アニメ『盾の勇者の成り上がり』動画を無料視聴する方法やフル動画配信サービスを紹介!

盾の勇者の成り上がり




『盾の勇者の成り上がり』は、小説投稿サイト「小説家になろう」にて、2012年から連載が始まり2013年には書籍化された人気ライトノベルシリーズ。

すでに漫画化やドラマCD化に加え、2019年に遂にアニメ化。そんな大人気の『盾の勇者の成り上がり』の動画を無料視聴する方法やフル動画配信サービスを紹介します。

今すぐ『盾の勇者の成り上がり』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

『盾の勇者の成り上がり』の動画を無料視聴する方法とは?

アニメ『盾の勇者の成り上がり』は、放送終了から1週間以内はGYAO!で見逃し動画配信を見る事が出来ます。

VOD 配信状況
GYAO! 無料視聴はこちら

『盾の勇者の成り上がり』第10話の放送終了後から1週間限定配信となります。

無料視聴期間が終わっている場合は『dアニメストア』一択!

アニメ『盾の勇者の成り上がり』放送終了から1週間以上経過して、無料視聴期間が終わっている場合は、dアニメストアで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

dアニメストア無料登録はこちら

dアニメストアは、初回31日間無料お試しがあり、『盾の勇者の成り上がり』が無料で見放題です。

しかも、dアニメストアなら月額費用がどこよりも安く、継続したいと思った時に気軽に続けることができます。

dアニメストアおすすめポイント

  1. アニメ配信数2400作品は業界トップクラス!
  2. 2.5次元ミュージカルも他のVODよりも豊富で女性にもおすすめ!
  3. 倍速や30秒ジャンプが便利でHD画質対応も!

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にdアニメストアを利用したことがあるユーザーには適応されないので、他の無料トライアルキャンペーンを行っているVODサービスも一覧で紹介します。

アニメ『盾の勇者の成り上がり』人気VOD動画配信状況

『盾の勇者の成り上がり』が配信されるのは、下記の主要なVOD(ビデオオンデマンド)サービスで全部で配信されています。

動画配信サイト 配信状況 月額費用 無料期間
FODプレミアム 888円 1ヵ月間
U-NEXT 1990円 31日間
Hulu 933円 2週間
ビデオマーケット 500円 31日間
dアニメストア 400円 31日間
auビデオパス 562円 30日間

※紹介している情報は2019年2月時点のものです。

どのサイト月額費用だけで追加料金が必要なく『盾の勇者の成り上がり』を見放題で見る事ができます。

そのため、全話見放題で配信され、月額費用が安くかつ、アニメ配信数2400作品は業界トップクラスで、2.5次元ミュージカル作品が多い『dアニメストア』が最もおすすめとなります!

PandoraやDailymotionなどの動画共有サイトで無料で見られない?

無料で動画が見れるサイトとして有名なPandoraやDailymotion。

これらのサイトがなぜ無料かというと、テレビ番組や映画などの動画が無断で違法アップロードされているからです。

過去にまんが村というサイトが無料で漫画が見放題で話題になっていましたが、実はサイトを経由して漫画を読むユーザーに仮想通貨のマイニングを強制的にさせるプログラムが組まれていたとのこと。

PandoraやDailymotionなどの無料動画共有サイトでも、見えないデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク

  • 広告が頻繁に表示され、低画質かつ低音質
  • 違法アップロードなので随時削除され、リスクが伴います
  • スマホやPCへのウイルス感染や個人情報漏えいのリスク

アニメ『盾の勇者の成り上がりはどんな作品?


©アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

『盾の勇者の成り上がり』は、アネコユサギの小説を原作とした異世界ファンタジーアニメです。

Web版は小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中。書籍版はKADOKAWA・メディアファクトリーのMFブックスから刊行中で、イラストは弥南(みなみ)せいら。藍屋球(あいやきゅう)によるコミカライズは、MFコミックス・フラッパーシリーズから刊行中です。

スピンオフの『槍の勇者のやり直し』もMFブックスから書籍化されており、MFコミックスから、にぃとによるコミカライズが刊行されています。

テレビアニメ版は2019年1月から放送が開始されました。監督は阿保孝雄、シリーズ構成は小柳啓伍、キャラクターデザイン・総作画監督は諏訪真弘。岩谷尚文役に石川界人、ラフタリア役に瀬戸麻沙美、フィーロ役に日高里菜。

盾の勇者の成り上がりの主題歌は?

「盾の勇者の成り上がり」の主題歌はとても人気が高く、オープニングテーマを担当しているのがMADKID、エンディングテーマを担当しているのが藤川千愛です。

オープニングテーマには主人公の気持ちとリンクする鋭いリリックが特徴的なロックチューン「RISE」が採用された。

一方エンディングテーマはアニメのヒロイン・ラフタリアを思う主人公の心情をイメージしたバラードとなっている。

盾の勇者の成り上がりのオープニングテーマはMADKIDの『RISE

MADKIDのプロフィール

MADKIDは、2014年に結成した5人組ダンスボーカルグループ。

盾の勇者の成り上がりのオープニングテーマは、MADKID(マッドキッド)のデビュー3作目となるシングル「RISE」。2019年2月6日に発売。

盾の勇者の成り上がりのエンディングテーマは藤川千愛の『きみの名前

藤川千愛のプロフィール

1995年6月6日生まれ。岡山県出身。

演歌歌手の祖父を持ち、3歳の頃から歌手を夢見る。2015年8月に、アイドルグループ「まねきケチャ」のメンバーとしてデビュー。アイドル界随一とも称される持ち前の歌唱力の高さでグループを牽引し、デビューシングルから2作連続でオリコンデイリーチャート1位を飾った。

引用:https://fujikawachiai.com/profile/

アニメ「盾の勇者の成り上がり」概要

ごく平凡なオタク大学生・岩谷尚文は、 図書館で出会った1冊の本に導かれ異世界へと召喚されてしまう。 与えられた使命は、剣、槍、弓、盾をまとう四聖勇者の一人「盾の勇者」として、 世界に混沌をもたらす災い「波」を振り払うこと。

大冒険に胸を膨らませ、仲間とともに旅立った尚文。 ところが、出発から数日目にして裏切りに遭い、金も立場もすべて失ってしまいます。 他人を信じられなくなった尚文は奴隷の少女・ラフタリアを使役し「波」に「世界」に抗います。すべてを失った男の成り上がりファンタジー、開幕。

盾の勇者の成り上がり登場人物一覧

盾の勇者「岩谷尚文」

本作の主人公。盾の勇者。他人に裏切られたことから人間不信に。しかし攻撃を担当できないため、唯一「奴隷」なら裏切らないと考え、亜人の奴隷「ラフタリア」を購入。また魔物の卵からフィーロが生まれ、盾の能力によりフィロリアルクイーンになり更に尚文の攻撃面を補うことに。

物事を客観視や俯瞰出来る冷静さと先見性を併せを持っており、他の勇者と違い、波の襲撃の際には住人の避難を優先したり災厄後の復興を妨げる報酬は拒否するなど勇者らしい一面があり、国民からの信用は勇者の中で一番あります。

戦い方も自身が相手の攻撃を防ぎその隙にラフタリアやフィーロに指示を出し敵を倒すやり方をしています。チーム一丸となって戦うスタイルです。

剣の勇者「天木錬」

16歳の高校生で「剣」の勇者。性格はクールで一直線な正義感を持っています。一見して一番勇者っぽいですが、倒した魔物の亡骸をそのまま放置し、村に疫病を巻き起こしたり、霊亀に無謀に挑むなどゲームの感覚から抜け出せていなかった。

戦い方はチームを組んでいますが、ソロプレイに等しいやり方です。仲間なのにそれぞれに合ったLVの魔物を倒すやり方をしているため、バラバラで行動していました。

槍の勇者「北村元康」

21歳の大学生で「槍」の勇者、軽いお兄さんといった感じで大の女好き。適性のある魔法は火と回復で槍による直接攻撃と、スキルによる槍の投擲系の攻撃が多いため近・長距離も対応できるマルチプレイヤー。

霊亀復活を機に勇者としての名声を失い、更に仲間からも裏切られ、絶望して無気力になっているところをフィーロに励まさ、それがきっかけで女好きからフィロリアルラブに変貌しました。

弓の勇者「川澄樹」

17歳の高校生で「弓」の勇者。性格は優しい王子様みたいな性格をしています。しかし本性は独善的で霊亀戦がきっかけで落ちぶれてしまい、名声を得たいがためにコロシアムに参加しいました。

最初は仲間を自分の引き立て役として見ている節があり、戦闘で「美味しいところ」を掻っ攫うために敢えて手を抜いたり、嘘をつく悪癖がありました。そのためチームからは樹宗教みたいな感じになっていました。

ラフタリア

ラフタリアは尚文の奴隷になりそこで初めて剣を握り実践鍛え、適正魔法は光と闇で光の屈折と闇のあやふやさを利用した幻覚魔法を使用し、剣術と組み合わせた戦いが得意としています。ちなみに仲間内ではツッコミ役。

フィーロ

フィーロは爪などを使い攻撃します。適正魔法と風で自身に風を纏わせたり、動きを早くしたりとスピードとパワーを持ち合わせた戦闘スタイルです。

『盾の勇者の成り上がり』あらすじネタバレ

図書館で『四聖武器書』という本を手に取った大学生の岩谷尚文は、突然異世界の王宮に召喚されてしまいます。他にも三人の学生、錬、元康、樹が召喚されており、それぞれに剣、槍、弓を装備していました。尚文が装備していたのは武器とは言えない盾。これより彼は盾の勇者と呼ばれることになります。

この世界に破滅をもたらすという「波」を食い止めるために、尚文たちは召喚されたのでした。ともにパーティーを組むと4つの武器がそれぞれ反発し、成長を阻害するという説明を受け、4人は別行動を取ることに。勇者だけが使えるというステータス魔法の存在が明らかになります。

1人だけ扱いの悪い盾の勇者

ですが、気になることが。他の勇者たちは元の世界で、この異世界にそっくりなゲームをプレイしていたのに、尚文だけは違ったのです。その上、盾使いについて「高レベルは全然いない負け組の職業だ」と言われてしまいます。

しかも、尚文に対する国王の反応は、他の勇者たちに比べるとなぜか冷たいのです。さらに、翌日には「盾の勇者はこの世界に疎い」という噂が流れる始末。勇者の仲間志願者も尚文の下にだけ集まりません。そんな彼の仲間になりたいと申し出たのがマインという女性でした。

言われなき罪を着せられる

マインとともに武器屋で装備を整え、レベル上げの冒険に繰り出す尚文でしたが、盾以外の武器を戦闘で使えないことが判明し、拳で雑魚モンスターを倒さなければなりません。

宿屋で休んだ尚文が翌朝目を覚ますと、金も装備もありません。現れた騎士たちによって尚文は王の前に連行されます。マインの嘘の証言により、尚文は強姦未遂罪に問われ、他の勇者たちからも断罪されてしまうのです。

元の世界に帰せと迫る尚文ですが、全ての四聖勇者が死亡しないと新たな勇者を召喚できないという事実を知らされ、帰還条件である「波を全て退ける」という選択しかできなくなります。全てを信じられなくなった尚文は、生きるためには脅しも辞さない性格に変わってしまいました。

買い取った少女を攻撃役に

そんな尚文に声をかけてきたのが、亜人を扱う奴隷商でした。尚文は彼からラクーン種の幼い少女、ラフタリアを買い取り、奴隷契約を交わします。尚文は彼女に武器を与え、戦う術を教えるのでした。

盾に物質を吸収させると様々なスキルを覚えられることを知った尚文は、薬の調合能力も手に入れました。病を抱えたラフタリアに薬を飲ませたり、食事を与えたり、ボールを買ってあげたりと、尚文は彼女を大切に扱います。

レベルを上げたラフタリアは、亜人の特性により短期間で大人に成長するのですが、尚文はそのことに気づきません。裏切られ、糾弾された彼は味覚障害に陥っており、ラフタリアのことも正しく認識できないでいるのでした。そんな中、ついに波が国を襲い、尚文とラフタリアはリユート村を守り切ります。

尚文の全てを肯定するラフタリア

四聖勇者が波を退けたことを祝う宴が王宮で行われ、尚文はその場で槍の勇者・元康から決闘を申し込まれます。勇者なのに奴隷を使っている尚文からラフタリアを解放するため、というのが言い分でした。

勝負を有利に進める尚文ですが、マインの魔法による妨害のため、負けてしまいます。尚文とラフタリアを繋ぐ契約は強制的に解除されました。また全てを失い絶望に沈む尚文の心に反応して、盾のカースシリーズの条件が解除されてしまいます。

憎しみに飲み込まれそうになる尚文を救ったのは、ラフタリアの優しい言葉と抱擁でした。尚文は現在の成長したラフタリアを認識できるようになり、味覚も戻ります。

奴隷商のサービスで魔物の卵を買う

ラフタリアの希望で、契約の証である彼女の奴隷紋を奴隷商に入れ直してもらった尚文は、最低でも鳥型の魔物フィロリアルが当たるという魔物の卵くじを特価で引かないかと誘われます。くじを引いた尚文たちは卵をひとつ持ち帰りました。

波が襲ってきた際、リユート村を救ったお陰で、薬屋や魔法屋が尚文に親切にしてくれるようになります。尚文とラフタリアは自分たちの魔法の適正を知り、魔法を勉強し始めることに。

いよいよ卵が孵ります。盾の成長補正もあって2日で騎乗できるくらいに急成長したフィロリアルに、尚文はフィーロと名付けました。リユート村の徴税を巡って、尚文と元康はレースで勝負することになりますが、フィーロに乗った尚文は見事勝利します。

「神鳥の聖人」と呼ばれるように

フィーロはさらに大きく成長し、羽の生えた幼い少女の姿に変身できるようになりました。実は彼女は、変身能力を持つフィロリアル・クイーンだったのです。

徴税からリユート村を救ったお礼に、尚文たちは馬車と通行手形を手に入れます。馬車を引くのはもちろん鳥の姿のフィーロ。馬車で各地を巡り、薬の効果を上げるスキルを使ううちに、尚文は「神鳥の聖人」と呼ばれるようになり、商売の伝手を手に入れ、魔法も使えるようになります。

3人は協力し、変身しても破れないフィーロの魔法の服を手に入れます。ともに尚文に好意を寄せるラフタリアとフィーロは、仲間であると同時に恋のライバルにもなりますが、肝心の彼は2人の保護者気分なのでした。

ゲーム風の世界観だが、きちんと因果関係の描かれる物語

作中でも描かれていますが、『盾の勇者の成り上がり』の世界観は非常にゲーム的です。ステータス画面が見られる魔法も重要な役割を果たします。

しかし、召喚された世界を「知っているゲームに似た世界」と捉えている他の勇者たちは、封印された種子を世に出してしまったり、巨大なドラゴンを倒した後の死体の処理をしなかったりと、彼らの知らぬところで不始末をしでかしてしまいます。

その尻拭いをするのが尚文なわけですが、この世界に似たゲームをやっていない彼だけは、魔物化した植物をスキルで品種改良して無害な種子に変えるなど、臨機応変な対応をしていくのです。

これは最悪な出来事を出発点とし、地道な努力をしていかざるを得なかった彼だからこそできたことでしょう。このスタートがあるからこそ、尚文を慕うラフタリアやフィーロが、より健気に映るのです。

ゲーム的でありながら、コツコツ強くなり信頼を勝ち得ていくファンタジーが好きな方には、文句なくお勧めできる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です