豆乳を飲んで楽しく痩せよう!誰でもできる豆乳ダイエットのススメ




女性の永遠の課題といえば、やはり「ダイエット」。ほっそりした二の腕やくびれのあるウエストは、多くの女性の憧れです。でも、チャレンジしてもなかなか成功にたどり着けないのもダイエットです。

運動をしてみたものの、長く続けることができない。おやつを抜いてみようと思っても、つい口が寂しくなって甘いものを食べてしまう…。ダイエットには強い意思と継続の努力が必要なのですが、ずっとその気持ちを維持するのは大変ですよね。

それでも「絶対に痩せたい!」というあなたにおススメしたいのが「豆乳ダイエット」。なんと、豆乳を飲むだけで痩せる可能性があるとっても楽チンなダイエット方法です。

なぜ豆乳がいいの?ダイエットにぴったりな豆乳のヒミツ

豆乳に含まれている栄養素が凄い

豆乳は、私たちの生活の中でも良く見かける飲み物のひとつ。最近は味がついたものも販売されており、より飲みやすいものを選ぶことができるようになりました。では、どうして豆乳がダイエットにいいのでしょう?

それは、以下のような素敵な栄養素が豆乳に含まれているからです。

大豆イソフラボン

豆乳と言えば、まずはこの栄養素とも言っていいくらいの「大豆イソフラボン」。簡単に言うと、女性の体から分泌される「女性ホルモン」のひとつ・エストロゲンに似た働きをしてくれる物質です。

生理前になると、女性の体は水分や脂肪を体に蓄えようとするため、どうしてもダイエットがしにくくなります。また、イライラすると女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうと言われ、それがダイエットの邪魔をしてしまうこともあるそう。女性ホルモンがきちんと分泌されてこそ、ほっそりとした体ができるということですね。

大豆イソフラボンは、その女性ホルモン・エストロゲンと構図が似ているため、生理前の脂肪がつきやすい時期に、それを抑えてくれる可能性が。

また、イライラして女性ホルモンの分泌が少なくなった時も、ホルモンのバランスをとる手助けをしてくれます。豆乳がダイエットに良いと言われているのは、この大豆イソフラボンが含まれているためです。

大豆サポニン

こちらも、豆乳に含まれている大事な栄養素のひとつ。大豆サポニンには、満腹中枢を刺激してくれるという作用があります。ダイエットで絶対に避けたいのが「食べすぎ」ですが、この大豆サポニンが満腹中枢を刺激してくれることで、食事の量を抑えることが可能に。

「ダイエットをしているのに、つい食べ過ぎてしまう」という女性にとっては、この上なく心強い栄養素です。

また、抗酸化作用があることも、女性の体にいいと言われる理由のひとつ。人間の老化は、体が酸化することからはじまると言われています。その酸化を防いでくれるのが「抗酸化作用」なので、いつまでも若々しくありたい!という女性に試してみてほしい成分です。

大豆ペプチド

現代の女性は、とにかく毎日忙しい!慌ただしい毎日の中で、ストレスを感じたり疲れたり、いろいろな辛いことがあるでしょう。

大豆ぺプチドには、疲れやストレスを抑えてくれる作用があります。それだけでなく、筋肉を作る働きも。筋肉がなければ脂肪を燃焼させることはできません。ダイエットをしたい女性の、力強い味方になってくれるでしょう。

とっても簡単な豆乳ダイエット

豆乳ダイエットの方法はとっても簡単!

以下の方法から自分にあったものを選んでやってみましょう。基本的には、豆乳を飲むだけでOKです。

食前豆乳ダイエット

食事をする30分前を目や市に、豆乳を飲むという方法です。何かを食べる前に飲み物を飲むと、お腹が膨れるような気がしますよね。その効果を利用して、事前に豆乳を飲んである程度の満腹感を得ておき、食べる量を減らします。

どうして豆乳でなければいけないのでしょう?

それは、豆乳に含まれている「大豆サポニン」という成分が、人間の満腹中枢を刺激してくれるため。飲みものを飲んだ後の満腹感だけでなく、この大豆サポニンによるサポートも見込めるため、豆乳がおススメなのです。また、ダイエットの天敵である脂肪や糖質が体に吸収されるのもゆっくりになると言われているため、こちらの意味でもダイエットにはぴったりですね。

間食置き換え豆乳ダイエット

ダイエットをするなら、真っ先に控えたいのが間食。つい口に入れてしま間食のお菓子は、ダイエットをしたい女子の天敵と言ってもいい存在です。

できれば間食は完全に避けたいものですが、つい疲れたときに甘いものが食べたくなるのは女性の性(さが)。そんなときは、間食を豆乳に置き換えましょう。

これも、飲み物を飲んだ時の満腹感と、大豆サポニンのパワーが活躍してくれます。このように、何かに置き換えて飲むときは豆乳を温めて飲むと、よりお腹が膨らみやすくなりますよ。

置き換え豆乳ダイエット

三色のうち一食を、豆乳と野菜ジュースに置き換えるというものです。これも置き換えダイエットですね。野菜ジュースを取り入れるのは、できるだけバランスよく栄養を取り入れるためです。野菜ジュースはどんなものでもOK。

スーパーで販売されているジュースでもいいですし、自分で野菜と豆乳をミキサーにかけて作ってもいいです。自分で野菜を選ぶところからやる!という人は、バランスよく野菜を選ぶことを忘れずに。野菜ジュースを使うときは、飽きないように味を変えるなどの工夫をするといいですね。中には、豆乳の味を変えるために野菜ジュースと別々に飲むという人もいます。

三食のうちどこかを豆乳に置き換えることになりますが、できれば夜がいいのではないでしょうか?

朝と昼は、エネルギーをしっかり摂取するという意味でも、しっかりと食事を採っておきたいところ。夜はあまりエネルギーを使いませんので、置き換えダイエットもしやすくなります。もちろん、その日によって置き換える食事を変えてもいいです。

毎日コツコツと続けていくうちに、少しずつ体に変化が出てくるはずですよ。

豆乳が苦手な人は「豆乳バナナダイエット」にチャレンジ

「豆乳が苦手で、どうしても飲めない!」という人は、バナナと豆乳を使った「豆乳バナナダイエット」はいかがですか?

この方法では、バナナと豆乳を一緒にミキサーにかけてドリンクにします。バナナの甘みがあるので、豆乳だけというよりは飲みやすくなりますよ。バナナはお腹にたまる食べ物なので、手軽に満腹感を得られます。バナナは価格が安いので、お財布にも優しいのがポイントですね。これを朝食の代わりに飲んでみてください。

飲むだけ豆乳ダイエットの注意点

豆乳ダイエットは、誰でも簡単にチャレンジすることができるダイエット方法ですが、それでも注意点があります。どんなことに注意しながら飲めばいいのでしょう?

生理七日前から開始日まで行うのが基本

豆乳ダイエットを毎日続けているという女性もいますが、効果が出やすいのは生理七日前位から開始日までと言われています。

女性の体は、生理前になると脂肪やお水を体にため込んでしまうため、それを防ぐ意味で生理七日前から始めるのが良いそう。はじめる時は、生理の一週間前を目安に開始してみてください。

豆乳を飲むのは食事の30分前に

豆乳を飲むことで、豆乳サポニンが体の中の満腹中枢を刺激してくれます。

しかし、飲んでからその刺激が怒るまでは15分かかると言われているため、飲んですぐに食事はNGです。確実に満腹中枢が刺激されるように、30分は時間をおきましょう。

どのくらいの豆乳を飲めばいいの?

豆乳は体にいい飲み物ですが、だからといってたくさん飲めば効果が上がるというわけではありません。豆乳はカロリーが高いので、たくさん飲みすぎると太る原因になることも。

無調整豆乳だけでなく、豆乳を使った飲料には砂糖などが含まれているため、飲む量に注意しなければなりません。何事もほどほどの量を心がけてこそ。必ず適量を守るようにしましょう。

置き換えダイエットをするときは、200ミリ程度が目安です。

豆乳ダイエットに使う豆乳の選び方は?

スーパーでもコンビニでも見かける豆乳ですが、よく見ると3つの種類があることに気づきます。3つの種類の中で豆乳ダイエットをするには、どの豆乳を選べばいいのでしょうか?それぞれの特徴をまとめてみました。

無調整豆乳

純粋な豆乳といえば、この無調整豆乳です。無調整豆乳は、大豆を絞って作った液体をそのままドリンクにしたもの。とろみがある舌触りが特徴で、しっかりと大豆の味がします。

調整がされていないため、大豆に含まれている栄養をちゃんと生かしたい豆乳ダイエットでは、この無調整豆乳を選ぶのがベストでしょう。

調整豆乳

無調整豆乳は、大豆を絞ってそのままのものを飲むことになるため、人によっては口に合わないということも。

そこで、成分を調整して飲みやすくしたものが「調整豆乳」になります。糖分が加えられるなど、誰でも飲めるような工夫がされている代わりに、大豆そのものの成分の濃度は薄くなります。

豆乳飲料

調整豆乳よりも、さらに飲みやすい工夫を凝らしたもの。豆乳というよりも、ジュースに近い飲み物と考えてください。

フルーツ味のものをはじめ、美味しく飲めるような工夫がされており、飽きずに飲み続けることができます。しかし、無調整豆乳に比べると濃度はかなり低くなります。

理想を言えば「無調整豆乳」を飲みたいところですが、それが難しい場合う屋「調整豆乳」「無調整豆乳」を選んでもかまいません。口に合わないものを飲み続けるダイエットは、長く続かないものです。ダイエットは、長く続けることが大事ですからね。たまには無調整豆乳に挑戦してみるなど、工夫をしながら続けてみると良いでしょう。

豆乳に期待できる数々の効果

豆乳を飲むことで、ダイエットだけでなく以下のような効果が期待できます。どれも、女性なら嬉しい効果ばかり。

これらの効果を得るためにも、豆乳を日常の食生活に取り入れてみませんか?

大豆イソフラボンが活躍!美肌効果が期待できる

女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボン。豆乳と言えば、この大豆イソフラボンですよね。

エストロゲンには肌のうるおいを守る働き・お肌の生まれ変わりを促進する新陳代謝を促す働きをしてくれますが、この大豆イソフラボンも同じような効果が期待できます。
ダイエットだけでなく、美肌を目指したいという人にもぴったりの成分です。

健康的に痩せられる

いくら痩せたいと思っていても、無理なダイエットは続きません。

痩せたいために食事を採らないダイエットをする女性もいますが、これでは必要な栄養素をとることができず、体がボロボロになってせいまいます。また、同じものを食べ続けるダイエットも、栄養の偏りを招きます。

豆乳ダイエットの場合は、一食を食事を豆乳に置き換えるダイエット方法ですので、栄養をきちんと採りながらチャレンジできるダイエット方法です。

満腹中枢を刺激して、食べる量を減らしながら痩せることを目指すため、健康的にやせることもできます。「痩せるなら綺麗に痩せたい!」という女性の願いを、きちんとかなえてくれるダイエット方法なのです。

便秘を解消することができる

女性の大きな悩みの1つ便秘。便秘は女性の体に多くの悪影響を及ぼすため、早めに解消してスッキリしておきたいもの。そこで活躍してくれるのが、大豆に含まれているオリゴ糖です。

オリゴ糖は、腸内の環境を綺麗にしてくれる善玉菌のサポートをしてくれるので、便秘解消のきっかけをくれます。便秘に悩んでいるときも、ぜひ豆乳を!

規則正しい生活&食事を心がけつつ、やってみよう豆乳ダイエット

豆乳は、私たちの身近にある飲み物のひとつ。その豆乳に、こんなに素敵なパワーがたくさん詰まっているなんてビックリしてしまいますよね。便秘解消から美肌まで、多くのサポートを期待できる豆乳を、食生活の中に取り入れたいものです。

でも、豆乳が体にいいからといって、それだけに頼ってしまうのはいけません。ダイエットは、規則正しい生活と食事をすることが何よりも基本です。まずは生活習慣を整え、その上で豆乳ダイエットを行うようにしましょう。適度な運動を取り入れることも大事です。

豆乳ダイエットだけでなく、あらゆる面から体へのいいアプローチを行い、スリムな体につなげられたら素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です