ドラマ『凪のお暇』見逃し動画を全話無料視聴する方法!あらすじやキャスト・初回の感想を紹介

2019年7月からスタートの、TBSの金曜ドラマ『凪のお暇(なぎのおいとま)』。

数々の漫画賞を受賞した人気漫画が、黒木華さん主演で待望の実写化です。黒木さんがTBSの連続ドラマで主演を務めるのは『重版出来!』(2016年)以来です。

主要男性キャストは高橋一生さんと中村倫也さんという人気と実力を兼ね備えた顔ぶれとなっており、この夏一番キュンキュンさせてくれるドラマなのではないかと、視聴者の期待が高まっています。

この記事では、ドラマ『凪のお暇』の見逃し配信情報やあらすじ、注目のキャスト、そしてドラマの魅力をご紹介します。

『凪のお暇』の見逃し配信や再放送はある?

『凪のお暇』の見逃し動画を全話視聴することができるのはParavi(パラビ)です。

こちらでは、『凪のお暇』を無料で視聴する方法をご紹介します。

『凪のお暇』の無料視聴のためには、このParavi(パラビ)への登録が必要になります。→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

登録から30日間は無料でお楽しみ頂けます。(※初回登録の方に限ります)

放送終了から1週間以内の場合の無料視聴方法

『凪のお暇』最新話の放送終了後から1週間以内の場合は、TVerを利用することで、最新話のみ無料で見ることができます。

TVer(ティーバー)で最新話を無料視聴する方はこちら

放送から1週間以上経過した場合はParavi(パラビ)で視聴可能

放送終了後から1週間以上経過してしまった場合は『凪のお暇』をParavi(パラビ)で無料視聴することができます。

Paravi(パラビ)の特徴は、なんと言っても見放題可能な作品数の多さです。

TBS系のドラマを中心に、様々な話題のドラマや映画、『クレイジージャーニー』や『モヤモヤさまぁ~ず2」など人気バラエティー番組も見放題。

2019年夏ドラマだと、『ノーサイド・ゲーム』や『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』が配信されます。

また、『凪のお暇』出演者の過去の人気ドラマも配信中ですので、この機会に視聴してみてはいかがでしょうか。

Paraviで配信中のおすすめドラマ

  1. 『初めて恋をした日に読む話』2019年(深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也)
  2. 『カルテット』2017年(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)
  3. 『重版出来!』2016年(黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎)

※2019年7月の時点での情報です。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

Paravi(パラビ)の無料登録方法

Paravi(パラビ)の無料登録のやり方を説明します。

無料登録のリンクをクリックいただくと、左上の画像が画面の一部に表示されます。

「まずは無料体験」を選択し、次にParavi(パラビ)のアカウントを作成してください。

アカウントの作成は、メールアドレスまたは、日経・Facebook・ツイッター・Google・YahooのIDと連携することで、簡単に作成可能です。

SNSとの連携をされた方も、メールアドレスの入力は必須になります。

名前、PINコード、パスワード、生年月日、性別を入力してください。

支払い方法は、クレジットカードまたは、キャリア決済が選択可能です。

最後に、お知らせを受け取るかどうかの選択と、利用規約およびプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れて、「登録して続ける」をクリックしてください。

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

※紹介した情報は2019年7月時点のものとなりますので、最新の配信状況や料金は、Paravi(パラビ)のサイトでご確認下さい。

ドラマ『凪のお暇』の作品紹介

ドラマ『凪のお暇』は、TBSにて毎週金曜よる10時から放送となります。(初回は2019年7月19日)

こちらでは、作品の原作や脚本などについてご紹介します。

脚本を担当するのは、大島美里さん

大島さんが過去に担当した作品には、『1リットルの涙』(2005年・フジテレビ)や『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(2007年・フジテレビ)、『花燃ゆ』(2015年・NHK)などがあります。

直近では『あなたには帰る家がある』(2018年・TBS)を担当していました。

第16回「フジテレビヤングシナリオ大賞」で佳作受賞、第1回「市川森一脚本賞」を受賞するなど、実力は折り紙つきです。

大島さんは、一部で「泣きドラマの名手」と言われています。それは、登場人物の内面を様々な角度から丁寧に描くからこそ。

原作の魅力である人間描写の奥深さをドラマにも反映し、登場人物を愛すべきキャラクターに描いてくれることを期待しています。

原作は現在も好評連載中のコミック『凪のお暇』

原作は、月刊誌『Elegance イブ』(秋田書店)で連載中のコナリミサトによる同名漫画となっています。


2017年に1巻が発売されると口コミで広がり、現在は累計発行部数が250万部を突破。過去に『東京タラレバ娘』や『中学聖日記』などが大賞に選ばれた「ananマンガ大賞」をはじめ、数々の賞を受賞している話題作です。

ドラマが始まる時点で原作のコミックスは完結していません。また現在5巻までしか発売されていないので、ドラマオリジナルの展開になるのではないかと注目されています。

原作のコミックスを読んでみたい方はこちらで詳しくご紹介しています。↓↓↓

主題歌を担当するのはmiwa

主題歌はmiwaさんが歌う「リブート」です。リブートとは再起動するという意味がありますので、凪が人生をリセットし仕切り直すのに、ぴったりマッチしたタイトルですね。

このドラマのためにmiwaさんが書き下ろした新曲です。「リブート」は2019年8月14日(水)に発売予定です。

ドラマ『凪のお暇』のキャスト紹介

大島凪(おおしま なぎ)/黒木華

都内の家電メーカーで働く28歳。真面目で、気が弱く優しい性格。それ故「なんだかなぁ」と感じるストレスフルな毎日を送っています。唯一の生きがいは、節約。

同じ会社で働く慎二と社内恋愛をしていたのですが、慎二の心無い一言をきっかけに過呼吸で倒れ、悟ります。「空気は読むものじゃなくて吸って吐くものだ」と。そして、会社を辞めて引っ越します。

人生のリセットを決意し、無職の期間を「お暇」と称して満喫することに。

我聞慎二(がもん しんじ)/高橋一生

凪と同じ会社で働く営業課のエースで、凪の元カレ。凪への恋心を引きずっており、会社から新しい住所を聞き出し、再び凪への接触を図ります。

しかし、再会した凪に対して「ブスになったなぁ」という言葉を浴びせるなど、感情と言動が伴わないところがあります。

安良城ゴン(あらしろ ごん)/中村倫也

凪が引っ越した先のアパートの隣人。人たらしのイベントオーガナイザー。

腕には入れ墨、部屋から聞こえる大きな音、ベランダに放置されたゴーヤ……危ない雰囲気を纏っているため、凪から警戒されます。

しかし、ゴンの人たらしによって、二人は徐々に距離を縮めていきます。

白石みすず(しらいし みすず)・吉田羊

凪が引っ越した先のアパートの隣人。シングルマザー。

働きながら、小学生のうららを育てています。凪のモシャモシャ頭を気に入ったうららは、凪に懐き、心を開きます。

坂本龍子(さかもと りょうこ)/市川実日子

凪が失業保険の申請のために訪れたハローワークで出会った女性。

高学歴ではあるものの、就職活動に失敗したことが尾を引き、社会人生活に馴染めずにいます。

大島夕(おおしま ゆう)/片平なぎさ

凪のお母さん。

凪に対して自分の理想を押し付ける節があり、凪からは敬遠されています。凪にとって、唯一逆らえない相手。

ヤオアニの店員/ファーストサマーウイカ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

凪のお暇(なぎのおいとま)【公式】TBS金曜ドラマさん(@nagino_oitoma)がシェアした投稿

1話目では、八百屋の兄貴(通称:ヤオアニ)の新人店員です。毎回どこかしらで違う役で登場するそうです。

スナック「バブル」のママ/武田真治

慎二の行きつけのスナックのママ。慎二の話を聞き、もらい泣きをすることも。

『凪のお暇』の視聴率は?(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

  • 第1話(7月19日放送)視聴率 10.3%
  • 第2話(7月26日放送)  視聴率 9.5%
  • 第3話(8月2日放送) 視聴率 9.1%
  • 第4話(8月9日放送)視聴率 9.8%
  • 第5話(8月16日放送)視聴率 8.6%
  • 第6話(8月23日放送)視聴率 10.3%
  • 第7話(8月30日放送)視聴率 10.8%
  • 第8話(9月6日放送)視聴率 9.9%
  • 第9話(9月13日放送)視聴率 10.3%
  • 第10話(9月20日放送)視聴率 10.8%

『凪のお暇』第1話のあらすじと視聴者の感想

都内の家電メーカーで働く28歳の大島凪(黒木華)は、常に周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、そんな凪に同僚は理不尽な仕事を振り放題。人の顔色をうかがう毎日に疲れ切ってしまう。

ある日、彼氏・我聞慎二(高橋一生)からの一言がきっかけで心が折れた凪は、人生のリセットを決意し、会社を辞めて家も引き払う。

さらに、SNSもやめて携帯電話も解約し、自分に関わる全ての連絡を絶ったうえに、六畳一間のボロアパートに引っ越す。

天然パーマを隠すために、毎朝1時間もかけてサラサラのストレートにしていた髪の毛もそのまま、仕事もつながりも予定もない、誰にも縛られない生活がスタートするかと思いきや…。

30代女性

5

率直に言うとすごく面白かったです。人生リセット、私もしたくなりました。

人生リセットしてあんないいアパートに住めるなんて…正直現実的ではないですが羨ましい。今の日本はあんな暖かいご近所付き合いなんてなかなかないだろうし、しかもあんなイケメンがいるなんて…理想のアパート生活ですね。

高橋一生が演じる慎二も最高にカッコよかったです。ヤバい奴かと思いきや、実は大切に思っていたなんて切なすぎ。その想いは凪に届くのか…今後の展開が楽しみです!

私的には1話の段階では慎二とハッピーエンドがいいです。凪の今後の展開が楽しみです!

原作コミックスを読みたくなったけど、ドラマをもっと楽しみたいので読むのは我慢します。第2話、早く見たいです!

20代女性

5

ネット上で漫画を読んでファンになったのでドラマを楽しみにしていました。

配役は、慎二役の高橋一生さんには少し違和感がありましたが他の方々はぴったりだなと思いました。

原作では凪が豆苗を使った節約レシピで料理していましたが、今回はあまりの料理シーンが無くて残念でした。

アパートの住民もかなり個性強めで面白いので、これからの凪の新しい生活にどのように関わっていくのか楽しみです。

また、原作を途中までしか読んでいないので、凪とゴン、慎二の三角関係がこれからどう発展していくのかとても気になります。結構ドラマオリジナルのシーンも多かったと思いますが、原作の良さを残したアレンジで良かったです。次回の放送も楽しみにしています。

40代男性

4

TBSのこの帯時間のドラマとは、少しタイプが違うドラマでした。ドラマの構成自体が少しほんわかとした雰囲気で、自然体で視聴出来そうなドラマです。

主演の黒木華がアンニュイな感じがドラマ空気をそうしているのかもしれない。ドラマの途中、我聞を演じる高橋一生の狂気じみた演出に、このドラマはシリアスに変化するのかと思えたが、実は予想と違う展開にやられたと感じた。

現在筋肉タレントで人気の武田真治がスナックのママ役で登場したのには、思わず笑いがこぼれた。ある意味、これもやられた。

脇役の配役も三田佳子・吉田羊など、安心できるメンバーで固めている。原作を知らないので、今後の展開がどうなるか、非常に興味深い。この夏、イチオシドラマの一つになりそうな予感。

40代女性

4

苦しくて息が詰まりそうな感じや、少し、ほんの少しだけ救われたような気持ちになるところも、自分の気持ちの置きどころがあちこち変わって、なんだか心臓がどくどくしっぱなしのような、不思議な違和感が胸に残っています。

私は空気をどう扱っているだろう、まさに今私自身もお暇のような日々を過ごしている気がするので、共感できたり、逆に感じ入れない部分は、まあフィクションだし、と言い聞かせてみたりもしました。

誰かに支配されることは、苦しいです。逃れられるなら、そうしたいものです。ある意味ではとても現実的なお話です。

原作を少し読んだ時は、やっぱり胸が苦しかったけど、それが映像化されると、またすごいエネルギーになってぶつかってきました。ドラマを見続けることで、光が差してくることを願います。

20代女性

5

どんな内容のドラマなのか全く知らずに見ました。漫画も読んだことがなかったのですが、とても面白かったです。

空気を読むことが当たりまえになっている現代で、それを悩みに社会で生きている凪が仕事を辞める勇気が感動しました。また、それをテーマにしつつ、きちんと恋愛を描いているところがまたキュンキュンポイントでもあります。

恋愛が絡んでくると見どころもさらにアップします。現代人の悩みなど社会を背景に起きつつ、恋愛も楽しめて、また新居で出会う隣人やおばあちゃんや子どもなどそこでの出会う人たちとのかかわりはホームドラマみたいです。

あらゆる分野がミックスしているドラマのような感じがします。凪がどのように変わっていくのかも含め、次回も楽しみです。

20代女性

5

最初、キャストが発表された時は、メインの3人ともイメージと違うな~と思っていましたが、観てみたらほとんど違和感がなくなりました。

流石に主人公ほど空気を読んで生きているわけではありませんが、現状に「なんだかな~」という気持ちは持っていて、コロッと違う生活をしてみたいかも・・・と思ってしまうこともよくあるのでとても共感できるドラマになりそうです。

中村さんのゴン役もミステリアスでカッコよく良い感じでしたし、高橋さんの我聞役も、憎らしくも最後の大泣きしているシーンはとても可愛かったです。

漫画でもお気に入りですが、三田さん演じる吉永さんがやはり好きで、とても素敵でした。

自分とリンクする感情が多い作品なので2話目以降も色々な場面で泣いてしまいそうですが、来週からもとても楽しみです。

前評判がとてもよかった『凪のお暇』ですが、実際に見た感想も満足度が非常に高いと感じました。凪はゴンに恋をするのか、慎二と寄りを戻すのか。この先の展開が気になりますね!

空気を読んでばかりで思うように振る舞えない、つまらない話に合わせないといけない、マウンティングや幸せアピールにモヤモヤした気持ちになる、理不尽な仕事でもやらなければならない……こうした凪が抱えているストレスは、誰もが一度は経験したことのあるもの。

凪の姿は、決して他人事ではありません。変わりたいともがく凪に共感するとともに、自分も頑張ろう、と力をもらえるドラマになりそうです。

自分の幸せを求めて人生をリセットする凪と一緒に、自分自身の生き方を見つめ直してみませんか?

→Paravi(パラビ)の無料登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です