映画『カイジ』の名言は人生の教訓にもなる!利根川の刺さるセリフや悪魔的ビールのシーンを紹介

ギャンブルが題材の福本伸行さんのコミックを原作にした、映画『カイジ』シリーズ。

主人公の伊藤開司(カイジ)役を俳優の藤原竜也さんが演じており、お金に振り回されたり、人に裏切られながらも奮闘していく姿を描いた人気作です。

そんな『カイジ』には様々な名言があります。

誰しもが関わることのあるお金や人生に関する、為になるような言葉ばかりです。

少し疲れた時に勇気付けられる、そんなカイジの名言をピックアップして今回はご紹介していこうと思います!

カイジの簡単なあらすじ

主人公であるカイジは21歳のフリーター。友人の連帯保証人になってしまったことから、3000万円の借金を背負ってしまいます。

もちろんフリーターであるカイジには、そんなお金を用意することはできません。

借金の取り立てに来た暴力団に言われたままに、人生をかけて非合法的なギャンブルの世界に飛び込んでしまうのです。

このようにギャンブルを題材にしたコミックを原作にしており、様々なギャンブルと奮闘するカイジを描いており、お金と生き様とがわかる作品です。

映画カイジ1・2・ファイナルゲームのあらすじやキャスト情報はこちら

カイジの名言集

ではカイジに出てくるセリフで、人生やお金のタメになるような名言をご紹介していきます!

「勝たなきゃゴミだ」

質問すれば返ってくるのが当たり前か!

お前たちは皆まるで幼児のようにこの世を自分中心に、求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれる。臆面もなくまだそんな風に考えてやがる。

甘えるな!世間はお前らのお母さんではない。

お前らはシャバで甘えに甘え負けに負けてここにいる折り紙付きのクズだ。

クズには元来権利など何もない。船の中でも外でもな。

それはお前達が負け続けてきたからだ。他に理由は一切ない。お前らが今成すべきことは、ただ勝つこと!勝つことだ!

勝ったらいいなじゃない、勝たなきゃダメなんだ。

勝ちもせず生きよう生きようとすることがそもそも論外なのだ。

今宵はクズを集めた最終戦。

ここでまた負けるような奴、そんな奴の運命など俺はもう知らん。本当に知らん。そんな奴はもうどうでもいい。

勝つことがすべてだ!勝たなきゃゴミだ!

<by利根川/人生逆転ゲーム>

借金まみれの人たちを集めて、ゲーム大会が行われます。この大会は勝てば借金はチャラという大会。

その船に乗り込んだカイジたちに利根川先生というゲーム主催者が発したセリフです。

とても衝撃的で残酷な言葉ではあるものの、自分に対してのありがたい警告だと受け止めることで現状を突破できるのではないでしょうか。

「今日を頑張ったもののみに明日は来る」

明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!

今日をがんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!

借金により地下労働施設で働くことになったカイジたち。その苦しさから誘惑に負けてしまいそうになった際に、班長が発したセリフです。

頭ではやらないといけないとわかっていながらも、どうしても誘惑に負けそうになることは誰しもあります。

そんな時こそ頑張ろうという、どんな人でも当てはまる名言です。

「一生迷ってろ!そしてチャンスを失い続けろ!」

貴様、生まれてから何度その台詞を吐いてきた?

世間はお前らクズの決心をいつまでも待ったりはせん!

一生迷ってろ!そしてチャンスを失い続けろ!

<by利根川/人生逆転ゲーム>

命をかけたゲームの際に尻込みをする参加者に対して、利根川先生が吐き捨てたセリフです。

迷っている間にチャンスは失ってしまうという、なんともストレートな言葉です。

カイジの場合は命をかけたゲームですが、日常生活に関しても迷いすぎることはいけないという忠告になります。

「キンキンに冷えてやがる」

おまけです。

「人生逆転ゲーム」でカイジが地下労働施設で汗だくになった後、給料を受け取りますが、なんとも少ない金額…。と、同時に月に一度のお楽しみで、ビールやおつまみの販売があります。

カイジは早く借金を返すために我慢しますが、班長がビールを1本差し入れてくれるのです。

そのビールを飲む時のセリフなのですが、このあとカイジは結局もう1本ビールを買い、さらにおつまみまでつけるという…。まんまと誘惑に負けてしまうのでした。

一時の幸福を得たが為に、あとから襲ってくる罪悪感という名の悪魔。同じような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

カイジからお金と教訓を学ぶことができる!

今回はカイジのセリフの中でも特にお気に入りの名言を紹介しました。

ギャンブルに関する映画ではありますが、色んな人の人生にも当てはまるような名言がたくさんあります。

カイジでは命がけのゲームをしているため、かなりストレートな表現が多いのですが、とてもためになるような言葉ばかりです。

長く続いているカイジシリーズですが、2020年1月10日には『カイジ ファイナルゲーム』という最新作で最後の映画が公開されました。

是非、カイジの原作や映画を見返してみてはいかがでしょうか。

『カイジ』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です