大野智が活動停止をメンバーに提案?最後の活動は2020年の紅白歌合戦?




2019年1月27日、突然SNSに「A・RA・SHI」を巻き起こした「嵐・活動休止」の発表。

マスコミが情報戦を繰り広げる中、活動休止の真相が少しずつ見えてきました。

SMAPに次ぐ国民的アイドルと言われた嵐の活動休止…一体どんな形で提案されたのかをまとめてみました。

嵐・活動休止を提案したのは大野智さん

今回の「嵐・活動休止」は、まず最初に嵐のファンクラブで発表され、ほぼ同時にマスコミへ伝えられる形となりました。

人気アイドルグループの「嵐」だけに、マスコミ各社が速報で休止を伝えるなど、異例の対応を見せています。

マスコミも混乱状態だったようですが、時間が経つにつれ情報が整理され、活動休止に至るまでの全容が見えてきました。

報道によれば、嵐の活動休止を最初に提案したのは大野智さん。

大野さんは、2017年の時点で他メンバーに「何事にも縛られず、自由な生活をしてみたい」と話をしていたそうです。

マスコミで発表されているコメントを見る限り、最初は脱退もしくは解散を考えていたようにも取れます。

他のメンバーはとても驚いていたようですが、何度も話し合いをした上で大野さんの提案を受け入れ、活動休止という結論に至ったとか。

メンバーの相葉さんは「決して仲が悪くなったという話ではない」と不仲説を否定し、「嵐は5人で嵐、1人でも2人でも欠けたら嵐ではない」とコメントしており、大野さん抜きで活動することは4人も否定的だったことが解ります。

大野さんの思いを尊重し、5人で休止という道を決めたところは、何とも「嵐らしい結論」だと感じました。

15周年にも「脱退を考えていた」と告白した大野さん

実は、大野さんは嵐15周年の時にも「脱退を考えていた」と告白しています。

2014年9月19日・20日にハワイで行われた「ARASHI BLANT in HAWAII」に併せて放送された特番にて、「脱退を考えていた」と告白しています。

当時語っていた脱退の理由は「単純にもう、自由になりたいみたいな感じ」。

その気持ちをずっと持ち続けていた大野さんは、こんな気持ちのまま嵐のメンバーでいることに心苦しさを感じていたと口にしていました。

当時も、すごく葛藤していたと胸中を語っていましたね。

大野さん曰く、その「脱退したい」という気持ちから抜け出したのは10周年のころだったそう。

大野さん「10周年の時に、尋常でないくらい祝っていただいて、そこで我に返ったかんじ」

大野さん「もしあそこで走ってたら、俺今沈んでただろうと思う」

他4人のメンバーも一様に驚いていた、大野さんが抱えていた脱退への思い…。

相葉さんは「一人欠けたらなんか違う、やっていけない」と語り、櫻井さんも「2006年時点であなたが抜けていたら、今のこの感じはなかった」と、5人の絆をかみしめるように口を開いていました。

相葉さん「良かったいてくれて、やめないで」

この時の相葉さんの言葉を振り返ると、嵐が選択した「活動休止」という結論には、強い絆があったのだということが解ります。

大野さんは、脱退を考えていた10周年のころから、20周年目前まで「嵐」として走り続けてくれました。

そして、あの時はメンバーに言えなかったという「休みたいという気持ち」を、今度は口にしました。

4人は大野さんを大切に思うからこそ、この決断を受け入れたのでしょう。

休止と言う決断は悲しくとも、そこには確かに「嵐の絆」があるのだと伝わります。

言い出したのは大野さん・でも決めたのは五人であるということが重要

5人のコメントを見て感じたのは、休止を言い出したのは大野さんであっても、休止を決めたのは5人だということです。

グループの活動休止や解散となると、それを言い出した人が責任を背負う傾向がありますよね。

大野さんのコメントを見ても、この決断の結果は自分が背負っていくという覚悟が滲んでいます。

しかし、嵐は大野さんを抜きに4人で活動する選択もあったはずなのです。

繰り返しになりますが、大野さんのコメントを見る限り、彼はおそらく「自分ひとりで脱退すること」を考えていたのでしょう。

大野さん脱退を選択せず、「1人が欠けるくらいなら休止する」と決めたのは、他ならぬ4人のメンバーたちです。

4人のメンバーのコメントを見ると、大野さんだけに背負わせまいとする気遣いと愛が滲んでいて、彼らにとって「5人の嵐」がどんなに重いものなのかを感じずにはいられません。

2020年まで活動をしてくれることに感謝を。

そして、これまでファンだけでなく多くの人々を笑顔にしてくれたことに感謝を。

また、5人のこれから行く道が明るく、穏やかであることを祈りたいですね。

「解散」ではなく「休止」!また嵐は戻ってきます

この発表を聴いたファンが、いちばん心配するのは「嵐がこのまま解散してしまうのではないか」という点でしょう。

過去には、活動休止から解散に至った「タッキー&翼」もいますから、尚更不安になる方は多いかもしれません。

ただ、現時点で嵐は「解散」ではなく「休止」という結論を出しました。

まずは、「活動休止」を選んだ彼らのことを信じ、2020年までの嵐を見守ってみませんか?

結成から20年、嵐はファンやお茶の間にたくさんの笑顔を届け、アイドルとして素晴らしい実績を残しました。

そんな彼らも、30代中盤。そろそろ、立ち止まって休んでもいい時期です。

これまでの活躍に惜しみない拍手と、たくさんの「ありがとう」の気持ちが届くことを願います。

そしてまた、必ず5人の笑顔を見られる日が来ることを信じましょう。

ひとまず、50公演と言う前人未到の記録を達成する「ドーム50公演」を無事に完走すること。

そして2020年までの残りの日々の中で、嵐の笑顔をたくさんみられることを期待したいですね。

嵐の活動休止関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です