『THE MANZAI 2020』の見逃し配信情報!見所と出演者紹介・プレマスターズの放送はいつ?

2011年から2014年まで「M-1グランプリ」が中断していた時期、漫才師の頂点を決める番組という役割を担ってきたのはフジテレビの「THE MANZAI」でした。

現在はM-1が復活したため、「THE MANZAI」はコンテスト形式ではなく優れた漫才師のみが出演できる祭典として放送されています。

2011年から恒例となってきた『THE MANZAI 2020』が今年も放送されます。

今年の放送スケジュールや見どころ、出演芸人、見逃し配信についてまとめました。

また、本放送に出演する権利をかけて行われる「プレマスターズ」の放送予定や出演芸人も紹介します。

「THE MANZAI」動画配信情報
「THE MANZAI」の過去大会はFODプレミアムで配信されています。2週間無料で試せるトライアルを実施中!

『THE MANZAI 2020』の見逃し配信については、わかり次第追記します。

\無料お試し実施中!/

※配信状況はサイトでご確認下さい。

年末恒例『THE MANZAI 2020』の放送概要

『THE MANZAI 2020』は、12月6日(日)19:00~21:54に放送されます。

今年も大会最高顧問・ビートたけしさんとMCのナインティナインを中心に実力派漫才師が多数登場します。

すでにMCなどを中心に活動し、現在では漫才をテレビで披露する機会の少ない芸人の漫才も見られる貴重な番組です。

賞レースで優勝を飾ったコンビから芸歴が長いベテランまで、個性豊かな漫才を楽しみましょう。

『THE MANZAI 2020』出演者紹介

M-1王者など非常に豪華な顔ぶれ、第七世代から霜降り明星やミルクボーイも出演

『THE MANZAI 2020』の出演者は、以下のように発表されています(五十音順)。

  • アンタッチャブル
  • ウーマンラッシュアワー
  • 海原やすよ ともこ
  • おぎやはぎ
  • かまいたち
  • 銀シャリ
  • サンドウィッチマン
  • 霜降り明星
  • タカアンドトシ
  • 千鳥
  • テンダラー
  • とろサーモン
  • ナイツ
  • 中川家
  • NON STYLE
  • 博多華丸・大吉
  • 爆笑問題
  • パンクブーブー
  • ブラックマヨネーズ
  • ミルクボーイ
  • 和牛
  • 笑い飯

M-1グランプリはこれまで15回開催されてきましたが、その優勝コンビのうちなんと11組がこの番組に出演します。

昨年「コーンフレーク」で衝撃の優勝を飾ったミルクボーイが、初めてのTHE MANZAIでどのようなネタを披露するかにも注目ですね。

もう1つの番組の見どころは、番組序盤の「つかみ」ですね。

毎年ビートたけしさんが奇抜な方法で登場するのではないかと話題になるので、今年は大掛かりな仕掛け・仮装があるのかに注目しましょう。

放送ぎりぎりの際どいネタをぶっこんでくるのではという期待もあります。

『THE MANZAI 2020』本放送出演をかけたプレマスターズも放送

『THE MANZAI 2020』はすでに「レジェンド」級の漫才師が多く出演する漫才の祭典です。

しかし、若手にもこの番組に出演するチャンスが与えられています。

「マスターズ」(本放送)を前に行われる「プレマスターズ」で観客投票1位を勝ち取れば、見事「マスターズ」への出場権を手に入れることが可能です。

「THE MANZAI」前日はぜひこちらの番組もチェックしておきましょう。

「THE MANZAI」プレマスターズの放送は、12月5日(土)16:30からフジテレビ系列で放送されます。

今回プレマスターズに挑戦するのは以下の10組です(五十音順)。

  • インディアンス
  • オズワルド
  • からし蓮根
  • すゑひろがりず
  • ニューヨーク
  • まんじゅう大帝国
  • ミキ
  • 見取り図
  • 四千頭身
  • ラランド

ミキ、四千頭身とすでにテレビで大活躍する芸人も「予選」的な意味合いのプレマスターズから挑戦するので、「THE MANZAI」が非常にすごい番組であることがわかりますね。

注目はなんといっても、オズワルド・ニューヨーク・見取り図の3組です。

この3組はすでにM-1グランプリ2020決勝進出を決めているコンビなので、M-1決勝を占う意味でも結果を残しておきたいですね。

一方インディアンス・からし蓮根・ラランドの3組は準決勝敗退組、まだ敗者復活の詳細は発表されていませんが敗者復活から決勝に進む可能性もゼロではありません。

THE MANZAIで結果を残し、敗者復活戦でのはずみをつけたいところです。

過去のプレマスターズ大会はFODプレミアムで視聴できます。

\無料お試し実施中!/

※配信状況はサイトでご確認下さい。[/box]

※追記 今回、マスターズの出場権を獲得したのは、ミキでした!

『THE MANZAI 2020』を見た視聴者の感想

40代女性
お笑いの第7世代が人気ですが、自分の世代的には「THE MANZAI マスターズ」が面白いです。最近は皆さんソロの活動が多く情報番組などではよく見るのですが、漫才を見ることが減りましたよね。1番楽しみだったのはナイツの漫才。早い展開で面白いです。司会の矢部さんの、今年の1年が分かる、まさにそれですね。禁断のあのネタもさらっと嫌味なくこなすのはお見事でした。
40代男性
この番組は、バラエティー番組では見かけるけど漫才をしている姿をらあまり見かけない売れっ子の芸人たちが、真面目に漫才をしている姿を見ることができるので好きな番組です。ビートたけしの前で漫才をやる緊張感は、見ている方にも伝わってきますが、みな良いネタを用意してレベルも高いので楽しめました。たけしの漫才評価をもっと聞きたいです。
30代女性
漫才の祭典がスペシャルで放送されました。この番組には漫才のベテラン陣がたくさん出演していて、お笑い好きなのでとても楽しみにしていました。ミルクボーイの漫才は、普段見ることのできない長尺で力の入った漫才は最高でした。その中、ナイツや博多華丸大吉などは落ち着いた漫才で流石だなと感心しながら楽しく拝見することができました。
60代女性
普段はバラエティの仕事が多い漫才師が多く出演していて、本職のMANZAIでも持ち時間の短い間で、しっかり笑わせてくれる番組でもう年末なんだなあ、という気がしました。2020年の時事をしっかりネタにしてくるのは、マスターズに出るだけあって実力派揃いで、博多華丸大吉さんの岡村さん結婚ネタは、とてもほんわかしました。
40代女性
年に一度の本格漫才が見れる番組、楽しみにしていました。サンドイッチマン、ナイツ、ウーマンラッシュアワー、海原やすよ・ともこさんが特に面白く笑わせて頂きました。岡村さんの結婚をいじる華大さんは本当に優しいですね。千鳥は売れすぎて忙しいのか、見たことのあるネタでした。やはり、時事ネタを取り入れる漫才の方が新鮮ですね。
30代女性
ベテラン芸人さんのネタ番組ってあんまりみることがないのですごく嬉しかったです。個人的には第七世代とかよりもベテランさん達の安定したネタが好きなのでみなさんわくわくしていました。久々にウーマンラッシュアワーの村本さんのマシンガントークがみれてすごくテンションがあがりましたし、さすがの切り口だなと感動しました。
20代女性
久しぶりに観るコンビも多かったですが、どのネタも面白くてあっという間に終わってしまいました。私が特に印象に残ったのは、パンクブーブーです。最近あまりテレビで見かけませんが、昔と芸風が変わっていないのに今でも面白くて嬉しかったです。また、ナイツとウーマンラッシュアワーはどちらも時事ネタ漫才をしていましたが、全然雰囲気が違くてどちらも面白かったです。
40代女性
MCのビートたけしさんが選出する漫才のマスターズ企画。博多華丸さんが言っていましたが、一年に一度の免許更新みたいで緊張するという気持ち分かります。どのコンビも面白くてさすがたけしさんのお眼鏡にとまるだけのことはあるなぁと思いました。それにしてもたけしさんも言っていましたが、各組同じことをやっているようだけどグレードアップしているのを感じます。普段はMCや個人で活躍するコンビも多いのでしっかりと漫才を見れるこの企画はまた来年もしてほしいと思いました。
40代男性
今回も面白かったです。観客はコロナ対策で満席ではなかったけど、マスク等をして対策バッチリ。演じられる全コンビの力が入っていて、頻繁に笑ってました。特に面白いと思ったのは、中川家と博多華丸・大吉と千鳥でした。いつも通りのパターンなんだけど、無茶苦茶面白い。千鳥の寿司屋ネタは度々演じられますが、リメイクされ、今まで以上に面白かったですね。とにかく最高でした。
40代女性
久しぶりに漫才番組を見ることができて最初から最後まで各コンビ面白かったです。司会の岡村さんの結婚を盛り込んだ同期の博多華丸大吉さんや、ナイツや爆笑問題の時事ネタやウーマンラッシュアワーの政治的なもの、ちゃんと放送されていてよかったと思います。アンタッチャブルも復活してからザキヤマさんがすごくうれしそうに漫才してるのが画面からあふれていて、演者さん達が楽しそうに漫才しているのがわかりました。

『THE MANZAI 2020』まとめ

今年も名人級の漫才師が集結する『THE MANZAI 2020』、すっかり年末の風物詩に

今年は12月6日(日)19時から放送の『THE MANZAI 2020』。

すっかりM-1と並び年に最高峰の漫才を楽しめる番組としておなじみになりました。

今年も実力者が多数出演するので、最後まで目が離せませんね。

各組1ネタ、たった3時間で番組が終わってしまうのがもったいないほどの顔ぶれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です