映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』動画フルを無料視聴する方法!ネタバレあらすじ・感想|チューバッカとソロの出会い

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 (Solo: A Star Wars Story)は、2018年のアメリカ映画です。

この作品はスターウォーズシリーズのスピンオフである「アンソロジー・シリーズ」の第二弾として制作されました。

『スター・ウォーズ』の中心的な登場人物、ハン・ソロを主人公としています。

監督はロン・ハワード。過去には『アポロ13』や『ダ・ヴィンチ・コード』などのヒットで知られています。

主演はオールデン・エアエンライク。青年時代のハン・ソロを演じています。

また、ヒロインのキーラ役を『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のエミリア・クラークが務めました。

こちらの記事では、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

↓今すぐ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の動画を無料で観たい方はこちらをクリック↓

目次

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』動画を無料視聴する方法とは?

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の動画を無料視聴する方法を調査した結果!

映画が見れる動画配信サービスで、初回にもらえるポイントを利用すれば、無料で視聴できることがわかりました。

2019年12月現在、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT 200円 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 200円~ 30日
dTV 200円~ 31日
Paravi 200円 30日

※上記の情報は2019年12月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、U-NEXTであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すればまた無料で観れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の動画を観るならU-NEXTがおすすめ!

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が配信されているU-NEXTのおすすめポイントをまとめました。

作品数の多さは断トツでU-NEXT!

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがU-NEXTです。月額料金は1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。4人同時視聴できるので、実質ひとり500円!

U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は初回登録時に600ポイントがもらえます

U-NEXTのおすすめポイント

  1. 配信作品が160,000本以上!コンテンツが充実
  2. 最新作の有料動画も最初にもらえるポイントで無料に!
  3. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能
  4. 最大4機で同時視聴が可能!

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は200円の作品なので、もらった600ポイントを使うことで無料視聴することができます。

U-NEXTの無料登録はコチラ

スター・ウォーズ関連作品一覧

U-NEXTではスター・ウォーズ関連作品も、下記のようにたくさん配信されています。

U-NEXTで視聴できるスター・ウォーズ作品

  1. 『ハン・ソロ/スター・ウォーズストーリー』(オールデン・エアエンライク主演)2018年映画
  2. 『スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナルシーズン』(声:テイラー・グレイ)2017年アニメ
  3. スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(マーク・ハミル主演)2017年映画
  4. ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(フェリシティ・ジョーンズ主演)2016年アニメ
  5. 『スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3』(声:テイラー・グレイ)2016年アニメ
  6. スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(ハリソン・フォード主演)2015年映画
  7. 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(声:マット・ランター)2008年アニメ
  8. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(ユアン・マクレガー主演)2005年映画
  9. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(ユアン・マクレガー主演)2002年映画
  10. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(リーアム・ニーソン主演)1999年映画
  11. スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(マーク・ハミル主演)1983年映画
  12. スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(マーク・ハミル主演)1980年映画
  13. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(マーク・ハミル主演)1977年映画

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として『31日間無料体験』は、過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。

U-NEXTの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2019年12月記事更新時点での情報です。詳細はU-NEXT公式サイトでご確認下さい。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品詳細

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」シリーズの知られざる物語を明らかにするアナザーストーリー第2弾で、ハリソン・フォードが演じたシリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描くSFアドベンチャー。

シリーズ第1作「スター・ウォーズ 新たなる希望」でルークやレイアと出会う前のハン・ソロが、アウトローながら内に秘めた正義感で数々の試練に立ち向かっていく姿を描く。

若き日のハン・ソロに扮したのは、「ヘイル、シーザー!」で注目された新星オールデン・エアエンライク。

同じく若き日の悪友ランド・カルリジアンをドナルド・グローバーが演じ、エミリア・クラーク、ウッディ・ハレルソンらが共演。

ハン・ソロの無二の相棒となるチューバッカも登場する。

「ダ・ヴィンチ・コード」などで知られるベテランのロン・ハワード監督がメガホンをとった。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品データ

  • 製作年/2018年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ディズニー
  • 上映時間/135分
  • 監督/ロン・ハワード
  • 脚本/ジョナサン・カスダン/ローレンス・カスダン

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』原作

ジョージ・ルーカスによる『スター・ウォーズ』の世界観をベースとして、本作の物語は生み出されました。

脚本はジョナサン・カスダンとローレンス・カスダン。

ローレンスは『スター・ウォーズ』シリーズの脚本家として有名ですが、本作では息子のジョナサンとともに脚本を手掛けています。

『スター・ウォーズ』シリーズに登場する無法者、ハン・ソロの若き日の活躍を描いた物語で、時系列としては『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から10年ほど前の物語になります。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』主題歌

音楽はジョン・パウエル(ただし、メインテーマ曲のみジョン・ウィリアムズ)が手掛けました。

彼はマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズや『シュレック』などの音楽を担当してきた作曲家です。

本作ではジョン・ウィリアムズ直々の推薦を受けて参加し、サウンドトラックのほぼすべての楽曲を書き下ろしました。

また、オリジナルの楽曲も随所でアレンジされ使われており、作中「帝国のマーチ」などを耳にすることができます。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』キャスト一覧

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のキャストを紹介します。

ハン・ソロ/オールデン・エアエンライク

惑星コレリア出身の若者。

犯罪シンジケートから逃れ、パイロットになる夢を叶えるため、銀河帝国軍の養成機関へ入ります。

その後、戦場で出会ったチューバッカと出会い軍を脱走。ベケットら強盗団のメンバーに加わりました。

「ソロ」というのは軍に入る際に付けられた名前で、家族のいない独り身=ソロであることから命名されました。

チューバッカ/ヨーナス・スオタモ

ウーキー族の男性で、愛称は「チューイ」。

戦場で帝国軍の奴隷となっていたところを、ハン・ソロによって助け出されました。

その後は彼の友人として、ミレニアム・ファルコン号の副操縦士となります。

ベケット/ウディ・ハレルソン

強盗団のリーダーで、戦場にいたハン・ソロをメンバーに加えました。

一匹狼の性格で、「誰も信用するな」という教えをハン・ソロに叩き込みます。

仲間のヴァルとは恋仲にありました。

キーラ/エミリア・クラーク

惑星コレリア出身の女性です。

コレリアではハン・ソロと恋仲にありましたが、彼が惑星を出た後に犯罪シンジケートに服従します。

数年後にハン・ソロと再会したとき、彼女はシンジケートのリーダー、ヴォスの右腕の地位にまで上り詰めていました。

ランド・カルリジアン/ドナルド・グローヴァー

ミレニアム・ファルコン号のもともとの持ち主。

詐欺紛いのギャンブルで暮らしていたところ、仕事用の船を探していたハン・ソロと出会います。

ドロイドのL3-37は信頼のおける相棒です。

ヴァル/タンディ・ニュートン

ベケット率いる強盗団のメンバーで、長年にわたる彼のパートナーでした。

強盗団の仕事中に命を落としてしまいます。

L3-37/フィービー・ウォーラー=ブリッジ

ランド・カルリジアンの相棒である女性型ドロイドです。

聡明で頼りになる存在でしたが、物語中盤で命を落とします。

その死後、彼女のナビゲーションシステムはミレニアム・ファルコン号に組み込まれました。

その他キャスト

  • ドバイアス・ベケット/ウッディ・ハレルソン
  • ランド・カルリジアン/ドナルド・グローバー
  • ライデン・ヴォス/ポール・ベタニー
  • リオ(声)/ジョン・ファブロー
  • エンフィス・ネスト/エリン・ケリーマン
  • レディ・プロキシマ(声)/リンダ・ハント
  • ダース・モール/レイ・パーク

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレあらすじ

ここからは映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

帝国軍入隊

惑星コレリアの孤児であるハンは、盗みによって生計を立てる日々を送っていました。

ある日、彼は恋人のキーラとともに銀河帝国の手の届かない惑星まで密航しようと企てます。しかし、あと一歩のところで計画は失敗。

キーラだけが捕まり、かろうじて追手を逃れたハンは、とっさに帝国軍に入隊することを決めます。そこで宇宙船のパイロットになり、惑星コレリアに残されたキーラを助けに戻るためでした。

「ソロ」というラストネームを与えられた彼でしたが、軍規に従わなかったため、歩兵として戦場に送られます。

チューバッカとの出会い

戦火のなか出会ったのはベケット率いる強盗団。ソロはパイロットとして彼らの仲間に加えてほしいとベケットに歎願しますが、にべもなく拒絶されます。

牢屋に入れられ、窮地に立つソロの前にあらわれたのは、ウーキー族のチューバッカでした。2人は協力して牢を脱出。チューバッカの怪力が助けになると踏んだベケットは、彼らを次の仕事に誘うのでした。

しかし、強盗団は目当てだった超物質の奪取に失敗、2人のメンバーも命を落とします。

残されたベケット、ソロ、チューバッカの三人は、今回の仕事の依頼人であるドライデン・ヴォスのもとを訪れます。今回の失敗の埋め合わせをするため、別の依頼を受けようとしたのでした。

驚くべきことに、ドライデンの傍にいたのはキーラでした。彼女は犯罪シンジケートに加わり、彼の右腕となっていたのです。思わぬ再会に喜ぶソロでしたが、キーラは組織に忠誠を誓った身。もはや自由を得ることはできません。

ベケットたちは、惑星ケッセルの鉱山で超物質を奪う作戦を立てます。お目付け役としてキーラも同行することになりました。

作戦には高性能の宇宙船が必要。分け前を与えることを条件に、一行はランド・カルリジアンを仲間に引き入れます。ランドの船であるミレニアム・ファルコン号に乗り、ソロたちは惑星ケッセルに向かいます。

激しい戦闘のなかランドの相棒L3-37が命を落としますが、彼らは無事に超物質を手に入れることに成功しました。

反乱者集団エンフィス・ネスト

ドライデンのもとに超物質を届けようとするソロたちでしたが、彼らの前に盗賊エンフィス・ネストがあらわれます。

これまで幾度となくベケットたち強盗団の仕事を邪魔してきたエンフィスの一派でしたが、その真意は別のところにありました。

実は、エンフィスたちは犯罪シンジケートに虐げられた過去を持つ、反乱者の集団だったのです。超物質をドライデンたち犯罪者に渡すのではなく、私たちの反乱のために使ってほしいと話すエンフィス。その頼みを、ソロは聞き入れました。

こうして、ソロはドライデンを欺くための策を練るのでした。

一方、ひとりその場を立ち去るベケットは、何かたくらみがある様子です。

ソロとキーラは無事に生き残ることができるのでしょうか。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』見どころ

ケッセルランを12パーセク

『スター・ウォーズ』には多彩な乗り物が登場しますが、そのなかでも宇宙船ミレニアム・ファルコン号ほど有名なものはないでしょう。

本作でハン・ソロが手に入れるこの宇宙船は、その後「ケッセルランを12パーセクで飛んだ」船として銀河に語り継がれることになります(ちなみにこの逸話は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも語られました)。

実はこの話、『スター・ウォーズ』の生みの親、ジョージ・ルーカス監督本人のある勘違いから生まれたものでした。

そもそも「パーセク」とは天文学上の用語で、「距離」をあらわす単位のはず。

それをルーカス監督が「速度」の単位と勘違いしたために、「12パーセクで飛んだ」という奇妙な台詞が『エピソード4』で実際に使われてしまったのです。

とはいえ、この間違いに一番戸惑ったのは、監督ではなく『スター・ウォーズ』ファンの方でした。

彼らは自分たちが敬愛する『スター・ウォーズ』の設定に不整合があってはならないと、懸命につじつまを合わせようとしたのです。

その結果考えだされたのが、「ケッセルラン(惑星ケッセルへの航路)は危険で、そこを最短距離で走破することがパイロットの誇りだった」という裏設定。

なるほど、これなら「パーセク」の意味も理解できることになります。

第一作『エピソード4』の公開から40年。

ファンの熱い思いに答えるように、本作『ハン・ソロ』では、そのケッセルランを12パーセクの「距離」で走り抜けるシーンが描かれます。

『スター・ウォーズ』という作品は、常にファンの心とともにあるのです。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の感想・評価

ハン・ソロとチューバッカの強い絆

ハン・ソロの相棒であるチューバッカ。愛くるしいその風貌から、ファンの間でも大人気のキャラクターであるといえるでしょう。

2015年から公開されている続三部作(シークエル・トリロジー)にも登場しており、ハン・ソロとの強い絆を見せてくれました。

本作では、そんなチューバッカとソロの出会いがコミカルに描かれています。作中、盗賊団のリーダーであるベケットは「誰も信用するな」とソロに忠告します。

彼の言うとおり、物語はブラフや裏切りを交えながら、巧みに展開していきます。その言葉を発したベケットや、恋人のキーラでさえも、腹に何かを隠しているのです。

それでもチューバッカとの信頼は揺るぎません。

本作は独り身である「ソロ」が大切な仲間を得る物語であり、だからこそ『フォースの覚醒』での辛い別れが、より一層感傷的なものになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です