NEWS ZEROで櫻井翔が生出演!ファンからの質問に何を語る?嵐の活動休止の決断とは?

会見から一夜明けた1月29日、嵐のメンバー・櫻井翔さんがnewsZEROで思いを語りました。

メンバーの中で、初めて生出演で思いを語った櫻井さん。そのような内容だったのかをまとめてみました。

番組では視聴者からの質問も受け付けていました

衝撃の休止発表・会見から一夜、1月28日23:00~のnewsZEROには、キャスターを務める櫻井翔さんが生出演。

国民的アイドルと言われた「嵐の活動休止」に、多くの視聴者が関心を寄せているためか、番組は櫻井さん中心の構成となりました。

放送に先立ち、公式ツイッターアカウントでは視聴者からの質問を募集。

よりファンや視聴者に寄り添った内容となり、番組に対する関心は放送前から熱を増していました。

そして緊張の中、とうとう放送されたnewsZERO。果たして、櫻井さんは番組で何を語ったのでしょうか。

質問1:27日に行われた記者会見の裏側は?

番組の冒頭で「何でも聞いてください」と、しっかりした表情をみせた櫻井くん。

会見から初の生出演ということもあり、番組でもあらかじめ3つの質問を用意していました。

3つのうち、ひとつめの質問は「27日の会見の裏側について。

回答を簡単にまとめてみます。

27日当日の流れについて

★櫻井さんの回答

・27日(会見当日)の昼に、リーダーの大野さんに連絡。「会見で何かあってもフォローするから」と伝えた。

・大野さんからは「ありがとう」と回答。

・会見の30分前に5人で集まり、「これから2020年末までのキックオフが始まる。全力で走りぬこう」と話した。

・会見直前は、コンサート前にするように一人ひとり目を見て、握手を交わして「よし!」と気合を入れ、記者の前に立った。

(有働アナ)いつものコンサートとの握手とは心境が違ったか?

★櫻井さんの回答

・今までの経緯の説明と、これからのことを語るという意味で「よし!」という気持ちだったことに変わりはない。

(有働アナ)会見の前にファンに動画を公開していたが、5人の言いたいことは全部話せたか

★櫻井さんの回答

・話せた。

・ファンの気持ちのこと・周りのスタッフのことを考えると、「今日と言う日がこなければいい」と思っていた。

同時に、去年2018年の6月に決めたことなので、やっと話せるという思いもあった。複雑な心境だった。

(有働アナ)大野くんは最初に「事務所をやめたい」とメンバーに伝えたのか

★櫻井さんの回答

・「やめたい」ということではなく、彼(大野くん)の言う「嵐から離れて、自由な生活をしてみたい」という願いを叶えるには、事務所をやめなくてはいけないのではないか?と思っていた。

・事務所と話し合いの中で「休む」という選択が出されたとき、大野くんは「そんなことが許されると思っていなかった」と驚いていた

・メンバーは「本人がそれでいいならいいよ、休んだら?」と

(有働アナ)その前は解散と言うことも頭にあったか

★櫻井さんの回答

・2017年6月時点ではちらついた。が、何とか回避したた上で5人での着地点を決めたいと考えていた。

・そして、その着地点に導くことが自分の役割だと思っていた。

質問2:5人で探した着地点とは?

質問は、櫻井さんが語った「5人での着地点を探した」という部分に映ります。

櫻井さんがどのように着地点を模索したのか、経緯が語られました。

(有働アナ)どんなふうに着地点を目指し、どんなふうに話し合いをしたか

★櫻井さんの回答

・5人でやってきたので、大野くん抜きで嵐をやることは考えられなかった。

・それは5人の共通した思いだ。

・全員が納得できる答えを見つけるために、自分がみんなの思いの着地点を見つけなければと思った。

・まず相葉・二宮・松本の話を聞いて「すぐ答えは出せないから、(5人でまた)時間をおいてまた話そう」と言った。

・自分は冷静だと思っていたが、ホテルの床で寝てしまってショックを受けていると気づいた。

・その話ばかりだったわけではなく、楽しい普段通りの話もしていた。

(有働アナ)大野くんと1:1で話をしたか?

★櫻井さんの回答

・した。いろんな形での活動を提案したが、彼(大野くん)の中で意思は固まっていると思った。

・その後、大野くんと他のメンバーも1:1で話をした。他のメンバー同士でも1:1で話した。

(有働アナ)どんな雰囲気で話をした?

★櫻井さんの回答

・ずっと和やかでもないが、ピリついてもいない。

(有働アナ)5人の関係に変化はあったか?

★櫻井さんの回答

・(最初の話合いから)2017年6月のときより、絆が深まった。

(有働アナ)大野くんへの思いは?

★櫻井さんの回答

・すごく才能が豊か。ダンスも上手い、歌も上手い、絵も上手い。字も上手い。

・だから他のところに行く可能性もあったのを、20年一緒に自分たちと歩んでくれた。やすんでくれていいと思っている。

(有働アナ)この着地点を探すことは大変だったか

★櫻井さんの回答

・大変なことではない、自分たちのことだ。

・リーダーである大野くんの思いを、メンバーが受け入れたということではない。

・メンバーである大野くんの思いを、5人全員で考え、ひとつの着地点にたどり着いたが正しい

(有働アナ)全員が納得する答えを導き出せたのはどうして?

★櫻井さんの回答

・信頼し、尊敬し、尊重し合ってきた仲間だからだ。

・「あの四人だったから」ということでしかない。

(有働アナ)メンバー同士の仲は?

★櫻井さんの回答

・嵐はセンターがいないグループだ。誰がセンターになってもいいグループであることを目指してきた。

・センターを決めていないので、メンバー同士での嫉妬がなかったことが今の関係に繋がっている。

・誰かがセンターに選ばれたとき「自分が行きたい」ではなく「いいよ、今いっておきなよ」と言うグループだ。

(有働アナ)これからの活動はどう考えていたか?

※年齢を重ねてからの活動をどう考えていたか?という意味の質問です。

★櫻井くんの回答

・30歳を少し過ぎたあたりにその話をした。

・今の状態がずっと続くとは限らない。いつか国立競技場でライブができなくなるかもしれない。その時のための準備をしたいとメンバーに話した。

・成熟した大人のグループになりたいとみんなで話した。

・(絶頂だと思ったことはないが)山の頂の先には、下る景色しかない。いつかのための備えをしていた。

質問3:嵐の復活とこれからについて

ファンがいちばん聞きたいことも、ちゃんと聞いてくれました!

いちばん聞きたかった答えが聞けた「質問3」の流れをどうぞ。

(有働アナ)2020年までにどんなことを実現したい?

★櫻井さんの回答

・一人でも多くのファンに楽しんでもらえることを考えて、準備している。

(有働アナ)2021年からの櫻井さんの活動は?

★櫻井さんの回答

・今は2020年までの嵐のことで頭がいっぱい

・2020年までの間に、自分たちも一人で活動するための準備もしなければならない。

・仕事を大絶賛受け付けている(笑)

(有働アナ)嵐の復活はありますか?

★櫻井さんの回答

・ありますよ、あります。

・復活のことを頭の隅に置きながら活動をすることになる。

ネットで物議を醸した記者の「無責任」という質問について

※27日の会見にて、嵐の活動休止に対し「無責任ではないか」という質問をした記者がいて、櫻井さんが回答をしていました。

★櫻井さんの回答

・自分たちが伝えたい「誠意」の部分に対しての質問だったので、温度が上がったのは事実。

・あの質問をいただいたおかげで、結果的にきちんと温度を乗せて伝えることができた。

・色んな質問をしてくださって感謝している。あの質問をしてくれたおかげで伝えられたことがあった。

しっかりと誠実に回答してくれた櫻井くんに絶賛の声

newsZEROが用意した櫻井くんへの質問について、簡単にまとめさせていただきました。

文章だけではとても伝えきれませんが、櫻井さんは終始穏やかな表情で、時折笑顔を交えながら回答をされていました。

有働アナが言っていた通り、嵐の活動休止は決してマイナスなものではなく、前向きなものであるということも伝わりました。

質問の最後には「まだ受け止め切れていないファンもいる」と付け加え、さらに「受け入れてくれたことに感謝している」と、ファンへの愛情も示しています。

彼の話の中でいちばん印象的だったのは、大野さんが「嵐の活動を休む」という選択肢を持っていなかったということです。

大野くんは嵐のことをとても大切に思っていて、だからこそ「休むからには退所をしなくちゃいけない」と考えていたのでしょう。

嵐が大事だったからこそ、休むために必要だと思っていた「辞める」という選択をとらず、これまで頑張ってくれたのでしょうね。

大野くんはお休みをしたかっただけで、嵐をやめたかったわけじゃない。

そのことが櫻井くんの口から語られたことは、ファンの方の救いになったのではないでしょうか。

話の筋は会見と一貫して変わらず、その時より深い話をしてくれたnewsZEROでした。

改めて、この番組を作ってくれたnewsZEROと、有働アナに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です