月9ドラマ『シャーロック』見逃し動画配信を無料視聴する方法!全話視聴率・キャストやあらすじ・感想も紹介!

 

月9ドラマ『シャーロック~アントールド ストーリーズ~』が2019年10月7日からスタートし、毎週月曜よる9時からフジテレビ系列にて放送されます。※初回は30分拡大して放送します。

天才、シャーロック・ホームズが令和を迎えた現代の東京に現れる!

オリンピックを翌年に控えた令和の東京を舞台に、犯罪捜査専門コンサルタントであるシャーロックが解決する事件は「シャーロック・ホームズ」シリーズで書かれることのなかった語られざる事件。

その語られざる事件を現在の東京とリンクさせ映像化、そして解決していきます。

ドラマ制作に関わったのはあの「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」も手掛けたスタッフ陣ということもあり、注目が高まっている今作。

顔面最強・内面最狂コンビのシャーロックとワトソンがバディを組み、今までにない事件の推理に舌を巻くほど!!きっとあなたも見入ってしまうはず!

こちらの記事では、ドラマ『シャーロック』の見逃し配信情報や、気になるキャスト陣、オリジナルストーリーのあらすじを徹底解説していきます。

『シャーロック』の見逃し動画
ドラマ『シャーロック』の見逃し配信動画が見れるのはFODだけ!今なら1ヵ月無料で試せるトライアルを実施中!

ドラマ『シャーロック』の再放送・見逃し動画の視聴方法は?

ドラマ『シャーロック』の見逃し配信動画は、全話FODプレミアムで視聴できます。最新話の放送終了後から1週間以内の場合は、無料で見ることができます。

1週間過ぎてしまった場合でも、FODプレミアムで無料視聴する方法をご紹介します。

FODプレミアムは、月額料金888円(税抜)でドラマや映画が楽しめるフジテレビが運営する動画配信サイトです。映画の他にもフジテレビ系列で放送された過去ドラマを含め5000本以上の独占配信があります。

FODプレミアムなら初回1ヵ月間の無料体験ができる、お試しサービスがあり、初回登録すると最初に100ポイントがもらえます。※Amazonのアカウントが必要です。

そして、毎月8の日(8、18、28日)にログインすることで、それぞれ400ポイント付与され、1ヵ月間の無料期間中に合計で1300ポイントもうらうことができます。

FODおすすめポイント

  1. 話題のフジテレビのドラマやバラエティも見放題!独占タイトル5000以上!
  2. 動画以外にも人気週刊誌や雑誌・コミックの内容も充実!
  3. 最新作の有料映画も毎月もらえるポイントで無料で視聴可能!
  4. 無料期間中の解約も会員ページからすぐに可能で安心!

1ヵ月間の無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

FODの無料登録はコチラ

FODプレミアムで視聴できる2019年秋ドラマ

  1. 『まだ結婚できない男』(阿部寛主演)火曜21時
  2. 『モトカレマニア』(新木優子主演)木曜22時
  3. 『リカ』(高岡早紀主演)土曜23時40分

BBCで放送されていたSHERLOCKも視聴できます!

ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンのコンビで送るイギリスBBCで放送されていたSHERLOCK(シャーロック)もシーズン4までFODプレミアムで配信されています。

こちらはポイントが必要な作品ですが、毎月もらえるポイントで観ることができますので、この機会にぜひご覧下さい。

※配信状況やサービス内容は2019年10月の情報です。詳細はFODプレミアム公式サイトでご確認下さい。

ドラマ『シャーロック』の作品紹介

2019年10月期の月9ドラマでは、世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメント『シャーロック』を放送することが決定しました。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンがバディを組んで難事件を解決していく古典ミステリーの傑作は、誕生から130年が経った今なお世界中で愛され続けています。

このたび、 月9ドラマ『シャーロック』では満を持して、“令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化。

アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作の魅力をそのままに、令和で“顔面最強、内面最狂!?”のバディが数々の難事件に立ち向かいます!

第1話あらすじを紹介

病院での不可解な死を追う!

第1話は都内にある病院に勤務する消化器内科医、赤羽栄光(あかばね・はるき/中尾明慶)の転落した遺体発見から始まります。

第一発見者は看護師の水野麻里(松井玲奈)。彼女の「赤羽が助けを求める声を聞いた」という証言から赤羽は何者かに突き落とされたのではないか、と捜査が始まります。

捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)は病院の関係者に事情聴取をしますが、誰もが口をそろえて言うのは、信頼の厚い赤羽はトラブルもなかったということ。

手がかりが得られない江藤は事件を解決するために、事件の様子を犯罪捜査専門コンサルタントである誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の耳に入るように接触していきます。興味をもった獅子雄は依頼を受けることに。

事件の捜査に当たった獅子雄は、通報者である警備員の石井太(木下ほうか)の証言の嘘を見抜き、その後も次々と得意の話術で病院関係者の矛盾を発見、真相へと近づいていきます。

そんな中、シャーロックの様子を窺う一人の男が・・・。彼は精神科医の若宮潤一(岩田剛典)。若宮の不審な動きに目をつけるシャーロック。重要参考人として捜査していきます。

はたして精神科医の若宮は何者なのか?なぜ赤羽は殺されたのか?シャーロックが謎を暴いていきます。

第1話で「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」やソフトバンクのCMに出演している松本まりかさんが悲劇のヒロインを演じることが決まりました!

原作は誰もが知る「シャーロック・ホームズ」シリーズ!

ドラマ『シャーロック』の原作は、アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」シリーズ。

シャーロック・ホームズは約130年前に描かれた推理小説であり、天才的な観察力と膨大な知識量から繰り出される推理が売りのキャラクターです。

その人気は、シャーロキアンと呼ばれるシャーロックの熱狂的なファンが多く存在するほど!

また全世界の映画・ドラマ史上、最も多く映像化されているキャラクターとしてギネスブックにも認定されています。

ドラマ『シャーロック』はこの「シャーロック・ホームズ」シリーズの中でも、事件の名前は出てきたが、アーサー・コナン・ドイル自身が書かなかった事件、通称語られざる事件が基になっています。

シャーロック・ホームズが手掛けた事件はほんの一部しかなく、ほとんどは語られざる事件とされ、シャーロキアンの中では研究されているほど!

今作の公式の予告で紹介されている語られざる事件

  • ダーリントンの替え玉事件(作品:ボヘミア国王の醜聞より)
  • ジェームズ・フィリモアの失踪事件(作品:ソア橋より)
  • タンカーヴィル・クラブの醜聞事件(作品:五つのオレンジの種より)
  • マーゲートの婦人事件(作品:第二の血痕)
  • アバネティ家の恐ろしい出来事(六つのナポレオンの胸像)

の5作品です。

原作では語られることのなかったアントールドな事件。果たしてどんな事件になるのか楽しみです!

天才・シャーロック役はディーン・フジオカ!他のキャストは?

主要キャストは3人ですが、各話にゲスト俳優の出演がありますので、毎週誰が出てくるのかも注目です!

誉 獅子雄(ほまれ ししお)/ディーン・フジオカ

「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」では、心優しき青年から復讐を心に決め、人を陥れる悪魔へと変わってしまった柴門暖役を演じていましたね。

今作演じるシャーロックは、天才と言われるが自身も犯罪衝動を持った犯罪捜査専門コンサルタント。自分が興味をもった事件しか捜査しないという、自由気ままで性格で、周りの人たちを振り回すことも。

思ったこと、確信をつくことを口に出してしまうため、毛嫌いされることもあるが、その話術で犯人を追い詰めていく姿は圧巻です。

若宮潤一(わかみや じゅんいち)/岩田剛典

岩田剛典さんと言えば、三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマー、「岩ちゃん」の愛称で知られており、「ディア・シスター」で俳優デビューしましたね。

甘いルックスで熱狂的なファンも多い岩田剛典さん。

今作演じる若宮潤一役は、都内の病院に勤める精神科医。

ある事件に協力したことでシャーロックと出会います。初めは横暴なシャーロックに良い印象は抱きませんでしたが、次第に行動を共にすることに。

見た目は自信あふれる冷静な青年。しかし、傷つきやすく、自分に自信がないために自分と正反対の天才的なシャーロックへ嫌悪を表すことも。

自由気ままなシャーロックに振り回される姿にはクスリと笑ってしまいます。

江藤礼二(えとう れいじ)/佐々木蔵之介

佐々木蔵之介さんと言えば、「ハンチョウ~神南署安積班~」で主演を演じ、シリーズ6まで続きました。また、見た目の寡黙そうなルックスとは反して京都弁で笑いを誘うギャップにファンになった方も多いのではないでしょうか?

最近でも「居眠り磐音」や「空母いぶき」など数多くの映画にも出演しています。

今作で演じる江藤礼二は、警視庁捜査一課の出来損ない刑事。

捜査能力はないが、出世意欲は人一倍。自分の出世のために、刺激的な事件を求めるシャーロックをうまく利用して解決させる、せこい性格です。

小暮クミコ(こぐれ くみこ)/(山田真歩)

2019年春夏の2クールドラマ「あなたの番です」で作家の木下茜役を演じていました。その時とだいぶ印象が違うので最初は気づきませんでした。

今作では巡査部長、冷静沈着で優秀な江藤(佐々木蔵之介)の部下として登場します。

レオ/ゆうたろう

マツコ会議に出演したことをきっかけに、きゃりーぱみゅぱみゅ等が所属する事務所アソビシステムに入り芸能デビューしました。最近だと映画「かぐや様は告らせたい」にも出演しています。

謎のスケボー少年レオは、獅子雄(ディーン・フジオカ)の協力者で、事件に関する情報を運んできます。

出典:https://twitter.com/SHERLOCKcx

主題歌「Shelly」もひとつのアントールド ストーリーになっている!?歌っているのは?

主題歌「Shelly」もひとつのアントールド ストーリーになっている!?歌っているのは?

主題歌「Shelly」を歌っているのは主演ディーン・フジオカさん(DEAN FUJIOKA)!

過去、「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」では主題歌「Echo」を手掛け、他にも「サタデーステーション」「サンデーステーション」のエンディングテーマや日本テレビ系ドラマ「今からあなたを脅迫します」の主題歌も手掛けています。

今回、ディーン・フジオカさんがこのドラマのために書き下ろした「Shelly」はラブソング!

しかし、シャーロック・ホームズなのにどうしてラブソング?と思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。これが主題歌に隠されたもうひとつのアントールドストーリー!

この「Shelly」という曲、初めはシャーロックという響きに近く、発音の感じがピタッときたという理由で名付けたディーン・フジオカさん。

気になる主題歌の中身は、「シャーロック自身が”運命の女神・Shelly”と思える女性に出会っていたら…」というディーン・フジオカさんの考えるアントールドストーリー が盛り込まれた曲となっています!

「シャーロック」という作品に縛られることのない楽曲を作ろうと言う思いから、運命の女神「Shelly」というストーリーが生まれたと語っています。

天才が出会う運命の女神、ドラマでは語られることのないラブストーリーが楽曲内にも登場するのです!

ロマンチックすぎませんか?

「Shelly」がまたシャーロックという人物の見方を変えてくれますね!

ドラマだけではなく、主題歌も注目です!

※発売予定や配信予定は今のところ決まっていません。待ち遠しいですね!

ドラマ『シャーロック』の見どころは?

見どころは変わる東京の街並みと映像化した語られざる事件!!

舞台がオリンピックを翌年に控えた「令和の東京」ということで、ストーリーの中でも様変わりしていく東京の街並みに力を入れています。

今現在、オリンピックに向けて変わっている最新の東京の風景もドラマの中でも見ることができ、活気に溢れた今の東京を舞台にシャーロックである誉獅子雄と若宮潤一が事件を解決してくのです。

様変わりする東京をバックに映像化される語られざる事件。まさに令和の東京に現れたシャーロック・ホームズ!

もともとはロンドンを舞台にした原作の事件。その事件に、東京の変わっていく街並みの視点も加えたドラマ『シャーロック』は今しか映像化できないものに違いありません!

ロンドンをイメージした、原作の語られざる事件をどのように今の東京に合わせていくのか、気になるところです!

ドラマ『シャーロック』の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

  放送日 視聴率
1話 10/7 12.8%
2話 10/14 9.3%
3話 10/21 9.9%
4話 10/28 10.6%
5話 11/4 9.3%
6話 11/11 8.3%
7話 11/18 9.9%
8話 11/25  
9話 12/2  
10話 12/9  

ドラマ『シャーロック』第1話の感想

第1話ネタバレ⇒月9ドラマ『シャーロック』1話のネタバレあらすじ!顔面偏差値が高い最強バディの誕生!

30代男性

4

キャストは知っていましたがほぼ前情報無しで観ました。率直な感想は泣けました。私も父親ですので話の内容とリンクしました。久しぶりにドラマで涙が出ました。

シャーロックというキャラに関しては考察力や洞察力はシャーロックの名に恥じないですね。

またシャドーボクシングのシーンもあり、ディーンさんのボクシング歴は長いので今後激しいバトルシーンなども予想されます。

岩田さんの役柄はまだはっきりしていないですね。演技力はありますが次回以降に期待したいと思います。

最初に一番の悪は分かってしまう内容でしたが、ドラマを観ていくと「そういうことか」と伏線を回収するシナリオでしたので、あっという間に引き込まれました。

役者さんのファンでなくとも楽しめる作品だと思います。

40代女性

4

原作のシャーロック・ホームズのキャラクターを程よく現代風にしていたと思います。

BBCの「SHERLOCK(シャーロック)」のような情報量やスピード感はありませんが、その分ミステリーを普段見ないような人にも見易い作りになっていたと思います。

ミステリー好きにはやや物足りない部分も正直ありますが、そのかわり難しい部分も少なくライトな感覚で幅広い層が楽しめる作品ではあると思います。

月9ということで恋愛要素などが入ることを心配していましたが、そういうことも特になく、純粋にミステリー作品として作られているという点は好感が持てました。

今回は初回だったので、コンビものの面白さが出てくるのは次回以降かと思うので楽しみにしています。

40代男性

4

ディーン・フジオカさんが、凄く前に飛び出している感はありますが、内容的には面白かったと思います。

推理物のドラマは、最初から最後まで難しすぎて意味が分からない物や、最初の方の段階で犯人が分かってしまう物も多々ありますが、このドラマは丁度その中間的な感じで良かったと思います。

医者を辞めた岩田剛典さんとディーン・フジオカさんがどう絡んで今後事件を解決していくのか?佐々木蔵之介さんの頼りない刑事役と、それをフォローする部下の山田真歩さんとの絡み合いも今後楽しみです。

また佐々木蔵之介さんはディーン・フジオカさんに何故逆らえないのか?も徐々に進展していけばいいなと思います。

基本的に1話完結のドラマですが、1話ずつの中に少しずつ問題が重なりあって、最終的に話が繋がり、全ての謎が解決するようなドラマであることを期待して次回からも観賞したいです。

40代女性

4

おもしろかったです。ストーリーが面白いというよりかは、出演者が役にぴったりとハマっているところが良かった(おもしろかった)という感じです。

ディーンフジオカさんの役がとてもはまり役だなと思いました。現代のストーリーですが、服装や髪形、そしてヒゲに日本離れしたような端正な顔立ちが、シャーロックホームズの世界とリンクしていました。

どことなくぎこちない言葉遣いと演技ですが、ドラマの世界観と役柄にはそれが合っているように思います。

第1話のオチは、まさか・・・〇〇だったとは!でした。犯人は最初から分かりましたが、とても切ないオチだったので、そのギャップにじ~んときました。

特に、ファミレスでの父娘の会話と、娘の笑顔にグッときました(涙)今後のドラマの展開も楽しみです。

犯人が誰なのか?は、すぐに分かりそうな感じのドラマですが、その事件の経緯が予想外だったり、ディーンフジオカさん演じる誉獅子雄のマイペースな周囲を気にしない雰囲気と天才的な空気感で事件を紐解いていくのでは?と予想していて、そこが楽しみです。

60代女性

4

日本版シャーロック・ホームズだと言うので興味があり見ました。それなりに面白かったです。

医学生達が不正をして医師免許を取得し、悩み発覚に怯えながら医師を続けているという始まりは面白いです。

語学やアクションが堪能なディーン・フシオカは、エキゾチックな感じでシャーロック役に合っているように思いますし、ワトソン役の岩田剛典も小気味良い芝居でこれからの展開が期待出来そうです。

「シャーロック」というドラマ名が無い方がもっと楽しめたのかなと思います。どうしてもシャーロック・ホームズとワトソンに当てはめて見てしまうので、そういう風に見るとどうかな?って感じがします。

ストーリーだけを見れば初回のプロローグで充分に見応えがあったのでこれからが楽しみなドラマです。

ドラマ『シャーロック』第2話の感想

第2話ネタバレ⇒月9ドラマ『シャーロック』2話のネタバレあらすじ!菅野美穂の不敵な笑みと演技力に絶賛!

30代男性

3

今回も誉の洞察力には驚きました。青木弁護士(菅野美穂)が高橋博美を殺害した凶器が、車輪の置物であることを当初から見抜いていたことです。

青木は高橋の不倫の弁護を格安で受けたのに、あの裏切りはないと感じました。それは殺意さえ覚えます。

青木が高橋に実の母親と重ね合わせたのもわかります。過去の青木と母親の関係性は詳しく表現されていませんでした。しかし、青木は母親が死ぬのを分かっていてイギリスへ留学したのですから、ろくでもない親だったのは確かです。

今回一番可哀想だったのは山下さわこです。とにかく彼女は救われない。兄が殺人を犯したせいで、マスコミに追われ、新しい戸籍を作られても最後まで結局報われず、観ていて悲しくなりました。

なんだか切ない終わり方でした。

40代女性

4

久しぶりに菅野美穂さんをドラマで観ることができて、満足な第2話でした。初めは優しいイメージを醸し出していた弁護士・青木藍子役の菅野美穂さんでしたが、さすがベテラン女優さん!

最後、警察に逮捕されてパトカーに乗り込むときに獅子雄に向けてニヤリと不敵な笑みを返したところが、とても不気味で良かったです。この不敵の笑みに何が隠されているのか?再度、獅子雄との対決があるのか、と予想してしまいます。

天才的な存在には、猟奇的な人物の登場はつきものですよね。ということは今後、これから起こる事件には青木藍子が関係していくのでしょうか。

それにしても、結局、藍子が戸籍を準備して別人として生きてきた佐和子は、自殺じゃなかったのですね。やはり、殺したのは藍子なのでしょうか。真相がはっきりと表現されずに、藍子の不気味な笑みで語る終わり方が想像を掻き立てられました。

少し切なく、少し寂しく悲しい第2話でしたが、そんな空気を浄化してくれる、若宮潤一役の岩ちゃんの存在はやはり大きい!

40代女性

4

1話と同じで最初から最後まで楽しめました。身分証と一致しない遺体が出てきて、どうなるんだろうとドキドキしましたね。でも、最初からこの人が犯人じゃないかとわかってしまうところが残念かも・・。

菅野美穂さんの弁護士とても素敵でした。藍子が最初から怪しいとは思っていましたが、最後まで何が隠されているのがわからず楽しく見させてもらいました。藍子の最後の笑った顔、良かったです。

できれば最後まで犯人がわからず、もう少しハラハラするような展開があったほうがもっと楽しいのになぁとも思います。

推理が複雑すぎないので、頭があまり良くない私でも最後は「そうだったんだ」と納得できますし、出てくる役者さんがみんな違和感なく良い演技をするので、安心して見ることができるドラマだなと思い、次回も楽しみにしています。

30代女性

5

今週見て、「あっそうか、先週一緒に住むことになった元精神科医がワトソンだったのか!」と気がつきました。私はそんなにホームズに詳しいわけではないのもありますが、気がつくのが遅くなるくらい、シャーロックホームズの世界を独自の世界観で構築できてると思いました。

でもホームズ関係なく、今までにない探偵もののドラマで面白いです。めちゃくちゃわざとらしくお茶こぼしたのも演技クサすぎだけど、何故か様になってて許せちゃいます。

しかもそれはポケットからスマホをとって落としてアルバイトの子に追いかけさせて弁護士の前でなく話を聞くためとか、そこからさらに仲良くさせて話させるために名刺ポケットにいれてるとか……。

しかも、その前に既にペンに名刺挟んでポケットに入れやすくしてるなんて、どの時点から準備してたんだろう?あの時点では話してくれないのまでわかってたんだー!と、どの時点でどこまで見抜いてるのか、事件と見抜きと両方解決されてく感じが気持ちいいです。

相変わらず情報屋の男の子はどういう関係なのかなとか、気になるところはあるけれど、そのうち明らかになるといいなと思って楽しみに見続けます。

30代女性

4

ディーン・フジオカさんのスマート且つ嫌味を言ってもカッコ良すぎる演技に惚れ惚れしてしまいました。

また、個人的に菅野美穂さんのファンなので久々にドラマでの演技が見れて嬉しかったです。心の奥にあるドロドロとした感情を微妙な表情の変化で演じていて、流石だなあと思いました。変わらぬ可愛らしさや美しさで、ますますファンになりました。

前回同様ますます息ぴったりのディーン・フジオカさんと岩田剛典さんの掛け合いが軽快で面白かったです。
また、佐々木蔵之介さんのふざけた刑事の役も笑えて、ドラマの中でのいいスパイスになっていて、楽しかったです。

人間の心の奥に押し込めた闇が表に現れた時の恐ろしさがありありと描かれていた今回のストーリーの中で、それを中和する役割もうまく果たしていたようにも感じました。

ドラマ『シャーロック』第3話の感想

第3話ネタバレ⇒月9ドラマ『シャーロック』3話のネタバレあらすじ!地面師詐欺の闇を追う!まだ見ぬ守谷は宿敵なのか?

50代女性

5

うそ発見器のチェックで、今回もほのぼのとした楽しい始まりが良かったです。

若宮君、完全に誉さんに遊ばれているけれど、中々良いコンビになってきた感じです。若宮君の真面目さがとても可愛かったです。そしてそこに江藤さんが加わると若宮君はまるで2人のペットの様でより楽しくなります。

今回は美人で可愛くもある伊藤歩さんがゲストだったので楽しみにしていましたが、地面師詐欺の仲間だったなんてショックです。彼女に悪役は似合わないと思うのですが、そんな犯人も意外性があって良いのでしょうか。

ただ市川刑事の有るまじきミスはちょっと酷かったです。あの場所で詐欺師仲間の名前を完璧に言うのはあり得ないと思います。という私も誉さんの言葉を聞いてから「市川さん、すごいお間抜け!」と思ったのですが。

彼女は狼狽えて言ってしまったのでしょうか。誉さんに掛かれば解けない謎はないですね。そして若宮君が上手いアシストです。

5年前にも詐欺師と繋がっていたのではないか、と疑問があった古田さんが嘘をついていないと見抜いたのはさすがです。人の良い古田さんの疑いが晴れて、本当の悪人が捕まってすっきりしました。

地主役の親子も本当にお粗末でした。そんな大金を狙う詐欺師なら皆もうちょっと勉強しようよ、と言いたかったです。おばちゃん、あそこで関西弁はあり得ないです。

謎の守谷もその内誉さんに木っ端みじんにやられるのか、その時を楽しみにしています。

30代男性

3

地面詐欺という言葉を初めて知りました。ドラマを観ていて最初何を言っているのか分かりませんでした。

正直内容を理解するのに苦しみました。シャーロックを観ていて毎回思うのは、1時間の枠に多くの要素を詰め込みすぎな点です。私の頭が悪いのかもしれませんが、もう少し分かりやすくしてほしいです。

3話の冒頭では吉野が格闘家による殺害であると誉が推理し「女性には無理だ」と誰かが言っていました。これはフラグだと感じました。

すると2課の市川が登場したので、おそらくこいつが犯人だろうと思いました。急に女性刑事が現れるのはあからさまに怪しいからです。

誉は真相にたどり着くのが本当に早いですね。吉野はモールス信号の「ほ」をなんとか作りだし、ダイイングメッセージとして残しました。見抜くのがとにかく早いです。

それにしても相変わらず若宮の存在感が薄いです。岩田さんは女性人気抜群ですから、もっと前に出した方がよいと思います。

40代女性

3

なんとなく違和感・・・。第1話から見続けていますが、なんでしょう?この違和感。誉獅子雄の浮世離れした雰囲気、そして、その他の人が醸し出す現代感。この、かみ合っていない空気感に違和感を抱くのでしょうか。

獅子雄、若宮、江藤の3人の掛け合いにコミカルさを含めたいのかもしれないけれど、ディーン・フジオカさんと関西人の佐々木蔵之介さんの間が噛み合っていなくてズレている。そして、岩ちゃんはそんな空気の蚊帳の外。

第3話でいちばん驚いたのは、ストーリー展開でも結末でもなく、山村紅葉さんの役柄。山村紅葉さんはサスペンスドラマでよく見るけれど、あんな風貌(役柄)を見たのは初めて。さすが、ベテラン!数秒でも、その場の空気を全部もっていく存在感が素晴らしい。

このドラマ、誰が主役か分からなくなる。

30代女性

3

1話の犯人が松本まりか、2話が菅野美穂ときて3話の犯人は豪華感が劣ると感じました。ですが、その分展開が全く予想がつかず、犯人の意外性があっていい意味で裏切られました。その点は面白いと思いました。

また、今まであまり目立っていなかった岩田剛典さんの役が少し前に出てきたのが良かったです。精神科医という元の職業を生かして、これから先の話にもっと活躍してくれるとより面白みが出てくるのかなと思いました。

この話の不満点に関しては、全体的に推理要素が弱かったことです。モールス信号で犯人の名前の一文字目を表現しているという話だったけれども、その流れにはかなり強引さを感じました。

一文字目だけだったら他に犯人の候補が出てきそうな気もします。このドラマにはその要素を期待して見ている人が多いと思うので、もっと頑張ってほしいです。

30代女性

4

3話は平坦な始まりだったのでワクワク感がさすがに減ってきたのかと思って見ていましたが、内容が進むにつれてこれはどんでん返しが起きるのではないかと期待してみていました。

ディーン・フジオカと岩田さんのコンビネーションが少しずつ良くなってきているし、精神科医だった経験も生かせる場面があって相性が良く感じ始めました。

岩田さんも今までの恋愛映画の様な役は演技力の無さが露呈していましたが、こういう役柄はすごく合っているように感じました。

途中で警察の女の人が少し怪しいと感じるようになって最後に捕まった時はやっぱりという感じで面白かったです。ディーンの推理も先の先まで考えていて簡単な落ちでは無い所が凄く面白いと思いました。

ドラマ『シャーロック』第4話の感想

月9ドラマ『シャーロック』4話のネタバレあらすじ!ボクシングチャンピオンが失踪!?オレンジ色の傘に隠されたヒントとは?

30代女性

5

ボクサー役の人のボクシング姿より獅子雄のボクシング姿の方が綺麗だし迫力があってかっこかったです。

2人を見てて、ところどころバディ感がでてきたなーと嬉しくなりました。新情報!と思ってたのに、獅子雄にわかってますって先回りされててむかつくのもわかります。でもすねてるって感じで、本気で怒ってた初期とは違って関係が変わってきたんだなとしみじみ思いました。しかも最終的にちゃんと協力してるし。

犯人予想が二転三転して、思ってなかった人が犯人で驚きました。最初控え室に行った時に、傘に着目した時点ですごいなーと思ってたのに、まさか会長の手も見てたとは。思わず録画確認してしまいました。

そしたら、会長の右手は映ってなかったけど、肩に手をかけられたときに会長の右手付近を『ふーん』って顔して見てるシーンがちゃんとあって、きちんとみてるつもりだったのに見逃してて驚きました。

事件の細かいところは獅子雄が、人の心の機微は若宮がとカバーしあってて、ドンドンいいコンビになってきてて今後も楽しみです。

30代男性

3

シャーロックはすべて視聴していますが、今回の脚本は穴だらけでした。犯人である会長が被害者を一撃で倒すことができないと誉が言いきりました。この点は矛盾しています。

あれだけ大きなボクシングジムを運営している会長ならば、普段練習していないとはいっても素人を一撃で倒すことは可能です。世界チャンピオンでないと無理というわけがありません。それは私のボクシング歴から言い切れます。

また、会長がチャンプを地の底まで落としたかったという動機も納得できません。いくら自分の愛した女性をとられる形になったからといっても15年かけて2階級制覇させたボクサーを、今更犯罪者に仕立て上げるなどという発想が理解できません。サイコパスでもありませんので。

役者であるディーン氏のボクシング経験をもとにシャドーやサンドバッグ打ち、ラストシーンの会長との後楽園でのマススパーはなかなか良かったです。

ですが、脚本の構成としては4話中いちばんつっこみたくなる話でした。残念です。

30代女性

5

4話くらいで、ようやく誉に振り回されるだけだった若宮が、自分のペースをつかめるようになってきたと思いました。誉のやることに突っ込みながらも、ちゃんと若宮がサポートをしているところがバランス良いです。

誉がシャドーボクシングをしているシーンが多かったですが、どれも様になっていてかっこよかったです。

最初から傘にひっかかっていて、若宮が調べてきたことをすでに理解しつつも裏付けにするというコンビネーションが良かったです。犯人は何となく早くから予想ができていますが、ずっと鬱屈していたものを抱えていたというのを吐露するシーンは理解できないけれど聞き入ってしまうほどの迫力がありました。

江藤刑事がのほほんとしながらも、ちゃんとお手柄を横取りしていきますが憎めなく、ご飯を食べにくるところが可愛くて好きです。

30代女性

1

前回で若宮と獅子雄のコンビネーションが良くなってきたと思っていましたが、今回はコンビのやり取りも少ないし、若宮の活躍が目立たなかったので少し物足りない印象になりました。

内容も全体的に暗すぎるし、途中で見るのをやめようかと思うくらい面白味が感じられませんでした。ボクシングで獅子雄と闘うシーンはなんだこれと思って茶番的な気持ちで見ていましたし、獅子雄のボクシングシーンは事件の事を考えている時だけで十分だと思いました。

せっかく前回盛り上がってきてこれからが期待できるドラマになると思っていたのに、脚本にがっかりしました。もっと力を入れて脚本を考えてもらえないと役者つぶしになると思いました。

40代女性

4

ボクシング世界王者が失踪した展開でした。近くで殺人事件があったので犯人か?と思った瞬間もありましたが、どうなっていくのかワクワクしながら観ていました。

梶山の控え室に置かれたプレゼントの山の中に、女性物の傘が置いてあったので、それが何か鍵になるだろうと思っていました。若宮が傘の場所を探し、梶山が以前優子に贈ったものだとわかり、優子が出産した息子がボクシング会長石橋のジムに通っていることを知り、複雑な展開になっていくけど、何か絡まった糸がほどけていくような感じでした。

優子は梶山の子を妊娠した後、姿を消し亡くなっていたことなど、最後の展開がとても素敵です。

ドラマ『シャーロック』第5話の感想

月9ドラマ『シャーロック』5話のネタバレあらすじ!パワハラで自殺した息子と愛しすぎた母親の悲しい結末とは?

30代男性
5

今問題のパワハラによる若者の自殺と親の過保護による事件が浮き彫りにされた回でした。子を持つ親としてはとても心苦しい思いで5話を視聴しました。

さすがに息子の血液をすべて抜き出して、自殺の原因となった相手の部屋にまき散らすという行為は許されません。しかしながら、それだけ大切な子供であるという母親の気持ちは理解できる部分もあります。

シャーロックは全話見ていますが、初めて涙が出ました。親子関係のむずかしさ、下手をすると自分もこのような親になってしまうのではないかと考えたからです。子育てに正解はないと思います。それぞれの家庭と親子の絆があります。マニュアル通りにはいきません。

もし、息子があの会社に就職していなかったら、こんな痛ましい事件にはならなかったかもしれません。

しかしそれはあくまで「たられば」のお話です。

本当に「親と子」の関係性のむずかしさを再認識させられました。

20代女性

4

題材が職場でのパワーハラスメントということで働く身としてとても身近な題材でした。部下が社員の前で罵倒されている場面はとても心苦しかったです。罵倒されても一生懸命働いて、その結果残業になってしまってまた罵倒されてというリアルな描写がされていて他人事ではなく見入ってしまいました。

社会的にも問題として取り上げられていますが、ドラマの題材として取り扱われることでさらに問題を認識してくれる人が増えたらいいなと思いました。

ハラスメントは被害にあっている人が声を大にして助けを求めることができないというのが実態だと思います。また、声をあげても会社側が部下の身になってくれることは少なく、上司の肩を持つ場合もあります。

ドラマ内では自殺という最悪な結果となってしまいましたが、実際その選択しかできなくなってしまう可能性は十分にあるなと思いました。

ドラマのような復讐はもちろんあってはなりませんが、ハラスメントによって辛い思いをする被害者とそれによって苦しむ家族がいないよう、ハラスメントが無い社会になるといいなと思いました。

50代女性

2

悲しすぎる母の愛・・・でした。世の母親には実際にありそうな、行き過ぎた息子可愛さ。良かれと思ってしたことが、人の負担になってしまう事、考えなければなりませんね。

昨今、問題となるパワハラですが、心臓を刺すのと心を刺すのは同じだと言うセリフには、グッときました。

ドラマ的には、母親の過干渉が引き金となって自殺してしまい、父親も息子の育て方を間違えたと後悔して終わってしまいましたが、パワハラ上司が裁かれないのは少々不満が残りました。

どう考えてもパワハラが元の原因ですよね。視聴者が望む結末ではなく、女性の心理に焦点があてられているのはわかりますが、どうも今回はスッキリとはしませんでした。ディーンさんはとても素敵でしたが。今後も誉&若宮の関係には目が離せません。

30代女性
4

始まりから死体のない事件の発生でどんな真相なんだろうと、とても気になる始まりでした。

私は、死んだ青年は自殺で、同僚の先輩は死んだ青年と同じパワハラの被害者で、死んだ青年と自分へのパワハラの復習で上司を襲い、また殺人を装ったのだと思っていました。

ただ途中から先輩は死んだ青年に対しイジメに加担していたことを白状したことで、今度は父親が復讐したのかな、と思うようになりました。

母親が息子の血を抜き取り、上司が殺したように装ったとは最後まで思わなかったのでなるほど!と思いました。ただ、どうやって上司の家に入れたんだろう?と不思議に思っています。

後をつけていたと言っていましたが、鍵がかかっているのでは?と思ったので、そこまで謎解きをしてほしかったです。

50代女性

4

今回は職場でパワハラを受けて自殺した息子の母親の話ということで、同じくパワハラで深く傷ついて職場を退職した子を持つ私は強く引き込まれました。

ストーリー的には結論を急ぐあまり説明不足になっていてつながりが理解しづらい部分がありましたが、母親役の若村麻由美さんの真に迫る演技が圧倒的で、納得させられた感がありました。似た立場にいる私には、この母親の気持ちがとても理解できました。

パワハラによって精神的に殺されたも同然の息子の仇をとるために、自身の持つ看護師としての知識を活かして精いっぱいのことをした母親。そのトリックを冷徹に見破る人たちの推理にも一応納得できました。

ただ、自分の子供を食べてしまうこともあるというグッピーに、この親子をなぞらえた結論づけには不快感を感じました。

ドラマ『シャーロック』第6話の感想

月9ドラマ『シャーロック』6話のネタバレあらすじ!前世殺人とは?再び浮上する守谷の影!

30代女性
5

今回は、演技が上手でいつも引き込まれる吉川愛が出るということでとても楽しみに観ました。いつもの狂ったキャラではなく、落ち着いた役であまり出番がなかったのが残念でした。

前世で殺人をおこしたというありえない話の裏に、カウンセリングという名の記憶操作があったのかと思いきや、まさかの母親と医師に過去のつながりがあったということが、ただ単にまっすぐで終わらないこのドラマらしく面白いと思いました。

ディーンと岩田剛典の同居生活の中での掛け合いもだんだん息が合ってきているのを感じますし、佐々木蔵之介の抜けたキャラが癒されます。

主題歌も挿入歌もかっこよくて、流れるタイミングも合っていてしっくりきます。守谷の正体も気になるし来週も楽しみです。

50代女性

3

少女の前世での殺人疑惑から始まるのですが、前世って20年前とかなの?ってちょっと笑ってしまいました。犯人はこの人怪しいんじゃないと思っていたらその通りでした。今回は犯人がわかってからの、こうなったんだろうという感じでしたね。

女の子の寂しさはわかるのですが、世間を巻き込じゃダメですよね。確かにこんな家族いないほうがマシと思うかもしれない。お母さんからして被害者を装う加害者みたいな。こんな人が近くにいると困ります。関わり合いたくないタイプですよね。

40代女性

5

精神科分野はとても興味があるので、いろいろ予想しながらとても楽しく見ることができました。最初から精神科の先生が演出や雰囲気から怪しいのはよくわかりましたが、私は母親の記憶を移したのではないかと予想していました。

結局先生が犯人だったことには変わりませんが、母親も教授も関与してなかったことは意外でしたし、先生と母親が思いも寄らないところで繋がっていたのも驚きでした。

そして何より、あやかちゃんが記憶操作されたフリをしていたのが最後のどんでん返しで、ものすごい衝撃でした。数々の予想外の展開で、とてもおもしろい推理ドラマとして見ることができました。

記憶操作という現実で行われたならとても怖いテーマでしたが、本当に治療に生かせるような肯定的な記憶を呼び覚ませるようになるといいなとは思いました。

30代男性
4

記憶操作やPTSDの治療に関する話はとても興味深かったです。作中で誉が「アメリカではPTSDの治療に成功した」という趣旨の話をしていたので、すぐに検索してみましたが該当するものはありませんでした。

犯人の宇井の激しい憎悪は分からないでもありません。誉の過去についての話はまだ明かされていないのでなんとも言えませんが、これは受けた人間にしか分からない苦しみだと思います。

彼は好きな人に告白しただけで、人生を大きく脱線することになりました。しかし、准教授までのし上がった彼の努力は並大抵のものではなかったと思います。高校中退からあそこまでの地位に上り詰めたのですから。

実際、悪意を受けた人間は相手のことを忘れませんが、与えた人間は覚えていないものです。私も周囲の人間も皆同じように言います。とても考えさせられるお話でした。

40代女性

4

前世の記憶の話は実際聞いたことがあるので事実だったとしても信じますが、ほんの20年前の話と言うのはちょっと違うと思ったし、まさか誉さんが前世殺人でしたと終わるはずが無いと思ったので、どうやって解決してくれるのか楽しみでした。

しかし宇井の間抜けさには、呆れるより気の毒になりました。彼が綾香のお母さんにストーカー扱いされて警察沙汰にされた事に腹を立てるのは分かりますし、復讐を考えても理解します。ただその復讐の仕方が間抜けすぎます。

また復讐したと思ってたのに実は綾香の偽装だなんて、医者になっても高校生以下って呆れるのを通り超えて気の毒になりました。折角頑張って医者になったんだから、ムカついてもそんな馬鹿女(と思えば良い)の事なんてさっさと忘れて、自分の幸せを見つけたら良かったのに、と思いました。本当に宇井が凄く可哀想だと思いました。

それにしても若宮君、精神科医を辞めているのは勿体ないですね。彼は凄く腕も良く患者の事を考えてくれる最高の医師なのに、本当に残念です。

相変わらずカッコいい誉さんとは素敵なイケメンコンビなので今後も見たいですが、精神科医をやりながら手伝えば良いのにと思います。

ドラマ『シャーロック』第7話の感想

月9ドラマ『シャーロック』7話のネタバレあらすじ!少年からの依頼で捜索したおじいちゃんは大泥棒だった?

20代男性

5

1話完結で、これまでの作品とは違い殺人のないストーリー。昭和史に残る事件と、近世日本の時代劇でよく見かけた要素、現代社会の問題点、次回への引き込み線など、必要な要素を全てバランスよく詰め込んだ一本だと思います。

2人の関係性が少しずつ熟されていきつつも、終わりとすれ違いも連想させる本当に綺麗な幕引きだと思います。

今回の特別ゲストをめぐる関係が2人にとって理想なのか、それとも理想だからこそなし得ないものなのか。そんなことを見ている側に問いかけてきているよう思える脚本です。

今回のストーリーは話のモチーフもわかりやすく、シリーズを途中から見始めようと思った人にもぴったりのハードルの低い、本当におススメのストーリーです。

20代女性

3

冒頭からプリンのやり取りでほっこりしました。子役の獅子雄くんがとても可愛らしかったです。オレンジジュースじゃなくてコーヒー飲むあたりも大人っぽいです。けど、顔が可愛いのでなぜか許せてしまいます。

子供には本当か嘘か分かって、子役の獅子雄くんは観察力がものすごいです。ホームレスって物もらったら本当に動くんですね。私もおじいちゃん子で大好きだったので、虎夫くんが悲しむ気持ちがものすごく分かります。

老人ホームのスタッフ怖すぎます。銀次さんからいくらお金をあげるから、と言われても計画することが怖いです。それに騙されてた寅二郎さんも石の粉の白い粉なんかも入れられててとても悔しいです。銀次さんが亡くなっていたのは悲しい再会でした。

30代男性

5

7話のテーマは「相棒」だったと思います。寅二郎と銀次の過去を遡ることにより、誉と若宮の関係性も浮き彫りにされた回でした。

今回は初めて誉の小学生時代が明かされましたが、幼少期からあれほどの推理力と洞察力を持っていたとは、生まれつきの天才だったのかな、という印象を持ちました。

また、寅二郎が誘拐された原因を特定するため、若宮が分析をしました。それについて誉が彼を初めて褒めましたが、結局見当違いだったのには残念です。やはり若宮はあくまで誉の助手であり、「ワトソン」なんだなと感じました。

ラストに誉が虎夫に200万円を請求するシーンにはグッときました。あれはあくまで誉の「優しさ」なんだろうと思いました。あまり人間味のあるところを見せない誉ですが、聡明な虎夫に共感できた部分と、可哀そうだという感情があったのだろうと推測します。今回もよいお話でした。

50代女性

4

誉さんの子供時代最高です。誉さんみたいな生徒が居たら先生は困るでしょうね。頭良すぎで何を教えても反論されそうで、自分がそうだったら、と考えるだけで恐ろしいです。

しかしその子供時代の誉さんの先生は普通に考えても先生大失格ですね。子供達の中に泥棒がいるとか普通は言わないというか言ってはダメだと思いますが。という事で、先生を推理で打ち負かした子供誉君もすごくカッコ良かったです。

そして誉さんジュニアのような虎夫君、いくら子供でも虎夫君と誉さんの2人を敵には回したくないと思いました。敵に回さなくても彼らのテンポについていけないと容赦なく切られるので、虎夫君とのやりとり、若宮君がちょっと気の毒でした。

若宮君もかなり頭が良いはずなのに、あんなに馬鹿にされても(表面上ではありますが)誉さんと一緒に居るという事は、ちょっと、いやかなり天然が入っていると思います。

犯人は頭が悪すぎだと思いました。あんな風に寅二郎さんを誘拐してわざわざ大きな事件にしなくても、穏便な方法で寅二郎さんに頼めば上手く行ったかもしれないのに、と思います。銀次さんの話をすれば寅二郎さんも動いてくれたはずです。半額でも大金なのに、全額欲しいと欲を出したところ自体が犯人のレベルの低さを感じました。

しかし誉さんは何でもお見通しで、ちゃっかり自分の請求分を虎夫君に指示しているところが抜け目無く流石だと思いました。そのお金が手に入ったらどうするのか知りたいです。警察に?いや誉さんにはそんな義理はないので、せめて若宮君に今までの家賃を払ってあげて下さいね。

20代女性

4

いつもの題字ですが、そろそろ後半になり書き方が単調になってきていた所に若宮が先に「ワトソン」と書いた後乗っ取り訂正するのは、2人の関係性が表現されていて面白かったです。

本編では、今回の頭脳明晰な小学生をアシスタントとする、移動時間のトリックなどはとても面白かったです。アシスタント業務では特に実際に事件シーンを再現した時に足跡をじっくり見ていたのは小学生には感じませんでした。

車内のシーンは嘘をついて話していたのかと疑って見ていましたが、それが時間を錯覚させる為に犯人が利用したものだというのには関心しました。

しかし、本作にしては珍しく謎の粉は違法薬物では無いこと、一緒に犯罪を犯していた人は亡くなってしまってた箇所はわかり易かったと思います。そして邪魔だからと言い若宮の財布を浮浪者に渡すシーンは話からは、少し外れていたようにも感じました。

顔面最強・内面最狂のバディが見せるかっこいい事件解決に期待!

顔面最強なシャーロック・獅子雄と若宮を演じる、ディーン・フジオカさんと岩田剛典さん。

しかしもうひとつは内面最”狂”!

イケメンさを超えるほどの変人っぷりを見せてくれることを思わせる発言がインタビューで語られていました。

天才だけども変人なシャーロックとそれを支えるワトソン。今作でも獅子雄と若宮のいいバディ感はどんなものか気になりますね!

そして、笑いも誘う最強バディが挑むのは語られることがなかった難事件。

今までのシャーロック・ホームズに負けないくらいかっこいい推理シーンを見せてくれること間違いなしです!

ディーン・フジオカさん、岩田剛典さんの普段とは違うギャップある役も楽しみにしながら、新たな東京のシャーロックに期待して、放送を楽しみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です