ヴィクトリアズ・シークレット2018の見どころをチェック。18年間ランウェイに君臨し続けたアドリアナ・リマが引退を発表

毎年11月の風物詩、ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)のファッションショーが11月8日に開幕!

今年も選び抜かれたモデルたちが、ゴージャスな衣装でランウェイに登場しました。その見どころと、今年ならではのニュースを紹介します。

18年間ランウェイに君臨し続けたアドリアナ・リマが引退を発表

今年のショーのニュースと言えば、やはりアドリアナ・リマ(37歳)の引退でしょう。

1999年に初めてヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー(以下・VSと表記します)のランウェイに登場したアドリアナ・リマ。

アドリアナは、トップモデルとして活躍するジゼル・ブンチェンやタイラ・バンクスと共にVSのショーを牽引し続け、実に18年もの間VSの顔として君臨し続けました。

モデルの長者番付では、常に上位に食い込むほどの人気モデルです。

https://twitter.com/VictoriasSecret/status/805977743208972289

常にストイックに努力を続け、愚痴も人の悪口も言わないアドリアナは、世界中の女性から熱い支持を得ています。

以前は40歳までVSのランウェイを続けると語っていたリマ。

しかし2017年に行われたショーの後に、VSの公式サイトやエンジェルの一部をアンフォローしたことから、「卒業が近いのではないか」と噂されていました。

彼女を応援するたくさんのファンが「VSのステージに出続けてほしい」と願いましたが、彼女は今年のショー当日に自身のインスタグラムにて卒業を発表。

ファッション誌もすぐに彼女の卒業を報道し、最後まで人気の高さを見せつけました。

今回のリマの卒業で、VSはひとつの歴史を終えると言っても良いでしょう。

大勢の観客が見守る中、アドリアナはまるで白いクジャクの様に華やかなウィングを背負って登場。

観客の誰もが彼女の登場を待ちわび、そして姿を現したときには惜しみない拍手を送りました。

アドリアナは歩いている最中から涙で瞳を潤ませていて、ポーズをとるときは感極まる様子も。

いつも堂々とした表情で観客を煽っていたアドリアナ。そんな彼女が最後に見せた涙の微笑みは、これまででいちばん美しく見えました。

そして本当のラストステージでは、星のセグメントに身を包むモデルたちのあとに、唯一の月を背負ってのランウェイ。

アドリアナは、このセグメントのクロージングモデル(ショーのトリ)を務めました。

他のモデルたちが星をあしらった衣装で登場する中、アドリアナは夜空にたったひとつ輝く月と共に長いステージを歩きます。

いつも豪快に力強くランウェイを彩ってきた彼女の、夜空で静かに光る月に似た穏やかな表情。最高に美しいと思いませんか?

今後のVSでアドリアナを見られなくなるのは悲しいですが、彼女はこれからも女性たちのアイコンとして、私たちにメッセージを発信してくれることでしょう。

世界中のファンが、彼女のこれからを応援しています。

今年のファンタジー・ブラはエルサ・ホスク!

選抜されたエンジェルの中で、さらに選ばれた1人しか身に着けることができないファンタジー・ブラ。

本物のジュエリーを使用したゴージャスなファンタジー・ブラは、エンジェルだけでなく世界中のモデルの憧れです。

今年はどのエンジェルが身に着けるのか?とファンたちが関心を寄せる中、2018年はなぜかなかなか発表されず…。

「今年はファンタジー・ブラがないのでは」「まだモデルが決まっていないのかも」とまで言われていましたが、直前になり「エルサ・ホスクが着用する」と発表されました!

※エルサのファンタジー・ブラについては、別ページで詳しく解説しています。

今回のファンタジーブラに使用されたジュエリーは、合計で71カラットのスワロフスキー・合成ダイヤモンド。

細かいダイヤモンドを4人の職人が丁寧につなぎ合わせ、完成したブラの価格は1億円超!

合成ダイヤモンドであることに賛否はあったものの、それでもゴージャスなブラとなりました。エルサにとても良く似合っています!

ベハティ・プリンスルーがランウェイに復帰!会場には夫・アダムも駆けつけた

2018年のVSでは、大人気のベハティ・プリンスルーがランウェイに復帰。

VSエンジェルの一人・ベハティは、太陽のようなハッピーオーラで観客を常に魅了してきました。

2016年にMaroon5のアダム・レヴィーンと結婚したベハティは、出産のためランウェイを2年間お休みしていたため、久々のステージ復帰。

今年のショーに出演すると発表があったとたん、世界のファンが沸き立ちましたね。

ステージでは、ファン念願のこの笑顔を披露!

ベハティしかできないこの笑顔!

久しぶりの復帰でも、さすがそこはベテランのエンジェル。ポージングも完璧です。

会場には夫のアダムも駆けつけ、ベハティのランウェイを見守っていました。

世界のVSファンが待ち望んだベハティの復帰!ぜひ彼女にもファンタジー・ブラをつけてほしいですね。

問題発言でモデルから嫌われた?ケンダル・ジェンナーもVSに復帰

アメリカで大人気のリアリティ番組「カーダシアンズ」。

セレブ一家のカーダシアン一家を追うという番組で、カニエ・ウエストの妻キム・カーダシアンが出演していることで良く知られていますね。

そのカーダシアン一族の一人、ケンダル・ジェンナーが今回のVSでステージ復帰しています。

モデルとして活躍するケンダルは、2015~2016年のVSでランウェイに登場。

2017年は他のブランドとの契約があったために出ませんでしたが、2018年にふたたびVSに戻ってきました。

問題発言でモデルたちに総スカンを食らったケンダル

カーダシアン一家の知名度と、元者とスタイルの良さ・顔だちでハイブランドの広告に引っ張りだこのケンダル。

が、今年に他のモデルたちを侮辱する発言をしてしまったことで、かなりのバッシングを浴びました。

「私は自分が出るショーを厳選してきた。1シーズンに30のステージを歩くとか、他のモデルとおなじことはしない」

「私には他にも仕事がたくさんあった」

この発言に、多くのモデルたちが「傲慢だ」とケンダルを批判。

カーダシアン一家で最初から有名だったケンダルとは違い、他のモデルたちはたくさんのステージを歩いて自分を売り込まなくてはなりません。

有名になるために懸命に努力を重ねているモデルたちにとって、ケンダルの発言は非常に屈辱的なものだったでしょう。

ケンダルは「誤解だ」と弁明したものの、このことがモデルたちを相当怒らせたのか、今回のVSでは出演も出るとの写真もほぼありません。

仲良しのハディット姉妹もそれに気づいてか、ケンダルと一緒にいる姿が見られました。

ケンダルの発言は悪意としか思えないものでしたが、一方で彼女は「不安障害に苦しんでいる」と告白もしています。

もしかしたら、メンタル面でのことが発言に影響したのかもしれません。

それでも、相変わらずハイブランドからの引き合いが後を絶たないケンダル。これからどうモデルたちの信頼を取り戻していくのかが気になります。

ウォーキングの様子がおかしい?

モデルたちやそのファンから顰蹙を買ったケンダル。

ここで綺麗なウォーキングを見せ、モデルとしての意地を見せてほしかったのですが…

残念ながら、今回のウォーキングの酷さは海外でも指摘されるほど。

もともとケンダルはウォーキングもポーズもあまり上手な方ではありませんが、診る限り前より下手に見えます。ポーズもメリハリがありません。

選び抜かれたモデルしか出られないVSのステージで、このウォーキングはない!と批判が集中。さらに叩かれる事態となってしまっています。

もしメンタルのことがあるなら、今回のショー出演は見送った方が良かったかもしれません。心の状態がすぐれないケンダルに、心配の声も少なからず上がっているようです。

幸せいっぱいのベラ・ハディット!2年前の借りを返した

モデル業界で大人気のハディット姉妹。その妹にあたるベラ・ハディットも、3年連続でVSのランウェイに。

ベラにとって、今回のステージは特別なものになったのではないでしょうか?

はじめてベラがVSのショーに出演した2016年。そのステージで歌うゲストアーティストは、ザ・ウィークエンド。

ベラの当時の彼氏でした。

ステージ上でラブラブの二人の姿が見られる…とファンも期待していましたが、ショーの一か月前に二人は破局。

別れた直後の二人がステージ上ですれ違う姿は、VSの語り草になりました。

https://twitter.com/behardid/status/1060547337066549249

ベラはまだウィークエンドのことが好きだったようで、登場したときは彼の曲に合わせて口ずさみ、すれ違う時は優しく微笑みました。

ウィークエンドは、この後すぐにセレーナ・ゴメスと交際し始めたため、ベラの心労は相当なものだったと思われます。

あのステージから2年。

なんと、ウィークエンドとベラは復縁!

今回のステージでは、ベラの母であるヨランダ・ハディットと共にフロントロウに座るウィークエンドの姿が!

ショーが終わった後は、姉のジジを加えて記念撮影も。ほぼ家族写真状態ですね。

ショーが終わった後も、二人は一緒。

ベラの中で、二年前の辛い思い出は払しょくされたでしょうか?

今は高級マンションで同棲生活を送っているという二人。今後も幸せな姿を見せてくれそうです。

去年は出演キャンセルしたジジ・ハディット、今年は堂々のランウェイ

Itモデルとして、若い女の子から絶大な人気を集めているジジ・ハディット。

2015年からVSのショーに出ていますが、去年に行われた上海でのショーでは過去のアジア人差別行動が問題となり、出演をキャンセルしました。

ジジがやった行動は、貰ったお土産のお饅頭に描いてある表情の真似をしたこと。目を細める仕草がアジア人差別にあたると指摘され、特に中国側の怒りを買ったようです。

誤解からショーに出られなかったジジが、今年のニューヨーク開催のショーでは再びランウェイに。

https://twitter.com/ZigiFacts/status/1060860782982975488

しかも、エンジェルかと思うほど華やかな衣装!

ジジの登場に、観客たちも熱い声援を送っていました。

チェックの衣装も、とても良く似合っています。

ジジも久々のVS復帰が嬉しいのか、ステージ上でこの笑顔。

https://twitter.com/ZigiFacts/status/1060769564320022528

メイク中は、妹のベラと仲睦まじく並ぶ姿も。

ジジは妹のベラのことをとても可愛がっており、ハディット姉妹は仲良しで有名です。

モデルの仕事も、恋人とのゼイン・マリクとの交際も好調のジジ。

ネットニュースでも、軒並みジジの出演を大きく取り上げているところが多く、人気の高さを伺わせますね。

そのジジは、現在リーボックのお仕事で来日中。

「大好きな国のひとつ」と日本のことを語るジジは、今回の来日でディズニーランドを訪れるなど、日本のスケジュールを楽しんでいる様子。

ジジはもう三度目の来日!妹のベラも恋人のウィークエンドと共に何度か来日しており、日本のことを気に入ってくれているようです。

日本人気も高いハディット姉妹。こうして日本での姿を見られるのは嬉しいですね。

久々にVS出演のバーバラ・パルフィン、彼氏のあの人がご褒美をもって駆け付けた!

最後に紹介するのは、6年ぶりのVS復帰となったバーバラ・パルフィン。

キュートすぎるバーバラは、エンジェルではないもののVSショーでの人気も高いモデルでした。

長くVSから離れていたバーバラですが、2018年のショーでランウェイに戻ることが告知され、ファンたちも大喜び。

ショーでは、6年前と変わらない圧巻のスタイルを見せつけました。

そんなバーバラですが、実はもうひとつハッピーなニュースが。

バーバラが出演するVSのショー当日、彼氏のディラン・スプラウスが駆けつけたことが話題になっています。

しかもディランの手には、シェイクシャックのハンバーガーの袋が!!

VSに出演するモデルは、この日のために厳しいトレーニングと食事制限をして、ショーにふさわしいボディを作り上げます。

バーバラも、大好きなシェイクシャックのハンバーガーを我慢してトレーニングをしてきたはずです。

そんなバーバラに、ショーが終わったら大好きなものを食べさせてあげたいと考えたのでしょう。

ディランの優しさが伺える行動に、女子たちの心もキュンキュン。「なんて可愛い二人!」「素敵な彼氏!」と絶賛の声が挙がっています。

もちろんバーバラもこの行動に大喜び。インスタグラムでは喜びの声を爆発させていました。

さらに、自らバーバラを撮影するディランの姿も。

ショーにバーバラが出演すると、立ち上がって応援!

あまりの微笑ましさに、見ているこちらもハッピーになれそう。

ジャスティン・ビーバーと破局して以降、6年も彼氏ができなかったというバーバラ。しかし、今年の夏ごろからディランと交際を始めたことが伝えられ、幸せそうな姿を披露してくれています。

彼女が「運命の人」とまで語るディランは、本当に優しくてバーバラを大切してくれている様子。

来年のVSでも、ぜひラブラブな二人の姿を見せてほしいですね!

最後に、バーバラとディランの今年のハロウィン仮装ショットをひとつ。

日本の漫画「NARUTO」と「ドラゴンボール」の仮装です!

アドリアナ卒業で新体制となるVS!来年のショーはどうなる?

去年のショーでは、アドリアナと共にVSを引っ張ってきたアレッサンドロ・アンブロジオが卒業。

そして今年はアドリアナも卒業と、ここ2年のVSは大きな転換期を迎えています。

二人が抜けたVSの大看板となるのはキャンディス・スワンポールとベハティ・プリンスルーの二人と予想されますが、キャンディスはともかくベハティは卒業の噂が絶えず、今後はどうなるのか?と話題は尽きません。

また、今年のファンタジー・ブラが大本命のエルサ・ホスクであったため、来年こそはベハティに!という声が高まっています。しかし一方で「近年の活躍が目覚ましいジョセフィン・スクライバーではないか」という噂も…。

今年も「ジョセフィンではないか」という噂がありましたものね。

他にも、賛否が激しいジジ・ベラ・ケンダルの出場はどうなるかなど、2019年のVSも目が離せそうにありません。

また来年のショーを楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です