしていく展開になる事を期待しています。

30代女性
大旦那様が七桜の作った和菓子を食べているときにどこか懐かしさを感じていたので七桜がさくらだということに気づいてほしいと思いました。樹と百合子のやり取りが書かれていた手紙を見つけた時、2人は愛し合っていたのだと思いました。

七桜が樹の子供なのではないかと予想はしていましたが、大旦那様が気づいていたことに驚きました。椿が父親が他の女性とキスをしていたところを見てしまい、自分は本当の子供ではないということを知ったシーンでは切なくなりました。それでも店を継ぎたいという心構えはすごいと思いました。

60代女性
七桜と椿の気持ちがどんどん近づいていくのは嬉しいのですが、七桜と同じく本当の素性が分かってしまったら二人はどうなってしまうのか心配です。七桜が見つけた親子鑑定で、まだまだ複雑な高月の歴史があるようで、今後の展開がとても気になります。
20代女性
さくらがなかなか本当のことを言わないのでイライラしてしまいました。2人のラブラブシーンは美しく、とてもよかったですが、その分どんどんと椿が可哀想になって見ていられなくなりました。早く本当のことを伝えてもらいたいです。
40代女性
次から次に困難が襲いかかり、見ていて辛くなりました。2人の結婚はなんら問題はなく、普通なら喜ばれるはずなのにと思いました。そして光月庵の正式な跡継ぎが七桜だという展開も、面白いなと思いました。また、椿の本当のお父さんの存在も気になるところです。
40代女性
七桜の不安定な姿を見ていると心配になります。せっかく子供を授かったというのに、それを椿にも話せていないことは残念すぎることです。栞がまた光月庵に顔を出したことが場を乱される予感とともに、苛々する気持ちを掻き立てます。
50代女性
七桜の出生の秘密が分かって驚き。宗寿郎がそれを知れば、椿との結婚もうまくいきそうだけど、そう簡単にはいかないのでしょうか。七桜は子供のためにも早く椿に本当のことを明かしてほしいですね。お互い本当に好きなら、気持ちを合わせられると信じたいです。もしかして山口が椿の実父なのかも。
50代男性
七桜が、城島の部屋の天井裏から見つけた道具箱そこにはあった真実に驚愕です。椿ではなく、七桜が光月庵の血を引く者、さらに自分の母親と先代の樹が不倫関係だった事を知り、誰が樹を殺したのか謎が深まる一方です。一番怪しいのは椿の母の今日子のような感じですが、まだ一波乱も二波乱もありそうです。{夕ざりの茶事}でも何かありそうです。次回が楽しみです。
40代女性
両想いになったことで正体を隠していることが心苦しくなった七桜が椿に打ち明けられずに家を出ていってしまうも、多喜川を訪ね再び光月庵に戻り一安心。

かつて生活していた部屋で自身の出生の秘密を知ることになった七桜だけど、それまで誰も触れていなかった板の色が違う天井を叩いてみる?ものすごい大事な書類が入ってるって、他の人が気になって板を外してみたら見つかってたわけだし、ものすごいリスキーだけどそこはドラマだからいいのか~と思いながら見てました。

第6話のあらすじとネタバレ

年に一度開かれる大旦那(佐野史郎)の茶会『夕ざりの茶事』当日。七桜なお(浜辺美波)はこの茶会の後にだけ錠が解かれるという樹いつき(鈴木伸之)の部屋に入る機会を狙っていた。茶室で多喜川たきがわ(山崎育三郎)や栞しおり(岸井ゆきの)など大事な来賓をもてなす膳が振舞われた後、椿つばき(横浜流星)が作り上げた美しい『夕顔』の御菓子が出される。

一方、大旦那の遺言書を始末しようと茶会の合間に部屋を漁っていた今日子きょうこ(観月ありさ)は、初座の終わった大旦那と鉢合わせる…!椿の本当の父は今日子が不貞を働いた相手なのかと詰め寄る大旦那。しかし、今日子は意外な胸中を打ち明け、大旦那に掴みかかる。2人は揉み合いになり…!?

後座の準備をしているはずの大旦那が茶室にいないことを不審に思った七桜は樹の部屋へ。しかし錠前の外された室内にいたのは樹の着物を愛おしそうに抱きしめる今日子だった…!

15年前に事件のあった現場で当時の記憶がフラッシュバックする七桜。あの日、庭で見た“もう1人の人物”とは!?七桜は、真実を話して欲しいと今日子に事件のことを問い詰める。

その瞳が百合子ゆりこ(中村ゆり)と重なって見えた今日子は、百合子への憎悪を爆発させ、七桜に襲いかかる。食い下がる七桜は、ついに自分が『さくら』であることを宣言!――しかしその言葉を椿が聞いていた…!

一方その頃、屋敷で火事が発生、大騒動が起きていた。危険を知らせに来た山口やまぐち(和田聰宏)に大旦那が行方不明だと聞いた椿は自分が探すと部屋を出て行こうとする。

七桜は椿の背中に「ここで椿を待ってるから」と告げ…。正体がばれてしまった七桜、七桜の裏切りを知ってしまった椿。2人の運命を左右する茶会の夜の全貌、そして“当主殺害事件”の真相とは!?

大旦那に、なぜ樹を裏切ったのかと問い詰められた今日子は、涙ながらに悲しい過去を話す。一生、樹と光月庵に尽くそうと嫁いできたのに、樹は一度も自分に触れる事すらなかったのだ。この上、椿が光月庵を継ぐことも許されなかったら…と遺言書を奪おうと大旦那に掴みかかる今日子。

2人は揉み合いになり、大旦那は倒れたはずみに後頭部を打って気を失う。畳に流れ出る血。一度は助けようとする今日子だが、思いとどまり大旦那を置き去りにして部屋を後にする。大旦那の傍らでは、倒れた燭台のろうそくから、畳に火が燃え移り始めていた…。

樹の部屋で今日子を見つけた七桜は、あの事件の日、庭で今日子の姿を目撃したことを思い出す。今日子はあの日、椿を誘導して証言させ、百合子を犯人に仕立て上げていたのだ…!樹を刺したのも今日子なのでは、と詰め寄る七桜だが、今日子に「証拠はない」と言われてしまう。

自分が見たと証言すると反論する七桜。そして「私はさくらです」と告白する。しかし、その背後には、七桜を探しに来た椿が…。七桜に欺かれていたことを知った椿は深く傷つき、二度と会わない覚悟で屋敷を出るよう七桜に告げる。しかし、椿を想う気持ちだけは嘘じゃなかったことを伝えようと、七桜は「ここで椿を待ってるから」と告げる。

火事で行方不明の大旦那を救出するため、煙と炎の中に向かった椿。意識が朦朧とする中、幼い日の七桜の幻影を見た椿は、自分から全てを奪いに来たはずの七桜がかけてくれた優しい言葉を思い出し、幸せだった日々に一筋の涙を流す。その時、椿の上に天井が焼け落ちて…!

一方、危険が迫る樹の部屋で椿が戻るのを待つ七桜の元には、城島じょうじま(高杉真宙)が駆けつけていた。頑なに椿を置いて逃げることを拒否する七桜だが、突然お腹に痛みが走る。意識が朦朧とする中、七桜は多喜川に助け出される…。

2日後―。七桜が目を覚ましたのは病院の一室。見舞いに来ていた夕子ゆうこ(須藤理彩)に椿のことを尋ねるが、状況は詳しくわからない。さらに、流産してしまったことを知った七桜は激しく自分を責める…。

ニュースでは火事後の光月庵の様子が伝えられ、椿が大旦那を助けた後、光月庵を継ぐ人間が使う御菓子の道具を取りに行ったことを知る。ずっと嘘をついていた自分が許されないのは仕方ないと思いつつも、椿は自分ではなく代々伝わる道具を選んだことに、ショックを受ける七桜。

結局、母は今日子のせいで犯人に仕立てられたと分かったにもかかわらず、無実は証明できなかった…。様々な罪悪感に苛まれる七桜に、多喜川は、これからどうしたいかと問う。光月庵のことも椿のことも全て忘れ、ただ純粋に御菓子作りをすると決意した七桜。

3か月後―。火事から復旧した光月庵には、新しく和菓子教室を始めた椿の姿があった。火事から10日間意識の戻らなかった椿は、姿を消した七桜のことを捜していた。自分の気持ちが愛情なのか憎しみなのかわからない中、ただ七桜を捜すことをやめられない椿に、今日子は「あなたには向き合うべき人が他にいるでしょう」と告げる。

実は火事の中、崩れ落ちる天井から椿をかばい、顔に火傷を負いながらも助け出したのは栞だった。栞の顔の傷に心を傷め、マンツーマンで和菓子教室を開く椿。栞は、自分のことを1人の人間としてちゃんと認めてくれる椿への想いを強くする。父がお膳立てした、自分を押し殺して生きていかねばならない縁談。栞は、結納の場で結婚を断ってしまう。

今日子が大旦那から奪った遺言書は白紙でダミーだった。大旦那は依然、入院中で本物の遺言書のありかが分からない中、今日子は邪魔な七桜を徹底的に潰そうと決意していた…。

そんな中、縁談を破棄した栞が光月庵で雇ってほしいと家出をしてくる。実は2年前、器の展示会で絵付けを褒められたことが椿との最初の出会いだったと話す栞。もう父の言いなりになって自分を諦めたくないと訴える栞を、椿は店に受け入れる。

それから3年―。いまだ入院中の大旦那の代わりに光月庵の一切を引き受けた椿は御菓子作りから遠ざかっていた。そして店には、すっかり馴染んだ栞の姿があった。今日子の後押しを受け、椿をデートに誘おうとした栞は城島が椿に七桜との関係を尋ねているところを聞いてしまう。

火事の日、自分が七桜よりも店を選んだことを話す椿。そんな椿の姿に、栞はあの火事の中で見た真実を言えずにいた…。自由に御菓子を作る七桜の姿を想像し、その幸せを密かに願う椿だが…。

そんなある日、五月雨亭で出す御菓子を決める選定会で、金沢の外れにある小さな和菓子屋『花がすみ』が光月庵を退けて選ばれる。とてもおもしろい御菓子を作る店だと聞いた椿は、何か感じるものがあり…。

その頃、『花がすみ』では、一人の女店主が客を見送っていた。五月雨亭の御菓子に選ばれたことを報告する多喜川に落ち着いた声で答えたその主こそ、強く美しい女性に変貌した七桜の姿だった…!七桜は揺るぎない自信を胸に「今の光月庵には消えてもらうから」と話す――!

引用:https://www.ntv.co.jp/watadou/story/06.html

第6話の感想

20代女性
突然3年後に飛んだり、時間の経過が早くて盛り沢山の内容だったと思います。今までお互いに好き同士で思い合っていた七桜と椿が、火事をきっかけに離れ離れになり、決別してしまったのが寂しく感じました。

また、ラストの七桜の印象では椿を敵とみなしているような雰囲気だったので驚きました。対立関係になった七桜と椿がどんなやり取りをするのか、次回が気になります。

30代女性
七桜が椿のことを好きなのはわかっているのですが、あの現場では早く逃げてほしかったです。これをきっかけに、光月庵を出ていくのかはまだわからないのですが七桜はここでは働かないでほしいと思ってしまいます。
30代女性
急展開すぎるくらい時の流れが早く過ぎていきました。茶事の火災から、椿と七桜は全く会うことなく、それぞれの道を歩み始めます。七桜は椿への憎しみを取り戻してしまい、愛情が消えてしまったのか、椿のために光月庵をつぶすのか、第二幕に期待します。
40代女性
毎回、怒涛の展開のドラマですが今回も素晴らしかったです!横浜流星さん、浜辺美波さん、岸井ゆきのさんなどなど。俳優さんたち皆さん大熱演ですねー。

特に今回は観月ありささんが凄かったです!原作漫画もファンで読んでいるので台詞や場面は分かっているのですが、それでも見ていてドキドキしました!改めて演技が上手い女優さんですね。

60代女性
七桜(浜辺美波)が桜ということがばれてしまいましたが、椿(横浜流星)は何を思うのでしょうか。屋敷の火災で、大旦那様も椿も無事だったのが何よりでした。大旦那様の意識が快復することを願います。それにしても、取り憑かれたような今日子(観月ありさ)の演技が、真に迫っていて怖すぎです。
40代女性
15年前の事件について幼かった椿も七桜も記憶がよみがえり、ついに真相が明らかに!でも真犯人は女将なのか?まだどんでん返しがありそうです。月日が流れて、椿はまだ未練がありそうだけど、七桜は光月庵を潰そうとするライバル和菓子屋に転身か?!続きが楽しみです!

ドラマ『私たちはどうかしている』作品紹介

ねこっち
『わたどう』はこんなドラマだにゃ!

  1. 今後が楽しみな注目の若手女優、浜辺美波が主演!
  2. ドラマ・映画に出まくり中の最も旬な若手男優、横浜流星が相手役!
  3. 和菓子屋を舞台に繰り広げられる美しくミステリアスな愛憎劇!

花岡七桜(浜辺美波)は、将来有望な若手和菓子職人。

しかし、彼女の心には実の母である百合子(中村ゆり)が、老舗和菓子屋「光月庵」の先代当主、高月樹(鈴木伸之)を殺害したかもしれないという過去が重くのしかかっていました。

そんな七桜に「光月庵」との和菓子対決の話が舞い込んできます。

最初は、過去に対する思いから、その話を断ろうとしていた七桜ですが、殺人犯の娘だと勤め先に暴露され解雇された挙句、母親の本当の思いを知ったことをきっかけに対決を挑むことを決意します。

対決の日、七桜の前に姿を現したのは、15年ぶりに再会する高月樹の息子、高月椿(横浜流星)でした。

冷たく七桜を見下ろす椿の姿をみて、七桜の胸にあの日の記憶がよみがえります。

高月樹が殺されたあの日、母の百合子を犯人だと名指ししたのは、他でもない、目の前にいる椿だったのです。

ドラマ『私たちはどうかしている』の原作は?

『私たちはどうかしている』の原作を読む。
『私たちはどうかしている』の原作を読む。

本作は、累計発行部数200万部を突破した安藤なつみさんのコミック「私たちはどうかしている」が原作となっています。

講談社「BE・LOVE」において連載中であり、番組ホームページから無料で第1話を試し読みすることもできます。

2017年4月13日に第1巻が発売され、2020年8月12日までに13巻が発売されています。

また、テレビドラマ化を記念して、1巻~3巻お買い得パックが2020年6月から発売されており、好評を博しています。

ドラマ『私たちはどうかしている』キャスト一覧・相関図

キャスト相関図

引用:https://www.ntv.co.jp/watadou/chart/

花岡七桜/浜辺美波

浜辺さんは、第7回「東宝シンデレラオーディション」にて注目され女優デビューしました。

2017年、小説「君の膵臓をたべたい」の実写映画のヒロイン役に抜擢され、2020年「アリバイ崩し承ります」で初の連ドラ主演を務めるなど、今なお躍進を続けている注目の新人女優です。

高月椿/横浜流星

原宿でスカウトされ芸能界入りした横浜流星さん。

2019年に放送されたテレビドラマ「初めて恋をした日に読む話」で、純愛を貫く不良少年を演じ注目を集めた、今最も勢いのある若手男優です。

極真空手にて世界大会で優勝した経験があり、アクションものにおいて高い評価を受けていることはあまりにも有名です。 

高月今日子/観月ありさ

その抜群のスタイルで1990年代に一世を風靡。1996年に放送された「ナースのお仕事」での明るくてドジなナース役が評判となり、シリーズ化もされました。

その後も、数々のドラマで主演を務め、変わることのない美しさと年齢を重ねた風格で存在感のある役柄を演じ続けています。

その他キャスト

  • 城島祐介/高杉真宙
  • 長谷栞/岸井ゆきの
  • 山口耕一/和田聰宏
  • 富岡勝/岡部たかし
  • 安部大吾/前原滉
  • 杉田綾人/草野大成
  • 多喜川薫/山崎育三郎
  • 宮部夕子/須藤理彩
  • 大倉百合子/中村ゆり
  • 高月樹/鈴木伸之
  • 高月宗寿郎/佐野史郎

ドラマ『私たちはどうかしている』主題歌

主題歌は、東京事変の「赤の同盟」です。このドラマのための書き下ろし楽曲です。

ミステリアスなドラマの雰囲気に東京事変の作り出す世界観がぴったりマッチしています。

ドラマ『私たちはどうかしている』の視聴率

  放送日 視聴率
第1話 2020/8/12 9.6%
第2話 2020/8/19 7.8%
第3話 2020/8/26 8.2%
第4話 2020/9/2 8.4%
第5話 2020/9/9 9.2%
第6話 2020/9/16 9.6%
第7話    
第8話    

関東地区・ビデオリサーチ調べ

ドラマ『私たちはどうかしている』見どころ紹介

10代女性
第1話の見どころは、七桜の心情です。七桜が何を思って行動しているのかを考えるとより面白く見られると思います。

椿からの求婚に応えるシーンや七桜が決意を固め髪の毛を切るシーン、光月庵に乗り込んでいくシーンなど七桜の行動力の高さと事件の真相を暴いてやるという強い気持ちが感じられました。他の登場人物との関わりでこれから七桜の気持ちが変化していくのだろうなと期待がわきます。

30代女性
主演の2人の美しいキスシーンは見どころだと思います。初回からキスシーンがあると思っていなかったし、今回はコロナの影響もありアングルでごまかす感じのドラマが多いイメージの中、ちゃんとしていたので、お2人ともとても美しかったです。

また、観月ありささんの虫をつぶすシーンも、すごくはまっていて、今後の登場に期待できるシーンでした。

30代女性
ストーリーはもちろんですが、映像に華やかさを感じるシーンが多いです。主役の2人が美男美女なのに加えて、日本庭園の緑、柔らかく色鮮やかな和菓子、着物の色などドラマ全体に品の良い華やかさを感じます。

ストーリーの見どころは、佐野史郎演じる大旦那です。登場時間は短いものの、椿にとって敵か味方かわからない謎の存在感があります。大物俳優ですからきっと物語の鍵を握る存在であることは間違いないでしょう。個人的には横浜流星も浜辺美波も大好きなので、憎しみあうよりは早く惹かれあって欲しいと思っています。

40代男性
和菓子の綺麗さは、このドラマの唯一の見所だったと思います。本当に食べたくなるような和菓子でした。

その他では、美男美女が出演している点も目の保養になると思います。出演者と和菓子という2点は、このドラマの話よりも、はるかに見所だと思います。そういった意味で、今後ストーリーで引きつけてくれることを期待します。

20代女性
椿と七桜の過去の因縁やどういう経由で結婚することになったのかが凄く見どころだし、あとは七桜と茶道の宗家の娘・真由が今の光月庵の和菓子を食べたときに七桜が「あれ?味が変わりました?」というやりとりをするのですが、味が変わったのは七桜の母が逮捕された年で味が変わってしまった理由などがこれから詳しく放送されるのかな・・と伏線が張られているのかなと思いました。
60代女性
横浜流星の謎めいたオレ様キャラと、浜辺美波のまさに「どうかしている」ともいえるキャラの出会いの場面から、結婚式の現場に乗り込む場面までの怒涛の展開が最大の見どころだと思います。

結婚式をドタキャンしてのキスシーンや、強烈キャラの観月ありさにもにも、くってかかる主人公の強さなどには「初回からここまでやる?」と驚かされました。いい意味で予想を裏切る面白さでした。

40代女性
和菓子の世界なので日本家屋の屋内や庭も随所に出てきますし、七桜や椿の和菓子職人としての制作風景もあり、目の保養としても楽しめそうです。

また光月庵の家族関係や、15年前の事件の時に椿の母親など周りの家族たちはどうしていたのか?七桜に突然母の手紙を持ってきた男性は誰なのか?まだまだ謎が多く、どのように絡み合っているのか今後考察しながら見ていくのが楽しみです。

30代女性
和菓子を作っているシーンがたくさん出てくるのですが、今まで見たことがないような綺麗でかわいい和菓子に注目して見てほしいなと思いました。

この作品でかわいい和菓子を見てから、こんな風にお菓子でも可愛く作れるんだと感動して和菓子に興味が湧きました。あんな綺麗な和菓子を作る人になりたいなとも思い始めました。

40代女性
まずは、浜辺美波ちゃんの今までとは違った?一皮むけた明るさと演技力が見どころです。美しい着物や和菓子の美しさと技法も知れます。

椿と七桜の恋の行方とかもあるんだろうなとか、七桜のお母さんへの復讐劇もきっとあるだろうし、そんな七桜はいじめられてしまうだろうしで、見逃せません。

50代男性
大きな見どころはまず、引き出物を巡っての七桜と椿の和菓子対決、そして、椿の結婚式の2つの場面でしょう。

どちらも愛憎や思惑がぶつかり合う様が非常にスリリングでした。全体を通しての見どころは、和のテイストが前面に出た、独特の色彩豊かで風情溢れる映像美、そして金沢の老舗の和菓子屋という舞台のクラシカルでミステリアスな世界観だと思います。

横浜流星の冷たい存在感と相俟って形作られる非常に濃密なドラマ空間が印象に残りました。

10代女性
七桜がどういう過去を背負って生きて来たのか、和菓子に対する想いはどんなものであるのか、などが描かれた部分が見どころであったと思います。

母親の百合子が冤罪であったのに、罪を被ったまま亡くなってしまったこと、その屈辱感を胸に、七桜が光月庵と接触していくところも、注目するべきポイントであったと思っています。

30代女性
椿の母親役の観月ありさの演技力が一番の見所だと思います。悪役ですが大御所とあって演技力が半端なかったです。観月ありさといえばナースのお仕事のイメージが印象に残っていますが、悪役で見るのは初めてですがすごい迫力でした。サスペンス要素があってハラハラドキドキで若手俳優達もキラキラしてて目の保養になり見てて飽きなかったです。
30代女性
和菓子の作っている場面も見れて、よりリアル感が出て良かったです。愛情の無い人と結婚しますがが、七桜が責められる場面で椿が「ぼくの妻を、いじめないで下さい」と言った時は見てる側ですが素直にキュンとしました。

七桜も「キュン、、、大嫌いなのに」と思っているので、これからの恋模様もどうなって行くのかにも目が離せません。

40代女性
椿との和菓子対決で赤色が使えない七桜が考えた、桜の和菓子の説明をするところだと思います。緑で桜を表現したのも、すごいなと思いましたが、そのお菓子に込められた思いも素晴らしいなと思いました。

そして今日子の冷酷さも見どころかなと思います。夫の遺した店を守りたい思いが強すぎるのかなと思いましたが、もっと根深い何かがあるような気がしました。

40代女性
お菓子対決で、赤っぽい桜のお菓子対決の戦い方。お母さんと自分を不幸におとしめた椿に再会して、いきなり結婚しないかと強引に言われたけど、七桜も挑戦するみたいに結婚を受け入れる所が見どころです。

当日、椿の家に行ったら婚礼の儀式中で、七桜は帰るのかなと思ったら、式に乗り込んで毅然とした態度で、椿に言葉をかける所がかっこよかったです。

50代女性
椿から日時を指定され、老舗和菓子屋にいった七桜が目にしたのは椿の結婚式だったけど、七桜が怯むことなく、三々九度中の椿のところに近づいて行った場面は、七桜の覚悟の表れだと感じました。

椿が、七桜が持って行った手土産の羊羹をみて、皆の前で七桜と結婚すると宣言し、キスしたところが一番の見どころかなと思いました。椿の母親が曲者って感じで今後のキーマンかなって感じもしました。

40代女性
このドラマの見どころは、今まで明るい青年を演じることの多かった横浜流星さんが、陰のある真意のつかめないミステリアスな男性を演じているところと、その美しい着物姿にあると思います。

また観月ありささんの清々しいほどのヒール役も迫力と凄みがありました。要所要所に出てくる和菓子も趣があって目の保養にもなり、良かったです

30代女性
幼い頃に母を犯人とされて、辛い境遇で生きてきた七桜が世界一憎んでいる椿と結婚して老舗和菓子屋に乗り込もうとする強い決意をしていくという彼女の力強さに注目してもらいたいです。

また、ドラマ中に登場する椿や七桜が織りなす和菓子の美しさも見どころの一つです。七桜の前に現れた謎の男や、老舗和菓子屋を取り巻く女将をはじめ、様々な人々の思惑にもじっくりと目を向けてストーリーを楽しんでもらいたいです!

30代女性
日本ならではの美しい和菓子と美しい所作です。お菓作りの難しさや繊細さ、さらには意味が込められていることなど、和菓子のよさ美しさを今の若い子に知ってもらえるきっかけになると思います。

またお作法もしっかりされていて、着物を着ている役者さんたちの立ち振舞いをみて、あー日本人でよかったと思いました。日本を感じられるところが見所です。

30代男性
なんといっても、椿が自分の結婚式の最中に七桜にキスをするシーンが見どころです。光月庵の将来を政略結婚で乗り切るのではなく、自分の力で乗り切る為の作戦だったのですが驚きと衝撃のシーンです。

そして、何を考えているかわからないミステリアスな椿が、これから先の見どころになると思います。椿と七桜の契約がスタートしましたが、3カ月で結果を出せるのか、これから先の展開が気になる所が見どころです。

ドラマ『私たちはどうかしている』まとめ

主演の浜辺美波さんと横浜流星さんがフレッシュであり、今もっとも勢いのある2人であるという点から、かなり期待が持てます。

可愛らしくて健気な浜辺美波さんがいじめられ役を演じることで、多くの男性ファンを虜にすることは間違いないでしょうし、超イケメンの横浜流星さんがクールで神秘的な和菓子職人を演じる姿に悶絶する女性ファンも少なくないでしょう。

高月樹を殺した犯人は本当は誰なのか、高月椿の本当の目的とはいったい何なのか、謎が謎を呼ぶストーリー展開も、観るものをワクワクさせてくれます。

女将を演じる観月ありさも、どんな恐ろしい表情をみせてくれるのか楽しみです。「東京事変」が歌う主題歌も期待大。独特の世界観を音楽で盛り上げてくれそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です