千葉停電復旧作業中の作業員が飲食店などで門前払い?ラジオのリスナーから拡散!怒る相手が違うと非難の声多数!

9月21日(土)のラジオ番組で読まれたリスナーから、千葉県で復旧作業中の作業員が飲食店に入ると門前払いをされたり、休憩を咎められるという投稿がありました。

番組を聞いていた方のTwitterでの投稿から、飲食店の対応や姿勢などに非難の声が多数上がっています。

話題になった今回の投稿の経緯などを調べてみたいと思います。

作業員の方を門前払い?ラジオのリスナーから拡散

ニッポン放送のニュース情報番組 「飯田浩司のOK!Cozy up!」という番組を聞いていた方のTwitterでのつぶやきが、最初のきっかけでした。

番組の中で「千葉の電力復旧関係者にエールをいただけませんでしょうか」という出だしで読まれたメールで、千葉県で作業している東電の作業員の方が、飲食店に行くと門前払いされたり、休憩中にとがめられたりするというもの。

この内容を聞いて、見かねた方が投稿をされたようです。

東電の方が一生懸命作業しているのに、この対応はひどいですね。

こちらの方が、放送された部分にリンクを張って投稿されています。

作業員の方を門前払い?を知った人からたくさんの反響が

そしてこちらの方のTwitterの投稿を見た人達からも、次々と同意や怒る相手が違うという投稿が殺到しました。

何も目立ったことをしてくれない、知事に対しての怒りを感じている方もいますね。

作業員の方を応援するハッシュタグも

最初の投稿の方が、今回の反響をきっかけに「#千葉の電力復旧関係者にエールをいただけませんでしょうか」というハッシュタグで、作業員の方達へのエールを

このハッシュタグを見て、作業をしている方達への励ましの投稿も来ています。

作業員の方達への感謝の気持ちを忘れずに

大抵の人は感謝をしていると思いますが、一部の人の対応で作業員の方達の疲労度がより増して行く気がしますよね。

なかなか通常の生活に戻れなくて、イライラする気持ちもわからなくはないですが、一生懸命、復旧に向けて作業をしている方達には、ぜひ苦労をねぎらってあげるくらいの心遣いを望みたい思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です