東須磨小の芝本力前校長はパワハラ校長!その内容は?神戸方式、女帝教師との関係についても

当初は4名の教師が、後輩の若手男性教師をいじめていたという報道であった、神戸市立東須磨小学校の教員いじめ。

事件が大きく報道され、調査が進むにつれて、問題は単なる個人間のいじめにとどまらず、もっと複雑な事情があることが明らかになってきました。

そして、今回のいじめ問題の責任の大部分が、記者会見で釈明をした現校長ではなく、前任の校長にあるのではないかという意見も多いです。

前任の校長にあった問題点を含め、徐々に明らかになってきた東須磨小学校のいじめ事件の背景、経緯を紹介します。

東須磨小前校長、芝本力がパワハラをしていたことが報じられる

出典:Yahoo!ニュース

神戸市立東須磨小学校のいじめ・パワハラは、今回大きく報じられた4名の加害教員だけの問題ではなかったことがわかってきました。

問題なのは、前任の校長がパワハラ体質であったということ。芝本力前校長について、関係者から多数のパワハラ言動が証言されています。

特に問題なのは、教員に対し「裏切ったらどうなるか分かるやろ。完全に切る」という、脅迫ともとれる発言。

こういった発言があるのなら、学校の教員内でいじめ・ハラスメントの土台になる力関係・上下関係などができてしまうのも納得です。

いじめ問題が報道された後、記者会見に出てきた仁王美貴校長は、2019年4月からの校長先生です。

いじめ・パワハラ問題の一番深い原因は、仁王校長が赴任前からということで、前校長の責任を問う声が大きくなるのも仕方ないところですね。

いじめ問題の背景にいると報じられた芝本力前校長ですが、現在のところわかっているのは氏名だけ。

顔写真やSNSアカウントなどの情報は、現在のところ出てきていません。

東須磨小前校長の芝本力がいじめの主犯「女帝」教師を引き抜いた?

東須磨小学校の芝本力前校長は、いじめの主犯とされる40代女性教師を、東須磨小学校に引き抜いていることも報じられています。

公立学校の人事については教育委員会が仕切るところ、神戸市では校長会で人事が決まるシステム。

「神戸方式」と呼ばれるこの仕組みで、校長は前任の学校でお気に入りの教師を、自らが校長を務める学校に引き抜くことができる慣例になっていました。

そのため、いじめの主犯とされた女性教師も、「女帝」と表現されるような、小学校内で強い発言力を得るようになります。

2019年に校長となったばかりに仁王校長よりも長く小学校にいて、前校長時代から権力があったという事実。

このことも、いじめ問題を増長させた一因であると指摘されても仕方ありません。

東須磨小いじめ・ハラスメント問題は少なくとも前校長時代から

前校長のパワハラ問題などを考えると、東須磨小学校のいじめ問題はかなり昔から根深くあったことになります。

加害者4人に非があり、教師としてあるまじき行為をしたことは事実ですが、学校や市教委全体の問題も考えなければなりません。

今回のいじめは、今回休職した男性被害教員以外も、2018年度からいじめ行為を受けていたことが報じられています。

当初は男性被害教員へのいじめ実態把握が2019年6月とされ、隠蔽した意図はないとされていました。

しかし、報道通りであれば、学校の管理職は校内の教員間でいじめ・パワハラがあることを相当前から認識していたことは間違いありません。

前校長や学校全体で、臭いものに蓋をするように、問題をずっと隠してきたものが、男性教員の被害が明るみになったことで暴露されたということになります。

芝本力前校長は、2018年度にいじめやハラスメントを把握していながら、加害教員に適切な指導や、市教委への報告をできていません。

今後いじめ問題の調査が進み、事実関係が確定すると、前校長の責任が問われる可能性も出てきます。

単純ないじめ問題で済まされなくなった神戸市立東須磨小学校の事件

前校長のパワハラや、「神戸方式」と呼ばれる教員引き抜き。

東須磨小学校のいじめは、単なる個人レベルのいじめだけにとどまらない問題点が多数出てきました。

いじめ加害者への処罰だけでなく、こうした学校・市教委全体の体質改善策も、今後打ち出されることを期待しましょう。

他の自治体・学校でも、似た体質のところがないか、この機に確認してほしいところです。

関連記事

2 件のコメント

  • 神戸市教育委員会は、自分の子どもと同じ学年の他のクラスの先生が、酔っ払い運転で事故を起こした時も、校長、教頭が主導して事実を隠していました。
    おまけに、病気の先生宛に手紙まで書かせていました。
    当の先生は、一日でも早く、じぶんで生徒、保護者にお詫びをしたかったのですが、教育委員会に止められていました。
    神戸市教育委員会は、そういうところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です