箸の持ち方が変な芸能人や女性にドン引きの声も!今すぐできる直し方・矯正方法をご紹介

テレビ番組を見ていて、芸能人などの箸の持ち方に違和感を感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

それはどれだけ美しい女優やモデルであっても、お箸の持ち方が間違えているだけで幻滅してしまうからです。

お箸の持ち方は子供の頃に正しくできていれば問題はないのですが、大人になると正すことが難しくなってしまいます。

また、お箸が正しく持てないだけで食事がスムーズにできない場合もあり、生きていく上では非常に大切なマナーになります。

では大人になってから正しいお箸の持ち方を学ぼうと思っている方は、どうしたらいいのかをここからは見ていきたいと思います。

箸の持ち方が変な芸能人とは?美人でもドン引き?育ちが分かってしまう箸のマナー

お箸が正しくない持ち方には何種類かあり、もし間違えた持ち方をしている方は参考にしてみると良いでしょう。

例えば、軽度の握り箸は典型的な間違えた持ち方であり、非常によく見かける例です。

また、子供によくみられるのが握り箸であり、もし大人になってもこちらの握り方であればすぐに直すことをお勧めします。

そして、バラエティ番組などで活躍されている女性の中で、北川景子さんがお箸の持ち方や食べ方が美しくないとよく言われています。

他にも、高畑充希さんや大塚愛さんなどがおり、他の場面で活躍されていてもこうしたところで育ちの悪さが出てしまうため注意が必要です。

正しい箸の持ち方への直し方とは?4つのステップで簡単に矯正!

もし、現在正しくお箸を持てていない方は、4つのステップさえつかめば美しいお箸の持ち方をマスターできます。

まず最初に、上側のお箸を持つ場合に親指と中指、人差し指で、鉛筆を握る持ち方で優しく握ります。

下側のお箸は、親指の付け根と薬指の側面で支えてあげましょう。

その二つの握り方を忘れないよう、上側と下側を合わせて握ってみます。

そして、下側のお箸は動かさないよう、上側のお箸だけを動かして食べ物をつまみます。

こちらの4つのステップさえ身に着けることができれば、大人になってからも美しいお箸の持ち方ができるようになります。

すぐに直したい方必見!身近な物でいつもの箸を矯正箸へと大変身!

どうしても正しくお箸を持つことができない方には、身近にあるグッズで素早く矯正できる方法があります。

それは、輪ゴムを使って正しいお箸の持ち方をマスターする方法です。

まず親指と人差し指に、輪ゴムを8の字にしてひっかけます。

次にそのまま親指と人差し指、中指で1本お箸を持ち、親指の付け根から輪ゴムをくぐらせ、もう1本のお箸を通せば美しいお箸の持ち方へと変わります。

こちらの方法は、小さめの輪ゴムであれば子供にも対応することができる方法であるため、親御さんもこの方法を知っておくと便利であると言えます。

子供の時から正しくお箸を持つ練習を!教え方のポイント!

離乳食が進みスプーンやフォークを正しく使うことができるようになってきたら、しつけ箸を使ってみましょう。

しつけ箸はドラッグストアや、子供用品専門店でも手に入れることができ気軽に使うことができます。

また目安としては、3歳前後を目途に使ってみて、うまく使えたら褒めることを繰り返してみます。

そうすることで、食べることが楽しいと感じることもできますし、褒めてもらえれば自信にもつながります。

一膳のお箸で食べることが喜びに変わる、持ち方は大切なマナーの1つ

お箸は毎日使うものであり、口にものを運ぶための非常に大切な行為でもあります。

小さな頃から食育を通じて、楽しみながらお箸の持ち方をマスターできれば良いのではないでしょうか。

もし、パパやママが子供が出来てからも正しくお箸を持てていないのであれば、お子様と一緒に食べ物を通じて、正しいお箸の持ち方ができるようになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です