熊本・阿蘇山が噴火と速報!状況まとめと避難方法や行動について




2019年4月16日18時28分、熊本県にある阿蘇山が噴火したという速報が入りました。

阿蘇山は4月14日に噴火警戒レベルが2に引き上げられており、噴火の可能性が懸念されていました。奇しくも、熊本地震の本震が起きた日も4月16日です。

こちらのページでは、阿蘇山の状況を順次まとめていくほか、国や自治体が発表する安全対策・避難方法について記載します。特に熊本県や九州にお住いの方は、今後の情報を必ず追うようにしてください。

2019年4月16日 熊本県・阿蘇山噴火という速報が流れる

2019年4月16日18時28分、福岡管区気象台が「阿蘇山で噴火が発生した」と発表。多くのニュースが、一斉に噴火を速報で報じています。

まだ噴火の事実が伝えられているのみですので、今後のニュースが更新されるごとに、順次追記を行っていきます。特に現地付近にお住まいの方は、自治体の指示を知ることができるように準備をしておいてください。

4月16日 阿蘇山「約2年半ぶりにごく小規模の噴火」と報道

「Rescuenow」が、阿蘇山の噴火の規模について「ごく小規模」と報じました。

  • 噴火したのは、阿蘇山の中岳第一火口
  • 阿蘇山の噴火は、2016年10月8日以来2年半ぶり
  • 気象台は、4月14日に阿蘇山に出した「警戒レベル2」を継続
  • 阿蘇山の中岳第一火口から1キロの範囲に影響する噴火に気を付けてほしい、とのこと

・警戒・注意事項
【警戒】
・中岳第一火口から概ね1kmの範囲:噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石、火砕流
【注意】
・風下側:火山灰、小さな噴石、火山ガス

参考サイト:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000002-rescuenow-soci

※「小規模」と報道されていても、それは現時点での状況です。気持ちを緩めることなく、今後の情報取集や避難の経路を確認しておきましょう。

阿蘇山は「警戒レベル2」を維持と報道

その後の報道で、阿蘇山は現在の「警戒レベル2」を維持することが発表されました。

1キロ内での大きな隕石・火砕流に気を付けるように呼びかけを行っているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です