ドラマ『パパがも一度恋をした』6話ネタバレあらすじ!おっさん多恵子から重大発表が!

3月7日(土)に、ドラマ『パパがも一度恋をした』の第6話が放送されました。

前回、多恵子そっくりな女性が現れ、好きだと告白されたことで心が揺れてしまった吾郎でしたが、最終的におっさん多恵子に戻り、おっさん多恵子も胸を撫でおろしました。

今回は多恵子の同級生に会うことになり、吾郎は同級生のえみこ(紺野まひる)におっさん多恵子を多恵子だと認識させようと奮闘します。

ストーカーにあっていると言ったえみこでしたが、なにやら裏がありそうな雰囲気が漂っており、いち早くえみこの気持ちに気付いたおっさん多恵子は、えみこを勇気づけるためにあることをします。

果たしてえみこはおっさん多恵子の正体に気付くことができるのでしょうか。

そして、えみこの思いとは・・・。

『パパがも一度恋をした』の見逃し動画
ドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し配信動画が全話見れるのはFODだけ!今なら1ヵ月無料で試せるトライアルを実施中!

\1ヶ月無料お試し実施中!/

第5話はこちら⇒ドラマ『パパがも一度恋をした』5話ネタバレあらすじ!おっさんたちのサンバで愛を確かめ合う!?

『パパがも一度恋をした』6話のネタバレあらすじ

タイムカプセルが繋ぐ、懐かしい親友との再会

多恵子(本上まなみ)の高校でタイムカプセルが掘り起こされ、死んだことになっている多恵子のカプセルは実家に届けられます。

トモ(福本莉子)がタイムカプセルに入っていた手紙と写真を見ていると、吾郎(小澤征悦)が可愛い多恵子がいる!と飛びついてきました。

おっさん多恵子(塚地武雅)が思い出話をしていると、吾郎は同級生のえみこ(紺野まひる)におっさん多恵子を多恵子だと分かってもらおうと言って、えみこがいる地元(実家)へと向かいました。

しかし残念ながら、離婚したえみこは上京しており、無駄足となりました。

そこで、トカレフ(塚本高史)にえみこの居場所を探してもらい、トカレフ、タロスケ、吾郎、おっさん多恵子が参加する合コンをセッティングしてもらうと、おっさん多恵子とえみこを合わせることに成功します。

ストーカーは嘘!?親友のある行動で確信するおっさん多恵子

合コンで久しぶりにあったえみこは、ストーカーにあっていると言っていましたが、なにやら様子がおかしく、おっさん多恵子はその様子をおかしく思い始めます。

トカレフとタロスケが二次会に女性を連れて出て行くと、吾郎とおっさん多恵子とえみこが残り、そこで吾郎はおっさん多恵子のことを多恵子だと告白します。

えみこが混乱していると、吾郎はおっさん多恵子のことを霊媒師で多恵子を憑依させることができると言いなおし、おっさん多恵子は霊媒師のまねごとをして高校時代の話を始めます。

しかし、途中でおっさん多恵子がチンピラのような喋り方に変わってしまいます。

えみこがおっさん多恵子をビンタすると正気を取り戻し、不思議寿司を握り始めたおっさん多恵子。そんなおっさん多恵子を見て、えみこが本当の多恵子だと信じそうになったところ、ストーカー(矢野聖人)が現れ、えみこは逃げるように帰ってしまいました。

吾郎が捕まえたその男は勝彦と名乗り、えみこの恋人だと言い、えみこにプロポーズしてから避けられていると話しました。

ダブルデートでプロポーズ!?えみこの想い

後日、おっさん多恵子のバイト先であるスーパーを訪ねたえみこは、おっさん多恵子と公園のベンチで話し、おっさん多恵子を本当の多恵子だと認識しました。

すると、盗聴していた吾郎と勝彦が4人でダブルデートしようと持ち掛けます。

トモの幼馴染・幹太(若林時英)も一緒にトリプルデートとなった日、公園で手作り弁当を食べていると、おっさん多恵子はえみこを飲み物を買いに行くのに付き合ってと誘い、男たちのいないところでえみこの気持ちを聞き出します。

えみこは嘘をつくときに髪を書き上げる癖があり、それを指摘するとえみこは正直に話し始めました。

一回り以上年上でバツイチだから結婚なんてできないと言うえみこに、おっさん多恵子は自分の気持ちを正直に伝えないと自分のように後悔すると話します。

そこに勝彦と吾郎が現れ、勝彦はえみこに改めてプロポーズしました。

カレンダーの印の本当の意味

勝彦のプロポーズに素直になれないえみこに、おっさん多恵子は勇気の出る不思議寿司を握り、それを食べるふりをしたえみこは勝彦に自分の思いを素直に伝えました。

すると勝彦は、「吾郎さんたちみたいにえみこと幸せになりたい。一生愛し続ける。えみこがおっさんになってもカエルになっても探し出す。」ともう一度プロポーズし、えみこはありがとうと言ってプロポーズを受け入れました。

勝彦とえみこの関係が丸く収まり、男たちは祝杯をあげます。おっさん多恵子とえみこは自宅で懐かしい話に花を咲かせていましたが、おっさん多恵子はえみこにある相談をしました。

翌日、勝彦とえみこを見送ったおっさん多恵子は、吾郎はトモとタロスケに、みんなに伝えておかないといけないことがあると言うと、「もうすぐ天国に帰ります」と衝撃的な話を切り出しました。

最後に衝撃発言が飛び出した第6話

回を増すごとにコメディよりもシリアスな展開が多くなっていく『パパがも一度恋をした』ですが、今回も笑えるシーンよりもほっこり感動系のシーンが多かったように思います。

その第6話のラスト、まさかの衝撃発言にビックリしましたが、カレンダーに付けてあった印がおっさん多恵子が天国に帰る日なのか気になるところです。

ちなみに、丸印が付いていたのは12月6日でした。

次回は天国に帰るまであと8日となり、吾郎たちに神様との約束を話すお話です。

そして、トカレフに好きな人ができ、それがおっさん多恵子のバイト先の姫乃樹ティアラ(綾乃彩)であることも判明し、トカレフが実は吾郎たち夫婦が理想の夫婦だと思っていることも分かります。

トカレフの恋の行方と、多恵子が天国に帰ってしまうと知った吾郎がどう行動するのか、気になりる第7話は3月14日、ホワイトデーの放送です。お楽しみに!!

ドラマ『パパがも一度恋をした』の配信動画を無料で視聴する方法はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です