MIX8話│浩樹に投馬と走一郎のバッテリーは通用するのか?強豪・東秀高との練習試合がいよいよ開催!

いよいよ甲子園の強豪校・東秀と練習試合を、することになった明晴学園。

東秀には、音美に対抗心を燃やす亜里沙の兄・浩樹がおり、浩樹は東秀を甲子園ベスト8に押し上げた、超高校級のエースです。

亜里沙の見栄っ張りから始まりましたが、音美との対決めいた関係が、強豪校との思わぬ練習試合を呼び寄せました。

投馬と走一郎のバッテリーの実力が、浩樹の前で試されます。果たして、全国クラスのチームに、投馬はどこまで通用するのでしょうか。

あだち充原作、タッチの30年後の世界を描く、超話題作の『MIX』第8話のあらすじ・ネタバレや感想を、ぜひご覧ください。

今すぐ『MIX』の動画を無料で、見たい方はこちらからご覧ください。

『MIX』の動画を無料視聴する方法とは?

アニメ『MIX』は、dアニメストアで見逃し動画配信を見るのが、最もお得な方法となります。

dアニメストア無料登録はこちら

dアニメストアは、初回31日間無料お試しがあり、『MIX』が無料で見放題です。

しかも、dアニメストアなら月額費用がどこよりも安く、継続したいと思った時に気軽に続けることができます。

dアニメストアおすすめポイント
  1. アニメ配信数2400作品は業界トップクラス!
  2. 2.5次元ミュージカルも他のVODよりも豊富で女性にもおすすめ!
  3. 倍速や30秒ジャンプが便利でHD画質対応も!

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にdアニメストアを利用したことがあるユーザーには適応されないので、他の無料トライアルキャンペーンを行っているVODサービスも一覧で紹介します。

アニメ『MIX』人気VOD動画配信状況

MIX』が配信されるのは、下記の主要なVOD(ビデオオンデマンド)サービスで全部で配信されています。

動画配信サイト 配信状況 月額費用 無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
dアニメストア 400円 31日間
auビデオパス 562円 30日間

※紹介している情報は2019年時点のものです。

どのサイト月額費用だけで追加料金が必要なく『MIX』を見放題で見る事ができます。

そのため、全話見放題で配信され、月額費用が安くかつ、アニメ配信数2400作品は業界トップクラスで、2.5次元ミュージカル作品が多い『dアニメストア』が最もおすすめとなります!

PandoraやDailymotionなどの動画共有サイトで無料で見られない?

無料で動画が見れるサイトとして有名なPandoraやDailymotion。

これらのサイトがなぜ無料かというと、テレビ番組や映画などの動画が無断で違法アップロードされているからです。

過去にまんが村というサイトが無料で漫画が見放題で話題になっていましたが、実はサイトを経由して漫画を読むユーザーに仮想通貨のマイニングを強制的にさせるプログラムが組まれていたとのこと。

PandoraやDailymotionなどの無料動画共有サイトでも、見えないデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 広告が頻繁に表示され、低画質かつ低音質
  • 違法アップロードなので随時削除され、リスクが伴います
  • スマホやPCへのウイルス感染や個人情報漏えいのリスク

安全に「MIX」を見たい方はこちら

『MIX』8話のあらすじ・ネタバレ

「この国では昔から……」

とナレーションが始め、らーめんドラゴンの店主が、強い風に吹かれながら進む中年や、めくれそうなスカートなんかを眺めています。

ドラゴンの二階のアパートに、住み着いた春夏は、両手に荷物を抱えて店主に挨拶し、手伝おうか? と問う店主に笑顔で断り、階段を上がりました。

店主は、去っていく彼女を見上げながら、今風が吹いたら、スカートを抑えられんでしょ、とその時を待ち、絶妙な風が吹きますが、巻き上げられた砂煙を、なまじ見開いていた両目に吹きかけられて、目を閉じてしまいます。

チャンスを逃して悔しがる彼は、水を撒くものを求めて、桶屋を目指しますが、方々から男がオケを求めて集まってきました。

風が吹けば、桶屋が儲かると、古来、この国に伝わることわざが、ナレーションから聞こえますが、桶屋が儲かると言われる理由は、本当は、全然違います。

強い風が連れて来た南郷

音美が、強い風と砂ボコリに巻かれる、洗濯物を取り込みながら、なんなんだ、と悪態をついていると、随分早く、ユニフォーム姿の投馬が帰ってきます。

二階から音美が早い帰りを尋ねると、早仕舞いだと答えますが、後ろの人は? と音美が重ねて尋ねた問いには、ピンと来ない様に振り向きました。

後ろへついてきたのは、南郷で、彼は部屋に上がって、監督に、ここで待つ様に言われた経緯を話します。

監督は、あとで酒を飲みによる、南郷には飯を食わせてやる、と言っていた事が、南郷から聞かされました。

二人は、居酒屋の様に扱われている我が家を嘆き、料金をもらっていない、それどころか、親父に金を返していない、と監督を貶めます。

その言葉に、南郷は、監督を悪くいうな、あの人は自分の、命の恩人だ、と憤り、思いもよらぬ反応に二人が黙ると、外からは、激しい雨音が聞こえ始めました。

監督を貶すと怒る南郷

急な雨に、投馬は外のパンチを急いで中に入れ、音美は洗濯を取り込んで正解だった、とホッとします。

南郷に声をかけようとした音美は、投馬から南ちゃん、と見た目にそぐわない呼び名を聞かされ、怪訝そうですが、南郷は窓際で激しい雨を眺めながら、あの日もこんな雨だったと、心ここにあらずといった感じでした。

お茶を入れようとした音美でしたが、やおら電話がなり、取ってみると母親からで、雨で電車が止まり、帰りは遅くなるから父親と外食する、出前でも取れ、というのです。

電車が止まる雨の中、来てくれる出前があるか、とくってかかりますが、聞く耳持たずで電話は切られてしまいました。

食材になる様なものはないよ、と聞こえた南郷が、飯を食わせてもらう約束だが、ととぼけたことを口走り、あんなおっさんの言うことまで、責任持てるか、と投馬が突っ込みます。

だいたい、あのおっさんは、と続けようとした投馬の言葉を、南郷がまた、監督を悪くいうな、と激しく遮りました。

命の恩人だ、あの日も雨だったと、また遠い目で雨の窓を眺める南郷を、投馬と音美は、今度は放っておいて、走一郎はどうしているだろう、と二人で話します。

ファミレスでの意外な出会い

走一郎が一緒にいた3人の女子と、ファミレスに逃げ込んで、ずっと一緒に居られるよ、とアピールする女子達を、冗談であしらっていましたが、ふと、奥に席に目を奪われます。

女子もなんだろうとのぞいてみると、なんだか覚えのある顔で、走一郎は、東秀野球部エース、三田浩樹、と名前を漏らし、女子3人は、去年の甲子園で有名になったとか、血液型などを挙げ連ね、走一郎のビジュアルが好きなだけじゃなく、野球に慧眼な面を見せます。

そこへ、もう一人別の女子、三田亜里沙が、音美と同級生で、浩樹は兄だから、サインをもらってあげましょうか、と唐突に声をかけました。

遠慮しとくよ、と興味なさげな走一郎の手を取り、強引に席を立たせ、浩樹の前に連れ出して、明青学園の才能ある選手と、妹が自慢していることを勝手に紹介します。

浩樹に取材していた二人の記者が、どこのポジション? と尋ね、オロオロする亜里沙に変わって答えたのは、意外にも浩樹でした。

昨年の都大会での、ノーヒットノーランを会場で見て、兄弟バッテリーであることも知っており、ナイスプレーをねぎらいます。

無口に立ち去ろうとする走一郎

記者は、浩樹に名前を知られる立花兄弟に驚き、自分たちも注目するから、と声をかけますが、まだ一年生ですからと、走一郎は無口に去ろうとしました。

遠慮するな、自分も一年生からエースだと、浩樹が呼び止めますが、走一郎は一つ会釈を返すだけで、その反応に亜里沙に方が、もっと偉そうにすればいいのに、と浩樹に苦言します。

雑誌やテレビに出ている弘樹の方は、レベルが違うんだから、と変なことを言いますが、浩樹は、一度も試合を見たこともない亜里沙の言葉に、それでレベルなんていうな、と言い返しました。

記者の前で、雑誌なんてどうでもいい、と口走ってしまいますが、一度でも最初から最後まで、試合に付き合えば、野球好きにしてやるから、と亜里沙を諌めますが、あまり興味はなさそうです。

一転、席に戻った走一郎に、すでに野球好きの女子が、どうっだった?あの嫌な女のお兄さんは、と皮肉交じりに食いつき、サインをもらいたくなったよ、と、余裕で返答するのでした。

監督に忘れられた南郷

春夏は自宅で、夕食を作りながら、ギリギリタッチダウンだった、と風呂上がりの体を吹く監督(父親)の声を聞き、早めに買い出しに行っておいてよかった、と返答します。

家が遠い南ちゃんは大丈夫だったの? と尋ねると、あいつのおじさんの家は埼玉だからな、と間の抜けた返答で、兄弟が多いし、言い出したら聞かないから上京が許された、と経緯を思い出していました。

よっぽど、お父さんに恩返しがしたかったのかな、と春夏は料理を続け、吾郎(監督)は窓際で、あの日もこんな…..と感傷に更けようとして、あ、いけねっ! と、忘れていた何かを、思い出します。

見栄っ張り兄貴比べ

長身からのストレート、切れの良いスライダー、ツーシームまで備えた、そんじょそこらの高校生では歯が立たない、そんなピッチャーとして、東秀のユニフォームをまとって投球練習をする、浩樹の様子を、吾郎が語ります。

そんな、誰もが認める超高校級のエースを擁した、甲子園ベスト8の強豪、東秀が、どうして明青なんかと、練習試合をするのか?と投馬が訪ねました。

吾郎は、たかがベスト8じゃねえか、内は優勝だぞ、と声を大にしますが、優勝したのは30年前のチームで、東秀は今まさにベスト8で、比較になりませんが、それでも、ついこの間のことだ!と吾郎は息巻きます。

駒は、可愛い妹のためだよな、とフェンスの向こうを眺めながら、投馬に声をかけたのは、フェンスの向こうに観戦に来ていた亜里沙が、友人の二人に、浩樹が自分の兄である事を明かした時でした。

友人二人は、甲子園でよくテレビに写った浩樹を知っており、驚きを隠せず、その声を聞いた亜里沙は、隣の音美に、私のお兄さん、そんなすごいのかしら? と問いますが、音美は、と、思いますよ、と至って冷静です。

だとしたら、音美と同じ様に、自分もお兄さんのことを自慢しても、いいのかしら、と亜里沙は牽制を続けますが、音美は、これも何食わぬ顔で帰しました。

「と、思いますよ」

その様子を眺めていた、走一郎は投馬に、夏野に聞いたところによると、亜里沙の音美への対抗心は相当なもので、今日は負けるはずのない浩樹と、自分達を比べて、点を稼ごうという魂胆だと説明します。

楽観的な走一郎と苦い顔をする投馬

とんだとばっちりだな、と苦い顔の投馬とは裏腹に、走一郎は、むしろ感謝すべきだろう、思いもよらず超高校級のピッチャーと、試合ができる機会ができたのだから、と楽観的でした。

音美の肩身が狭くならないか、と心配する投馬に、いい勝負になっても、そんなことで音美の肩身が、狭くなることはないさ、と試合に前向きです。

投馬も、納得して笑みを浮かべ、いよい試合に集中しようとしますが、その前に、肝心の試合に出られるのか、と走一郎に確認し、無言の彼の横顔を眺めるのでした。

吾郎の作戦

マウンドでは、投馬達とは別のバッテリーが、投球練習に望んでおり、亜里沙は、肝心の二人は何処にいったのか、浩樹は一年生からマウンドに立って、エースだって言ってたのに、と嫌味を放ちます。

一緒に観戦していた夏野は、言わせておいて良いのか、と音美の反撃を期待しましたが、何も言い返せないでしょ、今の時点ではね、と、ノーダメージで返しました。

吾郎は、先発を右の武下と、打者一巡したらサイドスローの高岡、また打者一巡で投馬を投入し、更に一巡で野島へ交代という、投手の持ち玉をフルに活かし、相手に的を絞らせない作戦を立案します。

東秀は、明青に対して無制限に交代を許可しており、最初から舐めてかかっているのは明らかで、甲子園優勝校の意地を見せろと、吾郎は発破をかけますが、30年前だがな、とツッコミが返るぐらいのことでした。

ピッチャー陣の奮闘

今日は勉強だ、と試合に注目する走一郎を他所に、投馬は浩樹が果たして本気で投げてくれるだろうか、と疑問を呈します。

そんな中、1回のマウンドには、いつもより随分楽しそうな表情で、先発の武下が振りかぶり、いつもより随分甘いコースに投球してしまい、あっと言う間にヒットが重なって、4点を奪取されました。

今川の解説では、武下は有名人にめっぽう弱く、甲子園強豪で、全国区のエースを擁し、何度もテレビに登場した、有名人である東秀メンバーの前に、すっかり舞い上がってこの始末だというのです。

1回で早速打者一巡した明晴学園は、どうやら本気で投げている浩樹のボールにても足も出ず、0点に抑えられてしまいました。

続く、2回、作戦通りサイドスローの高岡が交代し、そこそこのピッチングで1点に抑えますが、また今川が、高岡は突然別人みたいになるからな、と彼のムラの多さを指摘し、不穏な空気を作ります。

2回も、1点も返せず、迎えた3回の守備で、やっぱり人の変わった高岡が出現し、3者連続フォアボールで、ノーアウト満塁となりました。

丁度、その打者で一巡したことになり、とんでもないところで投馬の出番がやって来て、ためらいなく吾郎は、キャッチャーとピッチャーの交代を宣言します。

投馬は、なんてところで登板させるんだ、もう知るか、とやけくそ気味に、第一球をセットポジションから投げ込もうとしますが、これが見事にスっぽぬけ、棒球を捉えられてしまいました。

あわや大量得点、と思われましたが、サードがかろうじてこれを弾き、それどころかベースを踏んですぐさまセカンド、これもアウトにし、更にメジャーばりのジャンピングスローでファーストへ、きっちり討ち取ってトリプルプレーを成し遂げます。

あまりの奇跡に、観戦していた一番は、冷や汗で慌てふためき、亜里沙は何がおこったの?と困惑してしまいました。

審判にも助けられる投馬達

スーパープレーにも、その裏、凄まじい浩樹の投球に得点の緒も得られず、交代して初対戦の走一郎に打順が回り、最低4球は投げさせろよ、と次に控える投馬が念を押します。

分かっている、と打席に立った走一郎でしたが、一球目から手を出し、アウトに討ち取られるも、初めて見る浩樹のボールを、しかも初球で外野まで運んだことに、東秀ベンチは監督を含め、驚きを隠せませんでした。

投馬は、帰ってくる走一郎に、おい、と咎めようとしますが、打てそうだからつい手が出た、と返され、打席に立って初球を目にして、打てそう?マジかアイツ、と若干引きます。

投馬は、それでも、ストライクは振り、ボールは見送り、確実にカウントを重ねていきますが、当てに言っているように見えたファールは、全て本気で打とうとした結果でした。

フルカウントとなりますが、音美は、良くも悪くも期待を裏切るのは、投ちゃんの方、と勝負の行方を予感するかのように語りました。

最後の一球を、ボールと見切って手を止めた投馬でしたが、外角低めに決まったそのボールを、審判はストライクにとり、チェンジとなってしまいます。

ベンチに下がり、マウンドに立つ準備をしながら、有名人に弱いのは、一人じゃなかったようだな、と走一郎が、審判の判定を指し、あのボールをストライクにとった事を後悔しなきゃ良いがな、と打ち合わせました。

投馬の快投

回は進んで、投馬の投球が続きますが、東秀のベンチでは、監督が浩樹に、そろそろサービスを終えて交代するか?と訪ねます。

浩樹は、投馬の投球を一球しか見てませんよ、と意見しますが、監督は、一年生の投手を気にすることはないだろう、さっきのも奇跡に過ぎない、と取り合おうとせず、それでも、試合に学年は関係ありませんよ、と浩樹は交代に賛成しませんでした。

投馬は、一人目をファール一つ混ぜて、先程自分が打ち取れた外角低め、本来ボールにドンピシャで放り込み、三振にとってのけます。

バッターも唖然とした様子で、二人目も同じコースに打ち取り、投馬は、助かるなーと、審判の判定に感謝しながら、全く同じコースで3人目も軽くあしらい、三者三振をやってのけました。

一番は、強豪校、東秀の2・3・4番を三者三振に討ち取った投馬を見て、拳を握って驚き、期待を裏切られたでしょ? と音美は分かっていたように口にします。

「うちのお兄ちゃんです」

音美は、隣の亜里沙にわざとらしく紹介し、知ってるわよ! と見事にイラつかせて手玉に取り、東秀の監督も、唖然とするような投馬の投球に、すぐさま浩樹の続投を決断しました。

エース対決の幕開け

投馬と浩樹は、5回も互いに無失点に抑えますが、6回表、投馬の投球で、遂にヒットを取られてしまいます。

投馬は、グラブを地にたたきつけて、イラつきを顕にしますが、一人ヒットを出したくらいで何を熱くなってる、と走一郎が駆け寄ると、今のバッター二回目だろ! と食って掛かりました。

作戦では、次の野島へ交代のはずでしたが、その訴えを、走一郎はばーか、の一言で片付け、まだ反論しようとする投馬に、まだ6回ツーアウトで、残る投手は一人となれば、一巡を無失点に抑えた投馬を交代させるはずがない、と当たり前のことを説明します。

ベンチでは、吾郎が、サインのつもりか、両手で素麺でも伸ばすかのようなジェスチャーを繰り返し、続投となりました。

東秀ベンチでは、監督が、たまたま抑えられるのは、一巡まで、二巡目を抑えるのは至難の業になるのが、全国レベルのチームだ、と強く構えます。

しかし、走一郎のミットは快音を鳴らし、走者が出ても、二巡目でも、衰えないそのピッチングの威力に、東秀の監督は驚きの声を漏らし、浩樹は瞳を鋭くするのでした。

『MIX』のあらすじ

今から約30年前。エース・上杉達也を擁して甲子園に初出場。旋風を巻き起こして初優勝を成し遂げた明青学園野球部。

それ以来、いくつもの夏が訪れたが、明青学園がもう一度甲子園の土を踏むことはなかった。そして現在、明青学園のすぐそばに、同年同月同日に生まれた血の繋がらない兄弟の立花投馬と走一郎が住んでいた。

学園の中等部に通う二年生の二人。そしてこの春、二人の妹・音美が新一年生として入学してくる。サードの投馬とキャッチャーの走一郎は、共にレギュラーとして、高等部同様長く弱いままの中等部の野球部の所属している。

しかしこの野球部は何か雰囲気がおかしかった。明らかに実力が劣るのに毎日一時間しか練習に参加しない三年生の二階堂がエースとして部の中心にいて、監督もそれを容認している。

投馬と走一郎はもやもやした気持ちを抱えながら練習を続けていた。入学式が終わり、新一年生が入部。その中の一人、音美と同じクラスの夏野一番は、名前の通り夏の甲子園で活躍することを目標としていた。

投手として自信があり、入部早々周囲にもそれをアピールする夏野は、二階堂の投球練習を見て自分ならすぐにエースになれると確信する。

しかし、優秀な夏野の投球を見た監督の黒柳は、外野に回してしまう。納得のいかない夏野は周囲に文句をいい、野球部のレベルの低さに入学を後悔し始める。

その時、監督が用事で出かけることを確認した走一郎が、投馬と投球練習を始める。その姿を見て驚く夏野。投馬の投げる球が、どう見ても二階堂よりも凄い球だったのだ。

そこにはかつて明青学園を甲子園に導いたエース・上杉達也を彷彿とさせる投馬の姿があった。キャプテンの今川に、改めて投馬のことを「……何の……レギュラーですって?」と訊ねる夏野。

答える今川の「サード」の声に、走一郎のミットに収まる投馬の速球の音がかぶる。一方、家の納戸の片づけをしていた音美は、背番号1の明青学園のユニフォームを見つけていた。果たしてそれは……。

『MIX』8話の感想

今回のエピソードは、東秀と明晴学園が練習試合をすることになる切っ掛けと、試合の中盤までが語られ、これから試合が白熱していく予感を、感じさせられる内容です。

亜里沙に関しては、とにかく嫌な女子中学生として描かれて、対して音美は、彼女をある程度無視しながら、子供っぽく投馬達を応援して、上手に亜里沙へ反撃する、人気者の姿が強く出ていました。

あだち充氏の作品では、二階堂投手にも見られるように、得てして亜里沙のようなキャラクターが、後に人気を博す、名サブキャラクタになりがちで、彼女の今後にも注目が集まります。

さて、メインはやはり投馬と浩樹の、投手対決を主軸に進む、明晴学園対東秀野球部で、投馬だけではなく、トリプルプレーにも見られるように、野手の意外な旨さも描かれ始めていました。

投馬の快投に目を見張る、監督を始めとした敵チームと、試合前から投馬、走一郎のバッテリーに注目している、浩樹という構図を使って、浩樹が特別な選手である点を強く出しています。

今回のエピソードでは、投馬のピッチングに驚かされる、そういった場面が多く、走一郎のリードについては、余り触れられていませんでした。

今後、走一郎の活躍に期待しながら、たかが練習試合で興じられる、現トップクラスのピッチャーと、未来の最強投手が、どの様な戦いを見せるのか、後半戦に向けて白熱必至の来週を楽しみにします。

『MIX』の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です