映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』動画フル(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法!ネタバレあらすじ・オビワンとルークの出会い

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(Star Wars: Episode IV A New Hope)は、1977年のアメリカ映画です。『スターウォーズ』シリーズの記念すべき第一作目として公開されました。

本作を皮切りに、その後1983年にかけて三部作(オリジナル・トリロジー)が制作されることになります。

監督はジョージ・ルーカス。この作品は監督第三作目にあたり、彼が設立していた会社「ルーカスフィルム」によって制作されました。

当初の興行規模は小さく、アメリカでの上映館も限定的なものでしたが、予想に反して大ヒット。たちまち社会現象を巻き起こすことになります。

こちらの記事では、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

↓今すぐ映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

目次

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』動画を無料視聴する方法とは?

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、初回にもらえるポイントを利用すれば、無料で視聴できることがわかりました。

2019年12月現在、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 200円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 200円~ 30日
dTV 200円~ 31日
Paravi × 未配信 30日

※上記の情報は2019年12月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すればまた無料で観れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は200円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

スター・ウォーズ関連作品一覧

U-NEXTではスター・ウォーズ関連作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるスター・ウォーズ関連作品

  1. ハン・ソロ/スター・ウォーズストーリー』(オールデン・エアエンライク主演)2018年映画
  2. 『スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナルシーズン』(声:テイラー・グレイ)2017年アニメ
  3. スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(マーク・ハミル主演)2017年映画
  4. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(フェリシティ・ジョーンズ主演)2016年アニメ
  5. 『スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3』(声:テイラー・グレイ)2016年アニメ
  6. スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(ハリソン・フォード主演)2015年映画
  7. 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(声:マット・ランター)2008年アニメ
  8. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(ユアン・マクレガー主演)2005年映画
  9. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(ユアン・マクレガー主演)2002年映画
  10. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(リーアム・ニーソン主演)1999年映画
  11. スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(マーク・ハミル主演)1983年映画
  12. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(マーク・ハミル主演)1980年映画
  13. 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(マーク・ハミル主演)1977年映画
  14.  

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』作品詳細

 
ルーク・スカイウォーカーの銀河を巡る冒険がはじまるサーガの第4章
銀河帝国樹立から19年。砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。
 
ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』作品データ

  • 製作年/1997年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/20世紀フォックス映画
  • 上映時間/121分
  • 監督/ジョージ・ルーカス
  • 脚本/ジョージ・ルーカス

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原作

脚本は監督と同じくジョージ・ルーカスが担当しています。

彼は約3年かけて『スター・ウォーズ』の脚本を執筆しましたが、その内容は一本の映画にするには多すぎる量でした。そのため、物語を3つに分割し、第一章を本作として制作したのです。

シナリオが書きあがると、ルーカスはこの企画を映画会社へと持ち込みました。しかし、当時のユナイテッド・アーティスツとユニバーサル映画からは却下の判断を下されます。

映像化が難しく、制作費を懸念したことが原因でした。

こうして、最終的に『スター・ウォーズ』の企画は20世紀フォックスへと持ち込まれ、同社は映画史に残る成功を手にすることになったのです。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』主題歌

音楽を担当するのはジョン・ウィリアムズ。『スター・ウォーズ』シリーズを始め『E.T.』や『インディ・ジョーンズ』シリーズなど、数多くの作品を手掛けてきた映画音楽の巨匠です。

そもそも、彼をルーカスに紹介したのはスティーヴン・スピルバーグであったと言われています。

すでに『ジョーズ』で彼の音楽を手掛けていたウィリアムズは、よき友人の頼みを承諾。こうして『スター・ウォーズ』の壮大な交響曲が書かれることになったのです。

結果的に、本作でウィリアムズはアカデミー作曲賞およびグラミー賞の栄誉を手にしています。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』キャスト一覧

本作の主要キャストについて紹介します。

ルーク・スカイウォーカー/マーク・ハミル

惑星タトゥイーンに暮らす青年。中古で売られていたC-3POとR2-D2と出会い、その運命を変えていきます。

強いフォースを持っており、オビ=ワンを師として修行を受けることになります。

ハン・ソロ /ハリソン・フォード

宇宙港にいた不法者で、ミレニアム・ファルコン号の船長。密輸を生業としていましたが、ルークとオビ=ワンに出会ったことで帝国軍との戦いに巻き込まれていきます。

相棒のチューバッカとは強い絆で結ばれています。

レイア・オーガナ/キャリー・フィッシャー

反乱同盟軍の指導者。惑星オルデランに向かう途中、帝国軍の襲撃を受け捕まります。

その際、帝国の究極兵器デス・スターの設計図をR2-D2に託しました。勝気な性格の女性で、ルークたちとともに武器を手に取り戦います。

ダース・ベイダー/デヴィッド・プラウズ(演)&ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)

帝国軍の指揮官で、黒いマスクとマントをを身に着けた男です。フォースを操ることができ、赤いライトセーバーを武器にしています。かつてはオビ=ワンの弟子としてジェダイの修行を受けていました。

オビ=ワン・ケノービ/アレック・ギネス

惑星タトゥイーンに住む老人。ベン・ケノービという偽名で身を隠していましたが、実はジェダイの騎士でした。

レイアからの助けを受け、ルークとともに惑星オルデランへ向かいます。

C-3PO/アンソニー・ダニエルズ

ルークが出会った通訳用ドロイド。銀河のあらゆる言語を使いこなすことができます。口数が多くてうるさい性格ですが、どこか憎めない存在です。

R2-D2は長年の相棒です。

R2-D2/ケニー・ベイカー

高い知能を有する整備用ドロイド。レイアからデス・スターの設計図を渡され、オビ=ワン・ケノービに助けを求めます。C-3POは親友です。

チューバッカ/ピーター・メイヒュー

ウーキー族の戦士。ハン・ソロの相棒であり、ミレニアム・ファルコン号の副操縦士を務めます。

毛むくじゃらな外見からは想像できませんが、優れた知性を持ち、気を許した者には厚い信頼を寄せます。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のネタバレあらすじ

ここからは映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

オビ=ワンと青年ルークの出会い

遠い昔、はるか彼方の銀河系の物語です。

銀河の人々は銀河帝国によって恐怖に支配されていました。その圧制に対し、かつて滅ぼされた銀河共和国の者たちは、反乱同盟軍を結成して抵抗します。

しかし、いまや帝国軍の手中には宇宙要塞デス・スターがありました。そのレーザー砲は一撃で惑星を破壊するほどの威力を持っています。

窮地に立たされた反乱同盟軍ですが、スパイの手によってデス・スターの設計図を奪取することに成功します。その設計図を手にしたのは同盟軍の指導者レイア姫。しかし、彼女は帝国軍によって捕らえられてしまいます。

捕まる寸前、彼女は設計図のデータをドロイドのR2-D2へと託しました。R2はレイア姫の知己であるオビ=ワン・ケノービに助けを求めるべく、相棒のC-3POとともに逃げ出すことに成功します。

彼らが降り立ったのは惑星タイトゥーン。そこにはルーク・スカイウォーカーという青年が住んでいました。偶然にもR2-D2たちに出会ったルークは、導かれるがままにオビ=ワンを探します。

実は、ルークの近所に住んでいた老人こそオビ=ワン・ケノービその人でした。R2-D2から伝言を聞いた彼は、ジェダイの騎士をめぐる過去の出来事をルークに語ります。

ルークの決意

ルークの父・アナキンもかつてジェダイの騎士であり、オビ=ワンのもとで修行したというのです。彼はルークにアナキンの形見であるライトセーバーを渡すと、自分と一緒にレイアを助けに行くようにと誘うのでした。

一度は断るルークでしたが、家に帰った彼を待っていたのは、ストームトルーパー(帝国軍の兵士)によって無残に殺害された養父母の姿でした。

帰る家を失くしたルークは、オビ=ワンと旅に出ることを決意します。

レイア姫の故郷・惑星オルデランに向かうため、ルークたちは船を探します。

そんな彼らが港の酒場で出会ったのは、不法者のハン・ソロと、彼の相棒チューバッカ。高い見返りを目当てに、ソロはルークたちを宇宙船ミレニアム・ファルコン号に乗せます。

オビ=ワンとダースベイダーの関係

ついに惑星オルデランの近くに到着した一行ですが、辺り一帯は星屑と化していました。宇宙要塞デス・スターのレーザー砲によって、オルデランは破壊されていたのです。

さらに運の悪いことに、ファルコン号は帝国軍に見つかり、デス・スターに拿捕されてしまいます。

ファルコン号の船内を捜索するストームトルーパーを上手くやり過ごし、彼らはデス・スターの内部に潜入します。

オビ=ワンは捕獲装置の電源を落とすために、ひとり船の奥へと向かっていきました。

一方、その場に残ったルークたちは、R2-D2からレイア姫がこのデス・スターに監禁されていることを知らされます。

救出へと向かう彼らに帝国軍も気付き、激しく交戦します。ようやく助け出したレイア姫とともに、彼らはファルコン号へと乗り込むのでした。

しかし、その時、オビ=ワンは帝国軍の指揮官・ダース・ベイダーと対峙していました。

ベイダーはかつてオビ=ワンの弟子だった人物です。

互いにライトセーバーを振りかざして戦う2人でしたが、オビ=ワンはルークの姿に何かを感じ取ったかのような表情を見せると、次の瞬間ベイダーの剣を受けて消滅します。

ルークたちはデス・スターを脱出。反乱同盟軍の基地がある惑星ヤヴィンへと到着します。

そこで設計図を分析した結果、デス・スターにはある構造的な弱点があることが判明しました。
すぐに作戦が立案され、ルークはパイロットとしてデス・スター攻撃部隊に加わります。

しかし帝国軍もまた、デス・スターの砲台を惑星ヤヴィンへと向けていました。

もはや一刻の猶予も許されないなか、フォースの加護を受けたルークは敵の攻撃をかいくぐり、弱点である排熱口を爆撃することに成功します。

こうしてデス・スターは崩壊し、ルークとソロ、チューバッカたちは英雄として讃えられるのでした。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の見どころ

高度な撮影技術

やはり『スター・ウォーズ』は正統なSF映画としての特徴を持っています。

たとえば斬新なデザインの宇宙船や、奇妙な言葉を話す宇宙人の表現が挙げられるでしょう。

ルーカスは本作の制作に先駆けて、自社「ルーカスフィルム」の傘下にSFX工房を設立しています。

つまり自身のビジョンを映像化するためには、既存の映画技術では不十分であると考えたのです。

結果としてもたらされた撮影技術は、たとえば終盤、戦闘機のドッグファイトシーンに見てとることができます。

ここではコンピュータ制御されたカメラを用いることで、臨場感あふれる撮影が可能になったのです。

また、部分的にCGが使われていることも特筆すべきでしょう。それは物語終盤、デス・スターの設計図が映し出される場面で使用されています。

この頃は、まだCGを大画面で映せるほどの技術力はありませんでした。しかし、ルーカスフィルムでは長きにわたってその可能性を探り続けます。

そして同社のコンピュータ部門はやがてスティーブ・ジョブズによって買収され、「ピクサー」と社名を変え『トイ・ストーリー』などの名作を生むのです。

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の感想・評価

SF映画を超えたSF映画

SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』の記念すべき第一作として、未来へと語り継がれる傑作です。

この作品の成功によって得た資金で、ルーカス監督は続編の制作に乗り出すことになります。

いずれの作品も『スター・ウォーズ』という壮大なサーガの一部であり、ひとつも欠かすことのできない物語ですが、それでもやはりこの『エピソード4』の完成度には目を見張るものがあります。

単体の作品としても、十分に魅力的であると言えるでしょう。それだけ、この作品にはルーカス監督の熱意が込められているように思えます。

3年をかけて脚本を練るなかで、ルーカス監督が目指したのは普遍的な物語です。

世界中の神話を参考にし、様々な要素を取り入れました。過去の名作映画に対するオマージュも、枚挙にいとまがありません。

それゆえに、たとえば本作は英雄譚でもあり、戦争映画でもあり、西部劇であり、青春映画でもあるとさえ言えるでしょう。

SF映画というジャンルを超えた魅力が『スター・ウォーズ』には存在するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です