新元号は令和に決定!意味や決まった理由や背景は?評価についても

2019年4月1日、「平成」に続く新元号がついに発表されました!新しい時代の幕開けを象徴する新元号は、いったい何に決まったのでしょうか?

このページでは、新元号が何に決まったのか?新元号の意味や由来、そして国民の反応について紹介します。

速報!新元号は「令和」に決定!!

2019年4月1日11時30分、菅官房長官が「平成」に続く新元号を発表しました。

新元号の名前は「令和」。「れいわ」と読みます。

緊張の面持ちで会見に登場した菅官房長官は、「新しい元号は、令和であります」と発表。そして、「令和」の文字を掲げました。

詳しい由来は安倍総理大臣が発表することになっていますが、美しい響きの元号となり、そこにすでに古き良き日本の美しさが漂います。「令和元年」、綺麗な響きですよね。

「令和」は、645年の「大化」から数えて248番目。

「令和」への改元は、2019年5月1日からとなります。

新元号「令和」の出典は万葉集であることが明らかに

日本の元号は、これまでずっと中国由来のものが使用されてきました。が、政府は「平成に続く新元号は、日本由来のものになる」と発表しており、その意味でも新元号が何になるのかは大きな注目を集めていました。

菅官房長官は、新元号「令和」を発表したあと、この元号の由来が「万葉集」にあることも伝えています。

今までの元号は中国の書物が出典でしたが、今回は「万葉集」と日本の書物が出典元ですから、日本由来なのは確実ですね。

「令和」の出典元となる万葉集について解説

万葉集とは、日本でいちばん古い歌集のことです。制作されたのは7世紀後半と言われ、身分関係なく4500首の歌がまとめられました。

「令和」は、この万葉集にある「梅花(うめのはな)の歌」三十二首の序文が出典元です。

梅花(梅の花)の歌三十二首井せて序

天平二年正月十三日 師の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の月にして気淑く風ぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫す。

引用:https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/reiwa-yurai

ちゃんと「令」「和」の文字がありますね。

「令和」の響きが美しいのはもちろん、出典が万葉集にある梅の歌であることに、古き良き日本の雅を見ずにはいられません。

「平成」の時代に、日本は大きく変わりました。生活はデジタル化が進み、人の生き方や価値観もどんどん新しく生まれ変わっています。その中で、あえて日本最古の歌集「万葉集」を取り上げ、新元号を生み出したことには、「どんなに時代が変わっても、変わらない美しさをもつ日本」の姿が見えたように感じます。

「令和」の言葉を辿ると、はるか昔に人々が詠んだ句を集めた「万葉集」にたどり着き、さらに梅の歌のはじまりに触れる…。何とも日本らしい奥ゆかしさが漂う、あでやかな元号となりました。

「令和」の考案者・他の元号候補は非公表に

新元号「令和」の考案者、元号候補の数や原案に関して、日本政府は「公表しない」と発表しています。

考案者を発表しないことについては、「考案者と元号のつながりをさせない」という目的があってのことだとか。ちなみに、「平成」の原案者も公表されていません。

誰が考えたのかを公表しないことで、日本国民のための元号であるということが、より強調されますよね。

追記:4月2日に他の元号候補6案が判明しました

4月2日、新元号に決まった「令和」を含め、元号の案が6つあったことが判明しました。

公表された新元号の案は以下のとおり。

  • 令和(れいわ)→決定
  • 英弘(えいこう)
  • 久化(きゅうか)
  • 広至(こうし)
  • 万和(ばんな)
  • 万保(ばんぽう)

このうち、「令和」「英弘」「広至」が日本由来の元号とのこと。新元号が公表されたのちの報道で、「候補のなかで、特に令和の人気が高かった」と明らかにされましたが、この中であれは「令和」がいちばん響きが美しく、人気なのは納得ですよね。

新元号「令和」の考案者が明らかになったとの報道も

また、4月2日になり「令和」の考案者が判明したという報道も。

「令和」の考案者と言われているのは、万葉学者であり大学名誉教授の方(ご本人が否定されているため、こちらで名前の記述は控えます)。

一部では確定のように報道されていますが、ご本人は「何も知らない」と否定しており、本当かどうかは定かではありません。また、日本政府は「考案者については発表しない」としているため、今後に考案者が判明することはないと思われます。

「平成」の考案者もいまだにはっきりしていませんし、こういうことはあまり掘り下げず、発表された元号だけを受け入れた方が良いのかもしれませんね。

安倍首相が明かした「令和」の由来~SMAPの歌に言及する場面も

菅官房長官が新元号を「令和」と発表したあと、安倍首相も会見を行い、「令和」の由来やこの元号に決まった理由について説明を行いました。

以下、談話の主要な部分のみを集めました。

安倍総理の談話まとめ

「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が産まれ育つという意味が込められている。

「万葉集」は、1200年余り昔に編成された歌集であると共に、天皇や貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書である。

悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳し寒さの後に、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花の様に、一人ひとりの日本人が、明日への希望と共に、明日への花を咲かせることができる。そうした日本でありたいという願いを込め、「令和」に決定した。

文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和な日々に、心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様と共に切り拓いていく。

また記者の質問から、SMAPの名曲「世界に一つだけの花」に触れる場面も。

「ニコニコ動画」の記者の、この質問からの流れでした。

「ニコニコ動画」の記者:「若い世代や、これから生まれてくる子供たちはですね、新しい元号「令和」を背負っていく世代だと思うのですが、その元号選定にあたりましては、この世代のことをどのようにお考えになりましたでしょうか。

安倍首相:「(前略)今回の元号は、万葉集にある梅の花の歌32集・序文からの引用です。この中では、厳しい寒さなど春の訪れを告げるように見事に咲き誇る梅の花の情景が美しく描かれております。平成の時代の一曲「世界に一つだけの花」という歌がありましたが、次の時代を担う若者たちが、あしたへの希望と共に遡上の花を大きく咲かせることができる。そのような若者たちにとってですね、希望に満ち溢れた日本をちゃんと共に作り上げたいと思っています」

本当に、ちゃんと「世界に一つだけの花」に言及していますね。「誰かと比べるのではなく、自分の花を咲かせるために一生懸命になればいい」。この歌の歌詞が訴えるものを、次世代に引き継いでいきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です