ピンク筋を増やすための筋トレ方法は?山田親太朗の2週間ダイエットの結果についても!




2019年3月16日よる20時から放送の「世界一受けたい授業」にて新しいダイエット法が紹介されました。

それはスーパー筋肉「ピンク筋」を増やして脂肪と糖を寝ながら消費してしまうというダイエットです。

教えてくれたのは筑波大学大学院の教授「久野譜也」先生です。

先生が学生のころから知られていたというピンク筋ですが、あまり持っている人がいない筋肉だそうです。

今回はそんなピンク筋を増やすトレーニングとチャレンジした結果についてもまとめてみました。

トレーニングでしか増やすことができないピンク筋とは?

一般的に知られている筋肉は赤筋と白筋の2種類があります。

日常生活をしているだけだと、赤と白の筋肉は1:1となり、今回紹介するピンク筋はほとんど含まれません。

赤と白のいいところを兼ね備えたピンク筋は、トレーニングでしか増やすことができないと言われています。

そこで、赤と白の2種類の筋肉の特徴を知り、ピンク筋のいいところも知っていきましょう。

持久性に優れた赤筋

赤筋は別名遅筋と呼ばれ、長時間同じ姿勢を保つのに有効な筋肉です。

持久力があるので、長距離走などに向いています。

エネルギーとして酸素を使用して脂肪を消費します。

スピードに優れた白筋

白筋は別名速筋と呼ばれる筋肉で、大きな力を発揮するのに優れた筋肉です。

瞬発力があるので、短距離走やバーベルなどの重いものを持ち上げる時に生きます。

体の表面近くにある筋肉なので、体を鍛える時に意識しやすいと思います。

白筋のエネルギーに使われるのは糖です。

夢のスーパー筋肉『ピンク筋』

ピンク筋は赤と白のいいところを兼ね備えたスーパー筋肉です。

パワー系のアスリートの筋肉は、実はピンク筋なんだそう。

その理由として、持久力と瞬発力を両方必要とするバーベルやアームレスリングなどはトレーニング時に赤と白の筋肉をバランスよく鍛えるのでピンク筋になっていくそうです。

脂肪の燃焼効率は赤筋よりも高いのでダイエットにはぴったりの筋肉です。

2つのストレッチでピンク筋を増やすことできる?

番組ではピンク筋を増やす運動として2つのスクワットを紹介しました。

スクワットを含め、筋トレをする時の注意として毎日継続して同じ部位の筋トレは禁止です。

筋肉は破壊と回復を繰り返して増えていきます。

筋トレは筋肉の破壊なので、毎日同じ部分をトレーニングしてしまうと破壊ばかりで回復が行われず、効果が得られません。

筋肉の回復は48~72時間と言われているので、週3日程度がベストです。

もし他の筋トレと並行して行う場合は、1日目はスクワット、2日目は腹筋運動と交互に行って回復期をとりましょう。

また、息を止めてのトレーニングは血圧上昇などの危険があるので、数を数えながら行うといいですよ。

相撲スクワット

  1. 足を肩幅程度に広げ4秒かけて腰を沈める
  2. 四股をふむ
  3. 2回腰を沈める
  4. これを1日10回、朝昼晩と3セット行って下さい。

相撲スクワットの注意事項

膝はつま先と同じ方向に向けて下さい。違う方に向けると膝を傷める原因になります。

高齢者や足腰に不安がある方は椅子や机に手を添えてサポートしながら無理せず行って下さい。

まき割りスクワット

  1. 肩幅に脚を開き、前方で手を組む。手は床と平行になるように伸ばす。
  2. 4秒かけて腰を沈める。
  3. 腕を耳の横までゆっくり上げ、元の位置に戻すことを5回行う。
  4. 3秒かけて膝を伸ばして①に戻ります。
  5. これを1日10回、朝昼晩と3セット行って下さい。

まき割りスクワットの注意事項

腰を沈める時には膝はつま先より前に出ないようにして下さい。

この時お尻を後ろに突き出すように、先生は「トイレに座る時を意識して」と言っていました。

手の振り下ろしは床と並行の位置から垂直、90度になるように意識してくださいね。

ピンク筋ダイエットをやってみた山田親太朗のダイエットの結果は?

ゲストの山田親太朗さんが宿題としてピンク筋ダイエットに2週間チャレンジしてくれました。

デビュー時から10キロ近く増量してしまい、健康診断でもお腹周りと内臓脂肪がC判定になってしまった山田さん。

男性のメタボ基準のウエストを3cm以上オーバーしているという要注意状態です。

今回のチャレンジでは、食事制限は一切なし!

番組で紹介した2つのスクワットを行うのみのダイエットです。

1日やって1日休むというペースで2週間チャレンジした結果…

体重は-1.3キロ、体脂肪率は-0.3%、ウエストは-3.6㎝となりました!!

また、30代の女性もピンク筋ダイエットにチャレンジした結果、同じく体重・体脂肪率・ウエストと共に減少!

先生は「ピンク筋が増えるとやることが楽になる。またやろう!といい循環になる」と言っていました

ピンク筋を増やして痩せやすい体になろう

ピンク筋は睡眠時に脂肪と糖を燃焼してくれるという素晴らしい筋肉です。

隙間時間のトレーニングで簡単に脂肪を消費させやすい体に変身できます!

慣れるまではキツイかもしれませんが、1週間継続できればコツと筋肉がついて楽にできるようになりますよ。

ピンク筋を増やして眠っていても痩せる体をつくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です