ドラマ『MIU404』動画を1話から最終回まで全話無料で視聴する方法!

MIU404

TBS金曜ドラマ『MIU404』(みゅうよんまるよん)が、6月26日夜10時から放送スタートしました。

主演は綾野剛さんと星野源さんがタッグを組み、一話完結で繰り広げられる刑事ドラマとして話題です。

こちらでは、ドラマ『MIU404』の見逃し配信動画を無料で視聴する方法や、原作やキャスト、主題歌や見どころについて紹介していきます。

『MIU404』の動画配信情報
『MIU404』の動画はParaviで全話配信中です!

\2週間の無料体験実施中!/MIU404

『MIU404』の見逃し配信動画を無料で視聴する方法は?

ドラマ『MIU404』は、毎週金曜日よる22:00から放送されています。

放送終了後から1週間以内なら登録なしで見逃し動画を無料視聴できます。

『MIU404』見逃し動画配信先

配信期間が終了している場合でも、以下の方法で無料で視聴することができます。

ドラマ『MIU404』の動画を1話から最終回まで全話無料視聴する方法

『MIU404』はParaviにて全話視聴することができます。こちらではParaviを無料で視聴する方法やおすすめポイントを紹介します。

『MIU404』は1話~全話Paraviで配信

Paraviは月額1017円(税込)で新旧ドラマ・バラエティ・アニメなどはもちろん、ここでしか観られないオリジナルコンテンツも見放題です。また、話題作がコンテンツ毎に購入できるレンタル作品も用意されています。

初回登録の方は、2週間の無料体験があります。また、有料会員登録になった後は毎月レンタルチケットがもらえるので、何かしら新作映画などの有料作品を楽しむことができるのでお得です!

Paraviのおすすめポイント

  1. 会員登録後2週間の無料体験ができる!※レンタル作品は別途課金
  2. TBSやテレビ東京の最新ドラマも1話から見逃し配信
  3. PC/スマホ/タブレットでいつでも視聴可能。テレビの大画面でも楽しめる!
  4. 決済日にはレンタル作品に使用できるチケットをプレゼント!

無料期間中の解約でしたら、一切費用は発生致しません。

アプリでは一部作品を除き動画をダウンロードできるので、オフラインでも視聴できます。

また、今回主演のお2人が出演されている感動ドラマ『コウノドリ』・『コウノドリ2』も絶賛配信中ですので、まだ見たことがない方はぜひご覧下さい。おすすめです!

※本ページの情報は2020年6月記事更新時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ドラマ『MIU404』1話から最終回までの各話ネタバレ・感想

第1話ネタバレ・あらすじ

優秀な志摩と破天荒な伊吹

機動捜査隊、アルファベットの頭文字を取ってMIUと呼ばれる機捜は、人員が足りません。隊長が刑事部長に掛け合い、彼をメンバーにするならと言う条件で第4機捜が承認されました。

志摩は、第4機捜に配属されます。刑事局長の息子・九重と先輩の陣馬がバディを組む事になり、余った志摩は、候補段階で落とされた伊吹を相棒に迎えます。しかし、伊吹は誰からも評判が悪く取り柄といえば足が速いと言うことだけでした。

元捜査一課の優秀な志摩と対照的にルールに縛られる事を嫌い掴みところのない伊吹です。志摩は、そんな伊吹とバディを組むことに不安を感じていました。

一歩踏み込めない初動捜査

捜査に出た志摩と伊吹はあおり運転をする車に遭遇します。あおり運転に激高する伊吹は運転手を追い詰めるも警察だと信じてもらえず騒ぎが大きくなるのでした。そして、志摩の冷静な尋問により騒動は終息します。

志摩が伊吹の適正を判断して良いと任されました。暴行事件が発生し、現場に向かう4人は初動捜査を行います。聞き取り調査にメモを取らない伊吹のパーカーに志摩はボイスレコーダーを仕込んでいました。志摩は伊吹を信用していません。

志摩は、犯人はパーキングにいると推理します。パーキングには、最初にあおり運転で注意した男の車がありました。車には血があり、そしてドライブレコーダーが無くなっていたことにより、あおり運転の男が被害者だとわかります。

あおり運転の車と遭遇していたおかげで機捜のドライブレコーダーに被害者の車と被害者を追う犯人の車が映っていました。あおり運転の腹いせの犯行だったのです。

その報告をするまでが初動捜査でした。初動捜査に物足りなさを感じる伊吹に志摩は、機捜の仕事をパーツだと教えました。

伊吹の勘に苛立つ志摩

勘と耳だけが良い伊吹は、犯人の車だと勘づきますが、志摩は冷静にナンバーが違うといいました。その後の調査で、犯人はナンバープレートを付け替えてあおり運転をしていたことがわかります。あおり運転するドライバー同士が招いた事件だったのでした。

感覚とか曖昧な表現や勘だけで判断する伊吹に志摩はイライラが募ります。エンジン音が同じと言い切り捜査しようとする伊吹に志摩はキレますが、しかし、ルール内ならと第4機捜の4人で調査することにします。

伊吹の適性はひとまず保留

無茶するなと伊吹に言う志摩の方が、犯人を見つけてヒートアップします。志摩は犯人を追いつめ車はクラッシュ。伊吹は車から降り、走って犯人を追い詰め、警察官とは思えない暴言を吐き、撃つこともいとわない姿勢を見せました。

撃つのかと思わせていた伊吹でしたが、銃を構えていませんでした。犯人を無事逮捕し、麻薬取引もしていたことが後日わかりました。

伊吹の適性について志摩は、野生のバカだと言いますが、伊吹の優しい一面を思い出してひとまず保留だと伝えるのでした。

第1話感想

60代女性
ついに機動捜査隊が主役のドラマが始まりました。カーアクションがすごくて興奮しました。志摩は大変優秀で、初動捜査も順調に進みましたが、コンビを組む伊吹は感情で動くので、足を引っ張ることもありますが、役立つこともあります。2人がどのように真のコンビニなっていくのか見ていきたいです。
20代女性
やっとのことで放送された第1回目なのでとにかく期待が膨らんでいましたが、予想以上に面白くて素晴らしかったです。星野源さんは新境地というか、出世作となった逃げ恥とは真逆の役柄を全力で演じていて、続きがとても楽しみになりました。
50代女性
星野源と綾野剛がバディを組むと聞いて、既視感がありましたが、今回は身体を張ったアクションたっぷりの刑事もので凄く面白かったです。

奥多摩から警視庁の第4起捜に来た綾野剛演じる伊吹藍の行動はハチャメチャ過ぎて、星野源演じる冷静な志摩を逆上させますが、警察官として規格外の伊吹の直感や行動が事件解決の取っ掛かりに繋がるので結果オーライなのかなと感じます。

志摩と伊吹の対照的なコンビがあおり運転から始まった事件を解決に導く様がスピーディーでカーアクションにも驚愕してしまいました。これから毎週見るのが楽しみです。

30代女性
ヤンチャな感じのイブキと真面目そうなシマのコンビのやりとりが面白かったし、車でのアクションもよかったです。流行りのあおり運転をテーマにしていたのも良かったし、「エンジン音が同じだ」と目を光らせるイブキがかっこよかったです。
20代女性
冷静であろうとする志摩と直感で突っ走る伊吹のコンビが面白かった。むちゃをしながらもいろんなところに目を配ったり、全力で捜査をして警察官としてすべき仕事を成し遂げかっこよかった。どんな事件に立ち向かっていくのか楽しみ。
30代女性
星野源と綾野剛が機動捜査隊の刑事としてコンビを組んだドラマでしたが、綾野剛の役柄が明らかに刑事とは程遠い人格で、星野源がかわいそうでした。星野源も、過去に何が闇を抱えていそうで、これからドラマ内でそこが描かれていくのが楽しみです。

第2話ネタバレ・あらすじ

ある日、伊吹と志摩がパトロール中、隣に走る車に伊吹が話しかけます。その時の運転手の表情、後部座席の女性の表情に伊吹はその車に違和感を抱きます。

そんな時警視庁からの無線で近くで殺人事件があり、その容疑者が逃走中である事を2人は知ります。伊吹はさっき少しだけ見えた後部座席の女性を掴む袖の色といつもの直感で、「さっきの車に逃げ出した容疑者が乗っている」と車を追跡します。初めは流そうとしていた志摩ですが、伊吹に負け追尾を始めました。

2人が追っている車の持ち主の家に向かう前に、陣馬と九重は現場にいました。第一発見者の話から逃走中の容疑者は加々見崇だと知ります。しかし、陣馬は現場の出入り口のドアノブに血のついた掌紋が付いていない事が引っかかり、加々見が犯人ではないかもしれない可能性もあるとにらみました。

やっと車と接触できるチャンスがあり、志摩は車に盗聴器をしかけました。そこから聞こえてくる加々見と車を運転していた田辺将司(鶴見辰吾)と妻の早苗(池津祥子)の会話を聞き、伊吹は「加々見は本当は犯人ではなく、逃走しているのは無実を証明するためなのかもしれない」と考えます。

実は田辺夫妻は昔に息子を亡くしており、田辺将司はその原因が自分たち夫婦が息子を信じてやらなかった事だとずっと悔いていたのでした。

加々見に無き息子を重ね合わせた田辺夫妻は、伊吹たちに捕まりそうになる加々見を逃がし、「自分たちは脅されていたのではなく合意の上で行動を共にしていた」と2人に話します。

そんな田辺夫妻に志摩は加々見が夫妻に真犯人だと話していた「岸」という人間が無実だったという真実を告げ「もしかすると加々見は自殺してしまうかもしれない!」と加々見の行き先を聞き出します。

加々見の逃走先へ向かった伊吹と志摩は、かつての加々見の実家で彼を見つけ真実を知ります。実は加々見は幼少期に父親に暴力を受けておりずっと父親を恨んでいました。

そんな中、職場の社長だった被害者に罵声を浴びせられ暴力をふるわれた事で父親に重ねてしまい自分をコントロールする事が出来ず刺してしまったのでした。真実を知り伊吹は「無実でいて欲しかったなぁ…」とつぶやきます。

逮捕される加々見のもとへ田辺夫妻が駆け付けます。田辺夫妻は「ごめんね。最後まで付き合うって約束したのに。ごめんね。いつかまた3人でドライブしよう!ごめんね。」と声をかけます。

そんな2人に加々見は深々を頭を下げるのでした。

第2話感想

50代女性
息子を信じることができず、その息子は自殺した田辺夫婦の思いと、幼い頃父親に厳しくされ、そして、上司にその姿を重ねてしまい殺してしまった加々見。双方の想いが悲しすぎます。

加々見の心の中にくすぶっていた父親に対する憎しみは、とても深かったのですね。殺人を犯してしまったのは残念すぎます。犯人だけど、その姿は辛すぎます。最後まで加々見を信じた伊吹と真実を見ようとしていた志摩が、加々見を逮捕するときの表情に2人の辛い気持ちが伝わりました、

50代男性
とても良いストーリーだったと思います。何と言っても、感動をくれたのは田辺夫妻でした。言動には涙腺大崩壊でした。かがみはやはり嘘ついてたんですね。

そして今回一番素敵なシーンだと思ったのは、ラストのほうとうを食べているところでした。志摩刑事(星野源)の「お前は長生きしろよ!」には痺れました。

30代女性
伊吹が横を走る車に乗っている人の様子がおかしなこと、一瞬だけ見えた袖口が犯人の着衣の色と同じだったことを見抜いたこと、それを疑いつつも追跡を許可した志摩コンビがかっこよかったです。人質になった夫妻が信じていた青年が結局犯人で、切なかったです。
40代男性
まだまだこの回だけではなくて、これから先の事を考えていながらドラマの展開を見ていました。犯人と思われる人物が事件を起こした理由が気になっていました。幼い頃のトラウマから犯行に至ってしまったのかなと見ていて気の毒に感じてしまう所が凄くありました。

ドラマ『MIU404』視聴率

  放送日 視聴率
第1話 2020/6/26 13.1%
第2話    
第3話    
第4話    
第5話    
第6話    
第7話    
第8話    
第9話    

関東地区・ビデオリサーチ調べ

ドラマ『MIU404』のあらすじ

タイトル『MIU404』の“MIU”とはMobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字であり、“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の二人を指すコールサインだ。

警視庁には現在3つの機動捜査隊が存在するが、本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られたという架空の設定の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」が舞台。

二人はその第4機捜に所属し、第1〜3機捜のヘルプだけでなく、捜査1課などの各部署のヘルプも行う。普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行、迅速に初動捜査を行う。

勤務は24時間制で、次の当番勤務は4日後。初動捜査で事件が解決できない場合は専門の課に捜査を引き継ぎ、継続捜査は行わない。つまり、街中で勃発する各事案に対し、24時間でできうる限り対処するのが彼らの仕事だ。

綾野が演じるのは、機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける伊吹藍(いぶき・あい)。考える前に身体が動いてしまう“野生のバカ”だ。

一方、星野が演じるのは、常に先回り思考で道理を見極める志摩一未(しま・かずみ)。観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事だ。

第4機捜の隊長から伊吹とバディを組むことを命じられた志摩は、隙あらば暴走する“野生のバカ”に振り回されながら、犯人を追う羽目になる。志摩は“ハンドラー”として任務を遂行できるのか?数々の事件を乗り越え、二人は信頼しあうバディになれるのか…!?

引用:『MIU404』公式サイト

ドラマ『MIU404』の原作について

『MIU404』には原作はなく、オリジナル脚本を基に物語が進行します。脚本を担当するのはTBS「逃げるは恥だが役に立つ」(2016)やTBS「アンナチュラル」(2018)でヒットを世に出してきた、野木亜紀子(のぎ あきこ)さんです。

野木さんはV6の岡田准一さんと榮倉奈々さんが共演した「図書館戦争」(2013・2015)シリーズや、綾野剛さんと新垣結衣さんが共演したTBS「空飛ぶ広報室」(2013)で脚本を担当しています。

どちらもミリタリーとラブコメディを融合した有川浩さんの小説を映像化したものですが、原作へのリスペクトを保ったままドラマ化を成し遂げたことで、ファンから高い評価を得ました。

2019年には日テレ『獣になれない私たち』、2020年1月クールにはテレビ東京『コタキ兄弟の四苦八苦』が放送され、どちらも書き下ろしの脚本が採用されています。

『コタキ兄弟』に関しては古舘寛治さんと滝藤賢一さんへの当て書きで制作され、タイトルと役名に2人の名前が入っています。作品への愛が深いことから、ドラマファンから信頼されている脚本家です。

『MIU404』は脚本、ディレクター、プロデューサー、音楽を担当するスタッフが『アンナチュラル』と同じ布陣で制作されます。

プロデューサーの新井順子さんは、有村架純さん主演の『中学聖日記』や『わたし、定時で帰ります』など、世の中に影響を与える作品を発表してきました。監督の塚原あゆ子さんは『夜行観覧車』『Nのために』などで演出を務めて高い評価を受け、『グランメゾン東京』(2019)では監督を務めています。

『MIU404』では主演に綾野剛さんと星野源さんを据え、警察の機動捜査隊を舞台に物語が展開します。24時間のタイムリミットの中で犯人逮捕のために奔走する姿を1話完結で描き、カーアクションもふんだんに盛り込んだ機捜エンターテインメントです。

野木さんの作品では、過去作にゆかりのあるキャストが繰り返し出演し、まったく違う役柄を演じることが多く見られます。代表的なのは新垣結衣さんで、野木脚本では4つの作品で主演を務めており、「空飛ぶ広報室」で綾野剛さんと、「逃げ恥」では星野源さんの相手役を演じていました。

『MIU404』ではその2人がバディを組むということで、キャストの過去作品とのつながりに注目してみるのもお勧めです。

ドラマ『MIU404』キャスト紹介・相関図

出典:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/chart/

伊吹 藍(綾野 剛)

綾野剛さん演じる伊吹 藍(いぶきあい)は、抜群の運動神経を持つ正義感溢れる行動派の刑事です。しかし常識に欠ける部分を持ち合わせ、即行動するフットワークの軽さで周囲を巻き込むことから「野生のバカ」として扱われています。

綾野剛さんの飛躍のきっかけとなったのは、NHK朝ドラ「カーネーション」(2012)でした。ヒロインを演じた尾野真千子の禁断の恋愛相手として登場し、九州なまりの素朴な青年を演じ世の女性を虜にしました。

その後、坂元裕二さんが脚本を務めた「最高の離婚」(2013年)に出演。瑛太・尾野真千子・真木よう子との複雑な恋愛模様を演じています。その後主演映画が多数公開され、「新宿スワン」「日本で一番悪い奴ら」では体を張った役柄にも臆せず挑戦し、日本映画を牽引する俳優として活躍しています。

綾野剛さんは元々バンドマンとして上京したことから、ギターの腕前は相当なものです。俳優の山田孝之さん、内田朝陽さんともにTHE XXXXXX(ザ シックス)というバンドも結成しています。

さらに菅田将暉さんが音楽を始めるときにギターを買ってもらったと明かしており、後輩の活動を応援する兄貴的エピソードも語られています。

UVERworldのTAKUYA∞さんや、RADWIMPSの野田洋次郎さん、さらに昨年「白日」で一世を風靡したKing Gnu(キングヌー)とも交流があり、その広い交友関係は本人のInstagramからも垣間見えます。

ミュージシャンとして活躍する星野源さんとは、「コウノドリ」シリーズで小さな命を守る産婦人科医として共演を果たしています。対照的な性格ながら、固い信頼で結ばれた絶妙な関係性を見事に体現しました。

今回の『MIU404』でもバディを組むことになっており、物語の垣根を越えたつながりが感じられます。

志摩一未(星野源)

志摩一未(しまかずみ)は高い思考力を持つ冷静沈着な刑事なのですが、自分も他人も信用しないという短所を持ちます。綾野剛さん演じる熱血漢な刑事・伊吹藍とは正反対の性格で、ことあるごとに対立していきます。

星野源さんは松尾スズキさんが主宰する劇団・大人計画に所属し、若いころから演劇俳優として経験を積んでいます。並行して音楽活動も行っており、SAKELOCK(サケロック)というインストゥルメンタルバンドのリーダーを務めていました。

31歳のときにくも膜下出血で倒れ生死をさまようも奇跡的な回復を遂げました。その後「SUN」や「恋」が大ヒットしたことで高い人気を誇るミュージシャンとなりました。さらに文筆家としてエッセイも執筆しており、3足のわらじを履く稀有な存在として活躍の幅を広げています。

新垣結衣さんと共演した「逃げるは恥だが役に立つ」では、女性経験のない真面目で不器用な青年を演じ、世の女性たちをムズキュンの渦に巻き込みました。

これまで良い人を演じることが多かった星野源さんは、脚本を担当した野木亜紀子さんと「いつか悪い役をやってみたい」と話していたそうです。

桔梗ゆづる(麻生久美子)

第1機動捜査隊(1機捜)の隊長であり、伊吹や志摩が所属する第4機動捜査隊を立ち上げた人物です。口は悪いが懐は広く、根性論を嫌う有能なボスを演じます。

麻生久美子さんは、映画『カンゾー先生』(1998)に出演し、日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞と新人俳優賞を受賞しています。もともとは女優になることは考えておらず、アイドル歌手を目指していました。

オダギリジョーさんと共演した『時効警察』(2006・2007)でブレイク、コミカルな演技で世間に名を広めました。2019年にも3作目が放送されましたが、その変わらない美しさに驚きの声が聞かれましたね。

プライベートではスタイリストの伊賀大介さんと2007年に結婚、2児の子を持つ母として仕事との両立を果たしています。

また、星野源さんの個人的なファンであることを公言していて、共演時には目を見ることが出来なくなることから、NHK大河『いだてん』ではネタにされていました。

九重世人(岡田健史)

4機捜(きそう)の一員であり、警察庁刑事局長を父に持つ新人隊員です。

岡田健史さんは、TBS『中学聖日記』(2018)で黒岩晶役に抜擢されたことで注目が集まりました。もともとは野球で甲子園を目指しており、事務所からのスカウトを中1から高3まで断っていました。九州の強豪校でキャッチャーを務めた後、演劇部の助っ人としてステージに立ったことをきっかけに俳優の道を志したということです。

卒業後事務所に所属してすぐに受けたオーディションで、有村架純さん演じるヒロインの相手役に抜擢されました。初めての大役にもかかわらず、教師と禁断の恋に落ちる生徒の姿を見事に演じ、その後ドラマや映画の出演が続いています。

陣場耕平(橋本じゅん)

4機捜のベテラン隊員であり班長。筋肉自慢や頻繁に飲みに誘うことから若者から疎まれています。九重世人(岡田健史)とバディを組み、顔面配備と呼ばれる謎の特技を持ちます。

橋本じゅんさんは、劇団☆新感線に所属する舞台俳優で、テレビドラマや映画に多数出演しています。NHK朝ドラ『ひらり』(1992)で阪神タイガースファンの医師役を演じたことから知名度を広めました。

野木亜紀子さんが脚本を務めた『図書館戦争』では、映画内で難しい判断を迫られる玄田を演じ、原作者の有川浩さんから絶賛されています。

我孫子豆治(生瀬勝久)

警視庁に所属する、責任と強い正義感を持つ刑事部刑事部長。桔梗ゆづる(麻生久美子)とは因縁の仲にあり、陰で「マメジ」と呼ばれています。

生瀬勝久さんは『TRICK』の警部補・矢部謙三役や、『ごくせん』の教頭先生役で有名な俳優。1988年までは槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)という名前で活動していた過去があり、個性派俳優という呼び名がぴったりの人物です。

糸巻貴志(金井勇太)

1機捜の隊員でスパイダー班の班長。ネット上の情報を網羅し、映像解析などを担当しています。家に帰るのを面倒がり、仮眠室に住んでいると噂されています。

金井勇太さんは、山田洋次監督作品の映画『十五才 学校IV』(2000)の主演に抜擢され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。その後映画やテレビで活躍しており、毎クールどこかの作品に出演しているバイプレイヤーともいえる俳優です。 

特派員REC(渡邊圭祐)

動画投稿サイト「NOW TUBE」のナウチューバー。ネットで見つけたネタに関する解説動画を撮影し、投稿しています。

渡邊圭祐さんは、TBS『恋は続くよどこまでも』(2020)への出演で注目を集めた、ライダー俳優です。「仮面ライダージオウ」のウォズ役を務め、出演作が続々と増えてきています。

ドラマ『MIU404』の主題歌

『MIU404』の主題歌は、米津玄師さんの「感電」です。米津玄師さんは2018年に「Lemon」を発表し、紅白歌合戦に出場するなど広い世代から人気を得ました。もともとはハチという名義で、ニコニコ動画でボーカロイドを使った楽曲を発表していました。

地元である徳島ではライブ活動も行っていましたが、インターネットを足掛けに音楽制作のセンスや歌唱力が認められて人気を集めた、新しい世代を築いたミュージシャンです。

2019年7月に放送されていた大泉洋さん主演のラグビードラマ、TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」では主題歌「馬と鹿」を提供しています。放送前に主題歌を発表せず、放送と同時に視聴者が知るというサプライズ発表が行われて大きな話題となりました。

『MIU404』では「感電」というタイトルが明かされており、Twitterでは本人からの喜びのコメントも発表され、放送前から注目が集まっています。

プロデューサーは「2020年の東京に朝日が昇る」ような曲を依頼したと明かしています。疾走感があり、パンチがあり、心の奥をぐっとつかまれるような楽曲に仕上がっているということで、どのようなメロディーになっているのか期待が高まりますね。

米津玄師さんは、自身が今暮らしている境遇と、ドラマに登場する人物たちが巻き込まれて行く物語に共通する部分を、そのまま音楽にしたと語っています。ドラマの脚本を読んだ上で作詞・作曲されていることから、物語と共鳴することでさらなる魅力を放つことでしょう。

第1話の放送とともに楽曲が解禁されるということです。

ドラマ『MIU404』の見どころは?

星野源さんは『MIU404』の見どころについて、車の中で繰り広げられる会話劇カーアクションに注目してほしいと明かしています。

パーソナリティを務めるラジオ、ニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」にてよく言及されており、刑事ドラマとしては珍しく、移動中の車内シーンが多い作品になっています。

公開されたPR動画でも2人がハンドルを握る姿が映されていて、激しいカーアクションを予感させるシーンが公開されています。星野源さんは以前から運転免許を持っていないことを公言していたため、ファンの間では運転シーンがあまりに多いことから、どのように撮影したのかと噂されています。

ロケは都心ではなく郊外で行われることが多く、Instagramには富士山をバックにした写真もアップされており、移動距離の広さを物語っています。コロナウイルスの影響が心配されていますが、『MIU404』は屋外でのロケが多いことから、撮影は順調に進んでいるようです。

タイトルの『MIU404』は、機動捜査隊という意味のMIUと、伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)が乗るパトカーが404号車であることから来ています。

機動捜査隊は覆面パトカーで街中をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行して、初動捜査を行う役割を担います。勤務は24時間、次の当番は4日後と決まっているのが『MIU404』のストーリーの鍵です。

事件が解決できない場合は専門の課に捜査を引き継いで、継続捜査は行わないのが特徴。伊吹や志摩は24時間以内に犯人を見つける必要があり、事件解決までのタイムリミットが、他のドラマにない見どころになってきます。

ドラマ『MIU404』まとめ

『MIU404』はTBSの新金曜ドラマとして、22時から放送されます。綾野剛さんと星野源さんがバディを組み、機動捜査隊に光を当てた今までにない形の刑事ドラマになっています。

野木亜紀子さんが脚本を務め、主題歌は米津玄師さんが担当するという豪華さで放送前から期待が高まっています。1話完結のストーリーがつながることで、どのようなラストへと展開していくのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です