『集団左遷!!』7話の見逃し動画を無料視聴する方法!本部編はさらに面白い!

『集団左遷!!』は2019年4月から、日曜21時よりTBSで放送されているドラマです。

廃店候補だった蒲田支店を救うため、奮闘してきた福山雅治さん演じる主人公や仲間たちでしたが、最終的にノルマを達成できず支店は潰されてしまいました。左遷されなかったのがせめてもの救いといったといころでしょうか。

今回から第2章。本部に移った片岡と横山の戦いはこれから本番のようです。果たしてどんな展開が待っているのでしょうか。

こちらの記事では、6月2日(日)に放送された『集団左遷!!』第7話の、あらすじや見所、見逃し動画を視聴する方法をご紹介します。

集団左遷!!』の見逃し動画を全話視聴することができるのは「Paravi(パラビ)」です。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

『集団左遷!!』見逃し動画を無料視聴する方法とは?全話見放題!

こちらでは『集団左遷!!』を無料で視聴する方法をご紹介します。

動画配信サービスのParavi(パラビ)は、TBSの親会社の東京放送ホールディングスを筆頭として、日本経済新聞社やテレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズなど、日本の大企業が中心となって、設立されました。

『集団左遷!!』の無料視聴のためには、このParavi(パラビ)への無料登録が必要になります。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

放送終了から1週間以内の場合の無料視聴方法

集団左遷!!」最新話の放送終了後から1週間以内の場合は、TVerまたはGYAO!を利用することで、最新話のみ無料で見ることができます。

TVer(ティーバー)で最新話を無料視聴する方はこちら

無料動画GYAO!で最新話を無料視聴する方はこちら

放送から1週間以上経過した場合はParavi(パラビ)で視聴可能

放送終了後から1週間以上経過してしまった場合は『集団左遷!!』をParavi(パラビ)で無料視聴することができます。

Paravi(パラビ)の特徴は、なんと言っても見放題可能な作品数の多さです。

TBS系のドラマを中心に、様々な話題のドラマや映画、「クレイジージャーニー」や「モヤモヤさまぁ~ず2」など人気バラエティー番組も見放題。

登録から30日間は無料でお楽しみ頂けます。(※初回登録の方に限ります)

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

Paravi(パラビ)の無料登録方法

Paravi(パラビ)の無料登録のやり方を説明します。

無料登録のリンクをクリックいただくと、左上の画像が画面の一部に表示されます。

「まずは無料体験」を選択し、次にParavi(パラビ)のアカウントを作成してください。

アカウントの作成は、メールアドレスまたは、日経・Facebook・ツイッター・Google・YahooのIDと連携することで、簡単に作成可能です。

SNSとの連携をされた方も、メールアドレスの入力は必須になります。

名前、PINコード、パスワード、生年月日、性別を入力してください。

支払い方法は、クレジットカードまたは、キャリア決済が選択可能です。

最後に、お知らせを受け取るかどうかの選択と、利用規約およびプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて、「登録して続ける」をクリックしてください。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

※紹介した情報は2019年6月時点のものとなりますので、最新の配信状況や料金は、Paravi(パラビ)のサイトでご確認下さい。

『集団左遷!!』第7話のあらすじ・ネタバレ

以下、ネタバレありのあらすじになりますので、これからご覧になる方はご注意下さい。

別所哲也さんや筒井道隆さんの共演がトレンディドラマ感溢れている第7話

取引先の逮捕劇

その日、三友銀行本店で開かれていた役員会議では、3年後のAI導入をアピールするCMが公開されていました。その時、重要な取引先であるマルハシHDのダニエル・バック(ニールG)CEOが逮捕されたというニュースが入ってきます。

その知らせは融資部で働く片岡洋(福山雅治)のもとにも入っていました。たちまち慌ただしくなる融資部。数日後には金融庁の調査が入ることもあり、一同に緊張が走ります。課長の篠田学(須田邦裕)から話を聞く片岡。

5年前、社長の座についていた丸橋雄一郎(本田博太郎)は経営不振を理由に、息子の丸橋太郎(筒井道隆)にその座を奪われます。それでもなかなか経営は良くならず、1年で太郎はウィルマンズ社のダニエルをCEOに迎え、自身は副社長の座についたのでした。

隅田の依頼

このままでは三友銀行は大幅な減益となってしまいます。藤田秀樹(市村正親)が一同を鼓舞する中、横山輝生(三上博史)に呼ばれていた雄一郎が姿を現します。ダニエルに背任の疑いがあると横山に相談していたという雄一郎。

それに応じ、横山はすでに作成していたマルハシの新経営提案書を公開。ダニエルのウィルマンズ社を切り、再び雄一郎を社長に迎えるという案を示します。常務の隅田勝(別所哲也)は横山の迅速な対応に不信感を抱きます。

一方、片岡のもとを真山徹(香川照之)が訪れていました。真山はマルハシの窓口である日本橋支店に勤めていましたが、ニュースが流れた直後に「ダニエルは会長にはめられた」というメールが届いたというのです。

メールが送信されたタイミングからこれが本物の告発メールだと考えた真山。話を聞いた片岡は隅田に相談しようとしますが、横山にも話を聞かれてしまいます。横山は悪戯だと断定しますが、隅田はメールの差出人を探すよう片岡に頼みます。

メールの送り主

副社長の太郎を疑った片岡は、店舗で客と接する太郎と面会。太郎の実直な面に触れます。太郎がメールの送り先でないことを確認した片岡は隅田に報告。隅田はダニエルの背任をリークしたのは横山だろうと告げます。

真山のもとに新たなメールが届きました。雄一郎の不正を告発するそのメールには明日会いたいとも書いてあり、真山は片岡を連れて会いに行きます。彼らを出迎えた上原友治(モロ師岡)はマルハシの元経理部長でした。

雄一郎の不正を知ったために左遷されてしまった上原。不正を示す書類はすでに抜き取られている可能性が高いですが、それならばその分の欠番があるはず。片岡は太郎に頼んで、共にマルハシの書類をチェックします。

問題の箇所は、改竄された書類に変わっていました。 元の書類の原本はまだ保存されているだろうと考えた片岡は、太郎と共に会長室に潜入。程なくして雄一郎に見つかってしまいますが、二人は部屋の金庫を開けさせます。しかし中身は空でした。

決着

マルハシの基本計画をまとめる会議が明日に迫った日。片岡は最後まで、証拠を探してみると隅田に宣言。隅田は、マルハシは10年前、横山が自分でとってきた取引先であるから思い入れがあるのだろうと告げます。

真山と今後の方針を相談する片岡は、雄一郎が不正流用したという102億円の行き先を疑問に思います。会話の中で、突破口を閃いた片岡は太郎に連絡。次の日、雄一郎に電話をかけさせ、「書類を見つけた」と嘘の報告をします。

慌てた雄一郎は隠し場所に急行。書類を抱えて出てきますが、その現場を片岡と太郎に抑えられます。観念した雄一郎から書類を預かった片岡は、会議の場に急行し証拠を一同に見せつけます。

横山の対応

すると横山は一転、自分の案は誤りだと認めて新たなプランを作成すると告げます。その後、雄一郎は逮捕され、ダニエルは釈放。拍子抜けする片岡と真山ですが、真山は「実は真の問題は日本橋支店に隠されているのではないか」と思いつきます。

同じ頃、横山と会長の郷田成道(津嘉山正種)は怪しげな密会をしていました。真山の考え通り、日本橋支店には何かが隠されており、横山はそれから目を離したかったのです。一方、片岡は真山から藤田がかつて日本橋支店勤務だったことを聞き・・・。

第2章開幕!横山の陰謀とは・・・

始まりました第2章。支店と本店の戦いから、本店内での争いにシフトしています。最も片岡vs横山という構図は変わっていないので、そこは安心感ありますね。これまでの登場人物も引き続きみることができるのも嬉しいです。

新たなキャラクターも魅力的です。特に別所哲也さん演じる隅田常務がかっこいい。誠実そうな人柄や、重厚感あふれる演技力が生む発言の説得力がすごいです。今後、片岡の心強い見方として活躍して欲しいですね。

これから横山の闇にさらに切り込んでいくようですね。真山が赴任した日本橋支店に鍵があるとは思いませんでした。藤田頭取も本格的にストーリーに関わってくるようで、これまで以上に展開が楽しみです。

『集団左遷!!』の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です