中洲の迷惑行為に罰金5万円! 無くならない立ちション被害のビルはどこ?

福岡県博多にある中洲は九州最大の歓楽街で、多くの屋台が立ち並ぶ場所として有名です。

実は最近、このエリアで立ちションに悩んでいるビルがあるんです。

その被害は月に20件に上ることも!

頭を悩ませた管理会社は「罰金5万円」という張り紙をして対策をしますが、それでもやまない被害についてまとめました。

立ちションしたら罰金5万円!

福岡県の中洲にある雑居ビルで、立ちションをする人が後をたたずに問題になっています。

管理会社は夜間の駐車場にネットを張ったり、防犯カメラや警備員を配置し、日々立ちション撲滅に努めていますが効果がないので「罰金5万円」という張り紙をだしました。

約1m間隔で貼られる黄色の張り紙。

それでも人目を忍んで夜な夜な用を足す人が出現します。

トイレやコンビニがあるにも関わらずなぜここで用を足すのかというと、いつもトイレは混んでいるので、ここにたどりついてしまうようです。

立ちション被害のビルはどこ?

立ちション被害にあっているのは、博多区中洲1丁目にある雑居ビルです。

国道202号線からすぐわき道に入った、風俗店の立ち並ぶ中洲中央通りと清流公園通りに挟まれた場所にそのビルは建っています。

このビルの裏手、中洲中央通りにある駐車場が被害にあっているのですが、中には建物の中に侵入して用を足す人の姿も。

表通りから隠れやすい場所に電柱があり、駐車場も少し奥まっていて陰になっています。

駐車場の両脇にはお店の入口があり、すぐ横のビルにはコンビニが入っているのに、抑止力になりません。

罰金五万円は高いのか?

立ちションに対し罰金5万円という貼り紙に、中洲を利用する人は「高すぎる」としています。

「金持ちならいいかも」という声も上がっていますが、ビルの管理会社からすると金額の問題ではありません。

この張り紙を見て1件でも減ってくれればと、抑止力になるように願っています。

それでもほぼ毎日、雨の日でも構わずに立ちションする人は現れます。

警備員や管理会社の職員が現場を取り押さえると、呆れるような言い訳が。

「ちょうどいい場所にある」

「電柱の影が隠れやすい」

「立ちションしたのは事実だけどそこまであの(注意する)必要あるの?」

または、防犯カメラに写っているのに「していない!」と言い張る男性も。

警察を呼ぶこともありますが、民事不介入で厳重注意で終わってしまいます。

実際にこれまで罰金を徴収した事例も多くあり、管理会社はそのお金を、子供を支援するNPOに寄付していると言います。

立ちションに対して不快感を表す声が多数

立ちションは不衛生であるし、異臭もします。

多くの人が非常識であることや嫌悪感を示し、強いコメントを上げています。

用を足すならトイレで!

中洲は西日本最大の歓楽街とも言われる人気のスポットですが、その影でこのようなことが行われているとは残念に思います。

日々立ちションが行われるということは、日中でも異臭が発生しますし、近所の住民やビルの利用者も強い不快感があります。

5万円の罰金は、立ちション対策の警備費や清掃日など多くの費用が掛かっているからです。

立ちションをする人は、もしもこれが自分の敷地内ならと一度考えて欲しいと思います。

1回くらい、自分1人くらいという甘い考えはやめて、排泄はきちんとトイレで行って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です