映画『プラダを着た悪魔』フル動画を無料視聴する方法!あらすじネタバレを結末まで

『プラダを着た悪魔』(原題:The Devil Wears Prada)は2006年に公開されたアメリカのコメディー・ドラマ映画です。

原作はローレン・ワイズバーガーの同名の小説で、日本語訳はハヤカワ文庫NV(早川書房)より上下巻が刊行されています。

監督はデヴィッド・フランケル、脚本はアライン・ブロッシュ・マッケンナ、そして本作の目玉となる衣装担当は『セックス・アンド・ザ・シティ』の衣装も手掛けたパトリシア・フィールドです。

主演はメリル・ストリープ、アン・ハサウェイ。共演はエミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、サイモン・ベイカー、トレイシー・トムズ、リッチ・ソマーほか。

映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『プラダを着た悪魔』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

映画『プラダを着た悪魔』配信情報

映画『プラダを着た悪魔』はU-NEXTで配信中!無料期間中にもらえるポイントを利用して視聴できます。

映画『プラダを着た悪魔』動画を無料視聴する方法とは?

映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料視聴で視聴する方法をご紹介します。

2020年10月現在、映画『プラダを着た悪魔』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『プラダを着た悪魔』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 2週間
U-NEXT 見放題 31日
Hulu 見放題 2週間
music.jp 299円 30日
dTV 300円 31日
Paravi × 未配信 2週間

※上記の情報は2020年10月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『プラダを着た悪魔』の動画を視聴するならU-NEXTがおすすめ!

映画『プラダを着た悪魔』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツのU-NEXT!!

映画『プラダを着た悪魔』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『プラダを着た悪魔』は定額見放題の作品なので、もらった600ポイントを使って他の有料作品を観ることができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

また、主演のアン・ハサウェイさんが出演する作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるアン・ハサウェイ出演作品

  1. 『オーシャンズ8』(サンドラ・ブロック/アン・ハサウェイ)2018年映画
  2. 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(ジョニー・デップ/アン・ハサウェイ)2016年映画
  3. 『シンクロナイズドモンスター』(アン・ハサウェイ主演)2016年映画
  4. 『マイ・インターン』(ロバート・デ・ニーロ/アン・ハサウェイ)2015年映画
  5. 『インターステラー』(マシュー・マコノヒ―)2014年映画
  6. 『ブルックリンの恋人たち』(アン・ハサウェイ/ジョニー・フリン)2014年映画
  7. 『ドン・ジョン』(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)2013年映画
  8. 『ダークナイト ライジング』(クリスチャン・ベイル)2012年映画
  9. 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(アン・ハサウェイ主演)2011年映画
  10. 『アリス・イン・ワンダーランド』(ジョニー・デップ/アン・ハサウェイ)2010年映画
  11. 『レイチェルの結婚』(アン・ハサウェイ主演)2008年映画
  12. 『パッセンジャーズ』(アン・ハサウェイ主演)2008年
  13. 『ゲットスマート』(スティーヴ・カレル/アン・ハサウェイ)2008年映画
  14. 『プラダを着た悪魔』(アン・ハサウェイ主演)2006年映画
  15. 『ブロークバック・マウンテン』(ヒース・レジャー/アン・ハサウェイ)2005年映画
  16. 『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』(声:アン・ハサウェイ)2005年アニメ映画
  17. 『アン・ハサウェイ/裸の天使』(アン・ハサウェイ主演)2005年映画
  18. 『プリティプリンセス2』(アン・ハサウェイ主演)2004年映画
  19. 『プリティプリンセス』(アン・ハサウェイ主演)2001年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年10月記事更新時の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

『プラダを着た悪魔』作品詳細

オシャレに無関心なジャーナリスト志望のアンドレアは、ニューヨークの一流ファッション誌編集部でカリスマ編集長ミランダのアシスタントとして働くことになる。

一見、誰もが憧れる夢のような仕事、しかしそれはミランダの理不尽な要求に振り回される過酷なものだった。

TVシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のデビッド・フランケルが監督、主人公アンドレアにアン・ハサウェイ、鬼上司ミランダにメリル・ストリープが扮する。

『プラダを着た悪魔』主要キャスト一覧

  • アン・ハサウェイ/アンドレア・サックス
  • メリル・ストリープ/ミランダ・プリーストリー
  • エミリー・ブラント/エミリー
  • スタンリー・トゥッチ/ナイジェル
  • エイドリアン・グレニアー/ネイト
  • サイモン・ベイカー/クリスチャン・トンプソン

『プラダを着た悪魔』スタッフ一覧

  • 監督/デビッド・フランケル
  • 製作/ウェンディ・フィネルマン
  • 製作総指揮/カレン・ローゼンフェルト/ ジョー・カラッシオロ・Jr.
  • 原作/ローレン・ワイズバーガー
  • 脚本/アライン・ブロッシュ・マッケンナ
  • 撮影/フロリアン・バルハウス
  • 美術/ジェス・ゴンコール
  • 編集/マーク・リボルシー
  • 音楽/セオドア・シャピロ

『プラダを着た悪魔』のあらすじネタバレ

ここからは映画『プラダを着た悪魔』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

アンディ、ミランダの下で働くことに

ジャーナリスト志望のアンドレア・サックス(愛称アンディ/アン・ハサウェイ)は、ニューヨークの出版社、イライアス・クラーク社の面接を受けにやってきます。

ファッションには無頓着なのに、面接先は有名なファッション誌『ランウェイ』編集部。さっそくアシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)にファッションセンスを馬鹿にされてしまいます。

誰もが恐れる大物編集長のミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)直々の面接を受けたアンディは、何と彼女の第2アシスタントに採用されるのでした。

うまくいかない仕事

しかし、アシスタントの仕事は、ミランダの使い走りと言ってもよいほどに過酷なものでした。

おまけに、ミランダはアンディを「エミリー」としか呼んでくれません。

先輩のエミリーは冷たいし、せっかく会いにきてくれた父親との食事中に、ハリケーンの中でもニューヨークまで飛ぶ飛行機を探せというミランダからの命令がくる始末です。

そんな仕事を達成できるはずもなく、ミランダに責められたアンディは同僚のナイジェル(スタンリー・トゥッチ)に泣きごとを言いますが、「君は努力してない。グチを並べてるだけだ」と諭されます。

それを機に、アンディは決心。ナイジェルに服を見立ててもらうことにします。

ブランド物に身を包み、美しく変身したアンディの姿に、陰口を叩いていたエミリーも絶句しました。

出版前の『ハリー・ポッター』を手に入れろ

これを機に、アンディの仕事はうまくいくようになります。

ミランダにも認められ始め、彼女の家の鍵を預かったアンディ。

しかし、ミランダの家に届け物をした際、彼女の双子の娘たちの嘘を真に受け、2階に上がってしまいます。そこでは、ミランダが夫と口論をしていました。

見てはいけないものを見てしまったアンディは、双子のために発売前の『ハリー・ポッター』の原稿を手に入れるよう、ミランダに命じられてしまいました。

以前会った作家、クリスチャン・トンプソン(サイモン・ベイカー)のことを思い出し、彼に連絡しますが、返答は「無理だよ」。

この仕事を辞めようと恋人のネイト(エイドリアン・グレニアー)に電話した矢先、クリスチャンの知人の壮丁家が原稿を持っているとの知らせが。原稿の写しを入手したアンディの有能さを、さすがのミランダも認めざるを得なくなります。

エミリーが酷い風邪を引いたことをきっかけに、アンディは彼女のサポートとしてパーティーに出席することに。

エミリーも忘れていた招待客の名前を、ミランダに知らせることに成功します。

ですが、その日はネイトの誕生日パーティーの日。仕事のせいでギクシャクしていた2人の溝が深まってしまいました。

パリ行きと壊れた大切な人達との関係

追い打ちをかけるような出来事が起こります。

ミランダがパリ・コレクションに同行させるアシスタントに、エミリーではなくアンディを選んだのです。

エミリーがいかにパリ行きを楽しみにしているかを知るアンディは躊躇しますが、断ることができませんでした。

エミリーは事故に遭い、アンディは病室で自分がパリに行くことになったと彼女に告げます。

もちろん、エミリーの反応は冷たいものでした。 さらに、以前とは人が変わってしまったと責められて、親友のリリー(トレイシー・トムズ)からは絶交を言い渡され、ネイトととも喧嘩別れをしてしまいます。

それでも、アンディはミランダからの電話を取るしかないのでした。

ミランダの危機

パリでアンディは、離婚話が出ていることをミランダから聞かされます。

対照的にナイジェルは、ホルトインターナショナルの代表にミランダの推薦で就任することになったと告げ、アンディと喜びを分かち合います。

再会したクリスチャンと一夜をともにしたアンディは、翌朝、ミランダが編集長を下ろされようとしていることを知りました。

何度も失敗した挙句、ようやくミランダにそのことを知らせるアンディでしたが、当の本人は涼しい顔です。

実は、ミランダは既に手を打っていました。

彼女は自分の地位を守る代わりに、ナイジェルの代表就任を犠牲にしたのです。

ミランダはアンディにこう言います。

「あなたは私に似てるわ」

ミランダのようにはなりたくないと思ったアンディは彼女の元を去り、携帯電話を噴水に投げ捨てます。

新たな面接

ニューヨークへ戻ったアンディはネイトと和解しました。

その後で夢だった記者としての面接に臨んだ彼女は、意外な事実を知らされます。

面接官が『ランウェイ』にアンディについて問い合わせたところ、アンディを雇わないならあなたは大バカ者だと、ミランダがファクスでよこしてきたというのです。

帰り道、アンディはエミリーに電話をします。

パリで着ていた数々の服をもらって欲しいと。エミリーは文句を言いながらも受け入れてくれました。

と、ミランダの姿が見え、アンディは手を振ります。ミランダは反応を返しませんでしたが、車を出す前に笑みを浮かべるのでした。

ミランダの乗った車とは反対方向に、アンディも笑顔で街を歩いていきます。

『プラダを着た悪魔』の感想

『プラダを着た悪魔』のオープニングは、女性たちが身支度をするシーンです。

ファッションをコーディネートし、メイクをすることは働く女性とって武装とも言えます。

ファッションに無頓着だったアンディがブランド物を着こなすようになることで、仕事ができる女へと変貌するストーリーが象徴しているように。

アンディはミランダと袂を分かち、自分にとって大切なものを取り戻す選択をしますが、ミランダやエミリーの生き方が否定されたわけではありません。

仕事だけでなく、何かを頑張っている女性なら(仕事に夢中になるあまり、周囲との距離が開いた経験のある男性にも)、ファッションへの興味の有無にかかわらずお勧めできる映画です。

もちろん、タイトルに入っているプラダをはじめとしたブランドが好きな方は、より本作を楽しめることでしょう。

40代女性
要領が悪くオシャレじゃない主人公が編集長に揉まれていくうちに、努力して成長・出世し、ファッションも次第にオシャレで洗練されていく通快で爽快な映画です。何度も観たくなり、その度に私も頑張ろうと思いやる気に満ち溢れて奮い立たせてくれる素晴らしい映画です。
40代女性
メリル・ストリープのカリスマ性とアン・ハサウェイの可愛さに同姓ながらに見惚れてしまいました。プラダを着た悪魔はファッション業界が舞台になっているが、私も経験がある業界だからこそよりリアルに感じる作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です