映画『スター・ウォーズ7/フォースの覚醒』フル動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法!ネタバレ・ラストあらすじ・評価

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 (Star Wars:The Force Awakens)は、2015年のアメリカ映画です。

「スター・ウォーズ」シリーズにおける続三部作(シークエル・トリロジー)の第一章にあたる作品として制作されました。

物語としては、1977年から1983年にかけて公開された旧三部作(オリジナル・トリロジー)の後日譚にあたり、前シリーズから数十年後の世界を舞台にしています。

監督は『スター・トレック』シリーズなどで知られる気鋭のヒットメーカー、J・J・エイブラムスです。

ちなみに、エイブラムスは本作品の続編となる『スター・ウォーズ8/最後のジェダイ』でも制作総指揮として関与しており、最終章『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』ではふたたび監督としてメガホンを取ることになります。

主演はデイジー・リドリーとジョン・ボイエガ。いずれもオーディションで選ばれた若手の俳優です。

さらに、旧三部作に登場したマーク・ハミルやハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらもキャストに名を連ねています。

こちらの記事では、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

↓今すぐ映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

目次

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』動画を無料視聴する方法とは?

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、初回にもらえるポイントを利用すれば、無料で視聴できることがわかりました。

2019年12月現在、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 350円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 200円~ 30日
dTV 200円~ 31日
Paravi × 未配信 30日

※上記の情報は2019年12月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は350円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

スター・ウォーズ関連作品一覧

U-NEXTではスター・ウォーズ関連作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるスター・ウォーズ関連作品

  1. ハン・ソロ/スター・ウォーズストーリー』(オールデン・エアエンライク主演)2018年映画
  2. 『スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナルシーズン』(声:テイラー・グレイ)2017年アニメ
  3. スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(マーク・ハミル主演)2017年映画
  4. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(フェリシティ・ジョーンズ主演)2016年アニメ
  5. 『スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3』(声:テイラー・グレイ)2016年アニメ
  6. 『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(ハリソン・フォード主演)2015年映画
  7. 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(声:マット・ランター)2008年アニメ
  8. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(ユアン・マクレガー主演)2005年映画
  9. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(ユアン・マクレガー主演)2002年映画
  10. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(リーアム・ニーソン主演)1999年映画
  11. スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(マーク・ハミル主演)1983年映画
  12. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(マーク・ハミル主演)1980年映画
  13. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(マーク・ハミル主演)1977年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』作品詳細

2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。

オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーがいずこかへと姿を消し、帝国軍の残党「ファースト・オーダー」が台頭。

レイア・オーガナ率いるレジスタンスが抵抗運動を続けているが、銀河には再び暗雲が立ち込めていた。

砂漠の惑星ジャクーで廃品回収をしながらひとり暮らしていたレイは、ある日、砂漠をさまよっていたドロイドのBB-8と出会う。

BB-8は、レジスタンスがようやくつかんだルーク・スカイウォーカーの手がかりを託されており、ファースト・オーダーに狙われていた。

レイは、ファースト・オーダーを脱走してきたストームトルーパーのフィンと協力しながら、BB-8を連れて逃走し、その過程でかつてルークとともに戦ったハン・ソロと出会うが……。

テレビシリーズ「LOST」や「スター・トレック」シリーズなどで知られるヒットメーカーのJ・J・エイブラムス監督がメガホンをとり、脚本にはオリジナル3部作の「ジェダイの帰還」「帝国の逆襲」も手がけたローレンス・カスダンが参加。

音楽はおなじみのジョン・ウィリアムズ。

無名から大抜てきされた主人公レイ役のデイジー・リドリーのほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった新キャストに加え、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のメインキャストも復帰した。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』作品データ

  • 製作年/2015年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ディズニー
  • 上映時間/136分
  • 監督/J・J・エイブラムス
  • 脚本/ローレンス・カスダン/J・J・エイブラムス/マイケル・アーント
  • 公式サイト/https://starwars.disney.co.jp/movie/force.html

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』原作

『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親と言えば、映画監督であるジョージ・ルーカスです。

しかし今回、彼は『フォースの覚醒』の制作には関与しておらず、原作者のクレジットに名を残すのみとなっています。

というのも、そもそも今回の続三部作は、「スター・ウォーズ」の権利を有する映画会社ルーカスフィルムが、米大手のウォルト・ディズニー・カンパニーによって買収されたことで誕生した企画であるからです。

こうした経緯により、生みの親こそ去ってしまいましたが、そもそもエイブラムス監督は「スター・ウォーズ」シリーズの熱心なファン。

脚本のローレンス・カスダンもエピソード5およびエピソード6に携わった人物です。その遺伝子は間違いなく受け継がれていると言えるでしょう。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』主題歌

音楽を担当するのはジョン・ウィリアムズ。

1977年の『エピソード4』から一貫してシリーズを担当してきた画音楽の巨匠です。

サウンドトラックにはおなじみのテーマ曲も含まれていますが、それは全編のうちわずか7分ほどに過ぎずません。

ほとんどの場面は新たに書き下ろされています。なかでも「レイのテーマ」や「カイロ・レンのテーマ」は、それぞれのキャラクターを象徴する曲として印象的に使われています。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』キャスト一覧

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャストを紹介します。

出典:https://kinro.ntv.co.jp/

レイ/デイジー・リドリー

惑星ジャクー出身の少女。

廃品を拾って生活しています。

幼いころ別れた家族をずっと待ち続けていましたが、フィンと出会ったことでレジスタンスの戦いに身を投じることになります。

フィン/ジョン・ボイエガ

ファースト・オーダーのストームトルーパー。

罪への意識によって自我が芽生え、ポーとともに基地を逃げ出します。

ポー・ダメロン/オスカー・アイザック

レジスタンスの敏腕パイロット。

レイアからの命を受け、最後のジェダイであるルークに会うための手がかりを探していました。

ファースト・オーダーに捕らえられていたところを、フィンによって助けられます。

ハン・ソロ/ハリソン・フォード

ならず者の盗賊。かつては反乱同盟軍の勇士として、ルークたちとともに活躍しました。

銀河帝国軍との戦いの後、レイア姫とのあいだに息子ベンを儲けます。

偶然にもレイやフィンと出会い、ふたたび暗黒面との戦いに身を投じることになります。

ルーク・スカイウォーカー/マーク・ハミル

かつて銀河の平和を守った最後のジェダイ。

しかし戦いの後、レイアやソロたちの前から姿をくらませています。

消息を絶ったことで、ルーク・スカイウォーカーの名は銀河の神話と化してしまったようです。

レイもフィンも、彼が実在することを知って驚いている様子でした。

レイア姫/キャリー・フィッシャー

ルークの双子の妹であり、かつて銀河帝国軍と戦った勇敢な女性。

現在はレジスタンスの将軍としてファースト・オーダーと戦っています。

カイロ・レン/アダム・ドライバー

強力なフォースを持ち、赤いライトセーバーを操るマスクの男。

ファースト・オーダーで部隊を率いており、ダース・ベイダーを受け継ぐ存在として、レイたちの前に立ちはだかります。

その他キャスト

  • BB-8 – ブライアン・ヘーリング&デイブ・チャップマン
  • ハックス将軍/ドーナル・グリーソン
  • キャプテン・ファズマ/グウェンドリン・クリスティー
  • マズ・カナタ/ルピタ・ニョンゴ
  • スノーク/アンディ・サーキス
  • C-3PO/アンソニー・ダニエルズ
  • チューバッカ/ピーター・メイヒュー
  • ロン・サン・テッカ/マックス・フォン・シドー
  • スタトゥラ提督/ケン・レオン
  • ティードー/キラン・シャー
  • スナップ・ウェクスリー/グレッグ・グランバーグ
  • ダトゥー大佐/ロッキー・マーシャル
  • タス・リーチ/ヤヤン・ルヒアン
  • ラズー・クイン=フィー/イコ・ウワイス
  • アンカー/サイモン・ペッグ
  • ウォルヴァン/ワーウィック・デイビス
  • コー・セラ/メイジー・リチャードソン=セラーズ
  • バジーン・ネタル/アンナ・ブリュースター
  • カロニア/ハリエット・ウォルター
  • FN-3181/マイケル・ジアッキノ
  • FN-9330/ナイジェル・ゴドリッチ
  • ジェス・テストール/ジェシカ・ヘンウィック

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のネタバレあらすじ

ここからは映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

レイア・オーガナ将軍誕生

銀河帝国軍と反乱同盟軍の戦いから約30年が過ぎました。

皇帝パルパティーンこそ倒されましたが、帝国軍の残党は「ファースト・オーダー」を結成し、ふたたび銀河を支配することを目論んでいます。

これに対抗するため、共和国の支援を受けた「レジスタンス」が組織されました。その将軍として指揮をとるのはレイア・オーガナです。

ルークの行方

レイア姫は、みずからの双子の兄であるルーク・スカイウォーカーの行方を捜していました。銀河に平和をもたらした戦いの後、ルークは彼女たちの前から姿を消してしまっていたのです。

最後のジェダイの騎士、ルークこそがファースト・オーダーとの戦いの鍵を握っています。

手がかりを見つけるため、レジンスタンスのパイロット、ポー・ダメロンが惑星ジャクーへと向かいました。

ポーはそこでルークの居場所が記された地図を手に入れることに成功します。しかし、そこにはルークを見つけ出し、抹殺しようとするファーストオーダーが先回りしていました。

彼は捕らえられてしまいますが、ルークの地図は間一髪のところで相棒のドロイドであるBB-8に託されます。

ストームトルーパーのフィンと少女レイ

一方、この戦いの悲惨な光景を目の当たりにし、自我を獲得したひとりのストームトルーパーがいました。彼は拘束されていたポーを助け出すと、ともにファースト・オーダーの基地から逃げ出します。

ポーによって「フィン」という名前を与えられた彼ですが、喜ぶのもつかの間、追手の攻撃を受け二人は離れ離れになってしまいました。

砂漠に墜落したフィンが出会ったのは、ジャクーに暮らす少女レイでした。そしてその傍らにはBB-8の姿もあります。

もはや神話のような存在となったルーク・スカイウォーカーが生きていることを知ったフィンとレイは、ファーストオーダーの追手からBB-8を守り抜き、砂漠に埋もれていた宇宙船で惑星をあとにします。

2人が乗り込んだ船はミレニアム・ファルコン号でした。偶然その船体を見つけたハン・ソロが、相棒のチューバッカとともに乗り込んできます。

歴戦をくぐり抜けてきた昔の愛機に戻ったソロは、こうしてレイやフィンに同行することになりました。心強い仲間を得たレイとフィンですが、すぐに地図を探すファースト・オーダーの追手が迫ります。

強力なフォースを使うマスクの男、カイロ・レンの前になすすべもなく、レンは敵に連行されてしまいました。残されたフィンたちは、レイア率いるレジスタンスと合流。そこで離れ離れになっていたポーと再会を果たします。

フィンの立案で、レジスタンスはファースト・オーダーの基地を攻撃し、レイを救出する作戦に乗り出します。

最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの所在をめぐり、こうしてレイとフィンたちはファースト・オーダーの軍勢と対峙していくのです。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』見どころ

「スター・ウォーズ」シリーズのファンであれば、本作『フォースの覚醒』が、1977年の第一作『エピソード4/新たなる希望』から強い影響を受けている事実に気がつくはずです。

たとえば『フォースの覚醒』の序盤で、ポー・ダメロンがBB-8にルークの居場所を示す地図を渡す場面。これは『エピソード4』において、レイア姫がR2-D2にデス・スターの設計図を渡す場面を彷彿とさせます。

あるいはまた、『フォースの覚醒』の中盤、ミレニアム・ファルコン号がハン・ソロに捕獲される場面。レイとフィンは慌てて船の床下に隠れるのですが、これも『エピソード4』で帝国軍にファルコン号が拿捕された際に、主人公のルークたちが取った行動とよく似ています。

こうした類似点は枚挙にいとまがありません。

細部にわたるオマージュの数々に、私たちは作り手の「スター・ウォーズ」に対する熱い思いを感じ取ることができるでしょう。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の感想・評価

『スター・ウォーズ』というビッグタイトルの名に恥じない周到さで、『フォースの覚醒』の物語は作り上げられています。しかし、ただ過去作の焼き直しをするだけでは、新たなファン層を獲得できないというのも確かな事実です。

第一作の公開から約40年。そのあいだに社会も映画も大きく変化しました。

主人公のレイが女性であり、フィンがアフリカ系であるということは、そうした時代の変化のひとつの反映であると言えるでしょう(さらに言えば、ポー・ダメロンを演じるオスカー・アイザックはヒスパニック系です)。

特にフィンを演じるジョン・ボイエガのキャスティングに関しては、公開時SNSを中心に人種差別的な動きも見られました。

ただ、忘れてはならないのは、そもそも「スター・ウォーズ」とは極めて普遍的な神話であった、ということです。銀河には様々な見た目をした生命が暮らしており、そのすべてがともに手を取り合って銀河共和国を作り上げる。

70年代の社会のなかで、ジョージ・ルーカスはその普遍性を信じ「スター・ウォーズ」の世界を創造しました。性別や人種の多様性が盛り込まれた本作は、だからこそ新たな時代の象徴として、私たちに強いメッセージを投げかけてくれるのです。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です