『ワールドトリガー』漫画を無料で読む方法&最新刊含め全巻無料で読めるか徹底調査!

『ワールドトリガー』は、現在、集英社ジャンプスクエアで連載中の、葦原大介さんによるSF漫画です。2019年6月現在、20巻まで刊行されています。

命のやりとりを行う「近界民(ネイバー)」との戦いを描くシビアな世界観と、純粋に強さを高め合うボーダー内での模擬戦闘。

2つの要素が高い次元で絡み合う本作は、2014年、東映アニメーション制作によるアニメ化も果たした人気作です。

この記事では『ワールドトリガー』を漫画を無料で読む方法や、最新刊含め全巻無料で読めるか調査した結果ご紹介します。

漫画『ワールドトリガー』を無料で読む方法は?

調査した結果『ワールドトリガー』は、電子書籍サイトが読める漫画配信サービスで、初回無料登録でもらえるポイントを使えば、無料で6巻分読むことができます

残念ながら全巻無料でみることはできませんでしたが、最新刊を無料で読んだりお得に購入することはできます。

下の表、配信サービスごとにもらえるポイントと無料で読める巻数の一覧表になります。

漫画配信サイト 付与ポイント ポイントで読める巻数
music.jp 961ポイント 2巻分を無料で読めます
U-NEXT 600ポイント 1巻分を無料で読めます
FODプレミアム 1300ポイント 3巻分を無料で読めます
ebookjapan なし(還元あり) 漫画は有料ですが、ポイントとして還元されます

※上記の情報は2019年7月時点での情報となります。

一覧表のサービスは、すべてお試し期間内に解約すれば、一切お金は発生しません。

それぞれのサービスの特徴やなぜ無料で漫画が読めるのか、詳しく解説していきます。

music.jpなら漫画『ワールドトリガー』2巻分が無料で読める

月額料金 1,922円(税込)
無料期間 30日間
初回ポイント 動画1,500ポイント・通常961ポイント
特典・還元ポイント 購入後に10%のポイント還元
漫画の購入価格 410~492円
無料で読める巻数 2巻分無料

30日間の無料期間内に解約すれば、一切お金は発生しません。

music.jpの無料登録はこちら

music.jpは、「動画と音楽と電子書籍」の3つのエンタメ配信サービスを楽しめるビデオオンデマンド(VOD)です。

music.jpなら初回30日間の無料体験ができるサービスがあり、このページから初回登録すると「961円分の通常ポイント」と「1,500円分の動画ポイント」がもらえます。

『ワールドトリガー』は、music.jpで410~492円で配信されており、2巻分を無料で読むことができます。

さらに、music.jpならプレミアム会員限定で、電子書籍の購入金額の10%のポイントが還元されるので、もう1冊読みたい!というときにお得に読むことができます。

music.jpおすすめポイント

  1. 「music.jp」なら30日間、最新の漫画も映画も無料で見ることが可能!
  2. 漫画17万冊以上、動画も19万本以上と国内でも圧倒的な作品数!
  3. プレミアムコースなら購入金額の10%還元される!

「music.jp」は今なら期間限定で、30日間無料のトライアルキャンペーンを実施中です。当サイトからご登録いただくことで、『ワールドトリガー』をお得に読むことができますので、ぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

music.jpの無料登録はこちら

U-NEXTなら漫画『ワールドトリガー』1巻分が無料で読める

月額料金 1,990円(税抜)
無料期間 31日間
初回ポイント 600ポイント
特典・還元ポイント 購入後に40%のポイント還元
漫画の購入価格 410~492円
無料で読める巻数 1巻分無料

31日間の無料期間内に解約すれば、一切お金は発生しません。

U-NEXT無料登録はコチラ

U-NEXTは、動画と電子書籍の配信サービスをメインとしたビデオオンデマンド(VOD)です。

U-NEXTなら初回31日間の無料体験ができるお試しサービスがあり、初回登録すると600ポイントがもらえます。

『ワールドトリガー』は、410~492円で配信されており、登録時にもらえる600ポイント使って無料で1巻分を読むことができます。

見放題の映画やアニメ作品も充実しているので、動画と漫画を両方楽しむことができます。

U-NEXTおすすめポイント

  1. 配信作品が140,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

U-NEXT無料登録はコチラ

FODなら漫画『ワールドトリガー』3巻分が無料で読める

月額料金 888円(税抜)
無料期間 30日間
初回ポイント 100ポイント(最大1300ポイント)
特典・還元ポイント 購入後に20%のポイントバック
漫画の購入価格 380~456円
無料で読める巻数 3巻分無料

31日間の無料期間内に解約すれば、一切お金は発生しません。

FODの無料登録はコチラ

FODプレミアムは、月額料金888円(税抜)でドラマや映画が楽しめる、フジテレビが運営する動画配信サイトです。

FODプレミアムなら初回1ヵ月間の無料体験ができる、お試しサービスがあり初回登録すると、最初に100ポイントがもらえます。

毎月8の日(8、18、28日)にログインすることで、それぞれ8のつく日に400ポイント付与され、1ヵ月間の無料期間中に最大で1300ポイントもうらうことができます

さらに、電子書籍の購入金額の20%のポイントが還元されます。

『ワールドトリガー』は、380~456円で配信されているので、ポイントを使って3巻分を無料で読むことができます。

FODおすすめポイント

  1. 話題のフジテレビのドラマやバラエティも見放題!人気の映画も充実!
  2. 最新刊の有料漫画も毎月もらえるポイントで無料で視聴可能!
  3. 初月は無料で1300円分のポイントがもらえる!
  4. 購入した電子書籍の20%をポイント還元!
  5. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能で安心!

1ヵ月間の無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

FODの無料登録はコチラ

『ワールドトリガー』全巻読むならebookjapanがおすすめ

ebookjapan(イーブックジャパン)は、電子書籍がメインとなる電子書籍配信サービスです。

ebookjapanでは、初回登録時に50%OFFクーポンがもらえます。

『ワールドトリガー』は、ebookjapanだと410~492円で配信されているので、50%OFFクーポンでお得に読むことができます。

ebookjapanおすすめポイント

  1. 書籍の数は全部で約60万冊!漫画の数では日本トップクラス
  2. 初回購入者は料金が50%オフ!お得に欲しい漫画をゲット(限度額あり)
  3. 支払いにはクレカや携帯キャリア決済、電子マネーなど合計12種類がご利用可能
  4. 会員登録費、月額費が0円!無料で読める漫画が毎日更新

ebookjapanの登録はこちら

『ワールドトリガー』をzip・rarで無料ダウンロードできるサイトは?

『ワールドトリガー』の漫画を無料で読みたいという方は、zip・rarファイルで無料ダウンロードできるサイトがないか探されている方もいると思います。

zip・rarを無料ダウンロードできるサイトは、許可なく漫画や音楽を無料で配信している著作権違反を侵害している違法サイトです。

しかも、利用した人の個人情報を盗むなどの悪質な性質をもったものが多く、危険性が指摘されています。zip・rarは、開くまでどんなファイルが中にあるのかが解りません。なので「解凍してみたら、漫画ファイル以外のものが入っていた」と言うことも多々あります。

その「漫画以外のファイル」が、もしウィルスや個人情報を奪うプログラムだったら……。

実際、zip・rarには悪質なプログラムが仕込まれていることが多く、個人情報を取られることもありますし、パソコンやスマホを壊すものが含まれていることもあります。

このような事態にならないためにも、漫画や音楽を楽しむときは正規のサイトにお金を払って楽しむこと、違法ファイルに手を出すことは避けることをおススメします。

トラブルに巻き込まれずに、『ワールドトリガー』を無料で読みたい方は、こちらで紹介しているサイトの無料お試しでもらえるポイントを活用して、お得に『ワールドトリガー』を無料で読まむことができますので、ぜひ試してみください。

『ワールドトリガー』あらすじ・ネタバレ

異世界の住人、「近界民」からの侵攻を受け、それに対抗する組織「ボーダー」が成立した都市・三門市。この都市を舞台に、普通の中学生・三雲修は、超然とした雰囲気を纏った少年・空閑遊真と出会います。

空閑遊真という少年

突如やってきた転校生である遊真と、行動を共にする修。修は遊真の非常識な振る舞いに、振り回されながらも、その独特な感性に共感を得て、交流を重ねます。

そんな中、近界民の派遣するモンスター「トリオン兵」が出現。ボーダーの一員として戦う修が苦戦する中、「近界民」として高い戦闘能力を持つ遊真がこれを制圧し、修を驚かせました。

三雲修という少年

実力を持ち合わせないながら、度を超えた正義感を持つ修を、遊真は気に入り行動を共にして行きます。

そんなある時、修と遊真の通う学校に、またもやトリオン兵が出現します。基地の外部で戦うことを、禁じられていながら、修は遊真の力を借りてこれを撃退。隊務規定違反として、修は本部へ連行されます。

しかしその途中、再度トリオン兵が出現。巨体で空を舞うそれには、ボーダーのA級隊員・木虎藍が対応をしますが、トリオン兵は市街地での自爆を画策します。

遊真は、己の存在を勘付かれないようにしながら、木虎の助けに入りますが、一部の隊員に疑念を抱かせてしまいます。

ブラックトリガー

除隊の危機を、先輩隊員・迅悠一の助力により、脱した修。トリオン兵の出現も、迅と遊真の尽力によって、収まりました。

そんな中、遊真は、近界民に狙われやすい体質を持つ少女、修の友人でもある雨取千佳と出会います。

彼女と交流を重ねる中、遊真を狙い、ボーダーの上層部からの刺客が襲来。

遊真、ひいては「近界民」は、ボーダー内外の多くの人間にとって、未だ「侵略者」でしかなかったのです。

遊真が持つ特殊な兵器、「ブラックトリガー」、そして彼自身の処遇を巡った、戦闘が開始。

遊真はこれを撃退しますが、彼の立場はさらに危ういものとなって行きます。

ボーダーの上層部、近界民を恨む隊員、そして未来予知能力を持つ迅。様々な人物の思惑が複雑に絡み合い、物語は進行して行きます。

『ワールドトリガー』の作者・葦原大介先生とは

本作の作者は、葦原大介先生。第75回手塚賞にて準入選を果たし、以前にも週刊少年ジャンプで「賢い犬リリエンタール」を連載していた、実力派作家です。

ポップで線の少ない作画ながらも、シビアで迫力ある戦闘描写を描き切るその作風は、漫画界でもいち早くデジタル作画を取り入れた、柔軟さによるもの。

また、384ページに渡るデータブックを発売するなど、SF作品に対する造詣に裏打ちされた、設定の妙にも定評がある作家です。

『ワールドトリガー』の感想や見所

本作の魅力は、膨大な設定に支えられた、数十人に渡る膨大な数の登場人物たちが挙げられます。

物語開始当初から登場しているキャラが、のちに重要な役割を果たす、などはざら。のちに悪役として登場する人物が、前半でほかの登場人物と仲良く話している、など、作者による構想が連載開始当初から、作品の細部に渡るまで張り巡らされているのがよく解ります。

また、作品の人気を支えるのは、なんと言っても独特な戦闘描写。

「トリガー」と呼ばれる特殊な兵器は、作中において、攻撃を受けても変わりに傷を受けてくれる、戦闘体を作り出します。

それによって、時に戦争というものを扱うシビアな世界観ながら、登場人物が違いに傷付けあうことのない、マイルドな作風を作り上げているのです。

本作は、「遅効性SF」と呼ばれるほど、深みのある世界観、そして練り込まれた設定群が魅力の作品です。

読み進めれば読み進めるほど、「あ、これはそういうことだったのか!」、「この人は、だからあの時こうしていたのか!」など、新たな発見に唸らされることでしょう。

ぜひ、作品の細部、背景や登場人物の1人1人やコマの隅々に至るまで、注視して読んでみることをオススメします。

オススメ漫画一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です