浮世の画家の放送日やあらすじを紹介!キャストやネタバレ、モデルについても




カズオ・イシグロ先生の出世作「浮世の画家」を、NHKが渡辺謙主演でドラマ化!

2017年度に、ノーベル文学賞を受賞されたイシグロ先生。その出世作を、NHKがスーパーハイビジョン(8K)で映像化したことで、話題となりました。

次のドラマの放送日はいつなのか。あらすじや、豪華なキャストについてなどもご紹介していきます。

放送日はいつ?ドラマ「浮世の画家」のあらすじは?

舞台となるのは、終戦後の日本。渡辺謙さんが演じる主人公は、高名な初老の画家。

焼け跡の中から、少しずつ復興していく街で、孫やなじみの飲み屋のママ、戦前からの旧友たちと、平凡で暖かな生活を送る姿は、一見どこにでもいる普通の今で言う定年退職組の日常風景でした。

しかし、ある出来事がきっかけに、周囲の人間の心の変化や、己の弱さに気づき始めます。

人間の弱さが生み出す「悲劇」、そして互いの思い違いが生み出す「喜劇」。どこまでも繊細で、極限まで緻密なカズオ・イシグロ先生の物語を、テレビに映し出されるドラマで、お楽しみ下さい。

放送日は3月30日(土)午後9時から

ドラマ「浮世の画家」は、8Kスペシャルドラマという枠で、制作され放送されます。

ただし、2019年3月24日(日)午後9時から、8K専用チャンネル[BS8K]にて、8K映像によるドラマ放送は、すでに放送終了済みです。

8Kが視聴可能な家庭は、非常に少ないため、2019年3月30日(土)午後9時から、再放送で[NHK総合]のチャンネル枠で、89分間ドラマ全編が、視聴できます。

あらすじ

終戦から数年後。引退した画家の小野益次は、現役時代に築き上げた富と名声で、立派な家を買ってそこで暮らしていた。

最愛の娘、次女の紀子が見合いすることとなり、それは万事順調に進んでいるかのように、見えていたのだが、突然相手方の都合により破断することとなります。

その原因が、戦時中に描き続けた自分の画の作風に、あると考えた小野益次。

なぜなら、当時の時代の風潮に、合わせた愛国主義を褒め称える姿勢は、今の敗戦国家の日本において、特に若者たちからは強い批難の対象だったからです。

自分は戦わずに、若者を戦地へ駆り立て、その犠牲の上に築き上げてきた富。それは、小野益次に限らず、戦時中に戦わずにいた世代全てに、少なからず共通していえることでした。

歳を理由に、自分たちは戦わず、若者を死地へ追いやり、その犠牲を利用し富を築き上げておいて、敗戦しても若者への謝罪は一切ありません。

そのような現実に、この時代の多くの若者は、年配者へ強い憤りを感じずにはいられませんでした。

キャストは誰?ドラマ「浮世の画家」の役者紹介

渡辺謙さんが、主演ということで、話題のこのドラマ。他の出演者は、一体誰なのでしょうか?

出演者一覧
渡辺謙、広末涼子、前田亜季、寺田心、中村蒼、大東駿介、和田正人、渡辺大知、長谷川初範、萩原聖人、秋山菜津子、前野朋哉、佐藤隆太、佐野史郎、余貴美子、小日向文世、奥田瑛二 ほか

小野益次役:渡辺謙

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ken Watanabe 渡辺 謙 (born October 21, 1959) is a Japanese actor. . In his native Japan, he became known for his work in Juzo Itami’s acclaimed comedy-western Tampopo (1985) and the popular television drama Ikebukuro West Gate Park (2000). . To English-speaking audiences, he is known for playing tragic hero characters, such as Lord Katsumoto Moritsugu in The Last Samurai (2003), for which he was nominated for the Academy Award for Best Supporting Actor.. . ..and as General Tadamichi Kuribayashi in Clint Eastwood’s Letters From Iwo Jima (2006). . Among other awards, he has won the Japan Academy Prize for Best Actor twice, in 2007 for Memories of Tomorrow (Ashita no Kioku), in which he played a patient with Alzheimer’s, and in 2010 for Setsurō Wakamatsu’s drama Shizumanu Taiyō. . He is also known for his roles as Chairman, opposite Zhang Ziyi, Gong Li and Michelle Yeoh, in Rob Marshall’s adaptation of Memoirs of a Geisha (2005).. . ..and in director Christopher Nolan’s hugely successful feature films Batman Begins (2005) and Inception (2010). . He lent his voice to the fourth and fifth installments of the Transformers franchise, Age of Extinction and The Last Knight, as Decepticon turned Autobot Drift. . In 2014, he starred in the reboot of Godzilla as Dr. Ishiro Serizawa, and will reprise his role in the sequel, Godzilla: King of the Monsters (2019).

Chris M. 🇨🇦さん(@starsofthescreen)がシェアした投稿 –

  • 小野益次のプロフィール

高名な初老の画家。隠居して平凡な日常を送っていたが、次女の縁談話をきっかけに己の過去に向き合うことになる。滑稽なほど過去の影におびえ、その記憶に戸惑っていく。

  • 渡辺謙のプロフィール

新潟県北魚沼郡広神村にて共に教師をしていた両親の元に生まれる。両親の転勤で、幼少期を新潟県内の入広瀬村、守門村(ともに魚沼市)、高田市(上越市)で過ごす。新潟県立小出高等学校在学時には吹奏楽部に所属し、幼少の頃から親しんできたトランペットを担当。高校卒業後の1978年、東京の武蔵野音楽大学進学を目指す。しかし音大受験に必要な本格的な音楽教育は受けておらず、また渡辺が中学生の時、父・亮一が病に倒れて仕事が出来なくなったこともあり、学費捻出の困難などの問題から断念した。

同年、芥川比呂志演出による演劇集団 円公演『夜叉ヶ池』を観劇して感銘を受け、翌年に同劇団附属の研究所に入所。アルバイト先で知り合った猪俣公章の紹介で唐十郎作、蜷川幸雄演出『下谷万年町物語』のオーディションを受け、研究生ながら主演の青年役に抜擢された。

1982年(昭和57年)、演劇集団 円の劇団員に昇格し、『未知なる反乱』でテレビデビューを果たした。1984年には『瀬戸内少年野球団』で映画デビュー。その後も『タンポポ』、『海と毒薬』などの映画に相次いで準主役級で出演。1986年(昭和61年)のNHK連続テレビ小説『はね駒』にも出演した。

村上節子役:広末涼子

Haruさん(@haru134949)がシェアした投稿 –

  • 村上節子のプロフィール

小野の長女。妹の縁談を心配し、小野に「過去について」誤解をされぬように手だてをした方が良いと助言をする。

  • 広末涼子のプロフィール

幼少期より芸能界への憧れを持ち、1994年に第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを受賞し、翌1995年に同CMでデビュー。その後、グリコ乳業「Bigヨーグルト健康」P&G、NTTドコモ、明治製菓など数々のCMに出演する。中でも1994年に出演したNTTドコモポケベルのCM「広末涼子、ポケベルはじめる」で一躍有名になる。翌年の1995年に『ハートにS』でドラマデビュー。

1996年4月に品川女子学院高等部に入学した。進学を機に高知から上京して、横浜の叔母夫婦宅で暮らし始める。同年9月30日に 初写真集の『H』『R』を同時発売。出版科学研究所調べ、2003年6月までの集計で46万8000部(2冊計)のベストセラー。続く1998年のセカンド写真集『No Make』も同集計で26万部を記録した。

1997年4月15日に竹内まりやプロデュースによる「MajiでKoiする5秒前」で歌手デビューし、約60万枚のヒットを記録。続く岡本真夜プロデュースのセカンドシングル「大スキ!」もオリコン1位を獲得し、同曲で同年『第48回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

女性アイドル歌手がデビュー年に紅白に出場したのは1980年の松田聖子・岩崎良美以来17年ぶりのことである。同年にファンクラブ「RHフレンドル」発足(2008年12月に解散)1996年7月発行の第1号を皮切りに年4回ファンクラブ会報を発行していた。

また同年の7月26日に原将人監督による『20世紀ノスタルジア』で映画初主演。同作での演技により、映画賞の新人賞を総なめにした。翌年の1998年10月10日 に『銀河の約束』で初舞台。

小野紀子役:前田亜季

  • 小野紀子のプロフィール

小野の次女。小野と二人で暮らしている。小野の知人である斎藤博士の長男との縁談話が進む。

  • 前田亜季のプロフィール

映画では1995年「トイレの花子さん」、1997年「学校の怪談3」、2000年「バトル・ロワイアル」、2006年「最終兵器彼女」などに出演。ドラマでは2013年NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、2015年NHK北海道発地域ドラマ「農業女子『はらぺ娘』」などがある。映画やドラマだけでなく、舞台やCMなどでも活躍。2016年舞台「だいこん役者」に出演。

村上一郎役:寺田心

  • 村上一郎のプロフィール

小野の孫。節子の子供で、絵が大好きで益次になついている。

  • 寺田心のプロフィール

2011年(平成23年)、芦田愛菜に憧れて、3歳から芸能活動を開始。2015年(平成27年)、TOTO『ネオレスト』のCMが話題となり、YouTubeで動画再生回数が130万回を超えるなど注目を集める。このCMで「2015 55th ACC CM FESTIVAL・クラフト賞 フィルム部門 演技賞」を受賞。

以降多数のCMやバラエティ番組に出演。2016年(平成28年)、テレビドラマ『OUR HOUSE』で憧れの芦田愛菜と共演。2017年(平成29年)、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で虎松の幼少期を演じた。

ネタバレ!浮世の画家の原作内容とは?モデルは誰?

原作の作中では、何かを批判するわけでもなく、だからといって誰かを悪者扱いにして、吊るし上げるわけでもなく、戦後の日本人の暮らしが変わっていく姿が、自然な形で描かれている印象を受けました。。

戦争と聞くと多くの人は、悪いこと、二度と繰り返してはいけない、大勢の人が犠牲になった、などとかく暗くなりがちなテーマです。

けれど本作品では、日本人が本来持つ温かさと明るさが、丁寧な文章で書き綴られています。

なぜタイトルが浮世なのか

浮世絵といえば、江戸時代のイメージですが、実際の作中では、戦後日本なので、近代です。

主人公の画家が、浮世絵を描くわけでもなく、一体なぜタイトルが浮世なのでしょうか。

作中で唯一、浮世絵に触れるのは、主人公の若い頃の師匠から、教えてもらった「夜の歓楽と酒の世界」だけでした。

もしかすると、絵とは関係がなく、「浮世」という日本語が本来持つ意味を、示している可能性もあります。

辞書には浮世の定義を、「つらくはかないこの世の中。変わりやすい世間」と記されています。

作中では、あとがきでも、特にタイトルについて触れていませんでしたので、想像は読者に任せるということになります。

常に見る人に問いかけてくる主人公

文字通りの意味で、第3の壁を超えて問いかけてくるということでは、ありません。

この物語は終始、主人公のひとり語りのように、なっています。心の中で、主人公が一人つぶやくその言葉を、側で聞いている気分になります。

何回も何回も、回想シーンが出てきますが、そこで、出てくるセリフや説明は、曖昧な部分が明らかに多く、感情で美化されたりして事実とズレていることもありました。

そういったよりリアルな描写が、読者を「主人公の思い込みでは?」「主人公は自分を正当化してないか」などと、疑心暗鬼にさせ本当にそこに、小野益次という一人の人間がいるかのようでした。

縁談の話は娘にとっては余計なお世話

次女・紀子の縁談が、自分のせいで破談となり、そのことで深く落ち込み忘れようとしていた過去に、向き合うようになった主人公。

けれど、娘にとっては縁談そのものが、余計なお世話であり、なかったことになって、むしろ助かったという印象もありました。

とにかく一人で何でも考え、一人で決断を下そうとする主人公のため、現実さえも歪んだ見方をしてしまい、読み手としてはどこまでが真実で、どこからが主人公の妄想なのかが、区別がつきにくくあります。

益次と孫のやりとりが微笑ましい

大人たちのギスギスしたやり取りの中で、この2人のやり取りだけは、見ていて本当に心温まるものがありました。

作者イシグロ先生の祖父は、かつてかなり会社の偉い人で、昔訪れた祖父の家やその時のやり取りの思い出が、今回の舞台のモデルとなったとあとがきにもありました。

浮世の画家を楽しむ

2017年度のノーベル文学賞を、受賞したカズオ・イシグロの出世作のドラマ化とあって、多くの期待が寄せられています。

そんな浮世の画家を楽しむために、どうしたらよいのか、それはやはりまずその脚本・ストーリーに注目することです。

そして、難しい役を演じる渡辺謙さん始め役者の演技も、大きな見どころの一つになっています。

最後に、メインキャストからのコメントを、ご紹介します。

  • 渡辺謙のコメント

『よくやったなNHK』と思うぐらい難しい企画。原作を読んだ時『これはドラマにはならんだろう』と正直思いましたが、藤本有紀さんに奥の深い台本を作っていただきました。

8Kなので、小手先でやらずに、とにかく今、自分の中にあるものをありのまま、感じるままに小野益次という男の人生に乗っけるしかないと思い、悩みながら楽しみながら撮影しました。

人生に答えはない、自分が思っている事や他人が考えている事が全く同じではないんだなということを感じました。

摩訶不思議なドラマになったと思います。僕にとってはいずれくるであろう人生の終焉をどういうふうに受け止めて感じるべきなのか、この役を通して考えさせられました

  • 広末涼子のコメント

私も淡々としていてクラシカルな本なので、映像になったときにどういうふうに受けとめられるのかな、っていうがありました

  • 寺田心のコメント

一郎君は喜怒哀楽のはっきりした男の子なので、一郎君の気持ちに素直になろうって思いました。

常におじいちゃんのことが好きな気持ちを大切に、撮影をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です