三重県四日市の山街道尾平橋付近でタンクローリー横転・転落!事故現場の画像や動画まとめ

7月15日(月)午前6時半頃に、三重県四日市市内の湯の山街道尾平橋付近の堤防道路からタンクローリーが道路脇の用水路に転落、横転しました。

タンクローリーに積まれていた軽油およそ4キロリットルが漏れ出したため、消防が回収を進めています。なお火災は発生していないということです。

運転手はケガをして病院に運ばれましたが、命に別状は無いということです。

四日市市内の湯の山街道尾平橋付近で起きたタンクローリー横転事故の概要、事故現場の画像、事故の状況についてまとめて紹介します。

タンクローリー横転事故の詳細は?

警察と消防によりますと、事件が起きたのは7月15日午前6時半頃、三重県四日市小生町の国道477号線で「タンクローリーが横転している」と110番通報がありました。

国道を走っていたタンクローリーは、湯の山街道尾平橋付近の堤防道路で道路沿いのガードレールを突き破って道路脇の用水路に転落して横転しました。

タンクローリーにはガソリンおよそ4キロリットルと軽油およそ20キロリットルが積まれており、軽油約4キロリットルが道路脇の田んぼの用水路や周辺の川などに漏れ出しました。

消防などがこれ以上、広がらないようにオイルフェンスを設置したり吸着マットで漏れ出した軽油の回収作業を行っており、火災は発生していないとのことです。

この事故で運転手の45歳男性はケガをして病院に運ばれましたが、命に別状はないとのことでした。

警察では現在、事故の原因を詳しく調べています。

事故の発生場所は?

今回の事故が発生したのは三重県四日市小生町の国道477号線の国道沿いの、新尾平橋西900m付近(湯の山街道尾平橋)の堤防道路です。

現場は堤防道路は緩やかな左カーブはありますが、見通しの良い道路となっています。

事故現場の画像

今回の事故の現場やタンクローリーの画像はこちら。

四日市市内タンクローリー横転事故、状況のまとめ

今回の四日市市内の湯の山街道尾平橋付近で起きたタンクローリー横転事故ですが、軽油が約4キロリットル漏れ出してしまい、田んぼなどは心配ですが、火災などの二次災害をが未然に防げたのは不幸中の幸いでした。

運転手の方もケガはされたようですが、命に別状は内容ですので、こちらの点も良かったです。

現在の時点では詳細な事故の原因などはわかっていませんが、特に危険なものを積んで走る際には、車の運転にはくれぐれも気を付けて頂きたいものですよね。

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です