『テセウスの船』犯人考察のための登場人物まとめ!原作に出ていない人物は誰だ?

テセウスの船

2020年1月にスタートしたTBS日曜劇場『テセウスの船』は、毎週日曜夜9時から放送されているドラマです。ジェットコースターのような劇的な展開が魅力のミステリーで、主人公を演じるのは竹内涼真さんです。

『テセウスの船』の原作は、東元俊哉さんによる全10巻の漫画ですでに完結しています。それにも関わらずSNSでは考察が盛り上がっていて、ドラマ版の犯人は原作と違うのではないかという噂もあります。

そこで原作に出ていない人物をピックアップし、第1話から第3話までに出てきた登場人物をまとめてみました。

この記事を読めば、ドラマ視聴がもっと楽しみになりますよ!

※第1話~第3話までのネタバレを含みます。

『テセウスの船』の見逃し動画
『テセウスの船』の見逃し動画はParaviで見放題配信中です!

\30日間の無料体験実施中!/

『テセウスの船』竹内涼真演じる主人公は誰?

田村 心(竹内涼真・高木波瑠)

主人公。死刑囚の父を持ち、加害者家族として辛い幼少期を過ごしました。妻・由紀を出産時の事故で亡くし、子の未来を守るため、父親の冤罪の可能性を信じようとします。

事件と向き合うため音臼村を訪れたのですが、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまいます。

しかし、心が現れてから音臼村に奇妙な事件が多発するようになり、村人や警察、若き日の父親から疑いを掛けられます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#テセウスの船 寒いの苦手なんだよね…実は…笑❄️ 頑張ろ😋

竹内涼真(@takeuchi_ryoma)がシェアした投稿 –

原作に出ていないドラマオリジナルの登場人物

井沢健次(六平直政)

ドラマで音臼村の村人として登場しますが、原作には登場シーンはありません。井沢は商店の店主で、音臼村に防犯ブザーを仕入れていました。

第2話のラストで、井沢は犯人が使用しているワープロに向かう姿が映し出され、怪しげな様子が描かれています。

徳本卓也(今野浩喜)

音臼村の村人として登場しますが、原作には登場シーンはありません。ドラマでは田中正志(せいや)、井沢健次(六平直政)と3人でつるむ姿が定番となっていますね。

徳本は農家をしています。第2話のラストでは、軽トラの荷台にパラコートを積んでいる光景が描かれました。第3話では井沢の商店に集まった3人が、釈放された心を見かけ、心ない言葉をかけていましたね。

工藤さゆり(小林紗希)・野村悠(笹木祐良)

原作内で、心が担任になったクラスの生徒は8人です。ドラマでは2人が加わり、工藤さゆりと野村悠(ゆう)がオリジナルで登場しています。(原作では藤崎正也という東京からの転校生がいたのですが、カットされています)

野村悠(笹木祐良)は、第3話で犯人から届いたオレンジジュースを飲んでしまった男の子です。

気になるのが、野村役の笹木祐良くんの見た目が、原作で描かれた犯人の姿に、一番よく似ているんですよね・・・もしかしたら原作とドラマで犯人が変わる、なんてこともあるかもしれません。

犯人候補の怪しい人物

佐野文吾(鈴木亮平)

音臼小事件の犯人として、現代では凶悪な死刑囚として収監されています。しかし、事件当時は正義感が強い警察官であり、冤罪の可能性がある人物です。

田村 鈴(白鳥玉季・御守花凜・貫地谷しほり)

主人公の姉であり、佐野家の長女。

親友の明音と大喧嘩し、明音が行方不明になる直前に待ち合わせをしていました。

鈴の持っていたS型キーホルダーが、ドラマでは崖下で発見されていますが、原作では明音の発見現場に落ちているのが発見されています。

佐々木 紀子(芦名 星)

長谷川翼の妻。

木村メッキ工場のパート従業員で、音臼小事件の青酸カリの入手元とされています。長谷川翼が持っていた、明音の写真を燃やす姿が描かれました。

石坂秀夫(笹野高史)

音臼村の小学校校長。

第2話のラストでは、怖い表情でナイフを使い、鉛筆を削るシーンが登場しました。

第3話でも釈放された心に、怪しげな目線を送る姿が映されています。原作では運試しに心におみくじを引かせ、不吉なジョーカーを当てさせています。

田中正志(せいや)

田中義男の息子。

時々義男のことを世話しにくる、音臼村では珍しい村外の人間です。

ドラマ内では徳本卓也(今野浩喜)や井沢健次(六平直政)と仲が良いですが、原作では村人との交流はほぼなく、多くのシーンで脚色されています。

木村さつき(麻生祐未)

心を音臼小に招いた女性教員。

釈放された心のことを唯一信じてくれた同僚で、明るく人気のある先生です。

第4話に現代で登場するのですが、白髪になり姿が一変します。

車椅子の男(安藤政信)

第1話の冒頭で、心と街中ですれ違った車椅子の男。

第4話から鈴とともに登場します。

ドラマ当初から一人だけ名前が明かされておらず、怪しい人物です。

既に亡くなってしまった人物(第3話時点)

田村由紀(上野樹里)

第1話の序盤で亡くなってしまいましたが、第4話で再登場します。

現代に戻ってきた心は、違う時間軸で生きる由紀(上野樹里)と出会います。

三島千夏(湯本柚子)

心がタイムスリップして初めての犠牲者でした。

三島医院の二女で、三島明音の妹です。

パラコートという農薬を誤飲して亡くなったことになっていますが、真相は明らかになっていません。

三島明音(あんな)※ドラマでは意識不明

三島医院の長女であり、鈴の親友です。

行方が分からなくなり、プロペラのついた小屋の中で、心と文吾に発見されました。

原作では亡くなりましたが、ドラマでは意識不明ですが生存しています。

長谷川 翼(竜星 涼)

新聞配達員。

音臼小の子供たちと仲が良い青年でしたが、神社の境内で遺体で発見されました。

青酸カリを佐々木紀子から手に入れており、明音を連れ去ったあとに自殺したと判断されます。

犯人に青酸カリを渡した可能性があり、真犯人と唯一接触した人物です。

金丸 茂雄(ユースケ・サンタマリア)

ドラマの第3話終盤で、崖から突き落とされる姿が映されました。

原作ではそのまま亡くなったことが明かされています。

佐野和子(榮倉奈々)・佐野慎吾(番家天嵩)

第3話のラストで未来が変わり、一家心中で亡くなったことが明らかになりました。

その他の登場人物

木村敏行(不破万作)

木村メッキ工場の社長。木村さつきの父で、雪崩事故に遭うところを心に救われています。

田中義男(仲本工事)

火事で亡くなるところを心に救われた、盲目の老人。趣味は詩づくりで、家に置いてあるノートに真犯人からのメッセージが描かれていました。原作では目が見えないのを良いことに、真犯人が犯行を報告に来ています。

音臼小の子供たち

冴島真理(小林有希)

音臼小の児童

児玉直弘(岡田龍樹)

音臼小の児童

西脇勤(山田紋士)

音臼小の児童

佐田悦子(小熊萌凛)

音臼小の児童

佐藤陽(小島 怜珠)

音臼小の児童

音臼小の子供たちについて詳しく>>ドラマ『テセウスの船』音臼小の子役まとめ一覧!田村心(竹内涼真)の生徒役の名前は?白鳥玉季や高木波瑠など注目子役が多数出演!

加藤みきお(柴崎楓雅)

音臼小の児童。第4話の予告で、現代の車椅子の男(安藤政信)が加藤みきおだということが暗示されています。

原作での音臼小事件犠牲者21人は誰?

原作では音臼小事件によって、21名が亡くなったとされています。そのうち、教職員が5名と小学生の児童が16名いたことが第2巻で明かされています。

心のクラスの子供たちの8名中、冴島、児玉、西脇、佐田、佐藤の5名と、藤崎正也という転校生の6名が犠牲になります。加藤が命を取り留めますが意識不明という新聞記事が、由紀の残したノートに貼ってありました。

三島明音はすでに亡くなっており、は佐野文吾がお泊り会に参加させなかったことにより、難を逃れています。そのこともあり、当初心は文吾が犯人だと信じていました。

教職員の中には木村さつきの名前も入っており、事件で亡くなることが分かっていますが、ドラマ内の心(竹内涼真)はそこまで意識していないように見えますね。

そのほかの人物は何人か漫画の中で明かされていますが、顔写真のみで物語の中には登場しません。

さらに第3話のタイムスリップによって、事件の概要と犠牲者の面々が変わります。詳しくは、第4話の放送で明かされるはずです。

まとめ

登場人物をまとめましたが、『テセウスの船』は犯人が分かってからが一苦労で、そこからが本当の見どころとなってきます。

犯人捜しをしつつ、結末へとどう繋げるのかを推理しながら、毎週日曜日が来るのを楽しみに待ちましょう!

ドラマ『テセウスの船』の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です