ドラマ『凪のお暇』第1話あらすじ・ネタバレ|自分の幸せを求めて人生をリセット!

『凪のお暇』は、2019年7月19日からTBS系の「金曜ドラマ」で22時から放送されています。

コナリミサトによる日本の漫画作品で、過去には雑誌にも掲載されており、累計部数は200万部を突破しています。そんな人気漫画が実写版にて、地上波に登場です。

毎日、仕事中も恋人と会っている時も空気を読んで生活をする凪(黒木華)が、仕事ではみんなに良いように利用され、恋人も自分のことが好きで付き合っていたのではないことを知ります。

それをきっかけに仕事を辞め、何もかも全部捨てて1からの生活をスタートさせます。

空気を読まずに思ったことを言える自分になろうとする凪と、新居にて出会う人たちとのどんな物語が繰り広げられるのでしょうか。

こちらの記事では、『凪のお暇』第1話のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

『凪のお暇』の見逃し動画

『凪のお暇』全話見逃し動画を見れるのはParavi(パラビ)だけ!

Paravi(パラビ)は初回の登録で30日間無料でお楽しみ頂けます。

今すぐParavi(パラビ)で動画見放題を楽しみたい方はコチラ

『凪のお暇』見逃し動画配信を無料視聴する方法を詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。ドラマの詳細についても情報が満載です↓↓↓

『凪のお暇』第1話のあらすじ・ネタバレ

以下、ネタバレありのあらすじになりますので、これからご覧になる方はご注意下さい。

常に空気を読む女

明るい空気、暗い空気、緊張した空気、和んだ空気など様々な空気を感じ取り、すぐに空気を読んでしまう28歳のOL・大島凪<おおしま なぎ>(黒木華)。

仕事では、自分のミスではないにも関わらず、自分がミスをしたと上司に謝り、その他自分の仕事以外にも頼まれると断ることができず、全部同僚の仕事を受けてしまいます。お昼ご飯にお弁当を持っていても、ランチに誘われると断ることができない凪でした。

そんなある日、会社の同僚が凪以外の同僚と飲みに行くために、凪に仕事を押し付けて、自分を良いように利用していることを知ります。

また、会社で仕事もできて人気のある我聞慎二(高橋一生)が自分の恋人であると信じていた凪でしたが、慎二が体の相性だけが目的で会っていると同僚に話しているところを目撃してしまいました。

それから1週間後に凪は会社を辞めました。全てを捨てて本来の自分になれるのか…。

新生活の出会い

仕事、彼氏、SNS、家具など全てを捨てて、新居にて新しい生活を始めることにした凪。小さい頃からバカにされていた髪の毛を毎朝1時間かけてストレートにしていましたが、それも辞めてありのままの自分でいようとします。

今までは心に思っても空気を読んで言わないことが多かった凪ですが、新居の近くで野菜を買い物した際に、野菜の値段に間違いがあり、それをはじめて指摘することができました。

思ったことは口にしていこうと思った凪は、隣人の安良城ゴン(中村倫也)に「ゴーヤを食べないのですか?」と話しかけてみます。ゴーヤをくれたゴンにゴーヤを切ってあげる凪。

また、落ちてきた洗濯物を届けにいったことがきっかけで、上の階に住む203号室のおばあちゃん(三田佳子)の家にあがることになりました。そこで、はじめて自分がここに来た理由を話します。隣人のゴンや上の階のおばあちゃんなど、これからの凪との生活にも期待が高まります。

思いもよらぬ彼氏の存在

凪は慎二にも何も言わずに引っ越しをして、新しい人生を歩もうとしていました。

しかし、そんなある日、居場所も連絡先も教えていないにも関わらず、引っ越し先に慎二がやってきました。ストレートじゃない髪の毛の凪を見て「ブスになったな」と言い放ちます。

リセットして新しい人生を歩もうとする凪をバカにするような態度をとる慎二に対して、凪は初めて思っていることを話します。

自分の髪の毛はこれが本当であること、人にも物にも執着しまくりで淡泊な人間じゃないこと、SNSは監視態勢な程に依存していたことなどを話しました。

「もう空気は読まない、空気は吸って吐くものだから」という凪に慎二は、「今までの自分を捨ててまっさらな自分を愛してくれってか?」と勘違いし、さらに「スベってんなお前。物捨てて人生なんか変わるかよ。お前は絶対に変われない。」と吐き捨て出て行きます。

そして凪は慎二を追いかけて行き、「愛してくれなくていい。今後一切私に関わらないで!」と伝えますが、慎二は笑顔で「また来るね」と言って帰っていきました。

その様子を通りかかったゴンが見ていました。

慎二の本心

帰り道、慎二は号泣しながら歩いていました。そして、行きつけのスナックでママ(武田真治)に、本命はどんな子なのかと聞かれると、慎二は凪のことを話しました。

付き合い始めの頃、自分に隠れて凪が朝早くに起きて、1時間以上かけて髪の毛をストレートにセットしているところを見てしまった。その時、健気な凪のことを一生守ると決めたこと。そして、すごく凪のことが好きだと言って、また号泣するのでした。

翌朝、凪の部屋にお皿を返しにゴンがやってきます。ゴンはごちそうさまと言って、凪を抱きしめたのでした。

『凪のお暇』第1話の感想

空気が読めない人をKYという言葉が流行った時期もありました。空気を読むことを当たり前とし、それをストレスと感じる人たちは現代にも多くいると思います。空気を読んで、社会で生きることに疲れた凪が、「しばしお暇頂きます」というセリフが心にジーンと響きました。

人生で疲れた時に少し休むことも大事、そんな勇気をくれるドラマになりそうです。また、恋愛も含め、新しい新居で出会うたくさんの人たちとの物語にも今後期待したいです。是非、1話から見てくださいね。

『凪のお暇』関連記事


⇒Paraviで『凪のお暇』の見逃し動画を観る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です