なつぞら第80話ネタバレ・あらすじ|なつと咲太郎はちはるに会うため北海道へ向かう!

7月2日(火)に放送のNHKの朝ドラ『なつぞら』の第80話。

短編映画で原画を担当することになったなつ。麻子や坂場も一緒で前途多難になりそうですが、坂場となつの仲はここからまた近づいていきそうです。

そして、十勝に現れたなつの妹・千遥は、なぜなつに会いたくないのでしょうか?

こちらの記事では『なつぞら』第80話のあらすじ・ネタバレを含む、感想や見どころをご紹介します。

なつぞらの見逃し動画
『なつぞら』の過去の放送回を見たい方はU-NEXTがおすすめ!U-NEXTなら最大1ヶ月間無料でNHKオンデマンド(見放題パック)を利用することができます。!

今すぐ『なつぞら』全話を観たい方はコチラ

前回のお話はこちらから。

『なつぞら』第80話あらすじ・ネタバレ

なつと千遥が繋がる!12年ぶりの再会!

なつ(広瀬すず)は、妹の千遥(清原果那)が北海道に現れたことを、母・富士子(松嶋菜々子)から知らされます。急いで風車に戻り、北海道に向かおうとしますが、その前に柴田家に電話をかけてみることにします。

姉には会いたくないと話す千遥を泰樹(草刈正雄)たちは説得し、なつと繋がった受話器を渡します。

なつは千遥が北海道に現れたことを知る

東洋動画での仕事中に、北海道の富士子からの電話を受け取ったなつは、行方不明だった妹の千遥が北海道に現れたことを知ります。信じられないなつは確認を繰り返し、千遥がなつに自分が来たことを知らせたくないと話していることを知ります。

富士子は何か事情があるんだろうと話し、できるだけ千遥を引き止めておくと言ってくれました。なつはすぐに行くと涙ぐみ、富士子から見て千遥はどんな女の子に見えるかと聞きました。富士子は、「とても素敵ないいお嬢さんに見える」「とても幸せそうないいお嬢さんに見えた」と聞いてなつは安心します。

なつは兄・咲太郎(岡田将生)と、北海道に帰ることを決意します。なつから、千遥をお願いと言われた富士子はわかったと力強く返事をしました。

なつはすぐに亜矢美(山口智子)に電話をして、千遥が見つかったことを知らせました。なつはお休みをもらいたいと、血相を変えて作画課へと戻ってきます。下山克己(川島明)と大沢麻子(貫地谷しほり)が何があったのかと聞くと、妹が北海道に来たと話すと、下山は快諾してくれます。

下山は目を見開いて、「いつか話してくれた妹さんだろ?」と言い、「よかったじゃないか、早く行ってやりなさい!」と祝ってくれます。麻子も何があったのか分からないが、短編のことならどこにいても考えられると許可してくれました。

帰ろうとする千遥を柴田家は団結して引きとめようとする

急いで風車に帰ったなつは、亜矢美からよかったねと肩を叩かれます。仕事先から駆けるように帰ってきた咲太郎も現れ、なつは事情を話します。

その頃千遥は、柴田家で乳牛の世話の様子を見せてもらっていました。照男(清原翔)は、自分よりもなつの方が乳搾りが上手かったと千遥に教えました。泰樹(草刈正雄)はやってみるかと千遥に言ったものの、その格好じゃできないなと笑いました。

千遥は驚きと困っているが混ざったような表情をしています。 そこへ自転車を急いで漕ぐ剛男(藤木直人)が帰ってきます。「そろそろ失礼します」と話す千遥のもとへ現れた剛男は「よう来たな!よく来てくれた、ありがとう!」と声をかけて引き止めました。

明美(平尾菜々花) は千遥がもう帰ってしまうことを残念そうに剛男に伝えます。 千遥が会いたがっていないことを知った咲太郎は、どうしてだと驚きます。

亜矢美が電話をかけてみないかと提案します。なつが「なんだか怖いわ」と呟くので、咲太郎はそんなことなら自分が電話をかけると言います。亜矢美は、なつと同じように千遥も怖がっているのではないかと推察しました。

千遥は引きとめようとする柴田家の家族たちに「許してください」と言って出ていこうとしていました。

なつは千遥(清原果那)に電話をかけることに そこへ電話が鳴り、富士子が「なつかもしれない!」とつぶやき、なつに連絡をしていたことを明かします。目を開き驚く千遥に、なつが今すぐ飛んでくると言っていたことを伝えます。

泰樹が電話に出ると、千遥に代わってくれました。恐る恐る受話器をとり、「もしもし」と声を出しました。なつは「千遥なの?」と聞くと、千遥は「お姉ちゃん?」と聞き返し、2人は子供の頃のお互いの声を思い出しました。

咲太郎は千遥が電話の先にいることを感じ、亜矢美と共に目を潤ませます。 なつは「千遥、ごめんね、よかった…」と言うと、千遥は「ご心配かけて申し訳ありませんでした」と言葉にします。

咲太郎はなつから受話器をバッと奪い「兄ちゃんだぞ!そうだ、咲太郎だ、お前の兄ちゃんだよ!」「お前を…あの家に預けて本当に悪かった、すまなかった」 「今すぐそっちに行くから待っててくれ、絶対にお前を離さないからな!」と聞いた千遥は、受話器を置いてしまいます。

咲太郎となつは急に切れた電話に驚きます。「何でだ?!」と動揺する咲太郎に、亜矢美がバカバカと怒りました。

千遥の兄妹への思い

千遥もとっさに電話を切ってしまったことに驚き、柴田家の家族たちにゆっくりと話を始めます。姉や兄と一緒にいた頃のことを、あまり覚えていないのだと言います。

それがいつの記憶でどういう時のことだったのか細かいことは思い出せないことが多くて、 富士子が一緒にいたのは5歳までなんだから仕方ない、忘れたいような辛いことも多かっただろうと剛男(藤木直人)もなだめます。

そうして千遥は、声を聞いた途端に姉や兄の声だとわかったと涙を流し始めます。「そのことに驚いてしまって、なんて言えばいいのかわからなくなって…」と言いました。泰樹が「相手の顔が見えん電話は、わしもよう好かん」と言うと、富士子が泣き笑いながら「好き嫌いは今どっちでもいいしょや」と話します。

千遥はもう一度かけ直したいと言って電話を取り、柴田家は再び風車へと繋がります。なつは涙ぐみながら「声がすっかり大人になったね」と言ったあと、そこで待っているよう頼み、「今すぐ会いたい」と声をかけました。

その言葉に千遥は「分かりました、私も会いたいです」と返答しました。咲太郎と亜矢美も涙をこらえてうなづいています。そのときやっと、家族の時が繋がったとナレーションの父(内村光良)が加わります。

『なつぞら』第80話の感想

千遥(清原果那)の泣きの演技と役作りの工夫

清原果那さんは、映画「3月のライオン」でヒロイン役を務めたとき号泣する演技が素晴らしいと話題になりました。『なつぞら』でも登場2回目にして早々と、涙のシーンがやってきましたね。ボロボロと溢れる涙が子供っぽくもあり、演技の自然な感じが美しい女優さんです。

清原果那さんは今までのなつぞらの展開をあえて見ずに、撮影に臨んだそうです。姉や兄の様子を全く知らない千遥(清原果那)と同じ境遇に自分を置いたんですね。感動の再会といかない所がまったくもってじれったいです。

『なつぞら』第81話の予告レビュー

次回の番組表をもとに、今後の展開を予測した予告レビューになりますので、次回のなつぞらが気になる方はこちらをご覧ください。

 ガールズアワー -Girls Hour-
ガールズアワー -Girls Hour-
女子が毎日を楽しむためのファッション、美容、恋愛、お役立ち情報を厳選して紹介するキュレーションメディアです。

『なつぞら』第80話の視聴率は?

7月2(火)に放送された、第80話の視聴率は20.9%でした。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

全話こちらで更新中!

『なつぞら』の放送時間は?再放送はある?

『なつぞら』は月曜日から土曜日の朝8:00~8:15にNHK総合で放送されています。

朝見逃してしまった場合は、その日のお昼12:45~13:00に再放送があります。

また、まとめてダイジェストで見たい方は、NHK総合で以下のダイジェスト番組が放送されますので、チェックしてみて下さい。

なつぞらダイジェスト版

「なつぞら一週間」日曜日 あさ11:00~11:20

「5分で『なつぞら』」日曜日 あさ5:45~5:50 夕方5:55~6:00

見逃し配信はU-NEXTがオススメです!


なつぞらの動画を見る

U-NEXTの無料トライアルに登録すると、最大1ヶ月間無料でNHKオンデマンド(見放題パック)を利用することができます。合わせてU-NEXTで配信されている映画やドラマ等の見放題コンテンツも31日間無料でお楽しみ頂けます。この機会にぜひ!

※本ページの月額料金やキャンペーン情報は、2019年6月現在のものです。最新の配信状況は、U-NEXTサイトにてご確認ください。

『なつぞら』ノベライズ(小説)もおすすめ!

現在『なつぞら』ノベライズ版は、上巻が絶賛発売中です。『なつぞら』第1週から第11週までの台本を元に小説化しています。

ノベライズ下巻は、8月下旬に発売予定です。

ノベライズ版では、ドラマとは違う展開の重要シーンもあり、セリフも更に詳しいです。ドラマを見ている人よりも2倍3倍も楽しめるので、とってもオススメです。

『なつぞら』上

NHK連続テレビ小説『なつぞら』上を購入する。

『なつぞら』関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です