映画『Fukushima50』フル動画を無料視聴する方法!日本アカデミー賞12部門で優秀賞作品のあらすじ・キャスト紹介

こちらの記事では、映画『Fukushima50』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、『Fukushima50』のあらすじについて解説しています。

映画『Fukushima50』配信情報

映画『Fukushima50』はU-NEXTで配信中!無料期間中にもらえるポイントを利用して視聴できます。

映画『Fukushima50』動画を無料視聴する方法とは?

映画『Fukushima50』の動画を無料視聴で視聴する方法をご紹介します。

2021年3月現在、映画『Fukushima50』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『Fukushima50』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム 550円 2週間
U-NEXT 550円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 440円~ 30日
dTV 440円~ 31日
Paravi × 未配信 2週間

※上記の情報は2021年3月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『Fukushima50』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTmusic.jpであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

映画『Fukushima50』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『Fukushima50』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『Fukushima50』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は2189円(税込)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴も可能です。

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が210,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『Fukushima50』は550円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

※配信状況やサービス内容は2021年3月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『Fukushima50』はどんな映画?

東日本大震災から10年が経過した2021年。この年に、『Fukushima50』が金曜ロードショーに登場します。

『Fukushima50』は、東日本大震災の渦中で起きた「福島第一原発事故」を描いています。大きな津波の被害を受けた「フクイチ(福島第一原発の呼称)」は、炉心を冷やせなくなりました。

このままではメルトダウンを起こし、大きな被害が出てしまう。その状況の中で、原発の職員たちはどう動いたのか。その一部始終を、克明に記した映画となります。

本作はドキュメンタリーではありませんが、福島県民及び日本中が見守る中で、懸命に原発事故と戦った職員がいたことを、その記録を残す作品となります。

3.11の福島県では、ガソリンが行き渡らなくなりました。そのために、多くの福島県民は原発事故に怯えながら日々を過ごしました。放射線量を気にして、子供たちは外に出られなくなりました。馴染みの場所にロープが張られ、大人たちが集まって除染をした日々……。

その日々の中で、原発の中では何が起きていたのか。原発事故のことを知るために、あの事故を忘れないために、多くの方に視聴してほしい作品です。

注意!東京電力が取材に協力したものではありません

福島第一原発は、東京電力の管轄となりますが、この映画の製作に関して、東京電力は参加していません。あくまで関係者の取材協力で実現した映画です。この点を踏まえてご視聴ください。

作中で東京電力は「東都電力」に名前が変わっています。また「福島第一原発」の呼称も、従来の「フクイチ」ではなく「イチエフ」とされています。

日本初!米軍が協力しての撮影となりました。

リアリティを重視している同映画では、震災で「トモダチ作戦」を行った横田基地に協力を依頼。これはかなり難航したそうですが、制作側の熱意で実現しました。

横田基地の米兵がエキストラとして参加しています。この辺りも注意してご覧ください。

映画『Fukushima50』のあらすじ

2011年3月11年。日本を未曽有の大災害が襲いました。『東日本大震災』と名付けられたその震災では、多くの人々が津波で命を落としました。そしてその津波は、福島県の「福島第一原発(イチエフ)をも襲っていました。

水没により全電源が落ちたイチエフでは、原子炉を冷やすことができない事態に。このまま温度が上がり続ければ、メルトダウンを起こしてしまいます。もしメルトダウンが起きたら、日本は……。

福島第一原発所長・吉田昌郎は、現場状況を把握していない関係者に激怒しつつ、懸命に自己を食い止めようとしていました。もしメルトダウンがおきれば、5000万人が被害に遭う可能性があります。それだけは食い止めたい。家族たちと離れ、彼らを思いながら働く職員たち。

そして彼らは、世界で一度も試されたことのない「ベント」という方法に挑みます。この方法は、作業員が直接原子炉に入る方法。日本の行く末は、果たして……。

映画『Fukushima50』登場人物紹介

ここからは、映画『Fukushima50』登場人物を紹介します。

  • 伊崎利夫(福島第一原発1・2号機当直長)……佐藤浩市
  • 吉田昌郎(福島第一原発所長)……渡辺謙
  • 前田拓実(福島第一原発5・6号機当直長)……吉岡秀隆
  • 野尻庄一(福島第一原発 発電班長)……尾形直人
  • 大森久夫(福島第一原発 管理グループ当直長)……火野正平
  • 平山茂(福島第一原発 第2班当直長)……平田満(※モデルは実在の平野勝昭)
  • 井川和夫(福島第一原発 第2班当直副長)……萩原聖人)

『Fukushima50』の見どころは?

まず、「これはドキュメンタリー映画ではない」。それを念頭に置く必要があります。

その上で、現実により近い作品として受け止めてほしい。そんな映画です。

東日本大震災の原発事故は、福島及び日本に大きなダメージを残しました。毎日のように原発事故のニュースが流れ、何が本当かもわからない。そんな日々でした。

その情報量の多さのわりに、現地で起きていたことを知る人はごく少数です。あの恐怖の時間の中で、懸命に私たちを守ろうとしてくれた方がいたこと。

そのことを忘れないためにも、後世に残しておきたい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です