【政見放送】NHKから国民を守る党をぶっ壊す党・平塚正幸がヤバイ!天国にいるひいじちゃんへの手紙

今年の参院選で千葉選挙区から出馬した、平塚正幸という人物をご存知でしょうか。

今、様々な意味で有名人となり、その破天荒な言動から注目を浴びている人物でもあります。

一体なぜ平塚正幸氏が、インターネットや、テレビで注目されているのかを見ていきたいと思います。

第25回参議院選挙での平塚正幸氏の政見放送

7月11日にNHKで放送された第25回参議院選挙の政見放送内で、「NHKから国民を守る党をぶっ壊す党」代表のユーチューバー平塚正幸氏が突然、天国にいるひいじちゃんへの手紙を読み始めて話題になっています。

NHKから国民を守る党への投票しないでくださいの真相とは?

平塚正幸さんは、出馬表明後の街頭演説を行った際に、NHKのスクランブル放送には反対という趣旨の演説をしています。

しかし、NHKは平塚正幸さんが所属する党と深いかかわりがあり、自ら自分の所属する党を批判するような発言を行いました。

そもそも、平塚正幸さんのお仕事は、ブログ記事やYouTubeに動画を投稿するお仕事を主にしています。

ですから、こうした発言をすることで閲覧者数が増え売名行為ではないかといった憶測まで出たのであります。

平塚正幸氏のひいじちゃん手紙とは?

平塚正幸氏は、ひいじちゃんの手紙が押し入れから見つかったと言って、自身の主張をひいじちゃんが言っているていで「100年後を生きる君たちへ、社会環境の危惧」として語っています。

その内容とは、男性はきちんと家庭に入っているか、女性は望み通り子育てをしているかといった内容でした。

  1. 男性はちゃんと家庭がもっているか?
  2. 女性は望み通り子供を産み育てている?
  3. 子供達は通学が危険とされていないか?
  4. 親は子供達に良い事、悪い事をちゃんと伝えているか?
  5. 大衆分断されていないか?
  6. 動物やテレビが家族になっていないか?
  7. 年齢だけを根拠に交際が制限されていないか?
  8. 同性愛が増やされる社会環境になっていないか?
  9. 国民に番号が付けられ行動がデータ管理されていないか?
  10. 不正選選挙が行われてないか?

と10個の内容を話、放送は終了しました。

これには、インターネット上で賛否両論ありましたが、なかなか見たことのない内容に驚きの声がたくさん上がったのです。

また、Tシャツにはマイナンバーが記されておりこちらも、違う意味で注目されていました。

自らの所属政党であるN党を批判したNHK発言の理由は?

自らの、所属政党であるNHKから国民を守る党を批判したのには、何点か理由があるのではないかと言われております。

まず、出馬する直後に何らかのトラブルがあったということと、自虐なコメントを残してインパクトを残そうという理由です。

他にも、他の候補者をアシストしようとしたのでないかという理由や、本音をそのまま言ったのではという理由もあります。

しかし、ユーチューブでネットニュースなどを独自の視点で語る姿から、閲覧数を増やしたいのではないかということを、感じている方も多いでしょう。

実際には、平塚正幸さんのユーチューブ画像は、マニアの間では聞きやすいといった声も多く、意外と人気があるのも事実です。

こうしたことからも、今後どのような発言をするのかで、平塚正幸さんの目的がわかっていくのではないでしょうか。

平塚正幸はなぜ政治家を目指したのか?

平塚正幸さんは、2011年に発生した東日本大震災をきっかけに、世の中の本当の姿を追求することを決心しました。

2013年には、自民党が安保法制を推し進めようとする中、選挙に不正があってはいけないと考え始めます。

また、不正開票があってはいけないという理由から、投票場にカメラを設置する提案をし、警察官ともめたりもしました。

こうした経験から、YouTubeで社会活動家として、「さゆふらっとまうんど」として世に発言することを決意したのです。

さゆふらっとまうんど平塚正幸氏のプロフィールはこちらをご覧ください。

平塚正幸氏の政見放送を見たネットの反応

平塚正幸氏の独自の視点で活躍を期待

インターネット上では、平塚正幸さんに対し、あまり良く思っていない方も存在します。

しかし、世の中の不正をおかしいと感じ、独自の視点を発信するということは、思っていてもできないのが現状です。

どのような形であっても、悪いことは悪いと勇気をもって行動することは大変すばらしいことなのではないでしょうか。

さまざまな意見はありますが、平塚正幸さんには、これからも活躍してほしいと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です