ドラマ『テセウスの船』9話見逃し動画配信を無料視聴する方法!あらすじネタバレ・感想|真犯人の用意周到な仕掛けに絶体絶命!

テセウスの船

ドラマ『テセウスの船』第9話が3月15日(日)に放送されました。

みきおに呼び出された文吾は、もう一人の犯人に襲われてしまいました。

犯人であるはずのみきおは、意識不明の状態で発見されます。

心は顔の見えない黒幕から、文吾の命を守れるか・・・?

こちらでは、ドラマ『テセウスの船』第9話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。これからご覧になる方はご注意下さい。

『テセウスの船』の見逃し動画
『テセウスの船』の見逃し動画はParaviで見放題配信中です!

\2週間の無料体験実施中!/

第8話はこちら⇒ドラマ『テセウスの船』8話あらすじネタバレ!みきおの共犯者は一体誰?いよいよ音臼小事件の当日がやってくる

ドラマ『テセウスの船』第9話のあらすじ

文吾の行方

パトカーの中で気を失った、加藤みきお(柴崎楓雅)を発見した心(竹内涼真)。そこへパトカーに乗った3人の刑事たちが、喧嘩があったという通報を受けたと現れます。文吾(鈴木亮平)の姿が見当たらないことから、刑事の森(加治将樹)は文吾の犯行を疑い始めます。

その後も文吾は見つからず、佐野家に帰ってきた心。そこへ馬淵(小籔千豊)という刑事が、大勢の警察官を連れて現れます。青酸カリ中毒で意識不明となったみきおを放置したとして、佐野家が家宅捜索されます。馬淵は文吾のことを疑い、佐野家を荒らして帰っていきました。

鈴(白鳥玉季)と慎吾(番家天嵩)は文吾が帰ってこないことを心配し、がっかりとした様子で寝室へと戻っていきます。落ち込む和子(榮倉奈々)を心が励まします。

押し寄せるマスコミ

その翌日、和子の元へマスコミが殺到します。心は押し寄せる記者たちから身を挺して和子を守りましたが、家の外には記者が居座り、子供たちに不安が広がります。

その頃、文吾は目隠しをされ、どこかの事務所へと閉じ込められていました。室内のテレビからはニュースが流れ、文吾は助けを呼ぼうと叫んでいます。一方、佐野家では鈴が文吾のことを信じられず、「人殺しのお父さんなんて帰ってこなくていい!」と怒っていました。その様子を見かねた心は外へと飛び出し、マスコミたちへ帰るように説得を始めます。

記者からは家族の話を聞きたいと詰め寄られ、素性を明かせない心は言葉に詰まってしまいます。そこへ和子が現れ、深く頭を下げました。心は未来の母が謝る姿を思い出し、ショックを受けます。その様子はテレビ中継されており、文吾が心配そうに聞いています。

和子は静かに頭を上げると、文吾の無実を信じることをはっきりと宣言しました。「私たち家族は主人のことを信じています」という和子の言葉を聞いた文吾は、犯人の思い通りにはならないと笑みを浮かべました。

それでも記者たちの追及は収まらず、和子は我慢できずに啖呵を切り「帰れー!!」と叫びます。文吾は和子の言葉を聞き、勇気づけられます。どんなもんだと叫んでいると、犯人からスタンガンを当てられ、再び気を失ってしまいました。

和子と心が家に戻ると、テレビで母の姿を見ていた鈴が反省していました。文吾のことを信じることを決めた家族は再び一つになります。心は文吾の居場所を突き止めようと、病院に入院しているみきおを訪ねることにします。

手がかりを求めて

心が病院へ向かうと、みきおは病室で眠っていました。そこへ木村さつき(麻生祐未)が現れ、心の姿を見て信じられないという表情を見せます。さつきは文吾を許せないと叫び、みきおのことは自分が守ると涙し、文吾を罵倒しました。

さつきに病室を追い出され駐在所へ戻ると、テーブルに由紀(上野樹里)の書いたノートが置かれていました。

ノートには1977年3月19日の音臼村祭のちらしが挟まっており、主催として石坂秀夫(笹野高史)の名前が書かれていました。他に手がかりのない心は12年前の祭りについて、調べることにします。

石坂の元を訪ねた心は、12年前の祭りで起きた事件について尋ねます。しかし石坂が文吾のことを悪く言い出し、心は憤ります。しかし心が嘘をつく人間ではないと理解してくれていた石坂は、息子との関係がうまくいっていないことを明かし、文吾のことを救うようにと助言します。

12年前の祭りではキノコ汁の食中毒で、徳本卓也(今野浩喜)の母親が亡くなっていたことが分かります。心が学校を出ていくと、その後さつきが石坂の元へと現れます。みきおの意識はまだ戻らないのかと尋ねられ、さつきは目をそらして「はい」と答えました。

徳本の家へ

心は徳本の家で農薬のボトルを発見します。その頃、文吾が気絶したまま空き家で倒れていました。徳本は畑に出ており、桜の木の下で草刈りをしていました。そこへスコップを持った井沢健次(六平直政)がやってきます。2人は笑いながら、草が多い茂った土を掘ろうとしていました。

手がかりを失った心は神社へとやってきます。すると崖の上にふらふらと立ちあがる文吾を見つけます。文吾が無事だったことに安堵し、2人は抱き合います。文吾が佐野家に戻ると、鈴や慎吾と再会を喜び、和子も涙ぐんで出迎えました。

そこへ軽トラで通りがかった井沢と徳本が、腹が減ってないかと声を掛けます。大変な目にあった佐野家を励まそうと、桜の木の下でイノシシ鍋を用意して待っていてくれました。鈴と慎吾は大喜びで鍋へと駆け寄り、和子も嬉しそうに火を囲みます。

文吾は警察署へ

心は文吾と今までの情報交換をし、音臼村祭のちらしがノートに挟まっていたことを明かしました。心は母親を亡くした徳本が事件に関与していることを疑いましたが、文吾はそんなわけがないと笑い飛ばします。

さらに強引に家を捜索した馬淵については、昔から文吾のことを嫌っていたことが分かります。文吾は警察署に事情を話してくると言って、宮城県警察へと向かいました。警察署には馬淵がおり、さっそく文吾に嫌味をぶつけます。

馬淵と森から事情聴取を受けたあと、文吾は留置場に泊まっていくようにと言われます。「警察全体の正義を守るためさ」と馬淵は言い、明日の朝まで拘束されることになりました。

電話でそのことを知った和子や心は、警察の対応に違和感を覚えます。その夜、入院していたみきおが目を覚ましました。

犯人の罠

翌朝、和子は文吾を迎えに行くと言って外出しました。心はノートを開き、犯人の手がかりを探します。新聞記事で佐野家の自宅から青酸カリが見つかったことを知った心は、馬淵が紛れ込ませたのではないかと家の中を探し始めます。

警察が山中に散乱した家財道具を発見し、馬淵の元に無線が入ります。そこにはオイルが切れたライターと、ワープロのフロッピーディスクが折れた状態で見つかりました。フロッピーには駐在日誌という文字が書かれています。発見者は田中正志(せいや)で、警察から事情を聞かれていました。その様子を、校長の石坂が木の影から見ています。

心が家を探し回り、青酸カリがないことを確認したとき、馬淵が現れます。乱暴に文吾のワープロを確認すると、驚いた表情を見せます。その頃、文吾と和子は車で帰宅し始めていました。

ワープロの中には、犯行を記録した文書が保存されていました。最後の文書には証拠品は森のはずれに捨て、青酸カリは家の裏庭に埋めたと書かれています。馬淵は無線で応援を呼び、家の庭へと向かいます。土を掘り起こすと、そこには青酸カリの大瓶が埋まっていました。心は唖然とし、驚きを隠せません。

そこへ文吾と和子が帰宅し、鈴と慎吾が嬉しそうに駆け寄ります。するとパトカーがやってきて、後ろからは馬淵が近寄ります。文吾は連続殺人の容疑で逮捕されてしまいました。

引き留めようと叫ぶ家族たちに、文吾は「何かの間違いだ、すぐ戻る」と微笑みましたが、無理やりパトカーに連れ込まれてしまいました。文吾にすべての罪をかぶせ、確実に死刑に追いやることが犯人の目的だと気づいた心でしたが、唖然とした表情で文吾を見送るしかありません。

ドラマ『テセウスの船』第9話の感想

最終回直前の第9話が終わってしまいました。原作と離れたオリジナルストーリーが展開し、怪しい村人たちの行動がさらに謎を深めていましたね。

心(竹内涼真)の詰めの甘さを嘆く投稿が、SNSに多く寄せられているそうですよ。今回はついに庭に青酸カリを埋められてしまっており、心がまた視聴者に怒られてしまいそうです。

決定的な証拠が出てしまい、文吾を疑うしかなくなってしまったこの状況・・・残り1話でどのようにして打開するのでしょうか?そして由紀(上野樹里)との未来は守れるのか、来週が楽しみですね!

ドラマ『テセウスの船』第9話の見逃し配信動画を視聴する方法は?

ドラマ『テセウスの船』は全話Paraviで配信されています。

はじめて登録する方は、2週間無料です!ぜひお試しください。

『テセウスの船』の見逃し動画
『テセウスの船』の見逃し動画はParaviで見放題配信中です!

\2週間の無料体験実施中!/

ドラマ『テセウスの船』関連記事一覧

ドラマの原作の違いについては↓こちらで詳しく解説しています!

『テセウスの船』の見逃し動画配信について詳しくはこちら↓

音臼小や佐野家の子役たちを紹介↓

登場人物をもっと詳しく↓

原作漫画を読みたい方はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です