なつぞら第4話あらすじやネタバレ感想|草刈正雄の名演技に涙!高畑淳子との共演再び!




NHKの連続テレビ小説「なつぞら」が2019年4月1日(月)よりスタートしました。

2019年前期のNHKの朝ドラとして、9月28日まで全156回の放送が予定されています。

「なつぞら」第4話では新たな場面があり、高畑淳子さん、安田 顕さん、仙道敦子さんが登場します。

ネットでは、草刈正雄さんの名演技でも注目が上がりましたが、大河ドラマ「真田丸」で共演した高畑淳子さんとの再共演でも盛り上がっていました。

こちらの記事では、「なつぞら」第4話のあらすじやネタバレを含む感想や見どころをご紹介します。

NHK朝ドラ「なつぞら」第4話あらすじ・ネタバレ

なつは泰樹に連れられて、十勝の中心地・帯広の闇市にやってきます。

なつは、東京での生活や兄弟のことについて、泰樹に話します。家では、剛男が娘・夕見子に、なつを柴田家に連れてきた理由を伝えます。

買い物を終えた泰樹は、なつを顔なじみの菓子屋へ連れて行きます。そこには、泰樹の友人・小畑とよがおり、なつは古畑家の家族に歓迎されます。

闇市へ行く泰樹となつ

なつ(粟野咲莉)が、義理の祖父・泰樹(草刈正雄)に連れられてきたのは、十勝の中心部・帯広でした。

そこには闇市があり、露店が並んでいます。なつは、賑わう街を見て東京を懐かしいと思います。
威勢のいい売り子の声や、ラジオから音楽が流れる通りを抜け、着いた店には長靴がありました。

泰樹はなつのために長靴を買ってやります。とても大きくぶかぶかでしたが、お前の食いっぷりならすぐにちょうど良くなると言い、10円で黒いゴム長靴を買いました。

その帰り道、歩きながら泰樹はなつに話しかけます。なつは、東京で靴磨きをして働いていたと話します。時折、隣に座る妹・千遥に進駐軍のアメリカ人がチョコレートをくれました。
「兄貴は何してたんだ?盗みか?」と聞いた泰樹に、なつは強い口調で「兄は、盗みはしません!」と言います。
兄・咲太郎(渡邉蒼)は、新聞を10銭で買いつけ、20銭で売る仕事をしていました。咲太郎は明るい人柄で、路上でタップダンスを披露するして進駐軍の人々にも人気があったと、なつは話します。
兄弟たちは今どこにいるのか、尋ねられたなつは、妹は親戚の家、兄は孤児院にいると話しました。泰樹は、剛男が中途半端なことをしたと憤りますが、なつは剛男が悪いのではなく、兄が頼んだのだと言います。

なつを柴田家へ連れてきた理由

その頃柴田家では、剛男が夕見子に話をしていました。

なつを柴田家に連れて帰ってきた理由は、夕見子がいたから連れてきたのだと話します。剛男は、娘の夕見子のことを想わなかった日は片時もなかったと伝えます。

死んでしまったなつの父親と、自分が反対になってもおかしくない状況でしたし、なつと夕見子の境遇が入れ替わる可能性もあったのです。なつを見て、自分の娘が不憫な目に遭っていたらと思うと、剛男は許せませんでした。

剛男は夕見子に、もしかしたら自分の気持ちを済ませる為に連れてきただけかもしれないと打ち明け、あの子の人生を変えてしまったかもしれないと反省します。「夕見子は夕見子のまま、あの子を受け入れて欲しい」と頼むと、夕見子は「わかった」と頷いてくれました。

菓子屋・雪月に立ち寄る泰樹となつ

泰樹となつは、闇市に行った帰りに、お菓子屋の雪月に寄ります。

小畑とよ(高畑淳子)に、柴田家で採れた卵と牛乳を渡し、何かお菓子を出してくれと頼みます。
とよの息子・小畑雪之助(安田顕)が、出てきて泰樹となつを歓迎しますが、道具と砂糖が無くてお菓子が作れないと話します。

妻・小畑妙子(仙道敦子)と息子・雪次郎(吉成翔太郎)も出てきて、2人を歓迎します。なつは、自分が夕見子と間違われていることを中々言い出せず、話が噛み合いません。泰樹が「わしの弟子じゃ」と話し、なつは東京から来たことを話します。

会話の中でとよと泰樹が言い合いをしていると、気にしたなつが謝ります。妙子が、開拓者の世代は言いたいことを何でも口にするから、と笑います。
そこで、思いついたように雪之助が「試したいものがある」と口にし、砂糖の代わりにはちみつを使ってお菓子作りを始めました。

泰樹がなつに語り掛けたこと

軒先で待っていたなつと泰樹のもとに、とよがアイスクリームを持ってきます。なつは、そのおいしさにとても感動します。

とよとの言い合いを気にしていたなつに対して、泰樹は「言いたいことを我慢せず言わないと開拓には耐えられなかった、言える相手がいるだけで恵まれている」と話します。そして、今日ここに来たことは「うちのもんには内緒だぞ」と言います。

アイスクリームを食べながら、泰樹はなつに静かに語りかけます。
そのアイスクリームは、お前が作った牛乳から出来ていて、ちゃんと働けば必ず報いが返ってくると話します。

「もしも返ってこなければ、仕事のやり方が悪いか、働かせる人が悪い。そんなところはさっさと逃げろ。一番だめなのは、人を当てにすることはしちゃいけん。自分の力を信じて働けば誰かが助けてくれる」

「この数日お前はよく働いた、これはお前の力で得たものだ。もう無理に笑うこともない、謝ることもない、堂々としてろ、堂々とここで生きろ」

話を聞いていたなつの頬には、自然と涙が流れます。
なつと泰樹は、夕日の中を馬車で帰っていきます。その日の夕景はとても綺麗でした。

草刈正雄と高畑淳子の息の合った共演

泰樹の優しさが心に染みる回でした。

今まで、口数の少なかった泰樹が、外では饒舌で驚きました。行きつけのお菓子屋での、とよとの言い合いは見ていて笑ってしまうほどです。
以前、NHKの大河ドラマ「真田丸」で夫婦役を演じた二人が再度共演したこともあって、草刈正雄さんと高畑淳子さんとの息の合った会話のテンポは圧巻でした。
高畑さんの方言は不思議と違和感なく聞くことができます。

そんな雪月の小畑家は今日が初登場でした。安田顕さんのアイスクリームを作っている時の顔、顔の力が強すぎて笑ってしまいました。妻役の仙道敦子さんは朝ドラの名作「おしん」で主役のお姉さん役を務めた方、なんと「35年ぶり」の朝ドラ登場でした!

明るく楽しい家族が登場し、ますます今後が楽しみです。

NHK朝ドラ「なつぞら」の放送時間は?再放送はある?

「なつぞら」は、月曜日から土曜日の朝8:00~8:15にNHK総合で放送されています。

朝見逃してしまった場合は、その日のお昼12:45~13:00に再放送があります。

また、まとめてダイジェストで見たい方は、NHK総合で以下のダイジェスト番組が放送されますので、チェックしてみて下さい。

「なつぞら一週間」日曜日 あさ11:00~11:20

「5分で『なつぞら』」日曜日 あさ5:45~5:50 夕方5:55~6:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です