父親の目を盗み29歳教諭が女子中学生に淫行の誘い「若い子が好きだった」と容疑を認める

深夜に飲食店に父親と友人と一緒に来ていた女子中学生に、父親が目を離した隙に声を掛け、その後にホテルでみだらな行為をしたとして、29歳の男性教諭が逮捕されるという事件が起きました。

この報道に対して逮捕された教諭はもちろんのこと、父親と女子中学生の娘に対しても批判が殺到しています。

29歳の男性教諭の女子中学生への淫行の事件についての詳細と、SNSでの反応などをまとめてみたいと思います。

父と友人と3人で飲食店に来た女子中学生に声を掛けた29歳の男性教諭とは?

今回の起こった事件は、0月6日に女子中学生に対して18歳未満と知りながらみだなら行為を行ったとして、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで29歳の男性教諭を逮捕したというものです。

逮捕された男は、深谷市岡里の県北部にある、県立特別支援学校臨時教諭です。

男は容疑を認め、「若い子が好きだった」と語っているようです。

男は5日の深夜に、友人と父親の3人で熊谷市内の飲食店に来ていた女子中学生に、父親の目を盗んで声を掛け、その際に連絡先を交換したようです。

そして、6日の未明に次の店に移動した女子中学生に連絡を入れて、熊谷市駅の付近に呼び出して近くのホテルに入ったのだそうです。

父親は「娘がいなくなった」と110番通報し、署員が目撃情報などからホテルを突き止め逮捕に至りました。

29歳の男性教諭の逮捕のニュースに、SMSでは父と娘に対しても批判の声が

逮捕された29歳の男性教諭への批判はもちろんのことですが、父親が深夜にも関わらず、女子中学生の娘と友人を連れ回していることに対して、そして男性教諭への誘いに応じた娘に対しても批判の声が上がっています。

情報が少なすぎて疑問が残る事件

逮捕された29歳男性教諭が悪いということに対しては言うまでもないですが、父親が深夜に娘と友人を連れ回しているという意見に対しては、家庭環境として深夜ではないと娘となかなか食事に行けない環境なのかなど、その点がハッキリしないとむやみに批判は出来ないと思いました。

ただ女子中学生の娘の行動については、連絡先を交換した上で、一緒に来ている友達と父親を置いて、男性教諭との待ち合わせ場所に行っているので、お金で誘われたのか、他の目的で着いていったのか、心情がイマイチ理解が出来ませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です