MIX7話│大山春夏と南郷四郎とは?春夏をめぐって投馬と走一郎の間に波乱の予感?

アニメ『MIX』の第7話が、地上波で放送されました。

新しく九州から来た野球部の大山監督と、その娘の大山春夏。さらには、その監督を慕って来たそうだが、ただならぬ雰囲気を漂わせる南郷四郎など、野球部には波乱の予感が巻き起こります。

あだち充原作、タッチの30年後の世界を描く、超話題作の『MIX』第7話のあらすじ・ネタバレや感想を、ぜひご覧ください。

今すぐ『MIX』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック。

『MIX』の動画を無料視聴する方法とは?

アニメ『MIX』は、dアニメストアで見逃し動画配信を見るのが、最もお得な方法となります。

dアニメストア無料登録はこちら

dアニメストアは、初回31日間無料お試しがあり、『MIX』が無料で見放題です。

しかも、dアニメストアなら月額費用がどこよりも安く、継続したいと思った時に気軽に続けることができます。

dアニメストアおすすめポイント
  1. アニメ配信数2400作品は業界トップクラス!
  2. 2.5次元ミュージカルも他のVODよりも豊富で女性にもおすすめ!
  3. 倍速や30秒ジャンプが便利でHD画質対応も!

無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。

31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください!

注意点として、『初回31日間無料お試し』は、過去にdアニメストアを利用したことがあるユーザーには適応されないので、他の無料トライアルキャンペーンを行っているVODサービスも一覧で紹介します。

アニメ『MIX』人気VOD動画配信状況

MIX』が配信されるのは、下記の主要なVOD(ビデオオンデマンド)サービスで全部で配信されています。

動画配信サイト 配信状況 月額費用 無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
dアニメストア 400円 31日間
auビデオパス 562円 30日間

※紹介している情報は2019年時点のものです。

どのサイト月額費用だけで追加料金が必要なく『MIX』を見放題で見る事ができます。

そのため、全話見放題で配信され、月額費用が安くかつ、アニメ配信数2400作品は業界トップクラスで、2.5次元ミュージカル作品が多い『dアニメストア』が最もおすすめとなります!

PandoraやDailymotionなどの動画共有サイトで無料で見られない?

無料で動画が見れるサイトとして有名なPandoraやDailymotion。

これらのサイトがなぜ無料かというと、テレビ番組や映画などの動画が無断で違法アップロードされているからです。

過去にまんが村というサイトが無料で漫画が見放題で話題になっていましたが、実はサイトを経由して漫画を読むユーザーに仮想通貨のマイニングを強制的にさせるプログラムが組まれていたとのこと。

PandoraやDailymotionなどの無料動画共有サイトでも、見えないデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 広告が頻繁に表示され、低画質かつ低音質
  • 違法アップロードなので随時削除され、リスクが伴います
  • スマホやPCへのウイルス感染や個人情報漏えいのリスク

安全に「MIX」を見たい方はこちら

『MIX』7話「心配?」のあらすじ、ネタバレ

道一つ渡ると、終わってしまう通学路を、投馬は全力で走り登校しますが、教室にたどり着いたのは教員に名前を呼ばれた後で、遅刻になってしまいます。

パンを咥えてやってきた投馬を、教員が諌め、それほど急いでも1分前では流石に無理だから、明日は2分前に家を出ようと、独りごちる投馬でした。

カバンから筆箱を落とした彼の消しゴムを、拾ってくれた女子のスカートが気になる投馬でしたが、その生徒は、投馬が息を呑むくらい綺麗な少女だったのです。

九州からやってきたヒロインと、監督と、変なやつ

大山春夏という彼女の可愛さは、既に学校中の話題で、所構わず男子が群がり、少しでも話しをしようとガヤガヤしますが、ごつい強面の男子生徒に、いつも、あっという間に蹴散らされます。

春夏にナンちゃんと呼ばれた男子生徒は、南郷四郎で、極めて無口で素性がしれませんが、明らかに、春夏を守っている素振りでした。

投馬は、周りから男子が撤去された春夏に、九州から来て大山といえば心当たりがあり、話しかけようとしますが、後方の席から南郷が、ただならぬ覇気を燃やすのに気づき、面倒臭そうだからいいや、とうつむきます。

別のクラスでは、走一郎に駒が、九州からやってきた生徒のことを聞いたか?と持ちかけようとし、話を遮って走一郎が、監督の娘だからちょっかいを出すと、レギュラーが遠のくぞ、とけなしました。

しかし、駒が話題にしたかったのは、男子の南郷の方で、彼も九州から、あのおっさん監督を慕ってやってきたというのです。

中学から監督をしたい、名門野球部から声がかかる程のスラッガーなのに、監督を追いかけて上京して来たと、駒は言いました。

野球部のグラウンドにも春夏は現れて、たちどころにユニフォームの男子に囲まれてしまいますが、案の定南郷の激しい妨害に会い、散っていきます。

投馬は、南郷が追ってきたのは、本当にあのおっさんなのか?と、南郷の春夏への忠誠心を揶揄するのでした。

中等部の野球部では、背番号一を勝ち取った一番が、音美に格好いいところを見せようと、活きを巻いて投げ込みますが、当の音美は、昨年、投馬が投げているときと比べて、全くをよそ見をしなくなったと、ブラスバンド部の顧問も太鼓判を押します。

発覚する南郷の虫嫌い

野球部の部室に戻った走一郎は、投馬に監督の娘と話したのか?と聞いてみますが、まともに話せた男子はいない、との返答に、ちょうど入ってきた南郷を目にして納得します。

南ちゃん、と、投馬は南郷に戸締まりをしておくように言い残し、部室を二人で去りますが、しばらくすると部室の方から、奇声が聞こえてくるのでした。

何の騒ぎかと舞い戻った二人が見たのは、ゴキブリがでたと大騒ぎで、椅子に飛び乗った南郷の姿です。

初めて聞いた南郷の声は、叫び声と、丸めた新聞により息絶えたゴキブリを、外に捨ててくれ、と懇願する声でした。

ラッキーな投馬と、意味深な春夏の言葉

帰宅した二人が聞いたのは、オッサン二人の馬鹿騒ぎの声で、また大山が上がり込んでいるようでしたが、走一郎は投馬に、ゴキブリを触った手を洗うように言いつけます。

投馬は洗面所に向かい、走一郎は音美から、風呂が壊れたから大山の娘も来ており、今まさに、入浴中である事を知らされました。

時既に遅しで、投馬が洗面所の扉を開くと、そこには、一糸しかまとわぬ? 春夏の姿があり、投馬はあまりのことに、カバンを床に落として棒立ちです。

走一郎の前に戻った投馬は、目を点にして何も言いませんが、その様子に全てを悟った走一郎は、廊下に連れ出し、彼女が風呂入ってるのを見ただろ、と迫ります。

いや、出たところだった、と焦りもせずに答える投馬ですが、走一郎の方は、何だと! とすごい剣幕で問いただしました。

そこへ、ギリギリセーフだった、と春夏が浴室から出てきて、パンツはいたところだったし、一瞬でドアを締めてくれたから、ほとんど見えてないはず、とフォローします。

それでも、走一郎にとって事態が深刻なことに変わりはなく、投馬の動体視力の凄さを上げて、一瞬でも隅から隅まで……と彼の否を鳴らしますが、当の春夏は声をかけて来た音美と、何事もないようにその場をさりました。

未だに騒いでいる兄弟二人を、母がやかましいと諌め、春夏は素敵な二人だね、と音美から飲み物を受け取ります。

音美から、どちらが好みか、と問われて、春夏は、真剣に考え込むような表情を見せ、思いもよらない事を聞き返しました。

「心配?」

その問い返しの意味が分からないように、音美は春夏の顔を見返しますが、春夏は、少し微笑みながら、でも冗談で聞いたんじゃない、という意思が伝わる表情で音美を見つめます。

騒がしい兄弟と、おっさん二人の大笑いの声に、言葉を返せない音美の返答を待たずに、春夏は表情を崩すのでした。

モテモテの音美と、困った女子

教室で変わったキーホルダーを拾った音美は、落とした女子生徒に声をかけますが、反ってきたのは、ぶっきらぼうな、捨てておいて、という言葉でした。

三田亜里沙は、音美にお礼を言うどころか、誰にでも好かれていると思ったら、大間違いだから、と険しい表情で食って掛かります。

その様子に一番が、そんな変わり者が居るなら、教えてもらおうか、と洒落を効かせてフォローに入りました。

取り巻きと共に去っていく三田に、一番は聞こえよがしに、あんな奴が2位だなんて、と悪態をつきます。

どうしてつっけんどんにされたのか、わけが分からず不思議そうな顔の音美に、一番が説明したのは、第42回ミス明晴学園中等部の2位が三田で、2年連続圧倒的1位が音美ということで、音美は、本人の知らないところで、訳も分からず恨まれのは勘弁してほしい、と呆れました。

ところが、一番の言うには、それだけが理由ではないらしく、伝えようか逡巡しているところへ、別の男子から声がかかります。

学級委員の集合の予定を伝えに来た、赤井遼は、音美が忘れていたアンケートの集計も終わらせている気の利き用で、誰にもできるやつだと分かる好青年でした。

一番は、そんな彼に、お前は良いやつだが、誰にでも好かれていると思ったら、大間違いだ、と迫りますが、一喝で音美にたしなめられます。

一番は、三田は赤井に惚れているんだ、と音美に教え、2年の時には仲良く学級委員を二人でやっていたこと、そして3年になってから、彼の相棒の座を音美が奪っている状況を感慨深げに伝えますが、音美としては、同意もなく教師に指名された訳で、それで恨みを買っては、溜まったものではありません。

憤慨する音美に、一番は、モテすぎる生徒の宿命というやつだから、諦めろと諭しますが、音美に対する思いを隠そうともしない一番も、彼女の悩みのタネでした。

3年生も認める、投馬のピッチング

野球部の練習にも熱が入る中、今井は監督に、投馬をまだブルペンで投げさせないのか、と訪ねますが、まずは走り込んで、体を作らせる、と頑なで、ま、どうせすぐ分かるさ、という具合に、今井はその場を後にします。

右、サイドスロー、左と粒の揃った3年生投手を擁するチームで、親友の息子だからと、一年生を贔屓し、彼らのやる気を削ぐようなことはしない、と知った風に大山は言いました。

秋までに物になってくれれば良い、という考えの監督のもとに、今度は3年生ピッチャー3人が集まり、投馬に投げさせないのか、と迫ります。

その内二人は、投馬次第では、自分たちは内野や外野の練習を始めたい、という勢いで、大山は、お前らにはプライドはないのか? と拍子抜けの様子でした。

しかし、投馬のピッチングを見たことが無いのですか? と3人はむしろ不思議そうにして、3年だから一日でも長くゲームがしたいんです、最後の夏なんです、と必死です。

等々、大山は3人の圧力に負け、今井に、立花兄弟を呼んで来るように指示を出し、今井はやっぱりな、という感じで敬礼で返事をするのでした。

圧巻のピッチングを見せつける投馬

夕焼けのブルペン、そのマウンドに投馬は立ち、大きくゆっくりと振りかぶり、その様子を3年のピッチャー陣、そして監督が見つめています。

投馬が体を動かし始めた、その瞬間に、大山は驚きを隠せない様子で表情を変え、流れるよなモーションから放たれた、白球がミットを打つ音を聞く頃には、ぽかんと口を開けることしか出来ませんでした。

二球、三球と、投馬が投げ、走一郎のミットが鳴らす、ピッチングの音は校内に響き渡り、それは南郷を振り向かせ、春夏の足を止めるような、小気味良い音色です。

大山は、サングラスに投馬の姿を写し、驚愕を隠せず、練習が終わった後、彼らの家にまた上がり込み、父親とビールを交わしながら、お前の息子は何なんだ! とテンションを下げられずにいました。

父の英介は、彼の勢いにむしろ、そんなにか? と不思議そうな様子で、そう言えば仕事が忙しくて、最近、試合を見ていないな、と振り返ります。

帰宅した立花兄弟を、音美が出迎えますが、奥から聞こえる大笑いの声に、また上がり込んでるのか、と投馬はげんなりし、春夏は風呂が治ったから来ていない、と音美が二人に伝えました。

手を洗ってきても良いか、と走一郎にわざわざ聞く投馬でしたが、馬鹿騒ぎの収まらないオッサン二人を他所に、部屋で横になります。

夕飯の声をかけに来た音美に、走一郎は、監督がいつまでも投げさせるから疲れただけだ、と伝えますが、ちょっと見てくると、気になっている様子に、信用がないな、と独りごちるのでした。

西村の予感

西村は、息子の部屋にまた、立花兄弟はその後どうしてる? と訪ねて来て、今年は監督が変わってやる気になっているらしい、と鋭い目つきですが、当の息子は新しい音美の写真を眺めるばかりで、所詮、明青だろう? と興味も無いようです。

しかし、父親の方は思う所があるようで、月に映る、懐かしいダイナミックな投球フォームのシルエットが、これからの激戦を予感させるのでした。

『MIX』のあらすじ

今から約30年前。エース・上杉達也を擁して甲子園に初出場。旋風を巻き起こして初優勝を成し遂げた明青学園野球部。

それ以来、いくつもの夏が訪れたが、明青学園がもう一度甲子園の土を踏むことはなかった。そして現在、明青学園のすぐそばに、同年同月同日に生まれた血の繋がらない兄弟の立花投馬と走一郎が住んでいた。

学園の中等部に通う二年生の二人。そしてこの春、二人の妹・音美が新一年生として入学してくる。サードの投馬とキャッチャーの走一郎は、共にレギュラーとして、高等部同様長く弱いままの中等部の野球部の所属している。

しかしこの野球部は何か雰囲気がおかしかった。明らかに実力が劣るのに毎日一時間しか練習に参加しない三年生の二階堂がエースとして部の中心にいて、監督もそれを容認している。

投馬と走一郎はもやもやした気持ちを抱えながら練習を続けていた。入学式が終わり、新一年生が入部。その中の一人、音美と同じクラスの夏野一番は、名前の通り夏の甲子園で活躍することを目標としていた。

投手として自信があり、入部早々周囲にもそれをアピールする夏野は、二階堂の投球練習を見て自分ならすぐにエースになれると確信する。

しかし、優秀な夏野の投球を見た監督の黒柳は、外野に回してしまう。納得のいかない夏野は周囲に文句をいい、野球部のレベルの低さに入学を後悔し始める。

その時、監督が用事で出かけることを確認した走一郎が、投馬と投球練習を始める。その姿を見て驚く夏野。投馬の投げる球が、どう見ても二階堂よりも凄い球だったのだ。

そこにはかつて明青学園を甲子園に導いたエース・上杉達也を彷彿とさせる投馬の姿があった。キャプテンの今川に、改めて投馬のことを「……何の……レギュラーですって?」と訊ねる夏野。

答える今川の「サード」の声に、走一郎のミットに収まる投馬の速球の音がかぶる。一方、家の納戸の片づけをしていた音美は、背番号1の明青学園のユニフォームを見つけていた。果たしてそれは……。

『MIX』7話「心配?」の感想

今回のエピソードは、投馬達が高校生になって、主要なキャラクター達の集合と、投馬の投手としてのポテンシャルが、遂に高等部の野球部で確認された話です。

南郷の存在が今後、どの様な混乱や結託をもたらすのか、彼は監督の大山が上京してきた理由にも関係しているようですし、意外に注目のキャラクターでした。

主人公たちの人間関係の進展も、メインヒロインが出揃って、いよいよ気になり始めますが、やはり、タイトルにもなった春夏の言葉が、ものすごく気になります。

数回前で駒も言っていたように、投馬には音美にアタックする、もしくはされる権利がある? 訳で、それを思うと春夏が、音美が何を心配していると思ったのか、は明確でした。

もし、投馬と音美の関係が、そういう進展をするのであれば、タッチにも勝る、切ないエピソードが待っている可能性もあります。

そして、春夏の好みは実際どっちなのかというのも、大変気になるところで、春夏の事を意識している走一郎を交えると、これはもう大変な嵐が予想され、そこに一番と南郷の入り込む余地は、やっぱり無いか、と確信するエピソードでした。

『MIX』の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です