すすきのドンキホーテ札幌狸小路本店前で軽乗用車が歩道に突っ込む事故現場の動画や画像まとめ

2019年7月13日(土)20時10分頃、札幌市中心部の交差点で軽自動車に乗り上げ、信号待ちしていた歩行者をはねるという事故が起きました。

警察によりますと7人が怪我をしたとのことです。

すすきのドンキホーテ札幌狸小路本店前の歩道で起きた事故の概要、事故現場の動画や画像、事故の状況についてまとめて紹介します。

ドンキホーテ札幌狸小路本店前で起きた事故の概要は?

事故が起きたのは2019年7月13日20時10分頃、現場は札幌市中央区南3条西4丁目の国道36号脇の交差点、札幌の中心部であるMEGAドン・キホーテ札幌狸小路本店がある交通量が多い歩道で事件は起きました。

事故現場の動画や画像

歩道には前部分が大きく破損した状態で軽自動車の動画や画像はこちら。

STVのニュースの動画では、事故の瞬間をとらえたドライブレコーダーの映像が掲載されています。

ドライブレコーダーの映像はこちら

軽自動車が交差点に入り、右折車の車を避けようとそのまま左折し歩行者をはねてしまったようです。

北海道警札幌中央署によると、10~30歳代の男性5人女性2人の合わせて7人が救急搬送され、そのうち20代の女性が重傷の疑いだということです。

事故の目撃者の証言

事故の目撃者は「クラクションはない。ブレーキも掛けて。(運転手が)震えながら降りて来て、重傷の女性に駆け寄って介抱していた。女性は尋常じゃない血の量だった」。

現場の近くに居た男性会社員は「人の悲鳴が聞こえて振り向くと、歩道に7、8人が倒れていた。頭から血を流している人もいた。(軽乗用車の)運転手は動揺していた」とのこと。

近くのカラオケ店の男性従業員は「何かが破裂したような音に気づいて外に出たら、車が歩道に乗り上げていた」と話していたそうです。

警察によりますと、車を運転していたのは20歳の男性で、すすきのから札幌駅に北進していたところ、前から来た対向車が右折して来たため、ハンドルを左に切ったところ歩道に乗り上げ、歩行者をはねてしまったと話しているということです。

警察は右折車の運転手からも話を効くと共に現場検証をして詳しい状況を調べている模様です。

事故の発生場所は?

今回、事故が起こったのは札幌市中央区南3条西4丁目、JR札幌駅から南約1キロの通称・駅前通り沿いになります。

3丁目と4丁目の間の通りは狸小路商店街の中でもメインストリートであり、普段から人通りや車の通りもかなり多い場所になります。

事故が起こった原因

今回の事故が起こった原因は何だったのでしょうか?

軽自動車を運転していた20歳の男性は、は「交差点で別の車とぶつかりそうになり、避けようとして突っ込んだ」と説明しているそうです。

同内容の目撃者の話も出ていますので、状況に間違いはないようです。

ただ事故を誘発する原因となった右折車が見つかっておらず、SNS上では車の目撃者がいないか呼び掛けているようです。

札幌すすきの交差点での事故・状況まとめ

札幌の中でも一番の中心部にある場所での交通事故、目撃者も多くかなりショッキングな事故になってしまいました。

怪我をされた方達、そして重症の方の状況が心配ですが、一日も早く良くなってくれると良いですよね。

そして事故の原因の方も明らかになってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です