佐賀県武雄市のツタヤがプール状態?水没被害状況がSNSに続々と!松浦川の氾濫状況についても

8月27日(火)から28日(水)にかけて、佐賀県を中心に、九州地方で短い時間で大量の雨が降り、川が氾濫するなどの被害が起きています。

特に水害の規模が大きいのが、佐賀県武雄市。

あちこちで道路が冠水するなど、市民の生活に重大な影響が出ている状況です。

避難指示が出されている地域も多く、広い範囲に被害が拡大しています。

土砂崩れなどの二次災害の可能性もあり、今後も油断はできません。

水害の様子を中心に、現在の被害状況などについてまとめました。

武雄市ツタヤが水没被害でプール状態に

今回、短時間の大雨で氾濫した河川は、松浦川・牛津川です。

武雄市の山から伊万里市を経て、唐津湾へと注ぐ松浦川で起きた氾濫は、特に流域の武雄市で大きな被害をもたらしました。

SNSで投稿されている画像で、特に衝撃的なのが、ツタヤ武雄店(武雄市朝日町大字甘久1308)の様子です。

駐車場が完全に水浸しで、広いプールや湖のような状態になってしまっています。

ここはマックスバリュなどもある、市内でも大きなショッピングエリアです。

写真で見る限り、かなり水が流れ込んでいますので、雨が引いても、すぐに通常営業ができるかどうか心配になりますね。

新武雄病院(武雄市武雄町12628)のあたりも、かなりの水害被害を受けています。

市内の重要施設付近の他、幹線道路なども冠水していて、武雄市ではかなり松浦川氾濫の被害が大きなものになってしまいました。

佐賀県の松浦川氾濫、警戒レベル5発令

市内のツタヤ駐車場が一面、広大なプールのようになるほどの被害をもたらした大雨に、松浦川の氾濫。

気象庁は、28日の午前6時ごろ、佐賀県に大雨特別警報を出しています。

警戒レベル5の、非常に強い警報です。

この「警戒レベル」は、2019年から使われている情報です。

市民が大雨などの時に避難した方がよいのか、よりわかりやすくするために設けられました。

警戒レベル4の時点で、「速やかに避難先へ避難しましょう」、つまり全員避難が求められるレベルです。

今回の警戒レベル5は、すでに災害が発生している状況を指し示します。

「命を守るための最善の行動」を取るよう警告するもので、今回の佐賀県での大雨が、かなり危険であることがわかりますね。

九州地方の大雨は松浦川と牛津川で氾濫発生

28日午前現在、九州地方の大雨や河川の氾濫で、以下の9つの市で避難指示が出されています。

  • 佐賀市
  • 唐津市
  • 伊万里市
  • 武雄市
  • 嬉野市
  • 神埼市
  • 有田町
  • 大町町
  • 江北町

鳥栖市など、避難勧告を出されている自治体も多数あります。

水で流されていてしまった方もいて、武雄市で現在死者1名、佐賀市でも重体の方が出ている状況です。

すでに記録的な雨になっていますが、秋雨前線の停滞により、大雨の状況が長期化するとの予報が出ています。

九州以外も注意報・警報

長崎・佐賀・福岡の九州北部で被害が目立つ、今回の大雨ですが、九州以外のエリアでも、今後大雨に警戒しなければなりません。

四国・中国地方でも、大雨に警戒が求められています。

特に河川に近いエリアにお住まいの方などは、天気予報をこまめに確認し、すぐ避難できる準備をしておきましょう。

道路が冠水する程度の水かさでも、車のエンジンは停止し、歩くのも大変になり、避難が難しくなります。

大雨警報が出ている時は、避難できるうちに避難するのが賢明です。

今後も雨雲が停滞し降雨継続の見通し

すでに死者も出ており、2019年で一番大きな水害となってしまった、佐賀県を中心とする九州豪雨。

秋雨前線による今回の大雨は、28日午前現在、雨雲の停滞により、まだ降雨が続く見通しと予報されています。

農作物への被害なども予想されますが、今はこれ以上、尊い人命が失われることがないことを第一に祈りたいものですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です