メルパルク仙台が謝罪文でさらに批判炎上!被害者夫婦へのお詫びではなく利用者へのみ

結婚式の不手際で大炎上しているメルパルク仙台。

ついにネット上だけでなく、ニュース番組にまで取り上げられるほどの騒ぎとなりました。

そして、結婚式当日だけでなく、その後の対応や謝罪文も酷いとさらに炎上する事態になっています。

メルパルク仙台の対応や公式サイトで公開された謝罪文について、そしてネット上の反応をまとめてみました。

メルパルク仙台のサイトに掲載された謝罪文について

ネット上で炎上したメルパルク仙台の結婚式をめぐる今回の騒動。

それを受けてメルパルク仙台がサイト上に掲載した謝罪文を紹介します。

謝罪文

「このたびは、一部のインターネットの書き込みにより、弊社の婚礼サービスを

ご利用された皆様やご親族の皆様、また、今後ご利用される予定の皆様を含め

多くの方々に、ご心配・ご心労をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

弊社は本件につきまして、誠心誠意対応を進めているところでございます。」

メルパルク仙台公式サイト

現在はメルパルク仙台のサイトを開こうとしても、アクセスが集中しているのか、なかなか繋がりません。

謝罪文は誰に向けたもの?

謝罪文によると、「ご利用された皆様やご親族の皆様、また、今後ご利用される予定の皆様を含め多くの方々」とあるため、被害者である夫婦へ向けたものでないことはわかります。

ご本人へ向けた謝罪は、本来サイト上で公に掲載するものではなく、直接するべきことであります。

しかし、”一部のインターネットの書き込みにより”という書き方では、まるで式場側に非がないのに言いがかりをつけられたような言い方にも受け取れてしまいますね。

「スッキリ!」に、当事者の夫婦が出演

7月9日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」で、結婚式をめぐったこの問題を取り上げました。

当事者の夫婦が顔出ししてインタビューに答え、辛い心の内を語っています。

その内容を簡単にまとめてみました。

メルパルク仙台の対応は?

総額300万円以上の費用をかけて誓約した結婚式。

しかし、実際に結婚式を迎え、数えきれないほどのミスとトラブルに精神的ショックを受け、結婚式から2週間経つ今も料金は支払っていないそうです。

スッキリがメルパルク仙台に取材したところ、問題については認識しており、夫婦には誠心誠意対応しているとのこと。

しかし夫婦の話では、式場側からはメールの返信もなく、最終的には「弁護士を通して連絡をしてほしい」との回答がきたそうで、式場側と直接話し合うことも困難な状況のようです。

加藤浩次さんのコメント

一連の経緯を見た加藤浩次さんは、「結婚式場側の対応を見ていると、あたかも新郎新婦がクレーマーじゃないかというような対応をしている」とコメントしています。

これに対し、ネット上でも、「正論だ」という声が多く挙がっています。

また、近藤春菜さんも「結婚式場にしてみたら普段の出来事だけど、本人達は一生に一度のことだってことを自覚してほしい」と、被害者である夫婦に寄り添うコメントをしました。

メルパルク仙台の炎上の経緯を知りたい方はこちらもご覧ください。

誠心誠意ある対応を

近藤春菜さんがコメントしていたように、結婚式は一生に一度のことです。

今回の式場側のミスは、その緊張感と責任感を持って仕事に臨んでいれば、防げたはずのことばかりです。

また、間違いやミスを犯した時点で、しっかりと謝罪をしていれば、被害者夫婦の傷もここまで大きくはならなかったでしょう。

ところが、式場側のその後の対応が二重、三重にも二人を傷つける結果となってしまいました。

また、結婚式を挙げずに、入籍のみのカップルも増えている昨今、こうしたトラブルがあれば、更にカップルの結婚式離れが広がってしまうのではないでしょうか?

式場側には、コメントに出している通り「誠心誠意ある対応」を今からでも見せてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です