台風19号でラグビーワールドカップの試合が中止や延期になった場合チケットはどうなる?日程変更や払い戻し方法などを調査

日本列島を直撃しそうな台風19号で、注目されているのが次の3連休に実施される予定のラグビーワールドカップの試合です。

この時期に行われる試合は、日本の試合を含め、決勝トーナメント進出の行方を左右するとても大切な試合となります。

そんな試合が予定されている3連休に台風が直撃する可能性が高いため、選手や関係者も気が気ではないですね。

もちろん、試合を楽しみにしていたファンの方にも気がかりなところ。

台風19号で試合ができない場合の中止や延期といった措置についてや、チケットの払い戻しについて調べました。

台風19号でラグビーワールドカップ日本vsスコットランド戦が中止になる可能性も

台風19号は10月12日から13日にかけて、近畿・東海・関東といったエリアを通過する進路予想がなされています。

そのため、ラグビーワールドカップの試合にも影響が出ることは間違いありません。

ラグビーワールドカップ2019の試合日程

10月11日(金)

  • オーストラリアvsジョージア(19:15、静岡県エコパスタジアム)

10月12日(土)

  • ニュージーランドvsイタリア(13:45、愛知県豊田スタジアム)
  • イングランドvsフランス(17:15、神奈川県横浜国際総合競技場)
  • アイルランドvsサモア(19:45、福岡県博多の森球技場)

10月13日(日)

  • ナミビアvsカナダ(12:15、岩手県釜石鵜住居復興スタジアム)
  • アメリカvsトンガ(14:45、大阪府花園ラグビー場)
  • ウェールズvsウルグアイ(17:15、熊本県総合運動公園陸上競技場)
  • 日本vsスコットランド(19:45、神奈川県横浜国際総合競技場)

これらの試合は、予定通り実施できるかどうか危ぶまれている状況です。日本が入っているグループAの試合も含まれていますね。

特に日本vsスコットランドは日本のベスト8進出がかかる大一番。この一戦を楽しみにしている方も多いので、非常に心配です。

ラグビーワールドカップの試合が中止ならチケット券面額のみ払い戻し

もし台風19号により、ラグビーワールドカップの試合が中止や延期という場合は、チケットの払い戻し措置があります。

公式チケットサイトを確認すると、「事業者の決定に基づき所定の期間内に限り、払い戻しを行います。」ということです。

現在のところ、まだ中止が決定されていませんので、払い戻し期間や方法は掲載されていません。

もし中止になった場合は、公式チケットサイトを確認して払い戻し手続きを行いましょう。

【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会

なお、払い戻しになるのはチケットの額面費用だけで、交通費や宿泊費などの保証はありません。

台風19号でラグビーワールドカップの試合が中止の場合は「引き分け」

今回のラグビーワールドカップ、グループリーグの試合は悪天候により実施不能の場合、「引き分け」扱いで、延期がありません。

決着をつける必要がある決勝トーナメントは、試合ができない場合試合日程が延期されます。

現在、日本が入っているグループリーグAで決勝トーナメント進出(上位2チーム)の可能性があるのは日本・アイルランド・スコットランド。

しかし、日本とスコットランドの試合が引き分けになる場合、日本は他の試合の結果にかかわらず、無条件で2位以上、決勝トーナメント進出が決定します。

一方、スコットランドは3戦目でロシアに勝った上で、日本との最終戦も絶対に勝利が求められる条件。

ロシア・日本両チームに大勝すれば、日本3位、スコットランド2位という可能性も十分考えられます。

日本とスコットランドの試合は非常に意味のある大一番なので、できれば中止にならないよう祈りたいですね。

かなり強い勢力の台風19号、ラグビーワールドカップの試合開催なるか

台風19号は大型で、かなり猛烈な勢いと観測されていて、非常に注意が必要と警告が出されています。

世界が注目する一大スポーツイベント、ラグビーワールドカップですが、大切なグループリーグ最終戦を無事に実施することはできるのでしょうか。

中止・引き分けになれば決勝トーナメント進出するチームが変わる可能性もある試合ですが、選手や観客の安全が第一ですね。

ラグビーワールドカップ2019の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です