ユチョン薬物(覚せい剤)の違法使用を認める!ファンハナと供述に食い違い?

薬物使用容疑で逮捕されたユチョンが、これまでの否定から一転して使用を認めたというニュースが入ってきました。

4月23日に薬物陽性反応が出たときも、27日に逮捕されたあとも、一貫して「薬物は使用していない」と否定してきたユチョン。しかし残念ながら、本人が使用を認める結果となってしまいました。

ユチョンが薬物使用を否定する様子を見て、日本のファンは彼を後押しする声明を発表するなど、ユチョンを最大限に指示してきました。が、残念ながらファンを裏切る結果となってしまいました。

ユチョンが薬物使用を認めた報道と共に、これまでのユチョンの報道を時列で紹介します。

ユチョンが薬物使用容疑を認めた理由とは?

4月29日夜6時過ぎ、韓国の報道メディアが「薬物使用を否定していたユチョンが、一転して使用を認めた」と報じました。

これまで薬物使用を否定していた理由について、ユチョンは「自分が下にいってしまうようで怖かった」と話したそうです。これまで築いた輝かしい地位が、崩れてしまうのを恐れたのでしょう。

またユチョンは、「認めるところはきちんと認めて、謝罪しなければならないところはきちんと謝罪する」と語っているそう。

ユチョンが容疑をみとめたことにより、警察は今週中にユチョンの取り調べを終了し、検察に送ると発表しています。

薬物疑惑を認めたユチョン、ファンハナと供述に食い違いも

報道によれば、ユチョンは自身にかけられた容疑について、大筋で認めているとのこと。

ユチョンにかかっている容疑は、以下の通りです。

韓国の警察によりますと、パク容疑者は2月から3月にかけて元交際相手のファン・ハナ被告とともに購入した覚醒剤1.5グラムを5回にわたって使用した疑いが持たれています。

引用:https://abema.tv/video/episode/89-45_s0_p153228

おそらく、ユチョンはこの容疑について認めたと思われます。

ただ、ファンハナとユチョンにはまだ供述の食い違いがあり、今後はそのすり合わせの捜査をしていくことになると思われます。

ユチョンとファンハナの供述相違点

  • ファンハナ側→2015年から薬物をやめていたが、ユチョンに出会って再びするようになった。ユチョンは私が寝ているときに薬物を投与することもした。
  • ユチョン側→ファンハナに再び会うようになってから薬物を使用した

※ユチョン側の「再び会うようになってから」というのは、破局後に会うようになったことを指すと思われます。

引用:https://kt.wowkorea.jp/album/221761.html

どちらが先に薬物をはじめ、相手に勧めたのかが争点になりそうです。どちらが正しいのかによって罪の重さも違ってくるため、ファンはこの先の取り調べに注目しているようです。

ユチョンとファンハナの供述、もうひとつの食い違いが発覚

薬物使用容疑を認めたユチョンは、ファンハナが「ユチョンはヒロポンを3度購入した」と語っているのに対し、「2回は自分が購入したが、あと1回はファンハナが購入した」と語ったそうです。

参考サイト:https://kt.wowkorea.jp/album/221821.html

ユチョン、4月10日に行われた会見の嘘を告白

薬物使用を認めたユチョンは、4月10日に行った会見で語った「ファンハナに脅迫されていた」という発言に対し、嘘であったと供述しました。

また手の痣についても、薬物を使用する際の注射の跡で間違いないと答えたそうです。

4月30日追記:ユチョンが薬物を購入した日が特定される?

一部メディアが、ユチョンが薬物を購入した日が特定されたと報道しています。

警察側は、ユチョンが薬物を購入したのは2月17日、3月10日、3月12日と把握。ユチョンは自身が薬物を購入した事実を認めながらも、3月10日の購入はファンハナだと供述。

また、1.5グラムのメタンフェタミンを5回に分け、使用したことも認めました。

参考サイト:https://japanese.joins.com/article/882/252882.html?sectcode=

4月30日追記:ユチョンの薬物使用回数は7回?使用量の謎が浮上

ユチョンが薬物使用を認めたものの、使用量についてなど多くの謎が残されているようで、今も捜査が続けられています。

4月30日にはは、ユチョンの薬物使用回数が5回から7回に増えたと報道されました。

当初は「1.5グラムの覚せい剤の一部を5回に分けて使用した」とされていたのですが、回数が2回増えて7回になったとか。

しかしユチョンが購入した薬物の量と使用量が合わず、今後は残りの薬物がどうなったのかを捜査していくようです。警察の計算だと、あと10回分以上の覚せい剤が残っているはず、とのこと。

覚せい剤の使用量は、ユチョンの健康状態にも関わる重要なこと。家宅捜索では、薬物は見つかっていないと発表されていますから、残りの薬物の行方が気がかりです。

参考サイト:https://kt.wowkorea.jp/album/221992.html

ユチョンの薬物使用疑いについて時列をまとめました

2019年4月4日にファンハナが逮捕されてから、怒涛の展開となったユチョンの薬物使用疑惑騒動。

これまでのユチョンとファンハナの出来事について、時列をまとめてみました。

参考サイト:http://www.wowkorea.jp/

2019年4月1日 ファンハナの過去の薬物使用に見逃し疑惑浮上

4月1日、ユチョンの元婚約者ファンハナに対し「麻薬捜査見逃し疑惑」が浮上します。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. . 다들 모하시려나영🙈♥️ 씨유 모찌롤이 꽂힘 ㅋㅋ 플레인만 맛있어요 >_< 저는 여행이 미뤄져서 할게 옶오졌어용 😱 여권잃어버림 ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ 진짜 여권 신분증 카드 지갑 목걸이 반지@이런거 너무 자주 잃어버림 덜렁거림의 끝인듯 . . . 그나저나 제가 작년부터 쓰고있는 세럼 기억하시죠? 아직도 출시안된 세럼 빨리 소개해드리구픈데 , 요 회사 저보다 더 깐깐해서 좋네요 ㅋㅋㅋㅋㅋ #샘플만12번째 좋다💕 피부가 진짜 좋아지는 세럼 🎵 우리 엄마아빠도 몇달동안이나 같이 쓰구 있으니까 후기도 기대해주세요 ㅋㅋㅋ #그래도한달남음 메컵쌤들도 제가 올리는거 다 사심 ㅠㅠ💕 그만큼 좋다는거죠? . . 내 여권 ㅠㅡㅠ 오디간거니 하루종일 또 먹방이나해야겠어요 행복한 명절 보내세요❤️❤️❤️❤️ 아님 나랑 놀자용🙈💕

하루애 비지니스 계정さん(@shinebright_love0225)がシェアした投稿 –

ファンハナと一緒に薬物を使用した大学生が、2016年1月に逮捕されていました。大学生は懲役2年6ヵ月・執行猶予3年の判決を受けたものの、ファンハナはなぜか捜査されなかったとのこと。

ファンハナには薬物使用容疑だけでなく販売容疑もあったとか。ファンハナが南陽乳業の財閥三世なことから、警察が見逃し捜査をしたのではないか?と報道されました。

※4月1日以前から、ネット上ではファンハナに対する噂が浮上していました。が、ここでは1日付けのニュースをもとに紹介します。

2019年4月4日 病院に入院していたファンハナが逮捕される

4月4日午後、京畿南部地方警察庁・麻薬捜査隊がファンハナを逮捕しました。

ファンハナにかけられた容疑は、以下の通りです。

ファンハナ逮捕時の疑惑一覧
  • 2018年10月、警察にファンハナの麻薬使用についての情報提供があった。そこから警察は、ずっとファンハナのことを捜査していた。
  • ファンハナには、他人の性行為を撮影し、映像を流していた疑いも持たれている。これも警察に匿名のメッセージが寄せられた。
  • 2018年はじめに薬物を使用した容疑があり、警察が出頭要請を出したものの、ファンハナは応じなかった。
  • 警察の捜査から逃れるため、ファンハナは父親の会社役職で代替携帯電話を借りていた。
  • 2016年の薬物使用容疑に対し、警察がファンハナを見逃していた可能性。

逮捕されたファンハナは、薬物使用の容疑を認めています。

2019年4月7日 ファンハナ「一緒に薬物を使った芸能人A」を供述

逮捕されたファンハナは、警察に対し以下の供述をしています。

ファンハナの供述内容
  • 初めてヒロポン(覚せい剤)を使用したのは、2015年。
  • それ以来やめていたが、2018年に知人の芸能人Aの勧めで、再び使用するようになった。
  • 薬物を使用したが、販売はしていない。

この供述から、「ファンハナと一緒に薬物を使用した芸能人A」が注目されはじめます。日本でも、「芸能人Aは一体だれなのか?」という議論が交わされました。

そしてこのころ、「芸能人Aは元婚約者のユチョンではないか?」という噂も浮上していました。

2019年4月10日 ユチョン記者会見で麻薬使用疑惑否定

「ファンハナと薬物を使用した芸能人Aは、ユチョンではないか」という疑惑が流れる中、ユチョンは自ら会見を開き、「薬物を使用したことはない」と宣言します。

所属事務所C-JeS曰く、4月10日になって警察から連絡があり、会見を開くことにしたとのこと。

ユチョンの会見で語られたこと
  • 2016年にあった女性暴行疑惑について、最終的には「嫌疑なし」となったものの、社会的な叱咤と罪悪感でうつ病を患っていた。
  • 精神科でうつ病の薬の処方を受け、処方された睡眠薬で眠る日が続いていた。
  • (元婚約者の)ファンハナが、芸能人が薬物を勧めたと警察に語った話を聞き、自分が疑われるのではないか?と怖かった。
  • しかし自分は薬物をやっていないので、警察に行ってきちんと話すべきと考えた。
  • 昨年にファンハナと別れようとしたとき、脅迫に苦しめられた。だがファンハナは、自分がつらい思いをした2017年にそばにいてくれた人なので、責任を持とうと考えた。
  • 別れた後も連絡を取り合い、悩みを聞いてあげていた。会うたびに謝罪し、彼女の気持ちをなだめていた。
  • ファンハナもうつ病の薬を服用していると聞いたが、自分は関係ない。
  • ファンハナは、うつ病の症状がひどくなると恨み言も言ってきた。
  • ファンハナが薬物をやっていたことは知らなかった。
  • 自分は薬物をやっていないし、ファンハナに勧めたこともない。

参考サイト:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0410/10232851.html

ユチョンは、「自分は薬物をやっていない」「ファンハナに勧めたこともない」と、一貫して容疑を否認しました。

2019年4月12日 韓国警察がユチョンを出国停止措置へ

ユチョンは会見で「薬物を使用したことはない」と否定したものの、韓国警察はファンハナの供述を重く受け止め、ユチョンを出国停止措置にしました。

2019年4月13日 「芸能人Aはパク・ユチョンだ」と警察発表

韓国警察は、「ファンハナが一緒に薬物を使用した芸能人Aはパク・ユチョンだ」と発表しました。

その他、警察はユチョンについて以下のように語っています。

4月13日の報道内容
  • 警察はユチョンの薬物使用疑惑について、たくさんの証拠を確保している状態。
  • ファンハナが、「2019年初めにユチョンと2、3回薬物を使用した」と供述。
  • ファンハナは「薬物をやめたかったが、芸能人A(ユチョンですね)に強要された。芸能人Aは、自分が眠っている間に薬物を投与された」と供述。
  • 芸能人Aに、薬物を手に入れて来いと命じられた。
  • 警察は「芸能人Aはパク・ユチョンである」とみて、ユチョンを召喚して話を聞く予定。

参考サイト:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0414/10233052.html

2019年4月16日 韓国警察がユチョン宅を家宅捜索

京畿南部地方警察庁・麻薬捜査隊が、ユチョンの自宅や車などを家宅捜索したと発表。

2019年4月16日 ユチョン簡易薬物検査では陰性

警察は、ユチョンに対して行った「簡易薬物検査」が陰性だったと伝えました、「簡易薬物検査」とは、つまり尿検査のことですね。

しかし、簡易薬物検査は2週間程度で薬物が消えるので、国立科学捜査院に改めて毛髪と尿の検査を依頼すると語っています。

2019年4月17日 ユチョンが警察に出頭

会見から1週間がたった4月17日、ユチョンは京畿南部地方警察庁に出頭。

警察の中に入るユチョンの、非常に堂々とした姿が話題になりました。

「ありのまま、誠実に取り調べを受けてきます」と語り、笑みを見せる場面も。警察では、一貫して薬物使用容疑を否認したとのことです。

同日、警察は「ユチョンが体の毛をほとんど除去した状態」と伝える

この日ユチョンを聴取した警察は、「ユチョンは全身の毛をほとんど除毛した状態だ」と発表しました。また、警察は「薬物検査を逃れるために、全身の毛を除毛したのではないか」と、証拠隠滅を疑っていました。

ユチョンは、この除毛について「コンサート前にはよく除毛している(日本のコンサートを終えたばかりだった)」と回答。

また、髪を何度も脱色したことについても、新曲を出すためと回答しています。

この日、ユチョンは9時間の聴取を受けました。

※髪を何度も脱色すると、薬物反応が出なくなることがあるそうです。

参考サイト:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0417/10233278.html

「警察は、ユチョンが薬物を使用した決定的な証拠をつかんだ」と報道

韓国の報道機関は、「警察は、ユチョンが薬物を使用した決定的な証拠をつかんでいる」と報道。

4月17日ユチョンに関する報道

  • 警察は、ユチョンが薬物を使用するだけでなく購入現場も抑えている。
  • ユチョンが薬物を使用したのは、4~5回に及ぶとのこと。
  • ユチョンの京畿道・河南にある自宅とファンハナの自宅を、お互いが行き来する防犯カメラの映像も確保した。
  • ユチョンが薬物を購入した方法は「投げ手法」と呼ばれる方法。

※「投げ手法」とは…薬物を購入する人物がお金を振り込むと、販売する側がどこかに薬物を隠して置いておき、さらに購入者がその場所に取りに行く方法。お互い顔を合わせなくてすむ方法だそうです。

参考サイト:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0417/10233282.html

4月18日 ユチョン「入金などはファンハナに頼まれてやったもの」と発表

4月18日、ユチョンは2度目の出頭をし、一貫して薬物使用疑惑を否定しました。

最初の出頭がスーツ姿だったのに対し、キャップにパーカーというカジュアルないでたちが話題に。

警察が証拠を掴んだという「薬物を購入するためのお金を振り込んだ」「薬物を受け取った」という動画については、「ファンハナに頼まれて入金した、何のための入金なのかは知らなかった」と供述したとのことです。

また、MBCは「ユチョンの手の甲に、注射の跡らしき痣がある」と報道。ユチョン側は「とがったものでケガしただけ」と、報道内容を否定しました。

ユチョンがMBCニュースデスクの報道に抗議

ユチョン側は、薬物を購入するためにユチョンが入金した映像のこと、手の傷が注射針の跡だと報道した「MBCニュースデスク」に抗議しました。

以下、抗議の内容を引用させていただきます。

パク・ユチョンの代理人である法務法人の弁護士クォン・チャンボムです。

本日(18)日のMBC「ニュースデスク」の報道に対する立場です。まず調査中である状況に対して継続して特定のマスコミ報道が出てくるのは残念に思います。

また「ニュースデスク」の報道内容の中で問題となる点は、

1つ目、防犯カメラの映像に3月の駅三洞の静かな商店街の建物内部に薬物と思われるものを持っていく様子が映っていると報じていましたが、これは今まで警察が捜査過程において一度も質問していない内容です。調査過程において聞かれてもいない内容を警察が集中して追及すると報じたこと自体が明白な虚偽の報道です。

2つ目、パク・ユチョンの手の甲に針の痕があると報じていましたが、これは数か月前にけがしたもので、手の甲だけでなく小指にも同じような傷があります。しかもこの手の甲は警察が調査過程において確認したもので、防犯カメラの映像に現れたのかも確認しておらず、報道の虚偽がかなりの問題です。

これに対し、パク・ユチョンの代理人としてMBCの虚偽内容の報道については訂正報道を請求する予定であることを明らかにしておきます。

引用:http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0418/10233364.html

2019年4月23日 ユチョンの足の毛から薬物陽性反応が検出される

この日に大きく事態が進展しました。簡易薬物検査では陰性だったユチョンですが、その後に国立科学捜査研究院で行われた検査で陽性反応が検出されました。

陽性反応が検出されたのは、ユチョンの足のすね毛から。

韓国警察がユチョンの事前拘束令状を請求

韓国警察は、ユチョンの事前拘束令状を請求。事前拘束令状とは、日本でいう逮捕状のことです。

※韓国では、逮捕の先にあるのが拘束とのことです。つまり、日本の逮捕=韓国の拘束。このため、日本のメディアでは「ユチョンに逮捕状が請求された」という伝え方をしていました。

2019年4月24日 ユチョンの所属事務所C-JeSが専属契約解除

ユチョンと専属契約を結んでいる芸能事務所C-JeSは、薬物陽性反応が確認されたことを受け、ユチョンとの専属契約を解除すると発表しました。

専属契約が解除されたことにより、ユチョンが所属していたJYJも実質解散という結果に…。

東方神起脱退以降、ずっと共に歩んできた3人は、ここで道が分かれることになりました。現在までに、メンバーのジェジュンとジュンスからはコメントは出ていません。ファンの多くは2人のメンタル面を心配しています。何か言える心境でもないでしょう…。

2019年4月25日 ユチョンが薬物使用疑惑を改めて否定

ユチョンは、薬物陽性反応が出たあとも容疑を否認しました。

ユチョン側の弁護士は「国立科学捜査研究院の結果は疑いようのない事実」とし、陽性反応が事実であることを認めました。その上で「ユチョンは薬物を使用していない」と否定し、薬物が体に入った経路を調べていると伝えています。

2019年4月26日 ユチョン逮捕へ

4月26日、ユチョンは事前拘束令状を出すかどうかの審査を受けるため、水原地方裁判所に姿を見せました。この審査の結果で、ユチョンが拘束される(つまり逮捕)かどうかが決定されます。

裁判所に姿を見せたユチョンは、時折微笑みを見せることも。

これから自分が逮捕されるかどうかが決まる審査なのに、余裕のある姿が様々な憶測を呼びましたね。

審査を受けて裁判所を後にするユチョンは、自殺や逃走を防ぐために拘束されていました。

自殺や逃亡を防ぐためとはいえ、拘束された姿に多くのファンがショックを受けました。空を仰ぐユチョンは、そのとき何を思ったのでしょう。

その後に拘置所へ移送されたユチョンは、裁判所の決定を待ち待機。裁判所が事前拘束令状の発布を認めたため、そのまま拘束となりました。

2019年4月30日 ユチョンが薬物使用容疑を認める

逮捕後も依然として「薬物を使用したことはない」と供述していたユチョン。あまりに長く否定しているため、韓国でも「本当にやっていないのでは」「誰かに薬物を盛られたのでは」という疑惑が浮上していました。

ですが4月30日になり、ユチョンは一転して薬物使用容疑を認める供述をしました。警察は、今週中にユチョンの取り調べを終える予定とのことです。

薬物使用を認めたユチョンに韓国では厳しい反応

ユチョンが薬物使用を認めてから一夜が経った4月30日、韓国では彼に対する厳しい反応が続いているようです。

スポーツソウルは「国民的な詐欺ショーが終焉」「麻薬容疑を認めて奈落へ」とユチョンを批判。ユチョンが会見を開いてまで疑惑を否定していたことに、「芸能人だけでなく、彼の人生に痛恨の傷を残した」と伝えました。

さらに別のメディアでは「稀代の詐欺師」とユチョンを断罪し、韓国国民の怒りがいかに大きいかを表しています。

4月10日の会見後、韓国では「彼は正しいことを言っている」「応援する」とユチョンを支持する声が多かったといわれています。相手のファンハナが、韓国で嫌われがちな財閥三世だったからかもしれませんが…。

2016年の性的暴行疑惑から、ずっとユチョンに背を向けていた韓国国民が、あの会見をきっかけに再び彼を信じようとしていたのです。

しかし、ユチョンは「会見の内容にも嘘があった」と供述しました。再び裏切られた韓国国民の怒りは大きく、ネットではユチョンへのバッシングが続いています。彼がしたことの大きさを思えば、それも仕方ないと言わざるを得ません。

参考サイト:https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=3807

日本のユチョンファンにも衝撃!厳しい声が増えつつあります

韓国に比べ、「これまで通りユチョンを応援する」という反応が多かった日本のファン。

しかし、4月29日にユチョンが薬物使用を認める供述をすると、反応は一変しました。

「なんのための会見だったの?」「嘘をついていたなんて信じられない」という反応のほかに、「一度は好きになった女性に、全部の罪を着せようとするなんて」という声も見られ、ユチョンのこれまでを批判する声が相次いでいます。

ユチョンは3月にソロコンサートも開催していたため、「ソロコンにも行ったのに…」という落胆の声も。日本は薬物使用歴があると入国できないので、ユチョンは今後日本へ来ることができない可能性もあり、ファンは肩を落としています。

しかし、一方で「やはりユチョンを信じたい」という声もあり、反応は二分している状況です。

 

2 件のコメント

  • 嘘つき報道やめなよ!
    韓国でも日本でも中国やアメリカでもそんなこと本当のファンはいってません。
    韓国まで行ったファンは、韓国で冤罪にされたら、冤罪をかぶるしかないと韓国人が言ってた、すべての工作員ではない本当のファンは、ユチョンを支持する声ばかりです、

    虚偽記事書く貴方達のが本当の犯罪者でしょ

    • こんにちは。
      デリケートな内容につき、賛否があることは承知で記事の執筆をいたしました。
      また、情報元を明確にするためにソースも記述いたしました。
      元東方神起として、JYJとして、そして俳優としてソロ歌手として、彼は多くの幸せと感動をくれた人です。
      だからこそ、真摯に問題に向き合ったつもりです。

      当時にSNSを検索し、多くのJYJペン、ユチョペン、トンペンの反応も確認しました。
      多くの反応が見られましたので、できるだけ反応を網羅する形で記載を行いました。

      ユチョンは、1度は「自分は薬物を使用していない」という会見を行いました。
      しかしのちに陽性反応が現出され、本人も使用を認めると語っています。

      ユチョンには多くのファンがいて、だからこそ様々な反応があると私は考えております。
      当時にSNSで確認しましたが、どんな反応にも彼を思う気持ちが詰まっていました。
      ファンだから信じようと思う気持ちも、ファンだからショックを受けたという気持ちも、私は間違いではないと考えています。
      もちろん、いただいたご意見も彼を思うお気持ちのひとつだと受け止めます。

      また1個人の見解になりますが、女性関係の事件から今回の事件までをみた上で
      彼の事務所の対応には疑問が残りますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です