ドラマ『凪のお暇』第5話あらすじ・ネタバレ|ちぎりパンと言われたゴン(中村倫也)は恋心が芽生えるか??

『凪のお暇』は、2019年7月19日からTBS系で金曜22時より放送されているラブコメディドラマです。

ゴンにはまってしまった凪は、慎二にゾンビみたいになっていると言われ我に戻ります。そして、ゴンとの関係を終わらせようとします。

一方、凪を忘れようとする慎二の新たな恋もスタートするようです。

こちらの記事では、8月16日(金)に放送された『凪のお暇』第5話のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

『凪のお暇』の見逃し動画

『凪のお暇』全話見逃し動画を見れるのはParavi(パラビ)だけ!

Paravi(パラビ)は初回の登録で30日間無料でお楽しみ頂けます。

今すぐParavi(パラビ)で動画見放題を楽しみたい方はコチラ

『凪のお暇』見逃し動画配信を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。ドラマの詳細についても情報が満載です↓↓↓

『凪のお暇』第5話のあらすじ・ネタバレ

以下、ネタバレありのあらすじになりますので、これからご覧になる方はご注意下さい。

雨の中の慎二と凪

コンビニで凪(黒木華)を見かけた慎二(高橋一生)は、凪を追いかけて行きます。ゴン(中村倫也)に本気で恋をする凪を心配する慎二は「本当にあんなやつで良いんだな」と凪に問いかけると「”で”じゃなくて、”が”いいんだ」と返されてしまいます。

ゴンさんといると空気が美味しいという凪に、また以前のように空気読んでやっていくんだと言う慎二。凪はもう空気は読んでないと否定しますが、ゾンビのようになっていく凪を責め慎二は怒鳴り続けます。そこに隣部屋の白石親子が通りかかり、うらら(白鳥玉李)が凪をいじめないでと慎二に飛び掛かったところで中断します。

そのまま白石家でお風呂に入り、ご飯を食べる凪は、自分はいつの間に自炊を辞めたんだろうと考えます。そして、みすず(吉田羊)に慎二が元カレであることを伝えると、何かを察したみすずはお酒を用意し凪の話を聞きました。

みすずは慎二を駅の近くで見たこと、そして人目を憚らず号泣していたことを凪に伝えますが、凪は血とか涙とか人間的な液体が流れているようなタイプじゃない、見間違いだったと思うと否定します。

ゴンが凪の部屋に来る

自分の部屋に戻り、改めてゴミが散乱する部屋、洗い物がそのままのキッチンを見て茫然とする凪。そこへゴンが訪ねてきます。

ゴンは部屋に上がるなり凪を抱きしめ、この間ロールレタスを作ってくれてた日に食べれなかったことを謝ります。そして、お詫びにと夜の散歩に誘います。迷いながらも目の前の誘惑に負けそうになる凪ですが、そこへゴンを探している女性がやってきます。

その女性もまたゴンにハマっている様子で、そのままゴンを連れて出て行ってしまいました。凪はその女性がゾンビのように見え、改めて自分もそうなのではないかと気づき始めるのでした。

凪を忘れようとする慎二

ゴンの全てを知り、それでもゴンが良いと言われた慎二は、自分の部屋にある凪に関わる物、思い出を全て捨てます。一緒に撮った写真も携帯から削除します。ずっと家にあった豆苗もゴミ袋に入れ、リセットしようとします。

ずっと調子が悪かった慎二でしたが、凪を忘れようといつも通りに仕事に打ち込み、調子を戻します。大阪支社から営業トップの成績で東京本社に来た市川円(唐田えりか)は慎二のサポート役をうまくこなしています。

そんな時、慎二は同僚から市川のことを女性社員は悪く言っていると耳にします。しかし、慎二は市川を庇う発言をします。それを聞いていた市川は、慎二に好意を抱き始めます。

スナック「バブル」との出会い

うららの言葉をきっかけに凪は、ゴンと一緒に行った海に行こうと思い立ちます。自転車で向かう凪でしたが、道に迷い、途中で怪我をしてしまいます。携帯の充電も切れ途方に暮れていると、スナック「バブル」2号店を見つけます。

そこは、慎二の行きつけのママ(武田真治)のお店でした。道を聞こうと店に入ると、ママに嫌味を言われつつも傷の手当てをしてもらい、海への道も教えてもらいます。

なんとか海にたどり着いた凪は気持ちをリセットすることができ、家に戻り掃除や炊事を行い、いつもの生活を取り戻そうとします。

そしてゴンの家に行き、合鍵を返します。凪はゴンをちぎりパンに例え、今の自分にとっては美味しすぎるんだと理由を話しますが、ピンときていない様子のゴン。例えを変えて、生足むっちりの女子高生のようだと言うとなぜか納得し、ただの隣人として付き合っていくことに。

去って行く凪を寂しそうに見送るゴン。そして、ちぎりパンを食べながら凪と過ごした時を振り返ります。

一方、凪の電話にスナック「バブル」のママから連絡があり、店で働かないかと誘われます。そして、凪ボーイとして働くことになりました。テキパキとホールの仕事をこなしている凪ですが、そこへ慎二と市川が手をつなぎながらやってきて・・・。

『凪のお暇』第5話の感想

ついに凪はゴンに合鍵を返し、2人で会うことを辞めると伝えることができました。新しい仕事も見つかり、再スタートを切った凪を応援したくなります。

慎二も新しいスタートを切り、市川との関係にも注目ですね。スナック「バブル」に2人で入店するという展開は原作と違うようなので、どうなるのか楽しみです。

ゴンは凪が去って行った後、胸を抑えるような仕草をしていましたが、これが恋なのかという気持ちに気づいたようにも取れました。

これからゴンが変わってまた凪がゴンを好きになるのか、それとも慎二の優しさに気づき元に戻るのか、読めない展開にまだまだ目が離せません。

『凪のお暇』関連記事


⇒Paraviで『凪のお暇』の見逃し動画を観る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です