映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』動画フル(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法!ネタバレあらすじ・感想も紹介

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(Star Wars: Episode I The Phantom Menace)は1999年のアメリカ映画です。

『スター・ウォーズ』シリーズの第4作目にあたり、前作から16年の歳月を経て制作された新三部作(プリクエル・トリロジー)の第一章となる作品です。

監督はジョージ・ルーカス。彼は『エピソード4/新たなる希望』以来、実に22年ぶりにメガホンを取りました。
『エピソード4』より約30年前の出来事を描いた作品で、旧三部作(オリジナル・トリロジー)に登場したルークの父、アナキン・スカイウォーカーを主人公としています。

↓今すぐ映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

目次

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』動画を無料視聴する方法とは?

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、初回にもらえるポイントを利用すれば、無料で視聴できることがわかりました。

2019年12月現在、映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 200円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 200円~ 30日
dTV 200円~ 31日
Paravi 200円 30日

※上記の情報は2019年12月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すればまた無料で観れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』は200円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

スター・ウォーズ関連作品一覧

U-NEXTではスター・ウォーズ関連作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるスター・ウォーズ作品

  1. ハン・ソロ/スター・ウォーズストーリー』(オールデン・エアエンライク主演)2018年映画
  2. 『スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナルシーズン』(声:テイラー・グレイ)2017年アニメ
  3. スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(マーク・ハミル主演)2017年映画
  4. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(フェリシティ・ジョーンズ主演)2016年アニメ
  5. 『スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3』(声:テイラー・グレイ)2016年アニメ
  6. スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(ハリソン・フォード主演)2015年映画
  7. 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(声:マット・ランター)2008年アニメ
  8. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(ユアン・マクレガー主演)2005年映画
  9. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(ユアン・マクレガー主演)2002年映画
  10. 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(リーアム・ニーソン主演)1999年映画
  11. スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(マーク・ハミル主演)1983年映画
  12. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(マーク・ハミル主演)1980年映画
  13. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(マーク・ハミル主演)1977年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』作品詳細

SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」3部作から16年を経て新たに描かれたシリーズ前章。

秘められたフォースの力を宿す少年アナキン・スカイウォーカーが、やがて銀河を震かんさせるダースベイダーになるまでの姿を描く3部作の第1部。

平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃され、その事件の調査に向かったジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、メカの不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着する。

そこで出会った9歳の少年アナキンに眠るフォースの力を感じ取ったクワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとするが……。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』作品データ

  • 製作年/1999年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/20世紀フォックス映画
  • 上映時間/134分
  • 監督/ジョージ・ルーカス
  • 脚本/ジョージ・ルーカス

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原作

ジョージ・ルーカスの創造した物語を原案としています。

もともと旧三部作を制作していた段階から、ルーカスは新三部作のアイデアを温めていました。しかし6年にわたる制作の後、彼は燃え尽きてしまい、しばらく続編の制作からは手を引くことになります。

ルーカスがふたたび『スター・ウォーズ』に戻ってくるのは1990年代に入ってからのことです。その間もシリーズの人気は衰えておらず、またCG技術の発達によって従来では不可能だった映像制作が可能になっていました。

こうした状況を受けて、彼は新たな脚本を書き始めたのです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』主題歌

これまでのスターウォーズシリーズと同様に、作曲はジョン・ウィリアムズが担当しました。

この作品からの新たな試みとして、オーケストラだけでなくシンセサイザーなどの電子音楽も用いられています。結果として、旧三部作よりも神秘的な雰囲気を作り出すことに成功したといえるでしょう。

そのなかでも印象的な曲といえば「運命の闘い」です。ダース・モールとの決闘場面で流れるこの曲は、オーケストラに重なる荘厳なコーラスを特徴としており、物語を一気にクライマックスへと駆り立ててくれます。

メインテーマや帝国のマーチと並び、まさに『スター・ウォーズ』を象徴する一曲であるといえるでしょう。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』キャスト紹介

ここでは、メインとなるキャストを紹介します。

クワイ=ガン・ジン/リーアム・ニーソン

ジェダイ・マスターで、オビ=ワンの師匠。通称連合が起こした紛争を調停するため、共和国より惑星ナブーへ派遣されます。

その後、惑星タトゥイーンで少年アナキン・スカイウォーカーと出会い、彼のジェダイとしての資質を見抜きました。

オビ=ワン・ケノービ/ユアン・マクレガー

クワイ=ガン・ジンのもとで修行するパダ・ワン(弟子)です。師とともに惑星ナブーへ派遣されました。
アナキンがジェダイの修行を受けることに関しては、当初反対の姿勢を見せていました。

アミダラ女王/ナタリー・ポートマン

惑星ナブーの女王。物語冒頭では非常時のために影武者を立てており、自身はその侍女に扮していました。
惑星タトゥイーンで幼いアナキンと出会い、心を通わせていきます。

アナキン・スカイウォーカー/ジェイク・ロイド

惑星タトゥイーンに暮らす少年。母とともに奴隷として働いていました。

非常に強いフォースを持っており、クワイ=ガン・ジンは彼に「選ばれしもの」としての可能性を見出します。

ジャー・ジャー・ビンクス/アーメド・ベスト

惑星ナブーに住む種族、グンガン人の男。

命を助けられた恩義から、案内役としてクワイ=ガンたちに同行しますが、行く先々で余計なことを仕出かすトラブルメーカーです。

パルパティーン/イアン・マクダーミド

惑星ナブー出身の元老院議員。腐敗が進む元老院の状況に失望し、アミダラとともに最高議長への不信任案を提出します。

その他キャスト

  • メイス・ウィンドゥ/サミュエル・L・ジャクソン
  • C-3PO/アンソニー・ダニエルズ
  • R2-D2/ケニー・ベイカー
  • ヨーダ/フランク・オズ
  • ダース・モール/レイ・パーク
  • シミ・スカイウォーカー/ペルニラ・アウグスト

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のネタバレあらすじ

ルーク・スカイウォーカーの物語から30年ほど前、時は銀河共和国の治世にありました。

元老院議会による統治のもとで、惑星間に平和と繁栄がもたらされています。しかし、その裏では着実に権力の腐敗と謀略が進んでいました。

そんななか、貿易問題を端緒とする争いが勃発。強硬策に出る通商連合は、惑星ナブーに対して封鎖措置を行います。紛争仲裁のため、共和国は銀河の平和を守るジェダイの騎士をナブーへと派遣しました。

送られたのはジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンと、その弟子オビ=ワン・ケノービ。通商連合との交渉に乗り込んだ2人ですが、彼らを待っていたのはドロイドの襲撃でした。船から逃げ出し、2人は惑星ナブーへと降り立ちます。

通商連合による攻撃が開始されるなか、2人は現地民であるジャー・ジャー・ビンクスと出会います。彼を案内役として仲間に加えると、2人はナブーの元首アミダラ女王を救出、無事に惑星から脱出するのでした。

しかし、その際に船の動力部が損傷、長距離の航行が不可能となってしまいます。アミダラ女王を乗せた船は、修理のために惑星タトゥイーンへと立ち寄ることになりました。

侍女に扮したアミダラ女王を引き連れ、クワイ=ガンとオビ=ワンは交換部品を探しに出かけます。そこで出会ったのは奴隷の少年、アナキン・スカイウォーカーでした。彼の手助けによって、一行は交換部品を入手することに成功します。

しかし、アナキンにはジェダイの騎士となる素質がありました。その強大なフォースを感じ取ったクワイ=ガンは、彼を奴隷から解放し、一緒に連れて帰ることにしました。

こうして、一行は共和国の首都コルサントに到着します。アミダラ女王は元老院議会に出席し、故郷の窮状を報告しますが、もはや機能不全となっていた議会は二の足を踏んでいました。もはや元老院の決議を待つ時間はないと考え、アミダラ女王はみずから惑星ナブーに戻る意志を固めます。

クワイ=ガンとオビ=ワン、そしてアナキンとともに、アミダラ女王はふたたびナブーへと降り立ちます。彼女は現地民のグンガン族に協力を要請すると、通商連合への攻撃作戦を開始するのでした。

グンガン族が敵部隊を陽動するなか、女王たち一行は宮殿に侵入し、戦闘機の奪還に成功します。そのまま惑星軌道上にある敵主力戦艦を破壊しようとする攻撃部隊でしたが、どういうわけかそこにアナキンも紛れ込んでしまい、空中戦に参加するのでした。

一方、クワイ=ガンとオビ=ワンの前に、謎の戦士ダース・モールが立ちはだかります。フォースの暗黒面に通じた彼のライトセーバーに、クワイ=ガンはついに倒れ、オビ=ワンも追い詰められます。しかし、起死回生の攻撃によって、彼は見事に師の敵を討つのでした。アナキンの修行を頼むと言い残し、クワイ=ガンは息を引き取ります。

そんなアナキンの活躍によって敵艦隊は壊滅し、惑星ナブーに平和が戻りました。クワイ=ガンは晴れて一人前のジェダイとなり、アナキンを弟子に付けます。しかし、その裏では暗黒面のフォースを用いるシスの勢力が、元老院に暗躍していたのです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』見どころ

ポッドレースと『ベン・ハー』

本作序盤の見どころとして描かれているのが、ポッドレースの場面です。アナキンが参加することになるこのレースは、障害あり、攻撃あり、ルール無視の危険なもの。上述したCG技術によるスリリングな映像に、思わず息を呑んだ観客も多かったのではないでしょうか。

実はこの場面、ウィリアム・ワイラー監督の映画『ベン・ハー』へのオマージュとなっています。1959年に制作されたこの映画では、帝政ローマの時代を舞台に、主人公が戦車競走に参加する場面が描かれました。

両者の場面を見比べてみれば、ルーカス監督がほとんどショット単位で『ベン・ハー』の構図を引用していることに気が付くはずです。

特に、主人公が仇敵を打ち負かし、観客の大声援を受けながらフィニッシュラインへと帰ってくる構図はそっくりであるといえるでしょう。

CGやデジタル撮影の導入など、新時代の映画を象徴する本作において、こうした古典的名作が参照されていることに、ルーカス監督の映画愛を感じずにはいられません。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の感想・評価

16年ぶりの新作と映像技術

旧三部作の完結から16年の歳月を経ての新作『スター・ウォーズ』というだけあって、ファンの興奮も最高潮に達していたといえるでしょう。 公開日には仕事を休む人が続出し、なかには臨時休業とした会社もあったといいます。

続編の構想を思い描きながらも、ルーカス監督が16年間にわたり新作に乗り出さなかった理由のひとつとして、映像技術の問題がありました。すでに『エピソード6/ジェダイの帰還』で世界最高水準の技術を用いたルーカスフィルムでしたが、逆に言えば、それ以上の映像を作ることには限界があったのです。

しかし、いまやCGの時代が到来していました。1995年には『トイストーリー』が公開されるなど、コンピューターグラフィックスは映画界にも革新をもたらしていたのです。

これならば頭の中にあるイメージを映像化できると踏んだのでしょうか、ルーカスはふたたびメガホンを握ることになったのです。

本作に登場するジャー・ジャー・ビンクスといった生き物たちは、こうした技術革新の賜物といえるでしょう。ちなみに、本作は世界で初めてデジタルカメラでの撮影が行われた作品でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です