「重大事態」と認定されたいじめがあった三重大教育学部附属小学校とは?被害児童が会見!殴る蹴るの暴行で不登校に

三重県津市にある、三重大教育学部附属小学校に通う児童の両親が学校内で起きているいじめについて会見を行いました。

いじめにあったのは4年生の兄と3年生の妹のきょうだいです。

不登校になるほどのいじめとはどのようなものだったのでしょうか?

会見の内容といじめの実態についてまとめました。

三重大附属小学校の児童の親が会見を行う

2020年2月13日に三重大附属小学校が4年生の兄と3年生の妹に起きたいじめについて、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」と認定したと発表がありました。

このきょうだいの両親が会見を行い、学校側もいじめを認めています。

会見には被害にあった2人のきょうだいも同席し

「学校に行きたいけれど、いじめられるから行けない。いじめを止めてほしい」

と訴えました。

2人は、いじめをきっかけに昨年6月から学校に行けなくなり、今年1月に登校を再開したものの2日間しか通えず、再度不登校になってしまいました。

いじめは入学直後から

現在小学4年生の兄が入学直後からいじめが始まり、不登校となる2019年6月まで続きました。

3年生となる妹も同様で、複数の児童から継続的にいじめが行われてきたそうです。

兄が受けたいじめ
  • 登下校の時に駅のホームで蹴られた
  • 突き飛ばされて転び、手にけがをした
  • ランドセルと背中の間に石を入れられた
  • 悪口を言われた
妹が受けたいじめ
  • 複数の児童に駅で腹を殴られたり、突き飛ばされて膝にけがをした

きょうだいが揃っていじめられるということは、主犯は同じ児童なのでしょうか?

駅のホームでのいじめはタイミングが悪ければ大事故につながる危険があり、とても怖いことです。

小学校のいじめに対する対応は?

一般的に、学年が変わってクラス替えがあるといじめは一旦収まる傾向にあります。

にもかかわらず、4年間いじめが継続してしまったのはどういったことなのでしょうか?

学校側は

「学年が変わる際、担任間で情報が十分引き継がれなかった」

と否を認めました。

いじめの報告があるたび、その都度加害児童に注意をし、指導をしてきましたが、まったく効果は無かったようです。

また、2019年7月に被害児童の両親から依頼を受け、副学部長や弁護士などが加わった内部調査部会を設置しました。

両親はさらに、学校側に対し、いじめた側の意見しか聞いていないので不十分だと、第三者委員会の再調査を求めています。

三重大附属小学校の場所は?

今回いじめが行われたのは、三重大学教育学部附属小学校です。

各学年約100人の3学級編成になっており、進学者の中には附属の幼稚園からの持ち上がり児童もいます。

通学者は安全の観点から、鈴鹿市、津市、亀山市、松阪市に限定されています。

住所:三重県津市観音寺町359

加害児童は退学にすべきという声も

ネットでは、今回のいじめに対し、加害児童に厳しい声が飛んでいます。

いじめがあったのは国立小学校なので、加害児童を退学にという意見が多くあります。

確かに、国立小学校を退学しても地元の公立小学校があるのでそちらに通うことができます。

三重大附属小学校はその上に附属中学校もあるので、被害児童も加害児童も、今後の進路について考える必要があるのかもしれません。

なぜ学校はいじめを止められなかったのか?

三重大附属小学校は、一般的な公立の小学校と異なり、幼い時から小学校受験をがんばって、入学した子供が集まっています。

親の教育意識も高く、子供にいいい環境をと考えた上で受験をし、進学しているはずです。

そんな中で、まさか4年にわたって、しかもきょうだい揃っていじめにあうと考えられたでしょうか?

学校側がどのように加害児童を指導していたのかわかりませんが、止めることができなかったことに関し、指導力に疑問が残ります。

今後、被害を受けたきょうだいに笑顔が戻り、元気に学校に行ける日が来ることを祈ります。

4 件のコメント

  • 鳴門教育大学附属小学校でもいじめがあり、加害者は、中学校に進学しまた加害者となりいじめをくりかえしています。どうすれば退学にできますか?

  • イジメた人達は当然全員退学決定でしょ学校にいる価値なし!!
    私も、小学生の頃4年間イジメの被害者(暴行・悪口)でした。
    一番辛かったのはやはり暴行。いつもされても自分は暴行一度もやり返さず先生達に何度も言い続けてましたね。でも結局卒業までしつこくイジメられてました・・・。
    イジメは本当に良くない。深い傷心するし人間不信にもなる最低最悪行為です私は今でもイジメ大嫌い許してないですね自分は絶対にあんな酷い悪い人間には今後もなりたくないです!いくらどんなに勉強できても人として虐めは駄目だろ性格悪すぎ元被害者として本当にそう思います

    • いじめられたことは一生、心の傷としてのこりますね。つらかったでしょうね。このいじめ、国立の学校ですよ。税金を使っておきながら、犯罪者を養成しているのです。鳴門教育大学附属には入学しない方がいい。いじめっ子は、まだ在学中ですから。

  • 卒業生関係者からの実体験から申し上げます。まず幼稚園からの内部入学時、及び外部受験面接時に指導すべきお子さんはわかっていると思われます、実際外部入学者は友達じゃないと親御さんから言われている学友がおり、入学式当日のクラス内対面挨拶の握手の際手を出さずにこの言葉を耳にしました、外部入学の子達は数回にわたる受験時に会った必ず入学したら会えると楽しみにしていた実直素直な友が入学していたら良かったのにと肩をおとしていた事を思い出します、入学選抜試験にも内部外部共に面接してるのですから、そこでの選別の慎重さにも再検討ひつようかと……
    また、うん良く外部入学された中には、内部入学の親御さんに前に習えで、うちのこに限ってさんもいます、学校自体は文科省のお膝元で、とても良い学舎に間違いないのですが、何を間違ってるのかお受験テレビドラマの観過ぎかと思われるかたがすくなくないです。防犯用に許可された携帯とランドセルにぶら下げたパスケースを最寄り近鉄駅ホームから線路に投げられ駅員さんに対処していただいた事を思い出しました、学校側はお子さんはじめ親御さんに事態を伝えてくれましたが、お子さんは、かろうじて謝り、親御さんは謝罪どころか行事等でお会いしても、知らぬ存ぜぬ、神職のご家庭にしてはいかがなものかと、等毎年有りがちです、
    何度も申し上げますが、学舎としては最高水準の場所です
    おかげで塾にも頼らず基本学習の積み重ねの大切さ、恩師と決して多くはない実直素直な学友に恵まれ、小中9年を過ごす事が出来、進学進級を経て附属卒を誇りに持ち成長しております。どうかこれからの時代を担う貴重な芽を踏み潰す事がないよう、この悲しい現実と関わった全ての皆様今一度深く深く考え改めていただきとうございます。また、昨今の大変なる世の中ではありますが、御兄妹御家族様が穏やかな日々になりますよう、かげながらお力添え申し上げます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です