スッキリ土屋さん夫婦の結婚式トラブルの式場はどこ?300万のプランが酷すぎると話題に

一生に一度の結婚式を行うために、たくさんの結婚式場の下見を行い、試行錯誤をした上で自分だけの結婚式をする方も増えてきています。

しかし、そうした気持ちを踏みにじるかのように、結婚式に関するトラブルが増えているのも事実です。

実際に、7月9日で放送されたスッキリの中で、結婚式に関するトラブルが放送されました。

放送の中では、土屋さん夫婦が先月挙げた挙式で、さまざまなトラブルが発生した問題について取り上げられたのです。

1年前から結婚式を計画していた土屋さん夫婦が、どのような経緯で結婚式でのトラブルにあったのか紹介していきたいと思います。

土屋さん夫婦がトラブルとなった式場は?

スッキリで取り上げられた、結婚式に関するトラブルですが、その式場が一体どこなのか気になった方も多いのではないでしょうか。

実際に、土屋さん夫婦の発言からから、ゼクシィでの口コミをもとに仙台の「メルパルク仙台」の式場で式が行われたとネットの書き込みがありました。

土屋さんの奥様は、小さな頃からお嫁さんになることを夢見て、1年ほど前から結婚式のために貯金とともに計画をしてきました。

しかし、実際に契約を破棄することができなくなる、3週間ほど前から違和感を感じたそうです。

結婚式トラブルの経緯は?

土屋さん夫婦は、去年300万円で結婚式の予約を入れました。

しかし、今年3月に入り、プランナーが突然変更になり前日の飾りつけを行うことができない趣旨の説明をされたのです。

そして、結婚式の当日、さまざまなトラブルが発生し、のちにお客様からもドリンクのことなどで嫌なことを言われました。

その後、一番初めのプランナーである方と話がしたいと土屋さん夫婦がお願いしたのにも関わらず、結婚式場側はこれを拒否しました。

SNSで知ったネットユーザーが酷いと炎上に

土屋さん夫婦が、結婚式を行った後、奥様の悲しい姿を見て多くの友人がSNSでメルパルク仙台の式場を非難しました。

そうすると、瞬く間にそのことが拡散され、インターネット上では担当したプランナーに対する謝罪が求められました。

実際には、メルパルク仙台での結婚式を行ったカップルの中には、良い印象を持たれている方もおりこれはプランナーの問題であると言えます。

その後、土屋さん夫婦は、司会者代だけを差し引いた金額を請求され、そういった問題ではないと言ったところ、弁護士を立てて話をしに来てくださいと言われました。

1年前から計画していた300万円の結婚式プランが台無しに

まず、結婚式当日は、前日から自分が好きなように飾りつけができるようにダブルブッキングがないという説明がありました。

しかし、前日になり、他の部屋で会議が入り飾り付けができないと言われたものの、当日に他にも結婚式を行っているカップルがいたのです。

また、ゲスト用のドリンクを一番高い、4000円の飲み放題プランにしたのにも関わらず、1500円のプランになっていたり、引き出物の中に原価が記載された納品書が入っていたのです。

そして、奥様が旧姓を言わないでほしいと、事前にプランナーに伝えてあったのにも関わらず、結婚式では旧姓をアナウンスされたりしました。

これには、結婚式場側もミスを認め謝罪をしましたが、土屋さん夫婦はお金の問題ではないと、問題が平行線のままでいる模様です。

土屋さん夫婦に幸せを

一生に一度の結婚式を決めるとなると、多くの事柄を決めなくてはいけません。

やはり、結婚式場側も信用のできないプランナーは雇わないでほしいと感じます。

また、嫌な思いをしてしまった土屋さん夫婦には、今後このことがスッキリするよう幸せになってほしいと願っています。

結婚式に関連する記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です