映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のあらすじ・見どころは?エマ・ストーンほか前作からの豪華キャストが再集結!

2019年11月22日(金)に映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が公開します。

2009年に公開された映画「ゾンビランド」の続編で、出演者も監督や脚本も前作と同じですが、10年の間にその肩書は大きく変わっています。

ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリンはアカデミー賞にノミネートされるようになり、エマ・ストーンに至っては「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞を受賞する女優にまで成長しています。

前作の「ゾンビランド」で監督デビューしたルーベン・フライヤーは「ヴェノム」で予想を大きく上回る興行収入をたたき出し、脚本を担当したレット・リースとポール・ワーニックは超有名マーベルシリーズの「デッドプール」「デッドプール2」で脚本を手掛けました。

ゾンビが蔓延する世界で32のルールを作り生き抜いてきた4人組が、10年の時を経て帰ってきます。

『ゾンビランド:ダブルタップ』作品紹介

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は、進化したゾンビに対応するためルールが73にまで増え、その中には改変しなくてはならないルールも出てくる中、新たな仲間が加わり4人の関係にも変化が訪れます。

ゾンビ映画に新たなジャンルを作り出した「ゾンビランド」の続編『ゾンビランド:ダブルタップ』は、前作同様スッキリ爽快なコメディ映画でストレス発散にも効果的!!

『ゾンビランド:ダブルタップ』あらすじ

前作「ゾンビランド」から10年、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が公開となりますが、劇中でも10年の時が経った世界が描かれています。

ホワイトハウスを拠点に生活をしている4人は、ゾンビ狩りをしながら平和に暮らしていましたが、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は新しい生存者との出会いを求めており、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)にプロポーズされたウィチタ(エマ・ストーン)はこのまま結婚していいものかと悩んでいました。

そんなある日、姉妹はタラハシーの愛車ザ・ビーストに乗り家出してしまいます。

タラハシーとコロンバスはホワイトハウスを捨て姉妹探しを始め、1か月がたったころ、ショッピングモールでマディソン(ゾーイ・ドゥイッチ)と出会います。その後、一人でいたウィチタを見つけ、リトルロックがザ・ビーストに乗ってバークレーとグレイスランドに向かったと聞き、マディソンを含めた4人はグレイスランドに向け出発しました。

新たな生存者らと行動を始めたタラハシーらは、無事にリトルロックを見つけることができるのでしょうか!?

前作「ゾンビランド」の続編

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は2009年に公開された「ゾンビランド」の続編となっています。

前作を見ていない方でも楽しめる映画となっていますが、前作のあらすじだけでも知っておくとさらにお楽しみいただけると思います。

映画「ゾンビランド(2009)」のあらすじ

ある日、謎のウィルスに感染してゾンビ化した人間が人々を襲い、瞬く間にゾンビが蔓延る世界と化してしまいます。引きこもりで友人のいなかった大学生のコロンバスは、ゾンビと闘いながら「生き延びるための32のルール」を作り、ルールを忠実に守ることでなんとか生き延びていました。

両親を探すためオハイオ州に向かう途中、血気盛んなタラハシーと出会います。

タラハシーは銃の扱いに慣れていてワイルドな男でしたが、旅の目的は好物のトゥインキーを手に入れるためという可愛い一面もありました。トゥインキーを探すためスーパーへと寄った際、ウィチタとリトルロックという姉妹を助けた縁で4人で行動するようになります。

ウィチタとリトルロックからオハイオ州は壊滅状態だと聞き、姉妹の目的地でありゾンビがいないとされている遊園地に向かうことになりました。

その道中、立ち寄った豪邸で生存者のビル・マーレイと遭遇しますが、手違いでコロンバスが殺してしまい、遺体を絨毯でくるみ弔意を表す弔砲を撃ちました。

その後なんとか遊園地に到着した一行でしたが、そこはすでにゾンビランドと化しており、姉妹が動かしたアトラクションの光と音に続々とゾンビが集まってきます。

タラハシーは得意の銃でゾンビをバッタバッタと倒し、コロンバスは最も苦手とするピエロを倒すことで克服します。そして、窮地に立たされていた姉妹を救い出したコロンバスはウィチタとキスを交わし、タラハシーは探し求めていたトゥインキーをリトルロックから手渡され遊園地から脱出しました。

各々の目的を達成した4人は、ゾンビのいない安全な土地を目指して出発します。

『ゾンビランド:ダブルタップ』キャスト一覧

前作「ゾンビランド」から10年、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』でも10年の歳月が経過した世界を描いています。

メインキャストの4人は同じで、5人が新キャラクターとして出演しています。

  • 生存者

タラハシー/ウディ・ハレルソン

ホワイトハウスを拠点に4人で生活しており、ザ・ビーストと名付けた愛車のメンテナンスに余念がありません。

家出した姉妹を探すためホワイトハウスを捨て、グレイスランドにあるホテルでネバダという女性に出会います。

コロンバス/ジェシー・アイゼンバーグ

ウィチタにプロポーズしますが何故か逃げられてしまい、ホワイトハウスを捨て姉妹を探しに出ます。

途中で立ち寄ったショッピングモールでマディソンという女性に出会い誘惑されますが、ウィチタを愛しているコロンバスはマディソンの誘いに乗りませんでした。

ウィチタ/エマ・ストーン

前作「ゾンビランド」でコロンバスと恋仲になり、10年が経ちコロンバスにプロポーズされます。

しかし、そのプロポーズを受けていいのか迷い、妹のリトルロックと家出してしまいます。

リトルロック/アビゲイル・ブレスリン

子供だったリトルロックも大人になり、恋愛に興味がでてくる年になりました。

同年代の生存者と出会いたいと思っており、コロンバスとの関係に悩む姉のウィチタと家出をした際にバークレーという男性と出会い、ウィチタを置いて2人でグレイスランドに向かいました。

ネバダ/ロザリオ・ドーソン

タラハシーとコロンバスが立ち寄ったホテルにいた女性です。

始めは2人を警戒していましたが、タラハシーと意気投合し信頼し始めます。

マディソン/ゾーイ・ドゥイッチ

金髪で可愛らしい服を着た女性で、戦闘能力がゼロなのにも関わらず、なぜかゾンビに襲われず生き延びていました。

ピーナッツアレルギーを持っています。

バークレー/アヴァン・ジョーギア

ウィチタとリトルロックが家出した際に出会った男性で、ウィチタを置いてリトルロックと2人でグレイスランドに向かいました。

アルバカーキ/ルーク・ウィルソン

ホテルで出会ったタラハシーにそっくりな男性です。

フラッグスタッフ/トーマス・ミドルディッチ

ホテルで出会ったコロンバスそっくりな男性です。

  • ゾンビ

ホーマー

アメリカのテレビアニメ「ザ・シンプソンズ」の父に似ていることからホーマーと名付けられました。

動きは鈍く、頭も悪く、趣味は蝶々を追いかけることで、好きな食べ物は人間の胸鎖乳突筋肉です。

T-800

映画「ターミネーター」に出てくるアンドロイドのようにしぶとく、ルール2が効かないためT-800と名付けられました。

現行ゾンビの中で倒すのが最も難しく油断できない相手です。

NINJA

俊敏で神出鬼没なゾンビなためNINJA(忍者)と名付けられました。

音もなく忍び寄ってくるため、注意が必要です。

  • 別出演

ビル・マーレイ/ビル・マーレイ

前作「ゾンビランド」で本人役として出演しており、映画「ゴーストバスター」の主人公を演じた人物です。

『ゾンビランド:ダブルタップ』ではエンドロールに出演しています。

『ゾンビランド:ダブルタップ』の見どころは?

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は前作同様、コメディ要素たっぷりなゾンビ映画となっています。

タラハシーの銃の腕前は相当なもので、次々にゾンビを倒していく様が爽快で、ある意味ストレス発散にもなりそうなくらい気持ちのいいシーンとなっています。

普通のゾンビ映画のようにゾンビがたくさん出てくるのですが、ホラー要素が全くと言っていいほどないので、ゾンビ映画が苦手な人にもおすすめできる映画です。

注目ポイントは、コロンバスの73にも増えた生き延びるためのルール、ウィチタとの恋の行方、タラハシーの銃の腕前、愛車、恋、マディソンのピーナッツアレルギーといったところでしょうか。

忘れてはいけないのは、エンドロールで出てくるビル・マーレイです。

ゾンビの世界になってしまった始まりが描かれていますので、最後の最後までお見逃しなく!

『ゾンビランド:ダブルタップ』まとめ

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』がいよいよ公開となりますが、10年前は無名だったキャスト・監督・脚本家が、今では業界にこの人ありという知名度を誇るようになりました。

売れた役者を招集するのはスケジュール的にも大変だったと思いますが、「ゾンビランド」ファンにとっては堪らない”再集結”ということで、期待も大きい映画となっています。

この映画のタイトル「ダブルタップ」はルールその2の「Double Tap(二度撃ちして止めを刺せ)」からきています。2作目ということと、二度撃ちが効かない進化したゾンビがいることが由来となっています。

新たなゾンビ、新たな家族、新たな家、新たなルール、どれを取っても楽しみでしかありません。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』は11月22日(金)公開です。ぜひ劇場でお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です