映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』無料で動画フルを観る方法は?ネタバレ・ラスト結末|ドウェイン・ジョンソンとゴリラが大暴れ!

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は2018年に公開されたパニック・アクション映画で、1986年にアメリカで発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」がベースになっています。

主演は、現在ノリに乗っているロック様ことドウェイン・ジョンソンで、製作総指揮にも名を連ねています。

その他、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでティア・ダルマを演じたナオミ・ハリスや「スーパーナチュラル」主役兄弟の父親役のジェフリー・ディーン・モーガンも出演しています。

監督はドウェイン・ジョンソン出演の映画に携わることの多いブラッド・ペイトンで、「カリフォルニア・ダウン」や「キャッツ&ドッグス地球最大の肉球大戦争」でも監督を務めています。

こちらの記事では、映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『ランペイジ 巨獣大乱闘』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』配信情報
映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』はdtvで配信されています。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の動画配信を観るには?

2020年2月現在、映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。

『ランペイジ 巨獣大乱闘』人気VOD動画配信状況

配信サイト 配信
状況
料金 無料
期間
FODプレミアム × 未配信 1ヵ月
U-NEXT × 未配信 31日
Hulu × 未配信 2週間
music.jp 400円~ 30日
dTV 300円~ 31日
Paravi × 未配信 30日

※上記の情報は2020年2月記事更新時点での情報となります。料金は1作品あたりの金額(税抜)です。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、複数の配信サービス(VOD)で配信されていますが、music.jpであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。

圧倒的なコスパ!定額料金を抑えるならdTV

dTVは、エイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービスです。映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品が月額500円(税抜)で見放題になります。

初回のお申込み時は、31日間無料となります。無料おためし期間に退会した場合、利用料金はかかりません。

※映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、レンタル作品のため、別途料金(300円~)がかかります。

dTVおすすめポイント

  1. 映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品が見放題!
  2. レンタル作品の支払いにdポイントが使える!
  3. ドコモのケータイ回線がなくても申し込み可能
  4. 試写会への招待など、会員限定の特典がある!

dTVの無料登録はコチラ

※配信状況やサービス内容は2020年2月記事更新時点の情報です。詳細はdTV公式サイトでご確認下さい。

music.jpは月額料金以上のポイントがもらえてお得!

music.jpは「動画と音楽と電子書籍」の3つのエンタメ配信サービスを楽しめるビデオオンデマンド(VOD)です。

コースは3つありますが、テレビコース(1780)は初回30日間の無料体験ができるサービスがあり、このページから初回登録すると同時に通常ポイント600pt動画ポイント1000ptがもらえます。

このページにあるリンクからでないと、無料体験のページが出ませんのでこちらからお願いします。↓

music.jpの無料登録はこちら

music.jpおすすめポイント

  1. 30日間の無料体験中、最新の漫画も映画も無料で見ることが可能!
  2. 漫画17万冊以上、動画も19万本以上と国内でも圧倒的な作品数!
  3. 月額料金とほぼ同額のポイント+動画で使えるポイントが1000円分以上もらえる!
  4. 高音質の音源が手に入り、ポイント還元でお得に購入できる

music.jpの無料登録はこちら

※配信状況やサービス内容は2020年2月記事更新時点の情報です。詳細はmusic.jp公式サイトでご確認下さい。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS

TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。

『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。

今なら、「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」の新規登録で 動画見放題&定額レンタル8プランが30日間無料で試すことができます!

※30日間無料お試し期間中は、「新作」の映画はレンタルができないのでご注意ください。

TSUTAYA DISCASの簡単3ステップ

  1. スマホで予約で観たい作品を注文
  2. 郵便ポストにBlu-ray/DVDが届く
  3. 返却はポストに投函(送料無料)

30日間無料お試しキャンペーン中ですので、気軽に試してみて、求めていたサービスと違うと感じたら、期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

TSUTAYAの無料登録はコチラ

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』作品詳細

こいつら、いったいどこまでデカくなるのか!?

地上最強の巨獣たちが、すべてを破壊しながら北米大陸を横断!!

それは人類の誰も気づかぬうちに始まった。最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、なんと普通の動物たちが突如進化し始める!

ゴリラ、オオカミ、ワニなどが猛烈に巨大化し、凶暴化してしまう。 ヤツらの成長はとどまることを知らず、もはやクソデカい巨獣と化し、陸・海・空おかまいなしに街で破壊の限りを尽くす大乱闘をおっぱじめる!

シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?

生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人間たちに、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?

ハイブリッドな成長をうながす巨獣の遺伝子は、発狂しそうなほど滋養満点。

サメの成長が止まらない遺伝子だけでなく、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さ、チーターのスピード、トゲマウスの細胞修復能力など、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物たちだ。

ワニの黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異し、ドラゴンと恐竜が合体したような姿に。

ヤツらは時にタッグを組み、戦闘機や戦車に真っ向から向かってくるから、こりゃたまらん!!もちろん巨獣同士のバトルも満載!!

最弱となった人類側の代表は、あの「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン(元WWE世界王者8度制覇の最強プロレスラー)演じる霊長類学者デイビス。この勝てる気がしない戦いにどう挑むのか?

『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く巨大怪獣パニック・アクション襲来!!

人類に一寸の希望も与えないヤツらの大乱闘を、止める術はあるのか? もはや無駄な抵抗はやめて観るしかない!!

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』作品データ

  • 製作年/2018年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ワーナー・ブラザース
  • 上映時間/107分
  • 監督/ブラッド・ペイトン
  • 脚本/ライアン・イングル、カールトン・キューズ

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』原作

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の元になったのは1986年にアメリカで発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」ですが、ゲーム自体にストーリー性があまりなかったため、映画との共通点は、動物が巨大化して町で大暴れするという設定と、動物の名前の2点のみとなっています。

このゲームをベースにした脚本を担当した一人に、世界で最も影響力のある100人に選ばれたことのあるカールトン・キューズの名前も載っています。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』キャスト一覧

デイビス・オコイエ/ドウェイン・ジョンソン

サンディエゴの野生動物保護区の職員。

ゴリラのジョージに手話を教えて、人間とゴリラの意思の疎通を可能とした人物で、ジョージが巨大化した際には、最後までジョージが警察に保護されないようにと反抗していました。

ケイト・コードウェル博士/ナオミ・ハリス

以前エナジン社で働いていた博士。

遺伝子操作の研究で危険性を指摘したためエナジン社をクビになってしまい、エナジン社の事故のニュースを見て、危険を知らせるためにデイビスのいる野生動物保護区を訪ねます。

ハーベイ・ラッセル/ジェフリー・ディーン・モーガン

ジョージを保護しにきた刑事。

ジョージ移送の際にデイビスに助けられたことで、デイビスの計画に協力してくれるようになります。

クレア・ワイデン/マリン・アッカーマン

エナジン社の社長。

ブレットの姉で、勝気な性格と傲慢さでエナジン社を成長させてきました。

ブレット・ワイデン/ジェイク・レイシー

エナジン社の副社長。

クレアの弟で、気が弱くいつもクレアの言いなりになっています。

ケリー・アトキンズ博士/マーリー・シェルトン

宇宙ステーションでゲノム編集の研究をしていた博士。

実験の最中にネズミが暴れ始め、遺伝子サンプルを持って逃げ出しますが傷の入ってしまった脱出ポッドが大気圏に耐えられず爆発してしまいます。

バーク/ジョー・マンガニエロ

エナジン社に雇われた民間の軍事会社の隊員。

クレアの指示で遺伝子サンプルの回収に向かいますが、巨大化したオオカミに襲われます。

ジョージ

アルビノ(白い)ニシゴリラ。

母親を密漁者に殺されデイビスに助けられ、サンディエゴ野生動物保護区に引き取られました。デイビスに教わった手話で意思の疎通ができるようになり、ジョークが大好きなおちゃめな一面があります。

遺伝子サンプルのカプセルが近くに落ち、その影響を受けてしまい巨大化が止まらず、暴れ始めてしまいます。

ラルフ

オオカミ。

縄張りに落ちてきた遺伝子サンプルの影響で巨大化し、サンプルを回収にきたバークらを襲い、ヘリコプターにも迷わず突進していき隊を全滅させてしまいます。

リジー

アメリカワニ。

沼に落ちていた遺伝子サンプルを飲み込み巨大化します。

エナジン社が巨大化した動物をおびき寄せるために発した低周波に釣られ水中移動をしていたため、シカゴで姿を現すまでデイビスたちはその存在を知りませんでした。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』のネタバレあらすじ

ここからは映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の詳しい内容やネタバレを含みます。これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

発端は遺伝子操作されたサンプル!?巨大化する動物たち

エナジン社の所有する宇宙ステーションでは、ゲノム編集による遺伝子操作の研究が行われていました。

ある日、研究に使用していたネズミが突然暴れ始め、アトキンズ博士は遺伝子サンプルと共に脱出ポッドに乗り込みます。

しかし、脱出ポッドの窓に攻撃を受けひびが入ってしまい、大気圏に耐えられなかった脱出ポッドは爆発し、アトキンズ博士は死亡、3個の遺伝子サンプルは地球に墜落しました。

墜落から暫くすると、それぞれのサンプルに動物が近付き、森ではオオカミ、沼ではワニ、サンディエゴの動物保護区ではゴリラのジョージが影響を受け、巨大化が始まってしまいます。

宇宙ステーション事故のニュースの知らせを聞いたエナジン社の社長クレアは、こんな時のためにと契約していた民間の軍事会社に、ワイオミングの森に落ちた遺伝子サンプルの回収を指示します。

しかし、そこには巨大化したオオカミが待ち受けており、縄張りを荒らされ狂暴化したオオカミにより隊は全滅してしまいます。

ジョージに異変!?暴れるジョージ、かばうデイビス

一方、宇宙ステーションの事故のニュースを見て動き出した人物がもう一人いました。

以前エナジン社に研究者として勤めていたケイト博士は、事故のニュースを見てサンディエゴの動物保護区へと向かいます。

そこにはジョージの様子に異変を感じたデイビスにより檻に入れられたジョージの姿がありました。騒ぎを聞きつけた警察もジョージの保護に乗り出しますが、デイビスはジョージを渡そうとしません。

しかし、檻を壊され暴れ始めたジョージが施設の外へと脱走してしまったため、麻酔銃で眠らせ、警察に引き渡すことになってしまいました。

ジョージを移送するため、警官のラッセルと共にデイビスとケイトも飛行機に同乗していましたが、目を覚ましたジョージが暴れ始め、檻を壊し飛行機から脱走してしまいます。

操縦不能となった飛行機からデイビスとケイトはなんとか脱出、デイビスの機転によりラッセルも助かりました。

ジョージが目を覚ました原因というのは、エナジン社が巨大化した動物をシカゴにおびき寄せるために発した低周波のせいでした。その低周波に誘導されて巨大化したジョージとオオカミ、そして同じく巨大化したワニがシカゴへと向かい始めます。

シカゴでまさかの巨獣大乱闘!!

以前エナジン社に勤めていたためエナジン社のやり方を熟知しているケイトの説明を聞き、デイビスとケイト、さらにラッセルもシカゴへと向かいます。

シカゴに到着した時には巨大化したジョージとオオカミが好き放題に暴れており、さらに水中から巨大ワニが出てきて街は大混乱に陥っていました。

ケイトはエナジン社にある解毒剤を手に入れるために研究施設へと侵入しますが、クレアとブレットに見つかってしまいます。

ケイトを疎ましく思っていたクレアはケイトを連れて屋上へと行き、ブレットは研究データを持ってビルから脱出を図ります。しかし、ラッセルに見つかったブレットは、見逃してくれと言って研究データを渡し逃げ出した途端、崩れてきた天井に押しつぶされてしまいました。

クレアはというと、屋上でケイトを殺そうと計画しますが、反対にジョージに襲われ死亡してしまいます。

その前に、密かに手に入れていた解毒剤をクレアのカバンに仕込んでいたため、クレアを飲み込んだジョージは正気を取り戻しました。

その後、巨大動物に襲われているシカゴが空爆されると知り、ジョージとデイビスは力を合わせてオオカミとワニを倒しますが、その際に負ったケガでジョージが死亡してしまいました。

悲しみを露わにするデイビスでしたが、ジョージが目を覚まし、全てジョージの演技だったと分かってホッと胸を撫でおろします。

乱闘の終結を見届け空爆は中止となり、ジョージとデイビスはケイトとラッセルと共に帰路につきました。

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の感想・評価

5

アルビノで手話のできるイケメンゴリラと、ゴリラ並みの握力を有するドウェイン・ジョンソンが並ぶと、ゴリラが2体いるように見えるという、なんとも不思議な感覚になる最高にイカした映画です。

ジョージのジョーク好きは分かってはいたものの、最後に死んだふりをしたのには騙されました。でもジョークでした!ていう流れも含め、とっても素敵なシーンだったと思いました。

ドウェイン・ジョンソンファンでなくても、アクションやイケメンゴリラが好きな方にも楽しんでいただける映画になっていますので、スッキリ爽快感を味わいたいならぜひご覧ください。

2020年7月24日公開予定の「ジャングルクルーズ」も、ドウェイン・ジョンソン主演でハチャメチャ感満載ですのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です