上田慎一郎監督のプロフィール経歴や妻(嫁)は?新作映画や宮藤官九郎との関係についても




映画『カメラを止めるな!』で有名な監督上田慎一郎さん。

先日行われた日本アカデミー賞では8部門で受賞し、2019年3月2日(土)には『カメラを止めるな!』のスピンオフドラマ『ハリウッド大作戦』がAmebaTVで放送され話題に!

今回は、そんな上田慎一郎監督のプロフィール経歴や妻や子供はいるのか、そして、新作映画はいつ公開なのか、宮藤官九郎との関係についても諸々調べてみました。

『カメラを止めるな!』はどんな作品?

「カメラを止めるな!」は、2017年11月に公開された、ゾンビドラマの撮影隊を描いたホラー・コメディ映画。

監督・俳優養成学校のENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾として、300万円という低予算と当時無名の俳優陣で製作されました。

初めは、都内で2館のみの劇場公開でしたが、口コミにより全国で上映されるというヒット作に。先日行われた日本アカデミー賞においても8部門で受賞されています。

『カメラを止めるな!』の動画配信はこちら

『カメラを止めるな!』をまだ観ていない方、もう一度ご覧になりたい方は無料の動画配信サービスがありますので、下記のサイトを参考にしてみて下さい。

上田慎一郎監督のプロフィール・経歴

『カメラを止めるな!』で一躍有名になった上田慎一郎監督ですが、どんな人で、どんな作品をこれまで手掛けてきたのか気になりますよね。

上田監督のプロフィールから、これまでどのような作品に携わってきたのか、監督になるきっかけなど、生い立ちについても迫っていきたいと思います。

上田慎一郎プロフィール

  • 名前:上田慎一郎(本名)
  • 生年月日:1984年4月7日(34歳)※2019年3月現在
  • 出生地:京都府
  • 出身地:滋賀県伊香郡木之本町(現在の長浜市木之本町)
  • 現在:東京都(ブログより)
  • 身長:168 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:映画監督
  • ツイッタ―:@shin0407
  • アメブロ:https://ameblo.jp/beblue0407/
  • facebook:https://www.facebook.com/shinichirou.ueda.1

上田慎一郎監督の中学時代

上田慎一郎監督の中学校は木之本町立木之本中学校。

中学生時代から父親のビデオカメラで友達と一緒にオリジナル映画を撮影しています。

2019年には立志式でお話もされていたそうです。中学時代には「未知との遭遇」が見ていて理解不能だったみたいですが、今になって見直すととても面白いなどと仰っており、当時から映画好きだった事が伺えますね。

また、中学、高校時代に1年間でもっとも好きな日はなぜかクリスマスだったそうです。1年でクリスマスが好きなんて素敵な男子学生ですね。

幼馴染の映画「カメラを止めるな!」音楽作品も担当された鈴木伸宏さんとは中学時代に夢を語り実現したそうです。

こういったサクセスストーリーは語るのは簡単ですけど、本当に裏で色々な苦労があっての実現だったと思うので、当人同士にしかわからない、限りない嬉しさを感じた事でしょう。

さらに中学生の頃から年に100本以上の映画を鑑賞しているそうで、本当に映画を好きでないと出来ないですよね。

上田慎一郎監督の高校時代

滋賀県立長浜高等学校に在学されていた監督。中学、高校時代にママチャリに乗って琵琶湖一周とか自転車の旅などもしていたという活発な一面を持つ少年だった監督。

高校生になっても自主映画を撮り続ける日々は継続し、文化祭でも上映を行っていたそうです。

その上映で演劇部顧問に勧誘されて高2の時に演劇部に入部することに。やっぱり才能ある方は、努力も含め自ら成功への道をつかんでる感じがしますね。

その後も高校3年生時には2002年度近畿高等学校総合文化祭で作品を上演するなど充実した高校生活だったようです。

ちなみに「カメラを止めるな!」で地元 滋賀県凱旋舞台挨拶ツアー!をした際には高校時代の担任の先生と再開されていたようです。

その他にも、高校3年生の時に監督から脚本に編集まで1人で作った映画は、戦争タイムスリップ映画である「タイムトラベル」という作品名だという事がわかっており、テレビでは一部公開されたようです。

上田慎一郎監督の高校卒業後(18~20歳頃)

高校卒業後も上田慎一郎監督は独学で映画を作りつづけたそうです。一時期、ハリウッドを目指すために英語の専門学校にも入学。
しかし、学校の授業に馴染む事ができず、先生には教科書を投げて中退したそうです。今でもいつか英語はしゃべれるようになりたいと思っているそうですよ。また、字幕なしで映画を見たい事も英語を学ぶ理由でもあるそうです。

映画から離れた時期(20歳頃~)

20歳頃に映画制作の舞台からは離れてヒッチハイクで上京。

上京後には下北沢に住み始めたそうです。その当時、下北沢にあるトリウッド(映画館)に自主制作映画を持っていったそうですが、門前払いを経験しているそうです。

しかし、映画監督の道に復帰された後の2017年4月に、門前払いを経験した下北澤トリウッドで監督作品が上映!!このエピソードも映画になりそうなストーリーですね。

その他にも、ネットワークビジネスで友人の分のお金を肩代わりしたことにより借金を抱えて、ホームレス生活も経験したそうです。

この頃の詳細はnews-visionのインタビュー記事にも掲載されていますが、一番苦労された時期だったのではないでしょうか。

『News vision』上田慎一郎監督×吉田豪インタビュー

25歳の頃、改めて映画監督の道へ(2009年頃~)

25歳の頃に映画監督になる決意を固め、2009年に自主映画団体『STUDIOMAYS』に参加。

同団体で集めたメンバーで独立、映画製作団体『PANPOKOPINA』を結成されました。

その後から現在

2015年、映画『4/猫 ねこぶんのよん』の「猫まんま」で商業作品デビュー。国内外の映画祭で46の賞を獲得しました。

2017年、ENBUゼミナールの企画「シネマプロジェクト」での制作映画『カメラを止めるな!』で劇場用長編映画デビュー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で大賞を受賞されました。

2018年6月から映画『カメラを止めるな!』劇場公開。

この作品のヒットを機に、テレビ出演や過去作品ネット配信など過去の作品にも注目が集まります。借金を抱える原因となったSF小説『ドーナツの穴の向こう側』の発売まで決定しているそうで、人生本当にどうなるかわからないものですね。

2018年10月1日には松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第7弾の監督起用されています。

また、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザの若手クリエイター支援プロジェクトで中泉裕矢、浅沼直也と共同監督の映画製作も進行中とのことです!!これからの作品も楽しみですよね!!

映画・ショートムービー・CM作品・小説など作品情報

上田慎一郎さんが監督を務めた作品についてまとめました。

映画

  • お米とおっぱい。(2011年)
  • カメラを止めるな!(2017年)

短編映画

  • マゾヒスティック・バースデイ-サンクチュアリ編-(2009年)
  • 恋する小説家(2011年)
  • ハートにコブラツイスト(2012年)
  • 彼女の告白ランキング(2014年)
  • Last Wedding Dress(2014年)
  • 猫まんま(2015年)
  • テイク8(2015年)
  • ナポリタン(2016年)
  • ナニカの断片「サングラス」「炊飯器」「ガゼルがパインツ」(2017年)
  • ヘタクソで上手な絵(2017年)
  • たまえのスーパーはらわた(2018年)
  • 正装戦士スーツレンジャー(2018年)

CM・広告作品等

  • CODEO Special Short Film.1「嬉し涙と悔し涙のまんなか」(2015年)
  • CODEO Special Short Film.2「お裾分け」(2016年)
  • リポビタンD PR用WEBムービー「カンシャを止めるな!」(2019年)

小説

  • ドーナツの穴の向こう側

上田慎一郎監督の家族は?子供はいる?

上田慎一郎監督は結婚しているのでしょうか?家族構成や兄弟についての情報も調べてみました。

上田監督は3人家族

上田監督は2014年12月12日、『PANPOKOPINA』に参加していたふくだみゆきさん(PANPOKOPINAでは主に美術スタッフで活動)と結婚し、その後2017年に息子さんが誕生しています。

奥さんのふくだみゆきさんは映画監督、Flashアニメーション作家やイラストレーター、美術監督などもされているそうです。ご夫婦も仲良さそうでとても幸せそうな雰囲気です。

息子さんも時々SNSに登場しています。

また『カメラを止めるな!』で赤ちゃん役を務めたのも上田監督のお子さんで、クレジットにも”赤ん坊 上田朔太郎”と名前が出てきます。

両親・兄弟は?

上田監督のお父さんは美容師をされているようです。facebookもされているみたいですよ。

どんな方か想像つかなかったですが、結構スラっとした方でおしゃれな感じのオジサマですね。

カメラを止めるなのヒットをご両親は大変喜んでいるようです。

本当に自慢の息子さんですよね。上田慎一郎監督はお母さんとよくLINEもされているみたいです。

上田慎一郎監督ご兄弟は3人みたいですね。長男が上田慎一郎さん。

猫ちゃんも入れて4人です!

よんちゃん可愛いすぎますね!!ほっこり癒されます。

本当に仲の良さが伝わってきます。息子さんを心配された日もあった事でしょうね。辛い時も支えてくれた人というのは大切な存在です。

ご家族も皆さん本当に素敵な方々で、こういったご両親がいて上田慎一郎監督があるのだなと感じました。

上田慎一郎監督の収入とギャラの話

いやらしい話ですが、ここでは上田慎一郎監督の収入とギャラの話について個人的に気になった事を少し調べてみたいと思います。

制作費300万円という低予算でありながら、興行収入は30億円を突破した大ヒット作品「カメラを止めるな!」。まずこの収入の行方がどうなっているのか気になりました。

「ワイドナショー」出演時には「興行収入はボクには入らない」と答えていたようです。

またその他記事では、

「映画館とか配給会社に。スタッフ、キャストに追加報酬としてお渡ししました」と説明した。

引用:https://news.mynavi.jp/article/20190206-768298/

このように語っておられました。

興行収入の仕組みがわからなかったのですが、少し調べるとこの映画は製作会社である「ENBUゼミナール」に4割ほどが入るらしいです。その他は配給会社や劇場へ入るという感じですね。

ちなみに「ENBUゼミナール」とは映画専門学校。上田慎一郎監督、市橋浩治プロデューサーが代表。この専門学校のワークショップ「シネマプロジェクト」第7弾として製作された作品が「カメラを止めるな!」です。

また、配給会社はアスミック・エースとの共同配給で全国公開を実現した流れとなっているようです。

口コミでも話題になっていたことは説明するまでもないですね。

とりあえず大きな収入を得た事は間違いないのですが、その行方がどうなっているのか気になった方も多いようですね。結果的には映画館や配給会社、スタッフやキャストに追加報酬として使用されたとのことでした。

低予算で作られた映画なので、スタッフやキャストへの恩恵は大きいですね。監督には入らないという点は驚きますが、どうなのでしょう。

『カメラを止めるな』盗作疑惑については?

大ヒットした映画『カメラを止めるな!』ですが、実は公開後に盗作疑惑に関する記事が週刊誌に掲載されました。

上田監督が着想を得たという舞台『GHOST IN THE BOX!』の公演した劇団PEACEの主宰を務めていた和田亮一さんが、類似点が多数ある、盗作だ、と主張しました。

その時の上田監督のツイッターコメントはこちらです。

当初は和田さんも「カメラを止めるな!」を見て、感想を上田監督に伝えたりするなど、良好なのかと思いきや、映画のクレジットに「原作」ではなく「原案」とされたことに納得がいかず、裁判に持ち込むというような話にまで発展していったのです。

しかし、半年ほど経った2月27日、この件について解決した主旨のコメントを発表しました。

これにより、盗作疑惑についての問題は一件落着のようです。

似てると噂の上田慎一郎監督と宮藤官九郎の関係とは?

上田慎一郎監督を調べていると、「宮藤官九郎」という関連ワードがありました。なぜ関連ワードに宮藤官九郎さんがあがっているのでしょうか。接点があるのか気になりますね。

こちらは調べてみると以下のような結果となりました。

単純に雰囲気が似てるという事みたいでしたね。確かに雰囲気は似ていますね!

どちらも天才という点も似ているところかもしれません。

上田慎一郎監督の今後の作品にも期待

タイトルは未定ですが、長編映画第2弾が決定しています。

松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第7弾として製作する作品となります。すでに出演者のオーディションは行われており、約1500通の応募があったそうで、そこから更に15人に絞ってメンバーが決定したそうです。

2019年春に撮影が行われ、同年夏に完成する予定とのことで、今後のスケジュールについては、オーディションのメンバー15人とワークショップを重ねながら、脚本を当て書きしていく予定だそうです。

新作映画がいつ公開日となるのかも注目したいです。

『カメラを止めるな!』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です