なつぞら第1話あらすじやネタバレ感想!広瀬すずに似てると話題の子役の粟野咲莉の演技力に注目




NHKの連続テレビ小説「なつぞら」が2019年4月1日(月)よりスタートしました。

2019年前期のNHKの朝ドラとして、9月28日まで全156回の放送が予定されています。「なつぞら」第1話では、人気俳優陣の中でも、広瀬すず演じる奥原なつの子供時代を演じる子役の粟野咲莉に注目が集まっています。

こちらの記事では、「なつぞら」第1話のあらすじやネタバレを含む感想や見どころをご紹介します。

NHK朝ドラ「なつぞら」第1話あらすじ・ネタバレ

舞台は北海道・十勝、大自然の中で生きる、絵を描くことが好きな女の子がいます。

彼女の元へ、18歳の夏に1人の青年が現れます。彼は東京にいたころの幼馴染でした。

ヒロイン・奥原なつは、小さい頃に東京大空襲で母を亡くし、兄と妹、幼馴染とともに生き延びました。父も戦争で失い、その戦友の家へ引き取られることになりました。

なつは新しい家族に馴染むことができるでしょうか・・・。

『なつぞら』はじまり

1955年8月。雄大な緑が広がる丘の上で、麦わら帽子の女の子が風景画を書いています。

彼女の名前は奥原なつ(広瀬すず)。

「ここは、私が育った北海道の十勝です。」

私の大好きな風景に今日も風が吹いています。

私は子供の頃、たった一枚の絵から、アニメーションの世界と出会うことになりました。

「そして、18の夏、その懐かしい人は、突然私の前に現れました。私は、その手に救われた。」

手を振って近づいてくる学生帽を被った青年(工藤阿須加)が見えます。

青年の顔を見て、なつは驚いた表情を見せます。

風が吹き、被っていた麦わら帽子は頭から落ちると同時に、キャンバスに描いていた山々の風景が白黒に変わります。

1945年に舞台が変わり、画面はアニメーションになります。

東京大空襲で焼夷弾が降る中、なつは母と人ごみの中を逃げます。しかし、繋いでいた手は離れてしまい、なつは家族と離れ離れになってしまいます。

なつは、ひとりで避難所に向かいますが、避難所だったはずの校舎は炎で燃え盛っています。すると、なつに向かって燃えた家屋が倒れてきます。寸前で手を引いてくれた男の子とともに、なつはプールに飛び込み難を逃れました。

場面は、1955年に戻り、なつの目の前に立っているのは、その時助けてくれた男の子・佐々岡信哉(工藤阿須加)でした。二人は久しぶりの再会を喜びます。

剛男に連れられ北海道の十勝にきた9歳の少女なつ

1946年、9歳の奥原なつ(粟野咲莉)は、兵隊姿の柴田剛男(藤木直人)に連れられて、十勝にやってきます。なつは北海道の広い野原を見て、笑顔を見せ駆けだします。野原で急にしゃがみこんだなつは、黄色いたんぽぽの花を見つけ、そのまま食べてしまいます。驚く剛男でしたが、もう少し我慢してくれと笑います。そして、「怖いおじさんがいるけど、大丈夫だからな」となつに話します。

2人は長い砂利道を歩き、牧場の山の上に立つ赤い屋根の柴田家に到着します。

家の前には、次女・柴田明美(吉田萌果)を背負った柴田富士子(松嶋菜々子)がいます。

そこへ帰ってきた剛男の姿を見つけ、慌てて家族を呼びます。

長男の照男(岡島遼太郎)、長女の夕見子(荒川梨杏)、父親の柴田泰樹(草刈正雄)が駆けつけます。再会を喜ぶ家族を、なつは気まずそうな表情で見守るしかありません。

緊張して自己紹介をするなつを、泰樹はいぶかしげな目で見るのでした。

剛男の頼みで、なつはお風呂に入れてもらうことになります。丸い風呂釜に緊張した面持ちで浸かっています。そんな中、居間では剛男が家族に今までのことを話します。

なつは、剛男の戦友の子供であり、その戦友は満州で戦死したと語ります。そして、「どちらかが戦死したときは、その家族に当てた手紙を必ず届ける」と約束したことを明かします。その手紙は遺書のようなもので、軍の検閲にかからないよう、お互いに託したのでした。

富士子は剛男が書いた手紙の内容を尋ねますが、剛男は照れ笑いをして教えません。そこへ、泰樹が不機嫌な様子で割って入り、何故なつがここにいるのかを尋ねます。剛男は、なつの母が東京・日本橋で小料理屋を営んでいたが、空襲で焼け野原になってしまい、見つけられなかったのだと語り始めます。

なつの東京大空襲の日の記憶

お風呂に入っていたなつは、小窓から差す西日を見て、空襲の日のことを思い出していました。空襲の夜が明けると、東京の街は跡形もなく消えていました。

なつと、佐々岡信哉(三谷麟太郎)は、瓦礫の中を彷徨っていました。そこへなつの兄・奥原咲太郎(渡邉蒼)と、背中におぶわれた妹・千遥(田中乃愛)が現れます。

兄・咲太郎(渡邉蒼)はなつの無事を見て、心から安心した顔を見せます。なつは、「お母さんは?」と尋ねると、咲太郎は「だめだった」と答え、最後までなつのことを心配していたと伝えます。

なつは涙を浮かべ、こらえるように兄を見つめています。咲太郎は、なつを安心させるように気丈に振る舞い、「大丈夫だ、兄ちゃんがついてる」と笑顔を見せます。

兄のことを思い出したなつは、お風呂場で泣くのを堪えるように、お湯で顔をこするのでした。

なつは柴田家に受け入れられるのか

居間で家族に説明をしていた剛男は、なつたちがその後、子供たちだけで生きてきたことを話します。彼らの居場所をやっとの思いで見つけた剛男は、事情があってなつだけを引き取ることにしたと、富士子に向かって言います。

何度も頼み込む剛男に、「大丈夫よ、一人ぐらい増えたって。かわいそうだものね」と富士子が言います。しかし、泰樹は、「役に立たないような奴を増やしてどうする」と言って険しい表情を見せます。

そんな泰樹に対し、富士子は血も涙もないと反論し、言い合いとなります。

そんな家族の姿を見てしまったなつは、落ち込みます。富士子はそんななつに、新しい着物を着せます。すると、なつは富士子に抱きつき、大粒の涙を流すのでした。

そんな2人を、長女の夕見子が羨ましそうな表情で見ていました。

朝ドラと手書き風アニメーションのコラボ!

記念すべき第1話でしたが、序盤から広瀬すずさんと工藤阿須加さんが出演しました。

北海道の雄大な景色の中に立つ2人の姿は、とても美しかったです。

そして、何より斬新なのがアニメーションでした。

冒頭の空襲のシーンをアニメで描き、タイトルとオープニングもすべて手書き風のアニメーションとなっていました。どことなくジブリ感を感じさせるような、絵のタッチが表れていました。

どうしても悲しくなるストーリーでしたが、アニメーションが入ることで、全体の印象が朝に合うポップなイメージになっていました。

今後もどのようなアニメーションがストーリーの中で出てくるのか、とても楽しみです。

NHK朝ドラ「なつぞら」の放送時間は?再放送はある?

「なつぞら」は、月曜日から土曜日の朝8:00~8:15にNHK総合で放送されています。

朝見逃してしまった場合は、その日のお昼12:45~13:00に再放送があります。

また、まとめてダイジェストで見たい方は、NHK総合で以下のダイジェスト番組が放送されますので、チェックしてみて下さい。

「なつぞら一週間」日曜日 あさ11:00~11:20

「5分で『なつぞら』」日曜日 あさ5:45~5:50 夕方5:55~6:00

NHK朝ドラ「なつぞら」見逃し配信を無料視聴する方法

NHKでの放送を見逃してしまった場合でも、「なつぞら」を無料で視聴する方法があります。

ここでは、”無料で「なつぞら」を楽しむ方法”について解説します。

NHK朝ドラ「なつぞら」の見逃し配信が観られるのは2カ所

「なつぞら」の見逃し配信は、2カ所で行われます。

★NHKオンデマンド(NHKが配信しているもの)

★U-NEXT

※U-NEXTにも「NHKオンデマンド」が存在しますが、こちらはNHKの「NHKオンデマンド」とは異なります。

では、「NHKオンデマンド」と「U-NEXT」をそれぞれ解説しましょう。

NHKオンデマンドの「なつぞら」視聴料金は1話108円

まず、NHKが運営している「NHKオンデマンド」を解説します。

NHKオンデマンドでは「なつぞら」の各話放送終了後から2週間、見逃し配信は無料で視聴することができます。配信期間が過ぎてしまった場合の視聴方法は、2つあります。

★見放題プランに加入する(月額972円)

「なつぞら」もそれ以外の番組も見られるサービス。こちらのプランだと、配信中は繰り返し動画を見ることができます。

★単品で番組を買う(番組によって値段が違います)

1番組108円より。今までの朝ドラは1話108円となっていますので、「なつぞら」も同じと思われます。15分で108円です。

U-NEXTで「なつぞら」を無料で見る方法

U-NEXTは、工夫次第で「なつぞら」を無料で見ることができます。

U-NEXTとは?

U-NEXTは、VOD(ビデオオンデマンド)を提供するサービスのひとつ。他にもいろいろな配信サイトがありますが、U-NEXTには以下のような特徴があります。

★見放題動画 80000本

★レンタル(ポイントで)で観られる動画 50000本

★書籍・漫画・ラノベ 32万冊以上

★雑誌読み放題 70誌以上

「U-NEXT」には31日間のお試し無料期間がある

また、「U-NEXT」には31日間のお試し無料期間があります。

★見放題動画80000本が見放題になる

★ポイント600円を貰うことができ、動画レンタルに使うことができる

「なつぞら」はポイントが必要な「レンタル動画」で配信される

まず、「なつぞら」は「レンタル作品」として配信されます。

レンタル動画を見るには、お金を払ってポイントを購入し、そのポイントを使って動画をレンタルするという工程を踏まなければなりません。つまり、お金がかかるわけです。

しかし、工夫次第で「なつぞら」を無料で見ることができるのです。

「U-NEXT」のお試し期間を利用し、貰えるポイントで「なつぞら」をレンタルすれば無料視聴ができる!

「U-NEXT」で「なつぞら」を無料で見るには、まず「31日間の無料お試し期間」を利用できるようにします。

このお試し期間に加入すると、レンタル作品の購入に使えるポイント600ポイントを貰うことができます。

その600ポイントを使用し、「なつぞら」をレンタルします。

注意!無料期間が終わる前に解約するのを忘れずに

U-NEXTには見放題の動画もたくさんありますので、もしそれをずっと見たい!というのであれば、そのまま契約を続けて利用し続けるのも手です。

基本利用料金は1990円と安くはありませんが、そのぶん月ごとに1200ポイントを貰えるため、それを使ってレンタル作品や雑誌を見るという使い方もできます。

が、一か月間お試しをしてみて「自分には合わない」「これ以上見るものがない」という場合は、必ず無料お試し期間31日が終わる前に解約をしましょう。お試し期間が過ぎてしまうと、利用料金を支払う必要が出てきます。

U-NEXTで映画『なつぞら』を無料で見る

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないのでお気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です